簡単 おかず 野菜。 節約おかずレシピ16選

簡単! お弁当の作り置きおかずレシピ特集

簡単 おかず 野菜

簡単な手抜き晩御飯レシピの1つ目は、鮭とキノコの炊き込みご飯です。 塩鮭も炊飯器の中に入れて調理しますので、炊飯器1つで出来ます。 キノコを加えると旨味とボリュームが増し、栄養価も高くなりますよ。 鮭とキノコの炊き込みご飯の材料(2合分)• お米 2合• 塩鮭 1切れ• お好みのキノコ 適量• 麺つゆ 大さじ3• 醤油・酒 大さじ1 鮭とキノコの炊き込みご飯の作り方• 1お米を研いでから炊飯器の中に入れ、調味料も全部入れます。 22合の目盛りまで水を加えます。 3キノコを食べやすい大きさにほぐし、炊飯器の中に入れます。 4塩鮭をのせて、炊飯のスイッチを入れます。 5炊きあがったら塩鮭を取り出しほぐします。 6ほぐした塩鮭を炊飯器に戻し、ご飯とよく混ぜ合わせて完成です。 たぬき丼とは天かすを卵でとじた丼です。 手抜きなだけでなく、冷蔵庫に何もないときの助かるメニューです。 お好みでエビや豚肉を加えると食べ応えのある丼になります。 たぬき丼の材料(2人前)• ごはん 2人前• 揚げ玉 大さじ5• 卵 2個• 茹でたエビ(無くても可)8尾• 青ネギ、七味 適量• 麺つゆ(濃縮率に応じて)180cc たぬき丼の作り方• 1ボールに卵を割り入れて、揚げ玉、エビと共に混ぜ合わせる。 2鍋に麺つゆを煮立たせて1を入れる。 フタをして好みの煮え加減にする。 3ごはんの上に2をのせて、お好みで青ネギや七味をかけて完成です。 お好みのパスタ 180g• ツナ缶 1缶• お好みのキノコ 適量• ニンニク 1片• ケチャップ・オリーブオイル 大さじ1• 塩コショウ 適量• 固形コンソメ 1個• 水 300ml ワンポットでツナとトマトソースのパスタの作り方• 1トマト缶をボールに入れて、調味料と水を混ぜ合わる。 2鍋にキノコ、玉ねぎ、ツナを入れる。 その上にパスタを半分に折ってのせる。 31を上からかける。 4鍋に火をかける。 グツグツと煮立ってきたら蓋をして8分程煮込む。 5蓋を外し、水分を飛ばすように全体をかき混ぜる。 6パスタがほど良い固さになったら火を止める。 味が薄ければ塩コショウを足して完成です。 ビニール袋に豚肉と調味料を入れてよく揉むと、短時間で味が染み込みます。 ニラはキッチンばさみを使ってフライパンの上でカットすると、洗い物が少なく済みます。 簡単なのにごはんが進むおかずです。 豚ニラもやし炒めの材料(2人前)• 豚バラ肉 150g• もやし 1袋• ニラ 3束• 焼肉のたれ 大さじ3と大さじ2• 酒 大さじ1• ごま油 小さじ2• 塩コショウ 適量 豚ニラもやし炒めの作り方• 1ビニール袋に豚肉と酒、焼肉のたれ大さじ3を入れよく揉む。 冷蔵庫で10分程寝かせる。 2フライパンにごま油をひき、1を炒める。 3豚肉に火が通ったらもやしとニラとも加えて炒める。 4仕上げに焼肉のたれ大さじ2と塩コショウを加えて完成です。 人気のある中華料理の1つで作る工程が面倒と思われがちですが、調味料を混ぜ合わせることによって短時間でパッと作ることが出来ます。 チンジャオロースの材料(2人前)• 豚肉ロース薄切り 200g• ピーマン 4個• 水煮筍 1パック• にんにく・生姜 1片• 片栗粉・醤油・酒 大さじ2• オイスターソース 大さじ2• ごま油 大さじ2• 塩コショウ 適量 チンジャオロースの作り方• 1材料は全部細切りにする。 2ビニール袋に豚肉と片栗粉・醤油・酒を入れてよく揉む。 3フライパンを熱しごま油を入れたら、2を入れて炒める。 4ピーマンと筍、オイスターソースを入れてさらに炒める。 5塩コショウで味を整えて完成です。 「ごまポン」とはごま油とポン酢を合わせた調味料です。 さっぱりとしているのにコクがあり美味しいです。 なすは電子レンジで加熱するので、火を使わずに簡単に出来上がりますよ。 なすのおろしごまポンがけの材料(1人前)• なす 大1本• 大根おろし 適量• ネギ 適量• ごま油 大さじ1• ポン酢 大さじ3 なすのおろしごまポンがけの作り方• 1なすを薄切りにし、お皿にのせてラップをかける。 2電子レンジ600wで5分加熱する。 3ごま油とポン酢を混ぜ合わせておく。 4熱が通ったなすの上に大根おろしをのせて、3をかければ完成です。 火が通るのに時間がかかる大根は、先に電子レンジで熱を通しておくことで時短につながります。 