宅建 予備校。 宅地建物取引士試験(宅建試験)の通信講座/予備校|アガルートアカデミー

2020年宅建オススメ無料通信講座「タキザワ宅建予備校」独学効率UP!

宅建 予備校

宅建の予備校の選び方 それぞれの予備校の特徴を見ていく前に、まずは予備校を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。 学習時間をキッチリと定めてくれた方が続けやすいという方や、周りに人がいた方が集中して勉強できるという方は予備校に通学するのがおすすめです。 一方で、毎日忙しくて予備校に通う時間がないという方や、通勤時間などの隙間時間を使って勉強したいという方は通信講座の方が合っているでしょう。 また、予備校にも校舎に通わずに講義が受けられる「通信コース」が存在しますが、 通信を選ぶ際は「通信講座専門の会社」を選択することを強くおすすめします。 理由は、 通信講座特化の会社と比べて予備校の通信コースは費用が10万円近く高額である上に、 通信講座特化の会社の方がスマホを使ったオンライン学習システムが優れているからです。 そのため通学であれば予備校を、通信であれば通信講座特化の会社を選ぶようにしましょう。 予備校では 通学する場合も通信コースの場合も基本的に価格は変わらないので、予備校を利用して宅建の勉強をする場合は10万円以上の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。 対して通信講座特化の会社の場合、講座費用の相場は 約60,000円になります。 価格の差がかなり大きいので、なるべく講座費用を抑えたいという方は必然的に通信講座の中から講座を選ぶことになるでしょう。 それぞれが推しているポイントをしっかりと把握して、 自分が重視しているポイントと合っている講座を選ぶことが大切です。 また、講座費用に大きな差がある場合は、価格差に見合うメリットが本当にあるのかどうかも考える必要があります。 日々の移動時間が10分違うだけでも本番試験を迎えるまでの総勉強時間は大きく変わってきます。 また、 立地は予備校に通う際のストレスや交通費にも影響を与えます。 そのため 自宅や学校、職場から近い予備校を選ぶことをおすすめします。 宅建予備校・通信講座おすすめランキング 1位:フォーサイト 宅建の通信講座の中でも 一番のおすすめがフォーサイトの宅建講座です。 2019年度宅建試験におけるフォーサイトは受講生の合格率は71. 54倍という極めて高い合格実績を叩き出しています。 極めつけは 不合格者に対する全額返金保証制度の存在です。 この制度はあらゆる対策コースを詰め込んだバリューセット3で行っているので、万が一不合格になっても全額戻ってくるため安心して学習を進められるでしょう。 あらゆる面でこだわりぬかれた教材が魅力 フォーサイトの教材は 頻出範囲に的を絞って、重要な内容を重点的に勉強できるようになっています。 レイアウトはすべてフルカラーとなっており、図表も豊富に用いられていることから、内容理解もスムーズに進むでしょう。 更にフォーサイトはこだわりのテキストに加えて、 eラーニングシステムも充実しています。 学習スケジュールの作成から講義動画の視聴まで幅広い学習を行えるので、 忙しい人でも学習を効果的に進められるのも大きな魅力であるといえるでしょう。 フォーサイトで合格をつかんだ人の声 フォーサイトで合格をつかんだ人の声としては 「 フォーサイトのテキストは要点が押さえられていて勉強しやすかったです。 」 「 講義はほかの会社の講義と比較しても質の高いものであり、とても驚きました。 」 など、こだわりのテキスト・講義映像に関してよかったという声や、eラーニングシステムの充実度を評価する声が大きく挙がっていました。 これらの声から 多くの人がフォーサイトの講座クオリティの高さを実感しているといえるでしょう。 講座費用は予備校の半分程とかなり安い フォーサイトの講座価格は通信講座ならではの安さが売りとなっています。 以下がフォーサイトのコース別の価格一覧となっています。 2位:資格の学校TAC 資格の予備校といえばTACを思い浮かべる人も多いかと思います。 超大手資格学校であるTACはもちろん宅建講座も取り扱っています。 また、TACは宅建試験の市販テキストも毎年販売しており、 宅建試験対策の教科書として売上NO. 1を達成しているなど、資格学習の領域において圧倒的な存在感を放っている会社です。 TACの宅建講座の特徴 TACの宅建講座の最大の特徴は 合格実績の高さです。 