七 人 家族 の 真ん中 で。 リンクする「7人家族の真ん中で。」|バニラファッジ|note

[B! 絵日記] 7人家族の真ん中で。

七 人 家族 の 真ん中 で

net 7人家族の真ん中で。 cocolog-nifty. 53 ID:Sfx7AwaP. net は身近に年寄りがいないのかな Mr. 37 ID:IkvUcMF4. 53 ID:Jp1tWPqz. net 949じゃないけど90歳近くまで祖母と同居していたけど便を床や壁に擦り付けたりはしなかった 年寄りだからって全員が痴呆になるとは限らないよ。 87 ID:Sfx7AwaP. 87 ID:6WeP5klC. 96 ID:DlE3UvBv. 21 ID:bYQmXk29. 29 ID:Txqqcj0i. net 少しでもウンだらけなのか。 認知症って怖いなー。 16 ID:PcTHRpJf. 22 ID:bYQmXk29. 16 ID:DlE3UvBv. 19 ID:j09sicEx. net 家の母は認知じゃないけど同じ愚痴を会うたびに聞かされるからそれがすごく嫌。 もし義母のように本格的にボケてリピートーク発動されたら私耐えられない・・・。 母のことはすごく大事だし優しくしてあげたいけどね。 でもこのあいだも同じ愚痴 いうもんだからイライラしてつい怒鳴っちゃったよorz で、帰ってから「あんなに 怒鳴らなくてもよかったのに・・・」と自己嫌悪。 21 ID:60PFn8QL. 57 ID:rT2edIPG. 30 ID:OsAcOtO6. 55 ID:OsAcOtO6. 16 ID:YcRqitAm. net 次スレはこんな感じでいいですかね 【絵日記】七人華族の間ん中で ファッヅヲチ【介護】3 7人家族の真ん中で。 cocolog-nifty. 10 ID:YcRqitAm. 96 ID:YcRqitAm. 11 ID:OsAcOtO6. 28 ID:SlQEUVid. 97 ID:1sJamtsm. 82 ID:cBGSfJsM. 34 ID:PrKCXhF0. 91 ID:pOAV1EkY. 39 ID:eZssUEcQ. 90 ID:r0cyQB2O. 27 ID:f31GGjC0. net 同居じゃなきゃ叔母さんは自分の財産でホームにでも行ったんじゃないの? お金で世話付き同居を買ったようなものでどっちもどっち。 26 ID:t3DH910t. 07 ID:6bWLqmmH. 11 ID:bVPsomup. 35 ID:ePQMmsjT. 26 ID:nJ9Ke3qF. 99 ID:I81sBY1x. 72 ID:W017InuX. 24 ID:hYUdhI6A. net 分かる。 64 ID:hYUdhI6A. 42 ID:lH5qeqnS. 81 ID:1PSG2Ow2. 66 ID:K0w8KD6v. net 次スレ 【絵日記】七人華族の間ん中で ファッヅヲチ【介護】3 1023 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1023 270 KB.

次の

7人家族の真ん中で。

七 人 家族 の 真ん中 で

今回でnoteも6回目になりますが、これでもかこれでもかと子育ての苦労話しが続き、読者のみなさんも疲れてしまったのではないかと不安になってきました。 しかし、この辺りはまだ序の口で思春期からの怒涛の10年間はよくぞ息子たちと刺し違えなかったと自分を褒めてあげたいほどです。 一方、当時アクセス数がどんどん増えていった「7人家族の真ん中で。 」では、在宅介護にスポットが当たり、周囲からは「本当に2人の介護大変ですね。 」と応援してもらっていましたが、家庭内はそれどころじゃありませんでした。 今振り返っても、ケンとリュウの子育てより要介護4と5の在宅介護の方がよほど私にとって気分転換になっていました。 たとえ認知症でいろいろ伝わらないお義母さんでも、私への思いや感謝は充分伝わっていました。 おばさんはなおのことです。 だからハードな在宅介護でも、楽しくブログが描けたんだと思っています。 特におばさんはケンとリュウのことを「あの子たちは本当にいい子で優しい。 もう少ししたらきっと化ける。 」といつも励ましてくれました。 当時はそれも「本当に孫に甘い。 もっと叱ってほしい。 」と感じていたけれど、おばさんは最期までずっとそう言い続けて、私を励ましてくれました。 今回掲載する漫画は、ケンとリュウが小学校5年生の頃に描いたブログから引っ張ってきました。 この頃は発達障害のことは書いていませんでしたが、読み返すと今ここで描こうと思っているネタそのものだったのでnote用に加筆、修正して掲載します。

次の

7人家族の真ん中で。

七 人 家族 の 真ん中 で

今回でnoteも6回目になりますが、これでもかこれでもかと子育ての苦労話しが続き、読者のみなさんも疲れてしまったのではないかと不安になってきました。 しかし、この辺りはまだ序の口で思春期からの怒涛の10年間はよくぞ息子たちと刺し違えなかったと自分を褒めてあげたいほどです。 一方、当時アクセス数がどんどん増えていった「7人家族の真ん中で。 」では、在宅介護にスポットが当たり、周囲からは「本当に2人の介護大変ですね。 」と応援してもらっていましたが、家庭内はそれどころじゃありませんでした。 今振り返っても、ケンとリュウの子育てより要介護4と5の在宅介護の方がよほど私にとって気分転換になっていました。 たとえ認知症でいろいろ伝わらないお義母さんでも、私への思いや感謝は充分伝わっていました。 おばさんはなおのことです。 だからハードな在宅介護でも、楽しくブログが描けたんだと思っています。 特におばさんはケンとリュウのことを「あの子たちは本当にいい子で優しい。 もう少ししたらきっと化ける。 」といつも励ましてくれました。 当時はそれも「本当に孫に甘い。 もっと叱ってほしい。 」と感じていたけれど、おばさんは最期までずっとそう言い続けて、私を励ましてくれました。 今回掲載する漫画は、ケンとリュウが小学校5年生の頃に描いたブログから引っ張ってきました。 この頃は発達障害のことは書いていませんでしたが、読み返すと今ここで描こうと思っているネタそのものだったのでnote用に加筆、修正して掲載します。

次の