香ばしくとろけるような食感ですので、ぜひお試しください。 大根ステーキの材料(2人前)• 大根 半分• おろしにんにく 適量• 塩コショウ 適量• 片栗粉 大さじ1• 醤油 大さじ1• バター 10g 大根ステーキの作り方• 1大根をお好みの厚さの輪切りにする。 軽く水をくぐらせラップをかけて加熱しておく。 2熱が通った大根の両面におろしにんにくと塩コショウで味付けをしておく。 3さらに片栗粉をまぶし、フライパンで両面焼いて焼き目を付ける。 4いったん大根を取り出し、バターを溶かす。 5バターが溶けたら醤油をいれ、さらに大根を入れてからめる。 6お皿に移し、お好みでネギやごまをかけて完成です。 からあげはお肉に下味をつけたり、油で揚げたりと時間も手間もかかるメニューです。 フライパンで少ない油で仕上げるレシピなので、簡単にヘルシーに出来上がります。 フライパンでからあげの材料(2人前)• 鶏モモ肉 400g• にんにく・生姜 適量• サラダ油 適量• 片栗粉 適量• 醤油 大さじ2• 酒 大さじ1 フライパンでからあげの作り方• 1鶏肉を好みの大きさに切りビニール袋に入れる。 調味料とすりおろしたにんにく・生姜も入れて冷蔵庫で10分程寝かせる。 21に片栗粉を入れて、よくまぶす。 3フライパンにサラダ油を1㎝位入れて、2を揚げる。 4きつね色に揚がったら完成です。 シュウマイは皮を包むのに手間がかかります。 皮は細切りにしてタネの上におくとおしゃれな見栄えになります。 包まないシュウマイの材料(4人前)• 豚ひき肉 300g• 玉ねぎ 1個• 鶏がらスープの素 大さじ1• オイスターソース・酒・砂糖・ごま油 大さじ1• すりおろし生姜 適量• 片栗粉 大さじ2• シュウマイの皮 20枚• お好みでグリーンピース• サラダ油 適量 包まないシュウマイ• 1玉ねぎをみじん切りにし、豚ひき肉と混ぜ合わせます。 21に調味料と生姜、片栗粉を加えてさらに混ぜ合わせます。 3シュウマイの皮を細切りにします。 4フライパンにサラダ油をひき、3を半分の量敷き詰めます。 54の上に2と残りの4とお好みでグリーンピースをのせます。 フライパンのフタをして蒸し焼きします。 610分程蒸して、フタを開けて水分を飛ばせば完成です。 豆腐の水切りが不要なうえに、万能調味料である焼肉のたれを使うレシピです。 ネギはフライパンの上でキッチンばさみを使えば、包丁もまな板もいりません。 水切り不要な麻婆豆腐の材料(2人前)• 豆腐 1丁• 豚ひき肉 200g• ネギ 適量• ごま油 大さじ1• 焼肉のたれ 大さじ5• 鶏がらスープの素 小さじ1• 片栗粉 大さじ1 水切り不要な麻婆豆腐の作り方• 1豆腐のパック内に入っている水を捨てる。 2フライパンにごま油をひき、豚ひき肉を炒める。 3ネギと豆腐を加えてさらに炒める。 豆腐は木べらで食べやすい大きさに崩す。 4調味料を加えてよく混ぜ合わせる。 5水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけて完成です。 野菜をみじん切りにすることで、レンジだけで熱が通り短時間で仕上げることが出来ます。 目玉焼きを添えても良いですね。 電子レンジでできるドライカレーの材料(2人前)• にんにく 2片• 合いびき肉 150g• カレールー 40g• 塩コショウ 適量 電子レンジでできるドライカレーの作り方• 1野菜をみじん切りにし耐熱容器に入れる。 ラップをかけて電子レンジで3分程加熱する。 2カレールーを細かく刻む。 31と2を混ぜ合わせて、レンジでラップをかけないで5分程加熱します。 4さらに混ぜ合わせて、全部に熱が通っていたら完成です。 夕飯のメニューで人気があるハンバーグが、電子レンジでお手軽に出来るとは助かりますね。 フライドオニオンを使うことでコクが出て美味しく仕上がります。 電子レンジでできるハンバーグの材料(2人前)• 合いびき肉 300g• フライドオニオン 大さじ2• ケチャップ・とんかつソース 大さじ2• 塩コショウ 適量 電子レンジでできるハンバーグの作り方• 1合いびき肉をパックから取り出し、クッキングペーパーの上で簡単に2等分する。 21の上に塩コショウ、フライドオニオン、ケチャップ、ソースの順にのせていく。 3ラップをかけずにレンジで10分程加熱する。 4透明な肉汁が出ていれば完成です。