2019年度宅建試験におけるTAC受講生の合格者数は1,285人と、予備校の中でもトップクラスの実績を誇ります。 このような実績を見て、 TACの合格実績の高さは本物だと言えるでしょう。 TACの宅建講座はベーシック TACの宅建講座の受講料は次のようになっています。 価格は全て通学時のものです。 コース名 対象者 価格 総合本科生 初学者向け 147,000円 速習本科生 初学者向け 121,000円 実力完成本科生 学習経験者 115,000円 このようにTACの宅建講座費用は 初学者の場合で15万円弱と、予備校の中では比較的ベーシックな値段となっています。 3位:スタディング スタディングの講座最大の特徴は圧倒的な講座価格の安さです。 スタディングの講座費用はなんと20,350円(税込)であり、 最も講座費用の高い日建学院の10分の1以下の価格となっています。 この価格の安さは、大きな魅力であるといえるでしょう。 スマホ1つでスキマ時間も有効活用 スタディングの講座は他者と比較しても、 スマホ学習の利便性がとても高いです。 講義の視聴はもちろん、幅広い問題演習から学習の進捗管理までこれ1つでばっちりです。 学習の基本である講義動画は初めての人でも着実に実力を身につけられるように、初心者に寄り添った解説がなされています。 特に 忙しい人にとっては、スキマ時間を使ってあらゆる学習を進められるので非常に魅力的な講座内容であるといえるでしょう。 圧倒的な価格の安さが魅力 スタディングの講座は、上でも述べたように、 他の通信講座と比較した場合でも圧倒的に価格が安いことが大きな魅力です。 スタディングの講座は1種類であり、「宅建士合格コース」で20,350円(税込)となっています。 この価格は、他社にはない大きな武器であるといえるでしょう。 4位:LEC東京リーガルマインド LEC東京リーガルマインドはオンラインで受講できる通信コースが充実している資格予備校です。 予備校なので通学コースも存在しますが、一部の資格講座では通学コースが実質存在せず、 WEBによるオンライン講座だけとなっています。 LECの宅建講座の特徴 LECの宅建講座では「通学してリアルタイムで講義を受ける」というスタイルは基本的に取られておらず、 通学者も校舎にてWEB講座を受講することになります。 そのため 通学によるメリットは他の予備校と比べると小さくなるでしょう。 LECの強みは2019年度宅建試験の受講生の合格率が75. 合格者数は212人とTACには及びませんが、合格率の驚異的な高さは大きな魅力であるといえるでしょう。 LECの費用は予備校の相場通り LECの宅建講座の講座費用は次のようになっています。 表のコース名は「プレミアム合格フルコース」を「プレミアム合格」のように略記しています。 5位:資格スクエア 資格スクエアは、司法試験講座をはじめとして難関資格を中心に近年急速に存在感を増している通信講座会社です。 よって、信頼度の非常に高い講座であるといえるでしょう。 AIによる的中率抜群の未来問 資格スクエアの宅建士講座の大きな特徴として、未来問の存在が挙げられます。 この技術は多方面から大きな注目を集めており、日本eラーニング大賞の「AI・人工知能部門特別賞」を受賞するなど、 クオリティの高さは数多くの人から認めらています。 このような他の講座会社にはないユニークな取り組みを行っていることが資格スクエアの大きな魅力であるといえるのです。 通信講座にしてはやや高めの価格設定 資格スクエアの宅建講座の価格は、予備校と比較した場合には安い値段となっていますが、 通信講座同士で比べた場合には少し高めの設定となっています。 以下は資格スクエアの講座の価格一覧です。 6位:日建学院 日建学院は建築士や宅建士など、 建築・不動産関連の資格に強い資格予備校です。 TACや大原ほど資格学校としての知名度は高くないものの、宅建受験界ではかなりの存在感を放っている予備校です。 日建学院の特徴 日建学院の特徴はなんといっても合格実績の高さです。 2019年度試験の宅建試験における日建学院受講生の合格者数は3,714人と、 他社の追随を許さない圧倒的な実績を誇っています。 つまり、宅建合格者の10人に1人が日建学院生ということになります。 日建学院は受講料が非常に高額 極めて優れた合格実績を持つ日建学院ですが、 講座費用は予備校の中で最も高いです。 日建学院の各コースの受講料は次のようになっています。 とは言え、それでも 依然として高額であることは変わりありません。 