首筋 でき もの。 赤いホクロみたいなものの正体は首イボ !赤いイボはとるべき?

養殖できるものとできないもの。ウナギの完全養殖は可能?不可能?|「マイナビウーマン」

首筋 でき もの

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

うなじニキビの原因は?首の後ろにできるニキビの治し方

首筋 でき もの

この記事の目次• 首の後ろのしこりの原因 首の後ろのしこりにも、痛みを伴うものから、痛くないものまで、いろいろと種類があり、原因となる病気も異なります。 では早速、どのような原因があるのか、見ていきましょう。 脂肪腫 これは、名前の通り脂肪細胞の塊が瘤(こぶ)のようになって皮下組織に現れます。 首に限らず、身体のどこにでも発症しますが、背中や首、肩まわり、お尻のまわりにできることが多く、腫瘍組織から染色体の異常が見つかっているものの、正確な原因は不明のままです。 脂肪腫は、幼少期に発生すると考えられており、少しずつ肥大化するので、40~50代以降になって、しこりとして現れることが多いようです。 しこり自体は、固くなく、柔らかい感触です。 また、皮膚と筋肉の間に発生した場合、痛みはないのですが、筋肉と筋肉の間、あるいは骨の中など身体の深い部分にも発生することがあり、ごくまれに、痛みや運動障害の原因になることがあります。 しこりが急激に大きくなるものは、悪性腫瘍の「脂肪肉腫」の可能性もあるので、病院で検査しなければなりません。 症状 痛みなどは無いことがほとんどです。 脂肪細胞が異常増殖しているだけなので特に自覚症状はありません。 出来る場所によっては腹部や内蔵に発生している場合、便秘や腹痛などの問題が発生する事がありますが、首などの外部の皮膚に発生している場合特に炎症なども見受けられません。 なんだか出来物が出来ているなーと放置する事が多くなっています。 しかし稀に痛みを発生させるものがあり、それは血管脂肪腫と呼ばれる、脂肪の腫瘍の中に血管が通っている特殊なタイプの腫瘍になります。 どちらにせよ良性腫瘍になりますので、放置しておいても構いませんが、次第に痛みなどの問題を拡大していく物もありますので、小さい内に処理してしまったほうが良いでしょう。 触ると柔らかく、適度に弾力があるのが特徴になります。 粉瘤(アテローム) 皮膚下の袋状の組織に老廃物(角質)が溜まってできたしこりを粉瘤(アテローム)と言います。 これは、一見ニキビのようにも見えますが、真ん中に黒い点状陥没があるのが特徴です。 皮膚の表面に変異的に現れる袋状に形成される事が原因ですが、どうしてこれらの問題が発生するかについての詳しい原因は明らかになっていません。 後発する部位は首、背中、顔、四肢、指、腹部、稀に陰部などの部分に発生する事もあります。 あらゆる皮膚部分に発生する可能性のある良性腫瘍ですので、覚えておいたほうが良いでしょう。 症状 しこりを押すと、中からドロっとした臭い液体が出てきて洋服や枕などを知らない内に汚してしまう事があります。 しこりは固く、徐々に大きくなって痛みを伴うことがあります。 外傷によって皮膚の表面が内部に押しやられると、そこに定着して発生する傾向があります。 大きさは、数mmくらいの小さなものから、大豆ほどのものと様々です。 次第に大きくなっていく事もあります。 しかし腫瘍のサイズについては形成されている袋状の皮膚の大きさに依存するので、限界まで内容物が詰まれば、穴から老廃物がでてくるので、急激に大きくなることはありません。 このしこりとなっている袋が、皮膚内部で破れると、袋の中身が皮膚下で周囲に漏れて、激しい炎症を起こし、急に赤く腫れあがることもあるので、注意が必要です。 なるべく早い段階で皮膚科もしくは形成外科で除去してもらうことが良いでしょう。 顔など特に美容的にキレイに処理して欲しい部位に発生している場合は形成外科を受診しましょう。 リンパの腫れ 首の後ろのしこりで、最も多いと思われる原因はこれです。 体内には、血液の不要物や水分などを運ぶリンパ液が流れており、そのリンパ液が流れている、リンパ管という管には 「リンパ節」と呼ばれる、豆のような形をした器官があります。 リンパ節は、リンパ液に流れている細菌などから防衛する働きをしており、風邪や歯周病などで、リンパ液にウイルスや細菌が流れると、リンパ節がそれらを処理しなければならないため、一時的に腫れることがあります。 この腫れが、首の後ろのしこりとして現れるのです。 リンパ節の位置はちょうど顎の下が大きくなっています。 基本的にはリンパ節が腫れているときはこの部分が晴れやすいですが、後頭リンパ節というちょうど首の真後ろの部分にもリンパ節はありますのでこの部分が腫れている可能性が高いでしょう。 症状 急性リンパ節炎の症状では痛みや発熱を伴うといった点も特徴です。 