次の

【特集】野菜1つで作れるおかずのまとめ

簡単 おかず 野菜

油をきったツナを混ぜ、カレー粉を加え混ぜる。 鶏むね肉はそぎ切りにしてかたくり粉を全体にまぶす。 あいたところで豆苗も一緒に炒める。 焼いている間にAを合わせておく。 フライパンにAを加え、強火にして鶏肉に味をからめ、豆苗を広げたご飯の上にのせる。 お好みでしば漬けなどを添える。 卵は溶きほぐし、Aを加えて混ぜ、卵液を作る。 煮立ったら塩(ひとつまみ)を加え、弱火でゆでる。 途中でそら豆も加えて5分ほどゆでて引き上げ、粗熱が取れたら薄皮をむく。 じゃがいもが軟らかくなったらざるに上げる。 【2】からになった鍋に(1)を戻し、強火にかけて水気を飛ばす。 【3】 熱いうちにすり鉢かボウルに移してしっかりすりつぶす。 粗熱が取れたらAを加えて味を調え、残りのタイムを散らす。 縦半分に切ったら1 ㎝幅に切り、保存容器に並べる。 【2】しょうが、にんにく、長ねぎ、ザーサイはみじん切りにする。 しめじは根元を切り落としてほぐす。 エリンギは長さを半分にして薄切りにする。 しいたけは石づきを切り落として薄切りにする。 【3】フライパンにごま油、しょうが、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。 長ねぎ、ザーサイ、きのこ類も加えて炒め、しんなりしたら<A>を加えて火を止める。 【4】(3)を(1)にかけ、みじん切りにした小ねぎ、粉さんしょう、ラー油をかける。 さやいんげん、スナップえんどうはすじを取る。 【2】鍋にかぼちゃを入れ、かぶるくらいの水を注いで強火にかける。 煮立ったら塩(少々)を加えて弱火でゆでる。 途中で(1)の豆類も加え、さやいんげんは3分、スナップえんどうは1分ゆでて取り出す。 【3】さやいんげんは1㎝幅に、スナップえんどうは半分に切る。 かぼちゃが軟らかくなったらざるに上げる。 【4】ボウルに(3)、Aを入れて和える。 お好みでチリパウダー(分量外)を振る。 ひき肉に火が通ったら、全体を混ぜる。 肉だけで作ったハンバーグは硬くなりがちだけど、豆腐を加えることでおいしさと軟らかさをキープ。 ビニール袋に豚ひき肉、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでこねる。 さらに豆腐、パン粉、みじん切りにした長ねぎ、卵を混ぜ、6等分にして平たく丸める。 ミニフライパンに油を入れ熱し、両面に色よく焼き色をつけ、Aを上から順に加え、弱火でふたをして約5~8分、汁にとろみがつくまで煮込む。 じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆで、半分はしっかりつぶし、残りは粗いままにする。 熱いうちにAを混ぜる。 じゃがいもをゆでている間にフライパンでたらこを焼き、ほぐす。 これとマヨネーズを1. に混ぜる。 ラップで茶巾型にしぼり、切ったレモンの皮を飾る。 きくらげを水でもどしてみじん切りにして混ぜ、2~3等分にする。 Bを入れてつくねにたれがからんだら、目玉焼きをのせる。 鶏ひき肉にAを混ぜて、冷蔵庫で30分ねかせる。 れんこんは2mm厚さに8枚分切り、かたくり粉をまぶし、2枚で4等分にした1. をはさむ。 フライパンに油を入れ熱し、2. を色よく焼き、火を通す。 合わせたBを加え、からめる。 マカロニや細いパスタだと、保存するうちにのびて軟らかくなりがち。 袋の表示どおりにペンネをゆでながら、同じ鍋でざるに入れたさやいんげんも1~2分ゆでる。 さやいんげんは冷水にとって水気をふき、3cm長さに切る。 ベーコンは細切りにし、フライパンにオリーブ油を入れて炒める。 ペンネは水けをきって熱いうちにボウルに入れ、Aとベーコンを炒めた油ごと混ぜ、マヨネーズ(大さじ1)を混ぜる。 さめたら残りのマヨネーズを混ぜる。 電子レンジでも作れるメニューだけど、蒸し煮にすることで日もちUP。 タコと野菜は1cm角に切る。 フライパンにオリーブ油を入れ熱し、玉ねぎをさっと炒め、残りの野菜とタコも入れてさっと炒める。 Aを上から順番に加え、ふたをして弱火で7~8分蒸し煮にする。 最後に塩、こしょうで調味する。 その隣で乱切りにしたなす、カラーピーマンを炒め、塩、こしょうで味を調えて取り出す。 同じフライパンにオリーブ油(小さじ2 )を入れてAを炒め、ナッツとセロリも加えたら、Bで味つけをする。 【2】ジャーにBを入れて混ぜる。