7位:資格の大原 資格の大原も極めて認知度の高い大手資格予備校です。 大原は様々な資格講座の中でも簿記や税理士、公務員講座で有名ですが、宅建講座でも毎年多くの合格者を輩出しています。 大原の宅建講座の特徴 大原の宅建講座の特徴は 「40問正解戦略」に基づいたカリキュラムと 「講義の満足度」でしょう 大原の40問正解戦略では的を絞った学習をすることで効率的に合格ラインを突破することを実現しています。 大原の費用は標準的 大原の宅建講座(通学コース)の受講料は次のようになっています。 表では「完全合格週1コース」を「週1コース」のように略記しています。 コース名(略記) 対象者 価格 週2コース・入門 初学者(1月入学) 172,100円 週1コース・入門 初学者(1月入学) 142,500円 週2コース 全員(4月入学) 149,700円 週1コース 全員(3月入学) 122,200円 速修合格コース 全員(5月入学) 122,200円 大原では入学時期によって講座費用は変わるものの、 TACと比べると講座費用を抑えつつ合格を目指しやすくなっています。 予備校の宅建講座の中では標準的な講座費用だと言えるでしょう。 8位:資格スクール大栄 大栄も全国各地に数多くの校舎を持つ資格予備校です。 大きな特徴として 「For You答練」という答案練習が存在し、自分の弱点をカバーすることのできるオリジナルの問題演習を行うことができます。 また、学習スタイルとしてインプットよりもアウトプットを重視しており、短期間で効率よく知識の定着ができるようになっています。 講座費用は予備校としては標準的となっています。 宅建講座 講座の特徴 講座費用 フォーサイト 全額返金保証付き 安い TAC 高い合格実績 やや高額 スタディング 最も安い通信講座 激安 LEC 通学生もWEB受講 やや高額 資格スクエア 最先端の未来問が売り 安い 日建学院 合格者数最多 超高額 大原 高い講座満足度 やや高額 大栄 独自の答練が存在 やや高額 このように比較してみると、出来るだけ安く講座を受講したいとお考えの方は 通信講座をメインで検討することがおすすめであると言えます。 特に1位のフォーサイトは講座クオリティの高さや価格の安さに加えて、全額返金保証制度などアフターフォローも充実していることから、 スキのない講座であるといえます。 よって、 迷ったらまずはフォーサイトの講座から検討してみるのがおすすめです。 宅建は独学での合格が難しくなっている もちろん宅建試験に独学で合格される方もいらっしゃいます。 しかし近年の試験の傾向を見てみると、 年々独学での合格は難しくなっていることが分かります。 試験は難化傾向が続く 宅建の受験者数は年々増加しており、 2019年度試験では過去27年間で最多の受験者数を記録しました。 これと併せて、予備校や通信講座の利用者も増加しているので、合格争いをする レベルの高い受験者数が多くなっているのが現状です。 そのため試験の出題難易度が上がっても合格基準点が下がらず、これまでよりも高得点を取らないと合格できない試験になってきています。 民法は捨てられない状況に 宅建の合格点は一昔前までは33点前後で推移していたので、 試験範囲の中でも特に難易度の高い民法については「捨てて」、他の科目で得点を稼いで合格するという方法も可能でした。 しかし近年の合格点上昇に伴いこうした作戦を取ることは不可能になっており、 民法でもある程度の得点力が求められるようになりました。 民法改正の影響も顕著 独学を困難にしている最大の要因が、 2020年度に行われる民法の大改正です。 この改正により これまでのように民法対策を過去問中心で行うことが極めて困難になります。 そのため予備校や通信講座の受講生であれば講師の方の最新のカリキュラムに準じて学習ができるものの、独学者は自分で法改正情報をチェックし、自己流で対策する必要があります。 つまり、今回の民法改正で 独学者と予備校・通信講座受講生の格差がこれまで以上に広がることが予想されます。 試験日程を把握して早めの対策を 宅建試験は毎年10月の第三日曜日に行わるので、次回 2020年度宅建試験は10月18日に実施されます。 宅建試験は民法改正の影響もあり、今後ますます対策が困難になることが予想されます。 また、多くの宅建受験生がそのことを察知して例年以上に対策を強化してくるので、受験者層のレベルも向上する可能性が高いです。 宅建試験の対策は半年前後あれば可能だと言われていますが、 2020年度試験に関しては早めの対策を取っておくに越したことはないでしょう。