この場合、しこりが現れる前に、風邪や歯周病といった先立つ症状があるので、原因を発見するのは比較的容易ですが、外から見ても腫れがわかるときは、リンパ節の膿瘍化も疑われますので、早めに医師による診察を受けましょう。 稀に悪性の事もありますが、急性リンパ節炎は1ヶ月〜3ヶ月ほどで自然に治癒する良性の病気でもあります。 10代〜30代の年代に好発しやすい症状でもありますので、この年齢に当てはまる場合はリンパ節炎の可能性も視野に入れて見ましょう。 リンパ節炎の場合は内科を基本的に受診して、元となる感染症や細菌性の病気を抱えている場合は、それぞれ口腔外科、歯科、胃腸科、消化器内科、耳鼻科などを受診して元になる病気(風邪や虫歯)を治療していきましょう。 甲状腺腫瘤 甲状腺とは、喉ぼとけの下にある、蝶のような形をしたホルモンをつくる臓器です。 甲状腺ホルモンは、身体の新陳代謝を活発にする元気の素とも言われているホルモンです。 具体的には、脳の活性化や、体温の調節、心臓や胃腸の活性化、新陳代謝の促進などの働きをしています。 首の後ろにしこりができた場合、この甲状腺が腫れる「甲状腺腫瘤」の可能性があります。 比較的女性に多く見られるのも特徴です。 基本的には首の前側が大きく腫れるようになりますが、これが影響して首の横側や後ろの方も腫れたりボコッと皮膚が盛り上がることもあります。 甲状腺腫瘤には、悪性の腫瘍(=がん)と、良性の腫瘤があり、悪性の場合、8割以上が乳頭がんと言われています。 症状 症状としては、首のしこりの他に、喉に違和感がある、声がかれる、首そのものが腫れるなどがありますが、自覚症状がない場合もあります。 また、この甲状腺腫瘤が発生するはっきりとした原因がわかっていないのが現状です。 一部ではストレスが原因ではないかなどと言われていますが、憶測の範疇を出ません。 この甲状腺の病気を専門的に診ている病院は、耳鼻咽喉科、内科、代謝内分泌科になります。 もし血液の異常とともに首のしこりが発生している症状が確認される場合はお近くの内分泌科、耳鼻科などの病院を受診してみましょう。 悪性リンパ腫 リンパ組織が、がん化する「悪性リンパ腫」の場合も、腫れやしこりが症状として現れます。 これは、白血病や骨髄腫と同じ血液の癌です。 どの臓器にもリンパ組織があるため、甲状腺や、肺、胃腸、脳脊髄など、リンパ節以外の臓器にも発生するのが特徴です。 原因は不明ですが、一部では、ウイルスやピロリ菌などが関与するとも言われています。 リンパに発生している癌はリンパ管経由で内蔵や骨など多くの臓器に転移しやすい特徴がありますので、早く治療を開始して癌をこれ以上進行させない処置をしていく必要があります。 がんはステージによって5年後の生存率が大きく変わりますのでスピーディーな発見と治療が求められます。 症状 主な症状は、腫れ・しこりや圧迫感で、通常は進行性なので痛みがありません。 悪性リンパ腫になる可能性は低いですが、これは極めて危険な病気ですので、気をつけるに越したことはありません。 詳しくは、を参考にしてください。 何科の病院へ行けばいいのか?~それぞれの治療法~ 首の後ろのしこりの原因となる様々な病気。 同じ首の後ろの症状でも、それぞれ専門となる病院が異なります。 適切な治療を受けるために、何科の病院へ行けばよいのか、そして、一般的にはどのような治療が行われるのかをご紹介します。 脂肪腫の場合 脂肪腫の疑いがある場合は、まず、整形外科に相談してみましょう。 必要があれば、X線やMRIなどの検査をします。 治療の方法としては、比較的小さく、痛みがないときは、大半が経過を見るだけで良いとされます。 しかし、身体の目立つ部分や、運動障害の原因となる場合には、手術をして取り除きます。 小さなしこりであれば、日帰りで手術をすることも可能です。 しかし、5cm以上ある大きなしこりや、急激に腫れるしこりの場合は、悪性腫瘍の肉腫と見分ける検査をするため、組織を採取する手術を行います。 粉瘤(アテローム)の場合 粉瘤の疑いがある場合は、皮膚科で診察を受けましょう。 通常は見た目だけで判断できます。 治療の方法としては、切開で中身だけ取り除いても、必ず再発するので、手術をして袋ごと取り除きます。 しかし、炎症がひどい場合は、袋を摘出することが困難なので、切開のみになることがあります。 この場合は、炎症が落ち着いた頃、手術をする必要があります。 特に、首にできた場合は、傷跡も目立ちますので、できるだけ小さいうちに手術を受けるのがベターです。 リンパの腫れの場合 リンパが腫れている疑いがある場合、ほとんどがウイルスや細菌の感染が原因となりますが、原因となる感染症によって、受ける専門医が異なります。 悪性腫瘍などの、危険な病気ではないことを確かめるためには、まずは内科を受けるのが安心かもしれません。 また、歯周病からの感染が考えられる場合は口腔外科、中耳炎や咽頭炎からの感染は耳鼻咽喉科で相談するのが良いでしょう。 