次の

メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ10選|野菜不足解消レシピも

簡単 おかず 野菜

和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は大根ステーキです。 11月から2月ごろの旬の大根はみずみずしいですね。 煮ることの多い大根をステーキで食するのもおいしくいただけます。 おでんの大根も最高ですが、ステーキにして食べる大根もまた違った楽しみもあります。 ネギを散らして和食にするのも良いですが、チーズをたっぷりかけても合うので大根嫌いの方でも苦手克服できますよ。 大根ステーキおろしポン酢 2人分 材料• 大根 6cm• だし汁 400ml• ごま油 大さじ1• ポン酢 大さじ2• 青じそ 2枚 大根ステーキおろしポン酢• 1大根は皮をむいて3等分に切り、1個はおろしておく• 2大根の残り2つは両面に隠し包丁を入れて耐熱容器に入れ、だし汁を入れふんわりラップをし、600wのレンジで10分加熱する• 4ポン酢を加えてさらに絡める• 5お皿に乗せ、焼いた大根の上に大葉とおろし大根をのせポン酢をかける 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は玉ねぎ丸ごとスープです。 保存もしやすい玉ねぎは料理には欠かせない食材です。 薄くスライスしてサラダしたり、みじん切りにしてハンバーグにも欠かせない玉ねぎです。 今回は玉ねぎを丸ごと一個使った料理を紹介します。 血液さらさら効果もあり、かぜやインフルエンザに効果的な玉ねぎをおいしく食べましょう。 お好みでチーズやトマトを入れてもおいしく仕上がります。 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ 1人分 材料• 玉ねぎ 1個• 塩コショウ 適量• 水 150cc• ベーコン 2枚 レンジで簡単玉ねぎ丸ごとスープ• 1玉ねぎの皮をむき上下を切り落とし、ばらばらにならない程度に切り込みを入れる• 2ベーコンを食べやすい大きさに切る• 3容器に入れ玉ねぎに塩コショウをする• 4分量の水半分をコンソメを入れて軽くラップをする• 6レンジから取り出し、残りの水とベーコンを入れてラップをかけ再び600Wのレンジで3分から5分ほど加熱する 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ3つ目はにんじんしりしりですが、サブ食材で活躍が多いにんじんです。 にんじんしりしりは1本丸々にんじんを使った料理です。 シンプルににんじんだけを使ったにんじんしりしりを紹介していますが、卵やシーチキンを加えて作れアレンジも豊富です。 にんじんしりしり 材料• にんじん 1本• ごま油 大さじ1• 白ゴマ 適量 にんじんしりしり 作り方• 1にんじんを千切りにする• 2油をひかず冷たいフライパンに千切りをしたにんじんを入れる• 4水分がなくなってきたら、ごま油を回しいれ白ゴマを振る 和食メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ4つ目はかぼちゃの煮物です。 「お袋の味」でも上位にいるかぼちゃの煮物です。 多めにつくってかぼちゃのコロッケや、かぼちゃのグラタンへのアレンジもできます。 ビタミンが豊富に含まれているかぼちゃは、美肌効果にもつながります。 食物繊維も豊富なので腸内環境もきれいにしてくれ、かぼちゃの皮や種にも栄養はたっぷり含まれています。 彼氏が彼女に作って欲しい料理に煮物が上位にあります。 関連記事を紹介しますので参考にしてくださいね。 