次の

愛知の宅建予備校・専門学校一覧

宅建 予備校

仙台、神戸、新宿、渋谷、水道橋など全国各地に多数の拠点を構えている 資格業界大手の一角になります。 特徴は駅から近いなど圧倒的に優れている利便性になります。 また、コストパフォーマンスに優れているので宅建予備校費用安い・格安比較を検証されたい方においても比較対象に加えておきたいところではありますね。 初心者を対象にしている合格コース(本科+答練)や基礎知識からシッカリ勉強することができる宅建士本科講座(民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法、都市計画法、建築基準法、宅地建物取引業法)などは確実に実力をつけることができる養成講座になっていますので、安心して合格を目指すことができます。 既に受験を経験されている方においても宅建士答練講座がありますので、インプットだけではなく、アウトプットも徹底的に鍛え上げることができるのが特徴的になります。 また、地方においても多数の宅建学校がありますので、例えば静岡、名古屋、京都、札幌など東京以外でお探しの方においても向いていると言えるのではないでしょうか?宅建通信講座おすすめランキングにおいても上位の常連になりますので、通信教育で比較したいという方については読み進めて頂ければと思います。 熊本、広島、岡山、福岡(博多&北九州市)など様々な地域エリアにお住まいの方でも通いやすいスクール塾であると言えるでしょう。 不動産取引の専門家としての登竜門資格になりますので、その業界でキャリアを積んでいきたいと考えているのであれば必見ですね。 宅地建物取引士講座を比較するならAVIVAの存在は候補の1つに加えておくべきでしょう。 ザックリとした内容についてはオーソドックスなコースは出題頻度の高い項目を徹底的に反復練習をすることができるタイプになります。 応用ではなく、基礎的な土台から学ぶことができますので、法律的な知識が乏しい方でも安心して利用することができるでしょう。 宅建予備校口コミ&評判をチェックされている方は資料請求しておきましょう! 申込はe受付! 短期講座がありますので、直前対策のワンポイントとして活用するのも1つの手になります。 試験本番まではコストをかけないために独学の道を選択してきた方でも最後の追い込みについては優良講師陣が多数いる有名・大手の宅建専門学校に力を借りるのも効率的な方法だと思います。 主に3つのレベルに応じて講座が用意されています。 初学者向け• 学習経験者・独学者・受験経験者向け• 宅建士試験合格者・宅建業に従事されている方 自分の求める条件の中からベストなコースを見つけることができるのが特徴的になります。 価格・値段を考えても大幅に削減されているタイプがほとんどですので、少ない予算で効率アップを狙いたい方に向いていると思います。 キャンペーン価格・特別割引、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。 コース種類・料金 【 2018年合格目標チャレンジ本科生】 Web通信講座90,000円、入会金10,000円 DVD通信講座96,000円、入会金10,000円 教室講座90,000円、入会金10,000円 個別DVD講座90,000円、入会金10,000円 教室+Web講座96,000円、入会金10,000円 個別DVD+Web講座96,000円、入会金10,000円 【 2018年合格目標まるかじり本科生】 Web通信講座60,000円、入会金10,000円 DVD通信講座66,000円、入会金10,000円 教室講座60,000円、入会金10,000円 個別DVD講座60,000円、入会金10,000円 教室+Web講座66,000円、入会金10,000円 個別DVD+Web講座66,000円、入会金10,000円 申込はe受付!DVD・WEBの宅建講座を選ぶのであればココ! 初学者向けから学習経験者向けコースまで幅広い宅建講座を提案されています。 TAC独自の公開模試試験も実施されていますので、独学で勉強されている方も直前対策でおすすめです。 平成29年度試験では1,256名が合格! 