京都 新聞 杯。 2020/5/9 京都新聞杯考察まとめ

京都新聞杯

京都 新聞 杯

メルマガの案内 本ブログでは 条件戦の予想にも力を入れております。 競馬で安定した的中を残すためには軸馬が本当に大事です。 音速の馬券師が提供する精度が高い軸馬 「高連対馬スーパー」と「高連対馬」の成績は抜群です!! <前開催の成績> 高連対馬スーパー 40. 12 勝率58. 1 勝率54. 3成績 高連対馬 2. 1 準パーフェクト 高連対馬スーパー: 1. 26成績 高連対馬 3. 2 高連対馬スーパー: 5. 8成績 高連対馬 3. 3 高連対馬スーパー: 7. 0 パーフェクト 高連対馬スーパーは無料メルマガで公開、高連対馬はブログの平場予想記事で公開しております。 LINE の規約厳格化により、無料メルマガのみになりました。 無料メルマガの登録はこちらから メールアドレス を入力後、「確定ボタン」を押して下さい。 重賞有力情報の発信も無料メルマガで行っております。 メルマガは「 onsoku mbr. nifty. com」から送付されます。 迷惑メールに入らないように設定をお願い致します。 さらに言えば、 天皇賞春で11人気のスティッフェリオを入れた無料予想はありませんでした。 本物の予想を見たくありませんか? メアド登録して返信されてくるURLをクリックするだけでの簡単登録です。 馬番連動 様々なレースで理由は分からないですが、あるレースの3着までの馬番のうち1つもしくは2つが連動して出現します。 京都新聞杯では1つの対象レースがあります。 軸に迷った時、あっという穴馬をお探しなら理論や過去データなどの理屈じゃないサインを信じるのも1つの手です。 前年の菊花賞3着まで の馬番が3着内に連動。 6回連続出現中!! 菊花賞 京都新聞杯 13年:3-14-10 14年:3-11-5 14年:2-4-10 15年:4-2-15 15年:4-11-17 16年:2-11-9 16年:3-11-13 17年:11-3-2 17年:13-4-14 18年:13-8-15 18年:12-9-7 19年:12-3-6 19年: 2020NHKマイルカップ: 正逆 特定レース名や牝馬限定レース、開催場所などの色々なくくりにおいて、最内枠と最外枠から数えて同じ馬番が連続して3着以内にくることがあります。 これを正逆数字といい、ここではそれを紹介致します。 京都新聞杯でも2つの正逆数字あるので紹介します。 軸に迷った時、あっという穴馬をお探しなら理論や過去データなどの理屈じゃないサインを信じるのも1つの手です。 京都新聞杯は正逆2,5が、3着以内。 9年連続出現中! 2019年京都新聞杯 16頭 正値-逆値 1着. 03 — 14 3着. 06 — 11 2018年京都新聞杯 17頭 正値-逆値 1着. 8 — 10 3着. 15 — 3 2017年京都新聞杯 12頭 正値-逆値 1着. 3 — 10 3着. 11 — 4 3着. 9 — 6 2015年京都新聞杯 16頭 正値-逆値 1着. 4 — 13 2着. 3 — 16 2着. 11 — 8 3着. 8 — 9 3着. 10 — 4 3着. 6 — 8 2011年京都新聞杯 15頭 正値-逆値 1着. 10 — 6 2020 年 京都新聞杯(13頭) 正2:無料メルマガ で公開 逆2:無料メルマガで公開 正5:無料メルマガで公開 逆5:無料メルマガで公開 無料メルマガの登録はこちらから メールアドレス を入力後、「確定ボタン」を押して下さい。 重賞有力情報の発信も無料メルマガで行っております。 メルマガは「 onsoku mbr. nifty. com」から送付されます。 迷惑メールに入らないように設定をお願い致します。 13年連続出現中の自己連動 他のレースと連動するのではなく、自分自身のレース内で完結して連動していくことを自己連動といいます。 例えば1-3着内の騎手の1人が翌年も必ず馬券になるなどになります。 京都新聞杯でも1つの自己連動がありました。 しかも11年連続で出現中です。 正逆では稀に10年超えはありますが、自己連動で11年を超えるものは極稀ですので、かなり注目してほしいサインになります。 去年の3着までの馬番の1桁の数字が翌年の3着内に入る このサインが10年連続できています。 具体的にみていきましょう。 同年の菊花賞3着まで の馬番が3着内に連動。 6回連続出現中!!• 正逆2,5が3着以内。 9年連続出現中!!• 13年連続出現中の自己連動で3,5,8,13,15です。 京都新聞杯2020のサインでした。 高配当の3連単フォーメーションを無料公開! 天皇賞春で5月の幕が開け、 NHKマイルC・Vマイル・オークス・ダービーと東京戦線が続きます。 自宅待機でもお金はかかる! デリバリー代高いし、ゲームしていると課金しちゃうし、、、 自宅待機を満喫するために少しでもお金を増やしたい…。 午後の予想は午前の傾向を汲んでます。 メアド登録して返信されてくるURLをクリックするだけの簡単登録。

