ナット クラッカー 現象。 ナッツクラッカー症候群とは?症状・原因・治療法・検査法を知ろう!血尿に注意!

ナッツクラッカー症候群とは?症状・原因・治療法・検査法を知ろう!血尿に注意!

ナット クラッカー 現象

【 ナットクラッカー症候群はどんな病気?】 ナットクラッカー症候群とは左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈に挟まれることで還流障害が生じ、左腎内圧の上昇により血尿の原因となる状態のことを言います。 動脈圧が高く静脈圧が低いために静脈が押しつぶされて静脈内圧が上昇し、静脈の血流が悪くなるため左側の腎臓の毛細血管にうっ血や出血を生じ、排尿時に赤い尿が出ます。 症状が重い場合、血尿以外に片腹部痛、腰痛、貧血、起立性蛋白尿が見られることがあります。 【 ナットクラッカー症候群の症状】 ナットクラッカー症候群を発症しても、身体的には傷みもかゆみもありませんが、間欠的に血尿が現れます。 腎臓がうっ血したり出血したりするために、ピンク色から薄紅色、もしくはコーラのような色の濃い血尿が出ることがあります。 症状が重くなってしまうと、血尿の他に腰痛や貧血、起立性蛋白尿、精巣静脈瘤、卵巣静脈瘤のが見られることもあります。 【 ナットクラッカー症候群の原因】 ナットクラッカー症候群の原因は、左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈に挟まれて還流障害が発生し、その位置関係がくるみ割りの道具のようになり、左腎内圧が上昇することにあります。 つまり、このとき動脈圧は高いのに静脈圧が低くなるので腎静脈が押しつぶされて静脈内圧が上がり、左腎の毛細血管が破綻をきたしてしまい、血尿がおこるのです。 【 ナットクラッカー症候群の検査と診断】 ナットクラッカー症候群の検査方法は、内視鏡検査や腹部エコーによって行います。 内視鏡検査においては、直接的に腎臓の動脈や静脈について視認し、血管や組織に問題が無いかどうかチェックします。 また腹部エコーでは、超音波で副腎や腎静脈などを観察することによって血管や組織の拡張、圧迫や狭窄などのような各種の問題が無いかを詳細に調べることになります。 【 ナットクラッカー症候群の治療方法】 ナットクラッカー症候群は、血尿がひどい場合を除き、基本的には治療が必要なく、様子見ということになりますが、泌尿器科では内視鏡での観察、硝酸銀や電気焼灼により止血する場合もあります。 根本的な治療法は、血管造影下での左腎静脈狭窄部へのステント留置術ということになります。 ステントとは拡張することができる網目状の小さな筒です。 小さなバルーンに取り付けたステントを血管内へ挿入し拡張させ、血流を回復させます。

次の

ナットクラッカー現象の症状,原因と治療の病院を探す

ナット クラッカー 現象

発症した血管がナットクラッカー(くるみ割り器)の形状に似ていることから名付けられた「ナットクラッカー症候群」の多くは小児期から思春期に発症する。 成人では痩せた人に多く、突然の血尿で病院に駆け込む人も少なくない。 東海大学医学部専門診療学系画像診断学の長谷部光泉教授は「血尿やたんぱく尿が続き痛みや貧血があるなら、内科的な治療や手術を考えた方がいい」と話す。 左の腎静脈は、腹部大動脈と上腸間膜動脈の間に挟まれるように横切っており、内臓脂肪が少ない場合や、血管の位置の個人差で圧迫され、血液が流れにくくなる。 「静脈内の圧力が上がり、左腎の細い血管が破れて血尿となります。 たんぱく尿が出たり腰の後ろ側が痛いと訴えたりする人もいます」と長谷部教授。 診断は腎盂(じんう)腎炎やネフローゼ、腎臓がんなど、血尿を症状とする腎臓の病気を一つずつ排除していく。 コンピューター断層撮影(CT)やエコーで静脈の太さが5ミリ以下で、血流が著しく速いことなどが確認されると確定診断に至る。 「手術は左腎の静脈を切って少し下へずらしてつなぎ直す方法と、狭くなった静脈内に金属の網状の筒(ステント)を留置し血流を確保する方法の2種類があります」 静脈の位置をずらす方法は開腹手術になるが確実に治療できるメリットがある。 一方、ステント術は体への負担は極めて少ないが、健康保険適用外で、留置後6カ月~1年ほどは血液が固まらないよう抗血小板薬を飲む必要がある。 ナットクラッカー症候群の中には、腎臓自体を摘出しなければならないケースや、圧迫された血流が別のルートを通り、他の疾患を招く例もある。 たとえ経過観察の場合でも、定期的な受診は欠かせないという。 「原因不明の血尿やたんぱく尿が続く場合は、泌尿器科やIVRという画像診断下での治療を行う専門医のいる医療施設を受診してみてください」と長谷部教授はアドバイスしている。

次の

ナッツクラッカー症候群とは?症状・原因・治療法・検査法を知ろう!血尿に注意!

ナット クラッカー 現象

発症した血管がナットクラッカー(くるみ割り器)の形状に似ていることから名付けられた「ナットクラッカー症候群」の多くは小児期から思春期に発症する。 成人では痩せた人に多く、突然の血尿で病院に駆け込む人も少なくない。 東海大学医学部専門診療学系画像診断学の長谷部光泉教授は「血尿やたんぱく尿が続き痛みや貧血があるなら、内科的な治療や手術を考えた方がいい」と話す。 左の腎静脈は、腹部大動脈と上腸間膜動脈の間に挟まれるように横切っており、内臓脂肪が少ない場合や、血管の位置の個人差で圧迫され、血液が流れにくくなる。 「静脈内の圧力が上がり、左腎の細い血管が破れて血尿となります。 たんぱく尿が出たり腰の後ろ側が痛いと訴えたりする人もいます」と長谷部教授。 診断は腎盂(じんう)腎炎やネフローゼ、腎臓がんなど、血尿を症状とする腎臓の病気を一つずつ排除していく。 コンピューター断層撮影(CT)やエコーで静脈の太さが5ミリ以下で、血流が著しく速いことなどが確認されると確定診断に至る。 「手術は左腎の静脈を切って少し下へずらしてつなぎ直す方法と、狭くなった静脈内に金属の網状の筒(ステント)を留置し血流を確保する方法の2種類があります」 静脈の位置をずらす方法は開腹手術になるが確実に治療できるメリットがある。 一方、ステント術は体への負担は極めて少ないが、健康保険適用外で、留置後6カ月~1年ほどは血液が固まらないよう抗血小板薬を飲む必要がある。 ナットクラッカー症候群の中には、腎臓自体を摘出しなければならないケースや、圧迫された血流が別のルートを通り、他の疾患を招く例もある。 たとえ経過観察の場合でも、定期的な受診は欠かせないという。 「原因不明の血尿やたんぱく尿が続く場合は、泌尿器科やIVRという画像診断下での治療を行う専門医のいる医療施設を受診してみてください」と長谷部教授はアドバイスしている。

次の