多くの場合、原因となっている感染症が良くなれば、腫れは引いていきますが、なかなか腫れが引かない場合は、注意が必要です。 こうなると、自己判断で悪性か良性かを見分けることが困難なので、異変に気がついたら、すぐに病院へ行くことをおすすめします。 治療法も、原因となる感染症によって異なりますが、細菌性の炎症の場合は抗生剤の投与が必要になります。 甲状腺腫瘤の場合 甲状腺腫瘤の場合は、内科あるいは内分泌科、甲状腺科へ受診に行きましょう。 主な治療として、良性の場合は、経過観察をする場合が多いようです。 大きなしこりの場合は、中の液体を注射器で抜いたり、手術をする、エタノールを注入して腫瘍を小さくするといった方法も見られます。 次に、悪性の場合ですが、ほとんどの場合、手術で治療することができるので、適切な治療を行えば、命に関わることは、ほぼありません。 手術の他にも、大量のアイソトープ投与や、放射線によって、腫瘍を破壊する方法もあります。 悪性リンパ腫の場合 悪性リンパ腫の疑いがある場合は、内科で診察を受けますが、自己判断でわからない場合は、大きな総合病院へ行くことをおすすめします。 病院では、診断のため、リンパ節やしこりになっている一部分を切除するし、検査します。 さらに、腫瘍の広がりを見るため、CT検査や骨髄検査なども必要です。 そして、その広がりの程度によって、4段階の病期に分けられます。 治療法としては代表的なもので、化学療法があげられますが、腫瘍が首など限られた場所の場合は、放射線療法だけを行うこともあります。 他の治療法では、抗体療法や、造血幹細胞移植があり、病気の進行状況を見ながら、これらを組み合わせて治療することが多いようです。 また、悪性リンパ腫になってしまった場合は、感染症に掛かりやすくなるので、注意しなければなりません。 しかし、早い段階で発見し、身体が元気なうちに治療を始めることができれば、治すことも可能な病気です。 おかしいと思ったら、すぐに病院で受診するようにしましょう。 もし首にしこりを発見したら もし、首の後ろにしこりを発見したらまずどの様な対応を取ることが正解なのかを紹介します。 もししこりが発生しても、緊急的な問題であることは稀なケースになります。 基本的には良性の腫瘍であることが多いので、慌てずに冷静に対応できるように、チェックするべき項目についてまとめていきます。 大きさを確認する 大きさがあまりにも大きかったり、急激に大きさが変化しているなどの状態が確認される場合は一旦皮膚科、内科、腫瘍内科などの診療科で診てもらいましょう。 多くの場合が経過観察で対処することになるかととも居ます。 場合によってはその場で治療するかどうかを選択する可能性もあります。 日帰りで30分もかからずに部分麻酔での治療で済むことがほとんどです。 1.5cmを超える腫瘍が発生している場合に危険な病気を疑う様になるので、小指ほどの大きさになっているものは例え痛みなどが無くても検査をするようにしましょう。 症状を確認する 痛み、発熱、歯の痛み、歯肉炎、鼻炎、首の骨の痛みなど首の凝りの他に関連する様な症状が発生していないかどうかを確認してみましょう。 もししこりが発生する前後に上記の自覚症状が発生している場合、その問題が原因となってしこりが発生してしまっている可能性があります。 ですので、その元となっている病気や症状を先に治していく必要があります。 元の症状を治せばしこりが無くなると思われますので、放置せずに症状のサインを見逃さないようにしましょう。 悪性の要素が無いかチェックする とにかく悪性の症状でないかどうかだけを最初に確認して置く必要があります。 悪性の腫瘍の要素としては以下の症状が確認されます。 しこりのサイズが1.5センチ以上• 腫れ(しこり)が引かない• 発熱・倦怠感など風邪に似た症状が発生している• 押しても痛みが無い 以上の条件に一つでも当てはまるようでしたら医療機関での検査をおすすめします。 まとめ いかがでしたでしょうか。 いずれにせよ、首のしこりを発見した場合は、とにかく早めに病院へ行くほうが良さそうです。 どんなに遅くても、2週間経って症状が変わらない場合は受診してください。 医療が進んだ現代、早期に発見することで、治療の選択肢も大幅に広がりますし、快復までの時間も、悪化してから治療を始めるより、短くて済む可能性もあります。 また、そのような病気にならないためにも、ウイルス・細菌感染を予防する手洗いうがいを習慣づけたり、抵抗力を落とすストレスと上手く付き合うなど、日頃からできる予防法もあります。 健康の基本である、バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動を心がけて、万が一、病気になってしまったときも、早く回復できる体力づくりを心がけたいものです。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