次の

京都新聞杯

京都 新聞 杯

ほぼ揃ったスタートととなり、まずは先行争いですが横一線の状態が少し続きます。 7番のキングオブドラゴン、内からは5番のホウオウエクレール、さらにブリンカーをつけた3番のシルヴェリオも前に行きました。 8番のアドマイヤビルゴは4番手につけました。 その後は6番のディープボンド、13番のプレシオーソ、内に入れて9番のイロゴトシと続きます。 前はばらけて縦長で1コーナーをカーブして行きます。 注文をつけて3番のシルヴェリオが先頭です。 リードを3馬身程とっての逃げで、1~2コーナーの中間です。 2番手には5番のホウオウエクレールがいて、その3馬身後ろに7番のキングオブドラゴンが3番手で追走しています。 さらに3馬身空いた4番手に8番のアドマイヤビルゴがいて、2コーナーからこれから向こう正面にむかいます。 先頭との差は10馬身近くあります。 その後は6番のディープボンドと並んで13番のプレシオーソがいます。 2馬身差で中団から後ろには10番のファルコニアと9番のイロゴトシがいて、その後は1番のメイショウダジンが続きます。 11番のマンオブスピリットは現在後方から4頭目で、ここは先頭との差は15~16馬身あります。 向こう正面中程、後は後方の3頭が更に離れて12番のサペラヴィと4番のキッズアガチャーがいて、2番のアンセッドヴァウが最後方という展開です。 3コーナーの坂の登りです。 前半の1200mを1分10秒ぐらいで通過しています。 先頭は3番のシルヴェリオで、リードが3馬身となって坂の登りです。 2番手には5番のホウオウエクレールで坂を登り切って下りにかかって残り800mを切ります。 3番手にはポツンと7番のキングオブドラゴンが追走して3~4コーナーの中間です。 その後は依然として8番のアドマイヤビルゴが4番手でその内に10番のファルコニアがいます。 先頭との差を詰めていきました。 差は4馬身程です。 残り600mを切って各馬がぐーんと上がっていきました。 その後が6番のディープボンドとその内に9番のイロゴトと続きます。 さあ先頭が入れ替わって5番のホウオウエクレールが4コーナーのカーブから直線へとむかいます。 早くも8番のアドマイヤビルゴが先頭に並びかけて抜けだしをはかります。 内には7番のキングオブドラゴンがいます。 その後には追ってきた6番のディープボンドと11番のマンオブスピリットも来ています。 内からは10番のファルコニアです。 横に広がっての追い比べは8番のアドマイヤビルゴと内から10番のファルコニア来ていて、外からは6番のディープボンドと11番のマンオブスピリットも来ています。 今度は6番のディープボンドと11番のマンオブスピリットが前に出ました。 ディープボンドかマンオブスピリットわずかに6番のディープボンドが先頭でゴールイン。 2着には11番のマンオブスピリットが入り、3着には10番のファルコニアが入りました。 今回のレースには単勝1.4倍の断然の一番人気に押された無敗の超良血馬、アドマイヤビルゴが出走しており戦前の予想では1強ムードとなっていました。 そんな今年の本レースを制したのは、和田竜二騎手騎乗の4番人気で6番のディープボンドです。 好位追走から最後の直線でも外から手応え良く伸びて首差勝利しました。 これで、ディープボンドは賞金を加算できたため、日本ダービーの出走に大きく前進しました。 レースはほぼ揃ったスタートから3番のシルヴェリオがハナを主張し、後続を大きく離して逃げる展開となりました。 1000mの通過タイムは58秒3という2200mのレースにしてはハイペースでレースは流れました。 縦長の隊列となった馬群が残り600mあたりから差が無くなって、最後の直線へと入ると、断然一番人気の8番のアドマイヤビルゴが先頭に出ます。 そのまま押し切るかと思われましたが、手応えが怪しく、ずるずると後退してしまいました。 代わりに外から6番のディープボンドと11番のマンオブスピリット併せ馬の形で手応え良く上がってきて先頭に躍り出ると、最後は6番のディープボンドが首差しのいで重賞初勝利を飾りました。 勝ったディープボンドは前走で皐月賞10着と大きく負けてましたが、大舞台を経験したという他馬とのアドバンテージと抜群の勝負根性を活かし、見事勝利しました。 4着に敗れた断然1番人気のアドマイヤビルゴは直線を向くまでは好位につけて、良い展開でしたが、直線に入っての伸びが本来の伸びではありませんでした。 今回は、デビューから3走目での初の重賞であったこと、騎手の乗り変わりがあったことがあったことが 不安要素としてあり、これが影響したものと思われます。 ですが、 良血であり、デビュー2戦目でOP戦を2馬身差で勝利する実力は、噂通り強い期待を感じます。 今回の負けが次のオッズにどう影響するかによっては、面白い一頭となる注目馬です。 当サイトからの競馬ノウハウ無料プレゼント.

