メトロン ブログ 筋 トレ。 メトロンブログの筋トレ方法!食事やプロテインと経歴や大会成績も紹介!

メトロンブログのかっこいい肩!自宅でできる自重トレのやり方

メトロン ブログ 筋 トレ

・ おすすめの味:ピニャコラーダ(ピニャコラーダを飲む前は、スイカやパイナップル味を基本的に愛用していた) ・ XTENDを飲む理由:プロテインならゴールドスタンダード、BCAAならXTENDと言われるぐらい、信頼のおけるブランドで、質もいいから ・XTENDのBCAAのスイカ味とアクエリアスを混ぜるとめちゃくちゃおいしくなる XTENDのピニャコラーダ味は、iHerbで購入することができます。 プレワークアウト:「Muscle Pharm アサルト」 プレワークアウトは、トレーニング中のやる気を最大限引き出してくれる効果があります。 エナジードリンクの効果をさらに強力にしたようなもので、トレーニング前に飲みます。 以下はメトロンブログさんの動画内のレビュー内容です。 ・最初に飲んだプレワークアウトがアサルトだった ・メトロンブログさんが飲んできた中で、一番効果が高かった。 味もおいしい ・ 飲み方:水を飲んで喉をうるおわしてから、プレワークアウトをスプーンですくってそのまま口に入れ、水で流し込む ・ 失敗談:プレワークアウト2杯分のドリンクを飲むと、15分後ほどに皮膚がピリピリしてきて、トレーニング中のモチベーションは驚くほど上がった。 筆者の僕もプレワークアウトを飲んだことがあるのですが、トレーニング後に毎回クラッシュが起きて頭がぼーっとするので、飲むのをやめました。 トレーニング中は集中力が持続してかなり効果があるのですが、体質によっては僕のように反動があるようなので、試してみて合わないなと思ったらやめた方がいいかと思います。 クレアチン:「ALLMAX Nutrition C:VOL」 クレアチンは、筋トレ時のエネルギーを生み出すのを助ける働きがあります。 したがって、強度の高いトレーニングができるようになり、筋肥大にも効果があります。 以下はメトロンブログさんによるレビュー内容です。 ・クレアチンは今まで取っていなかったが、飲み始めてから体の調子が良くなってきた ・パンプ感や体の張りが、今まで以上に感じられた 購入に関しては、サプリメントの大手通販サイトiHerbでのみ販売されているようです。 ちなみに値段は3,400円ほどでした。 トレーニングをある程度続けている人なら、クレアチンを飲んでいる人がほとんどなので、僕も毎日飲むようにしています。 数々の研究でも、クレアチンは筋肥大に効果があることが証明されていますので。 マルチビタミン:「BULK SPORTS VITAMAX」 マルチビタミンは、名前の通り色々な種類のビタミンが入っているものです。 ビタミンには、体の調子を整えてくれたり、筋肉の成長を助ける働きがあります。 メトロンブログの動画内では、普段の食事では補いきれないビタミンを取るために、このマルチビタミンを飲んでいるとおっしゃっていました。 購入は、Amazonでの購入がおすすめです。 iHerbでは取り扱われていませんでした。 個人的には、マルチビタミンは筋トレを始めた人に2番目ぐらいにおすすめしたいサプリメントです。 ちなみに1位はもちろんプロテインです。 HMB:「NutraKey HMB」 HMBには、筋肉増強や筋肉の分解を防ぐ効果があります。 メトロンブログさんは、減量時に筋肉を落とさずに体重を落とすことは難しいので、HMBを飲み始めたと動画内でおっしゃっています。 1日3g、食後やトレーニング後に摂取するのが推奨されていて、クレアチンと一緒に飲むことで、さらに効果を上げることができるそうです。 購入に関しては、Amazonでの購入がおすすめです。 iHerbでは販売されていませんでした。 僕はCLAを試したことがないのでレビューはできませんが、筋トレ系サプリメントの中では優先順位は低めかなといった印象です。 サプリメントを大量に買うよりも、まずは食事管理をしっかり サプリメントは英語で「補足、補助」といった意味があるように、食事でまかないきれない栄養を補うために飲むのが正しい使い方です。 だから、サプリメントをたくさん買ってサプリメントコレクターになる前に、まずは普段の食事の栄養バランスを見直すべきです。 サプリメントを取っているからと安心して、普段の食事がおろそかになってしまうと、筋トレの効果が大幅に減少してしまうので注意してください。 どのサプリメントから買えばいいか分からないという方へ 種類が多すぎて、どれから買えばいいか分からない方におすすめするサプリメントを2つに絞りました。