簡単カボチャの煮物• 砂糖 大さじ2から3• 塩 4から5つまみ 簡単カボチャの煮物 作り方• 1かぼちゃはひと口大に切る• 2鍋にかぼちゃと砂糖、塩を入れ全体にからめる• 3半日ほど放置したらかぼちゃから水が出てくる• 4水分がでたら鍋に蓋をして弱火で煮る 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ1つ目は野菜餃子です。 普段口にする餃子もいいですが、野菜をたっぷり使った餃子の作り方を紹介します。 ツナ缶を使うので節約料理にもなります。 玉ねぎ 1個• ツナ缶 1缶• 塩コショウ 少々• 餃子の皮 40枚• サラダ油 大さじ2• 水 100㏄ キャベツandツナ 野菜餃子 作り方• 1キャベツ、玉ねぎをみじん切りにする• 3少し冷めてから皮に包む• 4油を敷いてフライパンに並べて焼く• 5水を加えて蓋をし、水気がなくなったら蓋をとり焼き目が付くまで焼く 洋食・中華メインのおかずになる野菜料理の人気レシピ2つ目は野菜たっぷりミネストローネです。 野菜を刻んで入れるだけで簡単にできる料理です。 入れる野菜は何でも合うので好みの野菜を入れオリジナルのミネストローネを作ってみましょう。 ベーコンをソーセージや鶏肉に変えてもおいしいですよ。 野菜たっぷり!ミネストローネ• セロリ 1本• じゃがいも 1個• ベーコン 100g• にんにく 2片• 水 800㏄• プチトマト 12個• 塩 小さじ1 野菜たっぷり!ミネストローネ• 1野菜は全て5mm角に切る• 2ベーコンは1cm幅に切る• 3鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ香りが出たらベーコンを入れて炒める• 4じゃがいもとプチトマト以外の野菜と水を入れる• 5鍋が沸騰したらじゃがいもを入れる• 紹介するのは肉無しなのでお肉が苦手な人も食べることのできるロールキャベツです。 残ったポテトサラダに多めのチーズをいれてもいいですね。 肉なしロールキャベツ 6個分 材料• キャベツ 6枚• じゃがいも 小3個• 卵 2個• ベーコン 6枚• マヨネーズ お好みで• 塩コショウ 少々• コンソメ 1個• プロセスチーズ 1個• 水 200ml 肉なしロールキャベツ 作り方• 1キャベツは破れないようにはがし、2~3分茹でて厚みが均等になるように芯の部分を包丁で削ぎ切り 水気を拭いておく• 2ゆで卵を作る• 3ジャガイモは、軟らかくなるまで茹でる• 4ゆで卵と一緒にマッシュし塩コショウをする• 7巻き終わりを爪楊枝でとめる• ビールのアテにぴったりのチヂミです。 つけだれで辛さを調整できるので、子供から大人までおいしくいただけますね。 ニラ入りチヂミ 2人分 材料• にんじん 適量• ごま油 適量• しょう油・酢 各大さじ1• ラー油 少々 ニラ入りチヂミ 作り方• 1玉ねぎは薄切り、ニラは3cm幅に切り、にんじんは千切りをする• 4中火で焼き色が付いたら裏返して蓋をし数分焼く• 5つけだれを混ぜ合わせておく• 6蓋をとり両面かりっと焼けばできあがり 副菜にぴったりの野菜のおかずは「鉄分不足解消・ブロッコリーの胡麻和え」です。 ブロッコリーは栄養素の固まりでビタミンCが豊富です。 ゴマはホルモンバランスを整えてくれます。 アンチエイジングや便秘解消に効果が高いブロッコリーを積極的に食べましょう! ブロッコリーの胡麻和え 材料• ブロッコリー 1株• すりごま 大さじ3• 砂糖 大さじ3• しょう油 大さじ2 ブロッコリーの胡麻和え 作り方• 1ブロッコリーを適当な大きさに切り、水気を切らずに耐熱容器に入れる• 2ラップをして600Wのレンジで1分半。 足りない場合は20~30秒ずつ様子を見て加熱する• 3ボウルにすりごま、砂糖、しょう油をいれさっと混ぜる• 野菜を多めに摂取することで、体の中からきれいになりますね。 お肉や油っこい物もおいしいですが、野菜不足を感じたならば是非紹介した料理にチャレンジして野菜不足を補いましょう!.

次の