次の

レース名[京都新聞杯]のレース検索結果|競馬データベース

京都 新聞 杯

概要 [ ] (日本ダービー)の前哨戦として行われ、同競走の出走を目指す3歳馬が収得賞金の加算を狙って出走する。 1953年にの前哨戦として「 京都盃(きょうとはい)」の名称で創設された、4歳(現3歳)馬による重賞競走。 1971年より現名称となった。 創設時は10月に京都競馬場の芝2400mで行われ、1967年から1999年まで菊花賞に指定された。 距離や施行場・競走条件は幾度かの変遷を経て、グレード制の導入に伴いGII に格付けされた1984年より芝2200mで行われるようになったが、2000年に菊花賞の施行時期が10月に繰り上げられると本競走は菊花賞トライアルの指定から外され、施行時期を5月に移設 のうえ距離を芝2000mに短縮していたが、2002年より再び芝2200mに戻された。 (2000年はGIIIでの施行だった) 所属馬は1995年から、は2000年からそれぞれ出走が可能になり 、2009年からはも出走可能なとなった。 競走条件 [ ] 以下の内容は、2020年現在 のもの。 出走資格:3歳• JRA所属馬• 地方競馬所属馬(後述)• 外国調教馬(9頭まで、優先出走) :馬齢(牡・せん56kg、牝54kg) 東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬(2頭まで)およびJRAで施行する2歳芝GI競走の優勝馬が優先出走でき 、JRAで施行する3歳芝重賞競走の優勝馬にも出走資格がある。 賞金 [ ] 2020年の1着賞金は5400万円で、以下2着2200万円、3着1400万円、4着810万円、5着540万円。 歴史 [ ]• 1953年 - 「 京都盃」の名称で創設、京都競馬場の芝2400mで施行。 1956年 - この年のみ3歳以上で施行(2年連続勝利のヤサカは4歳馬)。 1959年 - 「騎手災害基金競走」の副称をつけて施行。 1967年 - 菊花賞トライアルに指定(1999年まで)。 1971年 - 名称を「 京都新聞杯」に変更。 1984年 - 施行によりGII に格付け。 1995年 - となり、地方競馬所属馬が出走可能になる。 2000年• 施行時期を5月に変更。 菊花賞トライアルから除外。 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる。 この年のみGIIIで施行(1着本賞金は4200万円)。 2001年 - GII (1着本賞金も1999年と同額の5400万円)に戻す。 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIに変更。 2009年• に変更され、外国調教馬が9頭まで出走可能となる。 格付表記をGII(国際格付)に変更。 2020年 - の感染拡大防止のため「」として実施。 歴代優勝馬 [ ] コース種別を表記していない距離は、芝コースを表す。 優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。 競走名は第18回まで「京都盃」、第19回以降は「京都新聞杯」。 2 星川泉士 浅野国次郎 第8回 1960年9月18日 京都 1800m ヘリオス 牡3 1:49. 9 大久保亀治 加藤弘 第9回 1961年11月5日 京都 1800m ミスケイコ 牝3 1:52. 7 伊藤勝吉 伊藤由五郎 第10回 1962年11月11日 京都 1800m 牡3 1:50. 6 第11回 1963年11月3日 京都 1800m コウライオー 牡3 1:50. 9 浅見国一 吉田三郎 高田政治 第12回 1964年11月1日 京都 1800m 牡3 1:51. 9 諏訪真 小杉咲枝 第13回 1965年10月31日 京都 1800m 牡3 1:49. 9 伊藤由五郎 第14回 1966年10月23日 京都 2000m ハードイツト 牝3 2:02. 5 坪重兵衛 吉田久博 第15回 1967年10月29日 京都 2000m サトヒカル 牡3 2:04. 