次の

【マイプロ公式アンバサダー全12名】クーポンコード&おすすめの味まとめ

メトロン ブログ 筋 トレ

・ おすすめの味:ピニャコラーダ(ピニャコラーダを飲む前は、スイカやパイナップル味を基本的に愛用していた) ・ XTENDを飲む理由:プロテインならゴールドスタンダード、BCAAならXTENDと言われるぐらい、信頼のおけるブランドで、質もいいから ・XTENDのBCAAのスイカ味とアクエリアスを混ぜるとめちゃくちゃおいしくなる XTENDのピニャコラーダ味は、iHerbで購入することができます。 プレワークアウト:「Muscle Pharm アサルト」 プレワークアウトは、トレーニング中のやる気を最大限引き出してくれる効果があります。 エナジードリンクの効果をさらに強力にしたようなもので、トレーニング前に飲みます。 以下はメトロンブログさんの動画内のレビュー内容です。 ・最初に飲んだプレワークアウトがアサルトだった ・メトロンブログさんが飲んできた中で、一番効果が高かった。 味もおいしい ・ 飲み方:水を飲んで喉をうるおわしてから、プレワークアウトをスプーンですくってそのまま口に入れ、水で流し込む ・ 失敗談:プレワークアウト2杯分のドリンクを飲むと、15分後ほどに皮膚がピリピリしてきて、トレーニング中のモチベーションは驚くほど上がった。 筆者の僕もプレワークアウトを飲んだことがあるのですが、トレーニング後に毎回クラッシュが起きて頭がぼーっとするので、飲むのをやめました。 トレーニング中は集中力が持続してかなり効果があるのですが、体質によっては僕のように反動があるようなので、試してみて合わないなと思ったらやめた方がいいかと思います。 クレアチン:「ALLMAX Nutrition C:VOL」 クレアチンは、筋トレ時のエネルギーを生み出すのを助ける働きがあります。 したがって、強度の高いトレーニングができるようになり、筋肥大にも効果があります。 以下はメトロンブログさんによるレビュー内容です。 ・クレアチンは今まで取っていなかったが、飲み始めてから体の調子が良くなってきた ・パンプ感や体の張りが、今まで以上に感じられた 購入に関しては、サプリメントの大手通販サイトiHerbでのみ販売されているようです。 ちなみに値段は3,400円ほどでした。 トレーニングをある程度続けている人なら、クレアチンを飲んでいる人がほとんどなので、僕も毎日飲むようにしています。 数々の研究でも、クレアチンは筋肥大に効果があることが証明されていますので。 マルチビタミン:「BULK SPORTS VITAMAX」 マルチビタミンは、名前の通り色々な種類のビタミンが入っているものです。 ビタミンには、体の調子を整えてくれたり、筋肉の成長を助ける働きがあります。 メトロンブログの動画内では、普段の食事では補いきれないビタミンを取るために、このマルチビタミンを飲んでいるとおっしゃっていました。 購入は、Amazonでの購入がおすすめです。 iHerbでは取り扱われていませんでした。 個人的には、マルチビタミンは筋トレを始めた人に2番目ぐらいにおすすめしたいサプリメントです。 ちなみに1位はもちろんプロテインです。 HMB:「NutraKey HMB」 HMBには、筋肉増強や筋肉の分解を防ぐ効果があります。 メトロンブログさんは、減量時に筋肉を落とさずに体重を落とすことは難しいので、HMBを飲み始めたと動画内でおっしゃっています。 1日3g、食後やトレーニング後に摂取するのが推奨されていて、クレアチンと一緒に飲むことで、さらに効果を上げることができるそうです。 購入に関しては、Amazonでの購入がおすすめです。 iHerbでは販売されていませんでした。 僕はCLAを試したことがないのでレビューはできませんが、筋トレ系サプリメントの中では優先順位は低めかなといった印象です。 サプリメントを大量に買うよりも、まずは食事管理をしっかり サプリメントは英語で「補足、補助」といった意味があるように、食事でまかないきれない栄養を補うために飲むのが正しい使い方です。 だから、サプリメントをたくさん買ってサプリメントコレクターになる前に、まずは普段の食事の栄養バランスを見直すべきです。 サプリメントを取っているからと安心して、普段の食事がおろそかになってしまうと、筋トレの効果が大幅に減少してしまうので注意してください。 どのサプリメントから買えばいいか分からないという方へ 種類が多すぎて、どれから買えばいいか分からない方におすすめするサプリメントを2つに絞りました。