初学者ですが、TACのテキストだけで充分でした。 過去問題集も10年分の問題があり、これを繰り返し解くことで確実に力をつけることができました。 宅建士試験の概要・日程例について *平成28年度実施試験を例にまとめています。 配布期間:平成28年7月1日(金)から8月1日(月) 申込:インターネットの場合ですと平成28年7月1日(金)9時30分から7月15日(金)21時59分まで、郵送の場合ですと平成28年7月1日(金)から8月1日(月)までになります。 受験手数料:7,000円 試験日程:10月16日 合格発表:11月30日 宅建試験のスケージュールについては最新情報をシッカリと確認してくださいませ。 目標をもって勉強に励んでも申込に遅れてしまったり、試験本番に遅刻してしまえば努力が無駄になってしまいます。 時間や日程は基礎的な部分になりますので、ついつい油断してしまいますが、非常に重要です。 シッカリと頭に叩きこんでおきましょう。 宅建の難易度・勉強時間 難易度判定結果 Cランク(偏差値レベル52) 丁度真ん中くらいのレベルになります。 法律系の中では登竜門の位置づけになりますので、上級試験にチャレンジを予定されている方はココで躓く訳にはいかないでしょう。 民法などの法律系の知識が問われますので、暗記力があっても理解力が無いと苦戦するかもしれないですね。 「なぜそうなるのか?」と説明することができる知識まで身に付ければそれほど合格するのは難しくないはずです。 個人差もありますが、1日10時間以上本気で過去問やテキストを読破すれば1ヶ月前からスタートしても突破できる可能性もあります。 逆に1日1時間~2時間のコツコツと出題範囲を網羅するやり方になりますと知識が定着しにくいので1年間継続しても不合格の結果に終わる可能性もあります。 短期で合格を目指すのであれば宅建予備校・専門学校を活用することを推奨します。 過去の合格率・合格得点推移 平成23年:16.1%、36点 平成24年:16.7%、33点 平成25年:15.3%、33点 平成26年:17.5%、32点 平成27年:15.4%、31点 合格率は概ね15%~18%程度になりますので、7名~6名程度の1名合格する計算になります。 合格ラインについては30点~36点程度になります。 37点以上を取ることができれば合格圏内である確率は高いでしょう。 何となく合格ラインの点数が高いと「今年は難しかった」、低いと「今年は簡単だった」とイメージを持つ方もいますが、出題問題の難易度によって合格ラインは違ってきますので、実はあまり関係なかったりします。 難しい問題であれば皆不正解になりますし、簡単なら正解しますからね。 宅建資格で目指せる年収や将来性 平均年収(推測) 400万円~450万円 起業・独立後に成功したケースの給料・給与で考えれば年収1000万円以上を狙うことができます。 従業員を増やして事業規模を拡大すれば年収2000~3000万円クラスまでなら辿りつきやすいと思います。 一方、ほとんどの宅地建物取引士資格保有者は独立開業する道を選ぶのではなく、会社勤めのサラリーマンとしてのキャリアを選択しています。 その場合ですと資格手当として月3000円~5000円、多くて3万円程度の月収アップするケースもありますが、宅建に合格したからといっていきなり大金持ちになれる訳ではありません。 但し、需要は拡大しますので、転職しやすくなるなどメリットはあります。 ただ、出世や大幅UPの昇給をすることができるか?については最終的には実力次第になるでしょう。 また、大手企業の中では宅建資格を持っていて当たり前という社風がある場合もありますので、あまり取る前と取った後での違いが分からないという体験談・感想もありますね。 将来性(100点満点中) 85点 数ある国家資格の中でも上位に入る評価をさせて頂きました。 理由は土地・建物などの不動産取引は今後も続きますし、何より宅地建物取引をしている企業の事業所において5人に1人以上の割合で必要になる人材ですので、就職・転職で有利になります。 但し、サラリーマンとしての安定は掴めるかもしれないのですが、高収入を目指すのは資格を持っているだけでは難しいのが現実になります。 宅建予備校比較~口コミ8件記事一覧.