0 栗田勝 大久保亀治 鴨常一 第16回 1968年10月27日 京都 2000m 牡3 2:05. 5 第17回 1969年10月26日 京都 2000m 牡3 2:10. 9 武田悟 坂田綾子 第18回 1970年10月25日 京都 2000m タマホープ 牡3 2:04. 5 清水久雄 増本孝一 第19回 1971年10月24日 京都 2000m 牡3 2:02. 8 小林保氏 第20回 1972年10月22日 京都 2000m 牡3 2:03. 3 有 名鯛興業 第21回 1973年10月21日 京都 2000m トーヨーチカラ 牡3 2:08. 3 斉藤義美 有 トーヨークラブ 第22回 1974年10月20日 京都 2000m 牡3 2:03. 7 服部正利 初田豊 第23回 1975年10月19日 京都 2000m 牡3 2:06. 2 井高淳一 芦部凞仁 第24回 1976年10月24日 阪神 2000m 牡3 2:02. 2 福永洋一 株 第25回 1977年10月23日 京都 2000m 牡3 2:01. 1 加藤朝治郎 渡辺喜八郎 第26回 1978年10月22日 京都 2000m 牡3 2:01. 6 伊藤修司 株 第27回 1979年10月21日 中京 2000m ファインドラゴン 牡3 2:00. 9 吉田久博 第28回 1980年10月19日 阪神 2000m オーバーレインボー 牡3 2:07. 0 中村武志 鳥居茂三 第29回 1981年10月18日 京都 2000m 牡3 2:00. 8 佐藤惣一 第30回 1982年10月24日 京都 2000m 牡3 2:02. 8 伊藤修司 日隈広吉 第31回 1983年10月23日 京都 2000m 牡3 2:02. 0 野出一三 第32回 1984年10月21日 京都 2200m 牡3 2:14. 6 伊藤清章 伊藤修司 第33回 1985年10月20日 京都 2200m 牡3 2:14. 5 田中朋次郎 堤勘時 第34回 1986年10月19日 京都 2200m タケノコマヨシ 牡3 2:14. 3 伊藤清章 伊藤修司 梅原トモ 第35回 1987年10月18日 京都 2200m レオテンザン 牡3 2:16. 3 吉野勇 田中竜雨 第36回 1988年10月16日 京都 2200m 牡3 2:14. 5 西浦勝一 荻野光男 有 富士 第37回 1989年10月15日 京都 2200m 牡3 2:13. 4 南井克巳 竹田辰一 第38回 1990年10月14日 京都 2200m 牡3 2:12. 3 有 第39回 1991年10月13日 京都 2200m 牡3 2:15. 6 松永善晴 豊嶌正雄 第40回 1992年10月18日 京都 2200m 牡3 2:12. 0 戸山為夫 有 ミホノインターナショナル 第41回 1993年10月17日 京都 2200m 牡3 2:13. 3 柴田政人 第42回 1994年10月16日 阪神 2200m 牡3 2:12. 1 誓山正伸 第43回 1995年10月15日 京都 2200m 牡3 2:11. 4 藤田伸二 第44回 1996年10月13日 京都 2200m 牡3 2:14. 1 武豊 有 第45回 1997年10月12日 京都 2200m 牡3 2:13. 1 南井克巳 第46回 1998年10月18日 京都 2200m 牡3 2:15. 0 武豊 第47回 1999年10月17日 京都 2200m 牡3 2:12. 3 武豊 第48回 2000年5月6日 京都 2000m 牡3 1:59. 8 河内洋 長浜博之 第49回 2001年5月4日 京都 2000m テンザンセイザ 牡3 1:59. 8 平野三郎 第50回 2002年5月3日 京都 2200m 牡3 2:12. 5 辻幸雄 第51回 2003年5月10日 京都 2200m マーブルチーフ 牡3 2:15. 4 下村直 第52回 2004年5月8日 京都 2200m 牡3 2:11. 9 橋口弘次郎 有 社台レースホース 第53回 2005年5月7日 京都 2200m 牡3 2:13. 0 佐々木晶三 有 第54回 2006年5月6日 京都 2200m 牡3 2:14. 