尼崎 ボート。 ボートレース尼崎競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

ボートレース尼崎競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

尼崎 ボート

こんにちは、の川田です。 私が全レース的中を達成した記念すべき尼崎競艇場のコース特徴や有利不利について調べてみました。 ボートレース尼崎は兵庫県尼崎市にあり、都市部の競艇場である割には浜風や六甲おろしと言った風の影響を受けやすいボートレース場です。 コース別の有利不 利を数字で見てみると、基本的にはイン有利。 まぁ日本にインが不利な競艇場など存在しないのでそりゃあインが有利なのは当たり前なのですが、コース形状の 割にはそれほどインが強くないコースです。 尼崎競艇場は全国でも珍しい2マーク地点と1マーク地点でコースの幅員がほぼ同じ幅のコースです。 ほとんどの競艇場では競艇特有のインコースの圧倒的有利を緩和するために1マークの位置を観客席側にズラして設置し、人為的にインコースに不利な要素を作っています。 比較のために下に住之江の水面図も載せておきます。 住之江の場合は1マークが観客席側に寄ってるのがわかりますよね?尼崎にはそれがありません。 なので他場では斜めに走っていたインコース艇も、尼崎では真っ直ぐ走れるわけで、ならばもっとインが有利になって良さそうなのに、それほどインが強くは無いんです。 いや、もちろん他のインがもっと弱い競艇場と比べればインが活躍しているんですが、「このコース形状ならもっと強くても良いんじゃないの?」と思ってしまいます。 その理由についてネット上では「尼崎はバックストレッチ側が広くて、思いきって握れる…どうのこうの」と言ってる人がいますが、はっきり言って間違いで す。 そもそも尼崎は全国的に見てもバックストレッチ側は狭い部類に入る競艇場ですし、そもそも日本に「思いきって握れないほど狭い競艇場」があるのなら、 どこなのか教えてくれと言う話です。 尼崎競艇場でインコースが今ひとつ有利になりきれない理由はちゃんとあります。 それはバックストレッチではなくホームストレッチの広さです。 実は尼崎は バックストレッチ側の広さは全国でも狭い方ですが、1マーク付近のホームストレッチ側のコース幅は日本で一番広い競艇場なんです。 で、1マークのホームストレッチ側のコース幅が広いとなぜインコースの勝率に影響があるかと言うと、競艇で使われているボートはハイドロプレーンYM- 730型と言って、全長が2895mmつまりおよそ3mの長さがあるボートです。 と言う事はスタートが横一線で綺麗に並んだと仮定して、1マークで90度 の回れ左をしたとします。 もちろん実際には回れ左ほどクイッと曲がる訳ではありませんが、説明をわかりやすくするためにボートが回れ左をしたとイメージしてみてください。 ボートの長さが約3mで6艇ですから18m、コース幅が40mのコースなら艇と艇の間は平均4. 4mになります。 実際にはコースを目一杯使うわけでは無い ので、もっと各艇はひしめき合っているので、隣の艇は邪魔になるし、捌いて差そうと思っても引き波は出来立てホヤホヤですからボートがバウンドしたりして 差し辛いわけです。 ところが尼崎は同じように横一線のスタートで1マーク地点で回れ左をした場合、コース幅が61mあるので、各艇の間には平均8. 6mもの余裕があります。 実に他の競艇場の倍の余裕です。 こうなるとアウトコースの艇は広いホームストレッチ側のスペースを使って転回し、インコース艇の懐を差しやすくなります。 その証拠に下の表を見てください。 住之江 尼崎 コース 捲り 差し 捲り差し 捲り 差し 捲り差し 1 0. 00 0. 00 0. 00 0. 00 0. 00 0. 00 2 22. 40 64. 00 0. 00 28. 80 58. 70 0. 00 3 51. 90 13. 40 30. 70 33. 80 16. 10 35. 20 4 47. 40 11. 80 28. 80 43. 40 36. 30 10. 10 5 12. 50 15. 60 53. 10 33. 30 55. 50 5. 50 6 14. 20 42. 80 42. 80 0. 00 71. 40 0. 00 同じ関西の住之江競艇場と比較して、尼崎の方がアウト勢の「差し」の決まり手の比率が飛び抜けて高くなっています。 つまり、このようにアウトコースの差し が決まりやすいコース形状をしているので、勝率を調整するために1マークを観客席側に寄せる必要が無いと言う事なんじゃないでしょうかね。 私が競艇で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。

