石川 県 森林 公園 三国 山 キャンプ 場。 春だ!キャンプだ!何気に穴場?石川県森林公園三国山キャンプ場 レビュー ~施設編~

石川県森林公園|公式サイト

石川 県 森林 公園 三国 山 キャンプ 場

注意事項を教えてもらい、サイト代を支払います。 今回の予約はフリーサイトです。 私達がキャンプ場に到着したのが遅く、フリーサイトがかなり埋まっているようでした。 スタッフの方の計らいで池の前の空き地?のような所で良ければ、そこを使って下さいと言ってくれました。 到着が遅くなった上に、丁寧な対応で本当に良くして頂きました。 サイトに移動 テントを張りセット完了!!• 朝 いいお天気で、風は止んでいました。 かえるちゃんが近くに寄ってきたので写真撮影。 かわいいです。 かなり近くに寄っても微動だにしない。 今まで使用したキャンプ場の中で最安値です。 最安値ですが、トイレ・炊事場も綺麗でシャワーも完備され、サイト周りもきちんと整備されています。 テニスコート、ゴルフ場、フィールドアスレチック、森のレストラン、ボート乗り場、遊歩道、サイクリングロード、アーチェリー、ラジコンサーキット場、展示ギャラリー、わくわく森林ハウス・・・連泊して施設を利用してみるのもいいですね。 おわりに お盆の時期で人は多かったのですが、みなさんそれぞれキャンプを楽しんでいるようで、人の多さは気になりませんでした。 スタッフの方の対応も良かったですし、設備も整っていて、自然も満喫しました。 また来たいと思えるキャンプ場でした。

次の

石川県森林公園三国山キャンプ場

石川 県 森林 公園 三国 山 キャンプ 場

石川県森林公園の三国山キャンプ場がある三国山(みくにやま)は、津幡町英田地区の興津区と同町河合谷地区の下河合区、及び小矢部市の嘉例谷(かれいだに)にまたがる標高 323. 7メートルの山で、その名は加賀・能登・越中の三国にまたがることに由来します。 山頂には、「ごんげん様」と呼ばれる三国山社(みくにさんしゃ)の鳥居と小さな祠(ほこら)が建っています。 大山祇命が祀(まつ)られ、古くは加越能の山麓八カ村の守護神でした。 1584(天正12)年の佐々成政(さっさ・なりまさ)軍の兵火で焼失し、ご神体は下河合の赤倉山権現(あかくらやまごんげん=現御山神社)に移されました。 現在の祠の石像は、その刻銘から、1860(安政4)年に八ノ谷村の源右衛門が世話人となって安置されたことが分かります。 毎年7月15日に、三国山から麓の集落に流れる水の恵みに感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る三国山社の祭礼が行われます。 三国山を取り巻く加越能の3集落が、毎年交代で祭礼を行う珍しいしきたりが残っています。 また、祠の「ごんげん様」を後ろに向けると、必ず雨が降るという言い伝えが残されています(河合谷地区の伝説「三国山」の話より引用)。 所在地 〒929-0305 石川県河北郡津幡町字下河合 お問い合わせ先 電話番号 ホームページ アクセス 津幡町市街地から県道59号線に入り、かほく方面に進みます。 「御門」交差点で右折し、県道221号線を河合谷方面に進みます。 そのまま道なりに進み、興津峠を越えると、国道471号線に入る三叉路に出ます。 そこを右折し、しばらく行くと、右手に見える「三国山キャンプ場」の道路標識に従って右折します。 そのまま山道を上っていき、左手に見える「御山神社」の鳥居の前を過ぎると、左側に「三国山山頂」に続く参道入口に鳥居が立っています。 そこから山道を上っていくと、左手に「御山神社」に続く山道が見えます。 そこを過ぎてさらに上ると、右側に駐車スペースの広場があります。 そこに車を停め、「三国山山頂」の案内版に従って、山道の丸太の階段を登っていくと、三国山山頂に着きます。

次の

石川県森林公園|公式サイト

石川 県 森林 公園 三国 山 キャンプ 場

石川県森林公園 三国山キャンプ場について紹介します。 家族4人で夏休みに石川県のキャンプ場に行ってきました。 今回の場所は標高200mの低山で、山の中にあるとても安くきれいなキャンプ場です。 真夏で暑かったですが、旅行のベース基地に利用して行ってきました。 石川森林公園 三国山キャンプ場:2019年8月13日~15日• 場内設備 ホームページはこちら キャンプサイト フリーサイト 山を切り開いた段になっています。 車道近くのサイトは車の横づけ・乗り入れができる場所もありますが、奥にある一部のサイトは手で運ぶことになります。 区画は一定サイズではありませんが、大きなテント、タープを張ることは可能でがロープを張るには工夫が必要かもしれません。 グラウンドはとても柔らかい所から固い場所まであるので、ペグは何種類かあると便利です。 今回は下の三種類を使用しました。 柔らかい箇所に お風呂(シャワー) キャンプ場から10分の距離に「やたの湯」があります。 しかし、キャンプ場内にはシャワーがあります。 今回使用しましたが、途中停止ができるので、子供と二人100円で洗い終わりました。 利用料 3分:100円 ほんとにきれいですね。 温度調整もできるので、夏ならこれで十分です。 夜のテント内は暑くて寝れませんでした。 少しでも風があれば違うのでしょうが、無風だったので家族でうなされました。 外に出ると涼しかったので、テント内の熱が抜けなかったのでしょう。 扇風機があれば快適に寝れると思います。 良かったところ• 安い!オートサイトも620円なら住んでしまいそう🎵• フリーサイトでも範囲が何となく決まっている。 積み降ろしの時だけは車が横付けできる サイトによる 気になったところ• 蚊がいなかったので助かりましたが、「あり」が多いです。 フリーサイトの地面の土が粘土質な感じで、スリッパで歩くと砂ぼこりで気になる。 雨が降るとグラウンドがドロドロになると思います。 サイトが段々になっているため、他人が上に張ると気になる。 買い出しについて 近くには何もありませんので買い出ししてから来た方が良いです。 キャンプ場から「カジマート」というコーブのようなスーパーに行きましたが、25分かかりました。 山道でカーブが多いので事前に買うのがおすすめです。 キャンプ場からカジマートへのルートはこちらです。 この辺りに行けばイオンなどもありますので、買い物はこの周辺で決まりですね! まとめ 掛かった金額を載せておきます。 食事は載せていませんが、2泊で5,000円を下回ったので費用対満足度は良かったです。 費用(大人3名、子供1名) テントサイト 620円 2泊 1240 入場料 大人0円 3名 0 小人0円 1名 0 風呂 シャワー1回100円 2回 200 温泉 1700 合計 3,140 それでは人生に楽しいキャンプライフを! hiro-life.

次の