8 藤田伸二 藤原英昭 東豊物産 株 第55回 2007年5月5日 京都 2200m 牡3 2:13. 5 藤原英昭 有 社台レースホース 第56回 2008年5月10日 京都 2200m 牡3 2:18. 4 岩田康誠 第57回 2009年5月9日 京都 2200m 牡3 2:13. 0 第58回 2010年5月8日 京都 2200m 牡3 2:12. 8 池添謙一 長浜博之 畑佐博 第59回 2011年5月7日 京都 2200m 牡3 2:13. 5 武豊 堀川三郎 第60回 2012年5月5日 京都 2200m 牡3 2. 0 第61回 2013年5月4日 京都 2200m 牡3 2:12. 3 武豊 佐々木晶三 前田晋二 第62回 2014年5月10日 京都 2200m 牡3 2:11. 0 第63回 2015年5月9日 京都 2200m 牡3 2:11. 0 第64回 2016年5月7日 京都 2200m 牡3 2:12. 6 松田国英 第65回 2017年5月6日 京都 2200m 牡3 2:15. 2 株 第66回 2018年5月5日 京都 2200m 牡3 2:11. 0 有 社台レースホース 第67回 2019年5月4日 京都 2200m 牡3 2:11. 9 株 第68回 2020年5月9日 京都 2200m 牡3 2:11. 7 前田晋二 脚注・出典 [ ] [] 参考文献 [ ]• 「京都新聞杯 GII 」『中央競馬全重賞競走成績集 【2歳・3歳編】』日本中央競馬会、2006年、1337-1410頁。 注釈 [ ]• 2020年6月27日閲覧。 17 2020年. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会. 1424-1425 2009年. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13058)• 日本中央競馬会. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会. 2020年6月27日閲覧。 日本中央競馬会 2020年4月23日. 2020年6月27日閲覧。 各回競走結果の出典 [ ]• 『』第1回 - 第53回• JRA年度別全成績• 日本中央競馬会. 2020年6月26日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 2020年5月10日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2020年5月10日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2017年5月7日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月9日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13058)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:13058)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 1393-1394. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 1390-1391. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 1381-1383. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• 日本中央競馬会. 1237-1239. 2016年5月2日閲覧。 (索引番号:12059)• netkeiba. comより(最終閲覧日:2020年6月27日)• 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 外部リンク [ ]• - 日本中央競馬会.

次の