首の出来物?しこり?について。

首筋 でき もの

首筋やわきの下、足の付け根などの「しこり」。 もしや癌?と不安になる人は少なくありません 医師として仕事をしていると、診察室以外でもちょっとした健康上の相談をされることがよくあります。 その代表が、「先生、ここにしこりがあるように思うのですが、何でしょうか?」というもの。 「ひょっとして、悪いできものでしょうか?」と不安げに聞いてこられます。 今回は、「もしかして癌の初期症状では……」「悪性腫瘍かも……」と心配される人も多い、首筋やわきの下、足の付け根のしこりについて解説しましょう。 <目次>• しこりの多くはリンパ節の腫れ・癌の可能性は高くない 日常生活の中で、ふとした時に触れるちょっとしたしこり。 入浴中に体を洗っていて気づく人が多いようです。 場所として多いのは、首筋や足の付け根。 大きさは1~2cmのものが圧倒的に多いようです。 乳がんのセルフチェック法としても「しこり」の有無の確認が進められていますが、首筋や足の付け根にできるしこりの多くは、リンパ節が腫れているだけのものがほとんど。 「リンパ節」とは血液とともに全身を巡っているリンパ液の関所のようなところ。 リンパ節そのものは全身にあるのですが、体表に近い部分にあるのが首筋や足の付け根なのです。 リンパ節が腫れても、通常は大きさも小さくほとんど触れませんが、これらの体表に近い部位のリンパ節が腫れると、首を傾けたり仰向けになったりしたときなどに触れやすくなります。 また、わきの下や顎の下側など、少し奥まったところのリンパ節の腫れに気づくケースもあるようで、「しこり=癌?」と心配される方も少なくありません。 リンパ節は、もちろん癌との関連で腫れることもあります。 しかし確率的には高いものではありません。 リンパ節が腫れる原因の多くは炎症……風邪・怪我・虫歯も ノドの炎症や虫歯がある場合にも、首筋や顎の下などのリンパ節が腫れることは、よくあります リンパ節の腫れの場合にまず考えられるのは、体内で起こっている炎症に対する私たちの体の正常な反応ということです。 リンパ液は、体内に菌が入ってきたときに免疫反応でこれらをやっつけるような働きをします。 その結果炎症がおこります。 リンパ節はそのための司令塔的な役割も担いますが、活動しているときに腫れるので体表から触れるようになります。 風邪などでノドの粘膜が腫れている時には首筋のリンパ節が腫れますし、虫歯や歯周病で口の中に炎症があるときには顎の下のリンパ節が腫れることがあります。 また、足に怪我や炎症があるときには足の付け根のリンパ節が腫れることがあります。 危険なしこりの見分け方……変化・硬さ・動くかどうか しこりが大きくなってる時や、硬さが気になる時などは、やはり医師の診察をお受けになって下さい リンパ節が腫れている場合には、私たちは「大きさの変化」と「硬さ」と「可動性」に着目して、悪性か心配ないものかを見分けます。 ただの炎症反応で腫れている場合は、炎症のピークを過ぎれば必ず小さくなっていきます。 硬さは、比較的弾力性のある硬さで、外から触るとぐりぐり動くことが多いです。 逆に、大きさがだんだん大きくなっていく、弾力があまりない硬さである、そして外から触ってもあまり動かないという場合には、炎症以外の原因で腫れている場合もあり、その原因の一つとして癌も挙げられます。 また、同じ炎症でも、炎症の原因が癌にともなっておこる細菌感染などの場合もあることは、可能性としては考えておかなくてはなりません。 このように、リンパ節の腫れに気づいた場合でも基本的には心配することはありません。 しかし、大きさが変わらない場合や硬さが気になる時には自己判断をせずに、一度医師の診察を受けることをお勧めします。 【関連記事】•

次の