次の

2020年宅建オススメ無料通信講座「タキザワ宅建予備校」独学効率UP!

宅建 予備校

宅建の受験業界では、知る人ぞ知る「タキザワ宅建予備校」を経営する瀧澤宏之講師です。 実はこのタキザワ宅建予備校は、 本格的なWEBスクールでは日本で草分け的な存在です。 この受験指導法は、後に続く資格学校が参考にして、独自の勉強法を編み出すきっかけにもなりました。 特に「 タキザワメソッド」と呼ばれる 択一別の過去問演習を中心とした学習は、多くの合格者を輩出してきた実績があります。 このタキザワの宅建のテキストは、著者の講師が、市販テキストを買えば無料で動画講義が視聴できるのもメリットがあります。 出題傾向と合格ラインを予測し、 試験に出題される重要事項を重点的に学習できる動画付きのテキストは、高い評価を得ています。 ここでは、多くの熱狂的な宅建の受講生ファンがいる「タキザワ」テキストの秘密に迫ります! て• 大手受験予備校の講師を経験• 自前で宅建試験対策の動画講義を発信• 受験業界で長い指導実績で合格者輩出にかけては超ベテラン タキザワの宅建講座は、都市銀行や大手ハウスメーカーなどの企業研修でも採用されています。 他にも瀧澤講師は、有名大学内での宅建講座を多数歴任しています。 また、公務員講座の主任講師としても活躍など、法律科目や面接指導にも強いです。 トータルで受験生に関わり、指導することで多くの合格実績を出しています。 そんな瀧澤講師は、資格試験の 新人講師の教育指導も担当するほど、宅建士の受験業界ではベテランです。 瀧澤講師の直前講座は、受験生が最後の神頼みのような状態になっているそうです。 宅建テキスト動画講義付き「タキザワ」テキスト 「タキザワ」の宅建テキストは、科目別に3冊あります。 それぞれのテキストの内容に沿って解説動画が視聴できます。 また、 LINEに登録すると毎日、問題を送ってくれなど、至れり尽くせりです。 2020年版 宅建士基本テキスト「タキザワ講義付き。 」 テキスト1、2と順番に学習していけば、3の宅建業法では、他の科目の基礎知識があるので理解しやすいです。 難解な分野でも理解しやすい Amazonのレビューの読んでいると、タキザワ講師のテキスト、過去問と無料の動画講座のみで合格した受験生もいます。 会社の指導者の推奨テキストです。 これらとYouTubeの動画に模試をやれば宅建の資格取得は問題ないとの説明でした。 (引用:Amazonより) 会社で宅建業を指導しているプロがすすめるテキストなので、質の高さに信頼感があります。 宅建初学者です。 タキザワ先生の講義を受けるまで宅建マンガを読みました。 マンガなので読みやすいが理解できないところもあり、色々ググってタキザワ講義にたどり着きました。 難しい内容なのにもかかわらず、テキストと講義を受けているとスルスルと頭に入って来るので不思議です。 (引用:Amazonより) テキストと動画を両方で学習すると、効果が上がっていることがわかります。 宅建テキストが動画講義と連動するタキザワ YouTubeで発信している動画講義で、テキストだけでは理解しにくい部分を補充する役割もあります。 テキストの内容と動画講座が連動すると、通信講座並みに試験対策ができます。 特に 「 択肢別の問題集」と「基礎問題」を併用して解いていくと実力がつきます。 宅建テキスト「タキザワ」の口コミ評判と実績 基本事項が理解できれは、応用問題も解けるようになるし、試験の全体像が把握できます。 単なる暗記で終わらせる訳ではなく、タキザワ講師の講義は、とことん受講生が疑問に感じそうな箇所の理由まで丁寧に説明しています。 難解な民法の流れもすんなり頭に入ると評判です。 タキザワ先生の講義を受けて、なるほどー、そういうことか、と思うことが多くて、法律って面白いんだ!と思えるようになりました。 去年もタキザワ先生の本を買ったのですが、私事で春前に勉強をやめてしまいました。 だから、今年こそは最後までお世話になろうと思って、vol2もセットで購入しました。 これから宅建を勉強する人にも、おすすめの本です (引用:Amazonより) 法律って面白いと感じられるようになれば、宅建士の試験に半分勝ったようなものです。 宅建士に挑戦するメリットの一つは、民法などの法律の基礎知識が身につくことです。 テキストを読み、過去問を解き、理解不足を補うためにテキストに戻るのサイクルを繰り返すと合格点が取れます。 民法、業法、税法、法令上の制限はテキストを読んでも???だった所も講義を受ければ疑問が残りません。 (引用:Amazonより) ネット本体の「タキザワ宅建予備校」に関しては、使用しているテキストが同じだという指摘もあります 予備校本体販売テキスト B5 1色刷 3冊セットで3780円 本品 A5 2色刷 3冊セットに2883円 (いずれも定価・税込) 内容の比較はしていませんが、恐らく同じと思われます。 大きさと2色刷かどうか?で選ぶことになりそうですね。 (引用:Amazonより) テキストと付属で付いてくる動画講義だけで合格できれば、安いものです。 テキストと相性が良く、頑張れそうな人は、「タキザワ」に集中して勉強するのも良いかもしれません。

次の