次の

安田政彦が逃げ切り、3年7カ月ぶり地元優勝/尼崎

尼崎 ボート

兵庫県尼崎市の尼崎ボートレース場で9日、G1近畿地区選手権4日目の第9レースに出走していた松本勝也選手(48)のボートが他のボートと衝突した。 松本選手は搬送先の病院で午後4時12分、死亡が確認された。 6号艇だった松本選手は1周目の2回目のターン中に減速し、後続ボートと衝突。 後続ボートが松本選手のボートに乗り上げた。 後続の選手にけがはなかった。 一般財団法人「日本モーターボート競走会」尼崎支部の岡崎一郎執行役員によると、医師や看護師らにより、心肺停止状態になった松本選手の蘇生が試みられたが、救急搬送された兵庫医大病院で死亡が確認された。 目立った外傷はなかったが、装着していたヘルメットには大きな傷が残っていたという。 尼崎南署では詳しい原因を調べている。 松本選手は91年5月にデビュー後、ボートレース最高峰のSG(スペシャルグレード)、G1などトップ戦線で活躍。 97年2月三国で開催された近畿地区選でG1初の優勝戦進出(2着)、G1での通算優勝戦進出は21回。 SGでは99年7月若松で開催されたオーシャンカップに初出場。 00年6月に下関で行われたグランドチャンピオン決定戦で初のSG優勝戦進出を果たした。 今年は1月の徳山G1周年記念、唐津G1周年記念に出場するなど、トップレーサーとして健在ぶりを見せていた。 プロペラ調整能力の高さにも定評があり、理論派としてファンから人気が高かった。 仲間からの人望も厚く、先輩後輩を問わず、相談を受けることも多かった。 68期生として91年5月尼崎でデビュー。 93年11月丸亀で初優勝。 通算成績は6838走、1798勝。 優出は277回で優勝42回。 勝率で分けられるランクは最高位のA1級だった。 同期は山一鉄也、高橋勲、柴田光、野沢大二ら。 162センチ、53キロ。 血液型O。 <ボートレース選手のレース中の死亡事故> 現役選手の死亡事故は今回で31件目。 尼崎では2件目。 13年11月2日に女子レーサーの鈴木詔子選手(東京=当時52)が、山口・下関ボートレース場で試運転中にボートが全速状態になり、対岸の岸壁に衝突。 脳挫傷で亡くなった。

次の

尼崎ボートレース場

尼崎 ボート

再開にあたっては、「モーターボート競走における新型コロナウイルス感染症感染拡大防止ガイドライン」に沿ったかたちで、 新型コロナウイルス感染症拡大防止策の徹底や入場制限に努めてまいります。 それに伴い、正門ロータリーへの車両での進入を禁止とさせていただきます。 ・入場時は手指の消毒の実施及びマスクのご着用にご協力ください。 ・入場は東正門のみとします。 ・西門閉鎖に伴い、西側駐輪場及び西側バイク置場の使用を禁止とさせていただき、 代替地としてレース場北側の「前売駐車場」を駐輪場・バイク置き場とさせていただきます。 ・入場時はお客様の間隔を空けて整列していただきます。 ・場内の密集状況により必要に応じて入場を制限します。 【新型コロナウイルス感染症拡大防止について】 ・本場の有料席、一般席、各フードエリア等については、お客様同士の間隔を確保するため席数を半数以下に削減させて頂きます。 ・喫煙所は面積に応じ利用人数を制限します。 ・トイレのジェットタオルはウイルスを拡散させるため使用を禁止します。 ・子供ルームは当面の間、ご利用頂けません。 (オムツ替え、授乳の場合のみ利用できます) ・ファンバスは利用の適宜換気及び除菌を実施します。 ・有料席は当日入場のみとし、前売発売は行いません。 ・新型コロナウイルス感染症拡大防止対策中の有料席の営業に関する をご確認ください。 ・インフォメーション、有料席受付、各フードエリア等、人と対面する場所には飛沫防止シート等を設置します。 ・直接手で触れることができる設備については定期的に消毒を行います。 ・各出入口を開放し換気を行います。 ・有人窓口は開放いたしません。 ・大口払いは「101投票所」、「301投票所」、「501投票所」の指定する窓口において呼び出しにて対応いたします。 ・各フードエリア内のレース映像(オッズ・競技情報を含む)は中止とさせていただきます。 ・ポケットティッシュやその他ノベルティの配布は中止とさせていただきます。 ・老眼鏡の貸し出しは行いません。 【イベント関係の注意事項】 ・選手関連イベント(トークショー、優出インタビュー、表彰式等)は当面の間、中止いたします。 ・出場選手の入待ち・出待ちやプレゼント等のお渡しはご遠慮ください。 ・お客様が密集するイベント(ステージイベント・抽選会等)は当面の間、中止いたします。 【勝舟投票券の払戻について】 2019年12月30日(月)から2020年2月27日(木)の間の勝舟投票券については、 払戻有効期限を延長し、全ての競走場・場外発売場の発売再開から60日後といたします。 なお、自動払戻機で通らなかったお客様については、「101投票所」、「301投票所」、「501投票所」の各大口払戻窓口及び「ロイヤルシート」の指定する窓口にて対応いたします。 【有料席前売券の払戻について】 【入場無料券等の有効期限延長について】 【ポイントカードamapaの取り扱いについて】 【健康増進法等に伴う敷地内禁煙について】 【競走場改修工事に伴う閉鎖エリアについて】• レース情報.

次の