次の

メトロンブログさんが使っているサプリメントをまとめた【筋トレサプリ】|筋トレのサイエンスノンフィクション

メトロン ブログ 筋 トレ

ブログの自重トレじゃ筋肉つかないというよく聞くような意見についての見解を述べている動画を見てみました。 今回はそれを見た感想を中心にブログを 書きます。 個人的な話なのですが最近自宅にいないことが多く出先で都度払いなどができるジムに 行ったり距離的に行くのが億劫になる機会が 多く自重トレで凌ぐかと考える時が何度かありました。 自宅に帰ればホームジム パワーラックとバーベルとルだけ があるので ある程度のウエイトトグができる環境にはあるのですが、出張というか都合により遠隔地で過ごす機会が多くそちらの住環境にはトグ器具は一切ないのです。 なのでそんなミニマムな環境でも自重トレでどうにか刺激を与えなるべく効率的に鍛えることはできないかと頭の片隅にありました。 基本的に自重トレは筋肥大を目指すならば 非効率的だと言われていますね。 自分の体重以上の負荷を掛けることができないし、負荷の限界がある。 負荷の調節も数値で指標化できない。 ウエイトトグに比べて負荷も軽く なりがちなので高回数になりがちで 10回くらいの重量を扱った肥大トレと比較すると精神面でも負担がある。 たしきに腕立て100回を3セットとかは やる前からします。 なので自分も自重トレは懸垂や腹筋などくらいしか行っていませんでした。 これから筋トレを始めようかなどと思っている人はこれらの考えが一度は思い浮かぶかもしれませんね。 民間のジムだと月額いくらでというのが 基本ですし大体1万円前後が相場だと思います。 最近は安いところも出てきていますし プラン次第では5000前後のジムもありますけど。 2019年8月 後書き 最近は月5000円で24時間使えるような 安価なジムもけっこう見かけるようになりました。 自分は市営ジム派だったので都度払いもしくは回数券を購入していたので安く済ましていました。 時間がない時はまぁ仕方ないですね なんとか作るしかないw ジムが近くにないのは運次第というか 仕方ない問題ですけど自分が今までいた環境の話ならば探せばあるものなので その中で自分に合うところを選ぶか いくつかを気分で変えたりしてました。 自分も初めてジムに行くまではなんか 抵抗感はありましたけど実際に行ってしまえばなんてことはありませんでしたね。 ただ始めたばかりの頃はフリーウエイトコーナーやスミスマシンは ガチ勢の聖域って感じで近付けませんでしたw 上の画像はウエイトトグをしていない頃の身体みたいです。 元々が世界レベルのプロのダンサー? の人なのでこのウエイトなしでもこの身体なのでしょうが 系の方?や体操選手は ウエイトトグしてなくても 凄い筋肉ついてますよね。 実際常人じゃできない動きをするわけですし 体操選手は腕相撲なんかは得意ではないみたいでしたが自分の身体を扱うという意味ではホント凄いと思います 一般レベルなら充分な見た目の身体だとも思います。 他にもストリートワークアウトの競技者だったり体操の選手なんかはウエイトは使わず 自重を使った運動や筋トレでこれだけの 逞しい見た目の身体の人はいます。 自重でもちゃんとした知識と実践があれば 充分に良い見た目の身体にはなれるという ことですね。 ただボディビルとかフィクとか ボディメイク系の見た目を競う大会で入賞なんかを目指すであれば非効率的?になるのかもしれません。 自分も久しく自重トレをしていませんでしたがジムに行けない期間には自重トレを取りいれていこうかと思いました。 自分も格闘技が好きだったり サッカーだったり 野球 等々やったり見たりすることが好きでしたし スポーツや運動は様々なものがありますが やはり純粋に動ける身体はカッコいいです。 tuneniwaraio.

次の