毛虫 かぶれ。 チャドクガの症状が広がる!?かゆい湿疹がでる期間や消えない跡について

毛虫皮膚炎について

毛虫 かぶれ

痒みや腫れが出る虫刺され。 腫れが強いと自然に治るまでに時間がかかり、黒っぽい色素沈着で跡が残ってしまうこともあります 公園やキャンプなどでのアウトドアではもちろん、普通の通勤路や室内でも虫に刺されやすい季節。 軽い症状でも、赤い腫れや痒みが続くのはつらいものです。 蚊に刺されて赤く腫れてしまったと皮膚科を受診されるケースが最も多いですが、虫刺されの原因となる虫は、ダニ、ブヨ、アリ、ハチ、毛虫など様々です。 刺された時にチクっとした痛みを感じることもありますが、気づかないうちに赤く腫れ、痒みが出てから虫刺されに気づく場合もあります。 虫刺されの腫れの場合、腫れの中心に虫の差し口である小さな穴があり、やや紫がかって盛り上がっているものや、中央がじゅくじゅくしたりカサブタがついたりしているものが多いです。 <目次>• 虫刺されの症例画像……湿疹・蕁麻疹との違い・見分け方 虫刺されを湿疹などと間違える方もいますが、見分け方は難しくありません。 湿疹は平坦でがさがさしているのに対し、虫刺されは中心がやや盛り上がって腫れ、触ってもがさがさしないことがほとんどです。 以下で実際の症例写真を見較べてみましょう。 虫に刺されると唾液などの虫の成分が皮膚の中に入りアレルギー反応を起こすため、赤くなり、痒くなる反応が起きます。 刺した虫を実際に見た場合は特定が簡単ですが、上記の反応は基本的にどの虫に刺されても同じなので、症状だけを見てどの虫が原因かを特定するのはほぼ不可能です。 症状が出た状況で判断するしかありません。 ハチに刺された場合は、反応が強く表れて痛みが強い場合が多いです。 屋外のキャンプ、アウトドアの後で症状が出た場合はブヨや蚊による虫刺されのケースが多いですし、家で寝て起きたら症状が出ていたという場合は、ダニやアリが原因の可能性が考えられます。 虫刺されの中でも特徴的な症状が出るのは、毛虫による虫刺されです。 公園や庭の木に毛虫がいるので毛虫自体が付着した場合はもちろん、毛虫の毛や毒針が風で飛ばされて付着しただけでもアレルギー反応が起きることがあります。 その場合は、通常の大きく赤く腫れる虫刺されではなく、小さな点がポツポツと一箇所にまとまった出方をして非常に痒いので、毛虫に限っては症状を見ればすぐにわかります。 虫刺されの跡を残さない対処法・皮膚科受診での治療法 虫刺されの症状が軽く、小さく赤く腫れている程度で痒みも少ない場合は、何もしなくても5日ほどすれば自然に赤みがひきます。 もしも痒みが強ければ、服やガーゼ越しにアイスノンや氷水を使って冷やすと痒みが落ち着きます。 症状がごく軽ければ自然治癒を待つのもよいかもしれませんが、皮膚科で治療した方がより早く治り、跡が残る確率は減らすことができます。 もし症状が強い場合は、赤みも自然には治まらず、さらに悪化してしまうこともありますので、皮膚科を受診しましょう。 皮膚科で行う虫刺されの治療法は、ステロイドの塗り薬を塗ることが一般的です。 市販薬には通常炎症を抑える作用のあるステロイドは含まれておらず、含まれていても効果の低いものです。 皮膚科では、炎症、痒みが強い場合、大人の場合は一番強いステロイドの塗り薬をよく使います。 数日間塗り薬を塗れば、赤みと腫れが治まります。 子どもの場合は皮膚が薄いので、少し弱めのものを使うことが通常です。 「強い」と聞くと心配に感じるかもしれませんが、ステロイドは2週間程度なら毎日塗っても副作用はほぼありませんので、不安になる必要はありません。 たかが虫刺されと放置しておくと、なかなか改善していない場合もありますし、赤い反応が残る期間が長いほど跡が残って皮膚が黒ずんでしまうリスクも増えます。 また、足首をブヨに刺された場合に多いのですが、夏にキャンプや旅行に行き、足首がパンパンに腫れて受診される方がかなりの人数いらっしゃいます。 足首が腫れると歩くのも痛いという状態が3日ほど続きますが、これは細菌が入ったというよりも虫の成分に対するアレルギー反応のことがほとんどです。 このような場合は塗り薬だけでなく、飲み薬のステロイドも3日ほど飲むと早めに腫れが治まります。 もしもハチに刺された場合、特に2回目に刺された場合には、まれに強いアレルギー反応であるアナフィラキシーショックを起こして、血圧低下や呼吸困難などの重たい症状が出ることがあります。 ハチに刺された後で体調に異変を感じた場合は、すぐに救急外来を受診しましょう。 虫刺され後、掻きこわしによる「とびひ」の症例画像・写真 また、特に子どもの虫刺されに多いのですが、虫刺されを掻きこわしてしまうことでキズになり、キズ表面に細菌がつくことで、「とびひ」になってしまうこともあります。 抗生剤の飲み薬が必要になります。 そうならないためにも、掻きこわしてしまう前の段階で、早めにステロイドの塗り薬で虫刺されに対処するのがよいでしょう。 虫刺され跡の黒い色素沈着を消したい場合の対処法 虫刺されの跡が黒く残ってしまった経験がある方も多いと思いますが、これは赤い炎症が長引いてしまったり、掻きこわして傷になってしまったことによるメラニンの色素沈着です。 通常、数ヶ月程度すれば黒っぽい色は自然に抜けていきますが、時間がかかります。 跡を残さないためには早めに皮膚科を受診して早めに治すことが最も大切です。 メラニン生成を抑えるハイドロキノンや、メラニンを外に出す作用のあるトレチノインの塗り薬を使うと、虫刺されの跡にできたシミが消えるのを早めることができます。 まとめ……軽度なら冷やして様子見・病院受診は皮膚科を ありがちな症状である「虫刺され」ですが、適切な対処法を知っていれば早く治療することができますし、虫刺されの跡の色素沈着も予防できます。 まずは症状がごく軽く、狭い範囲の赤みであれば、冷やして痒みを抑え、かかないように気をつけること。 症状がひどかったり、なかなか治りそうにないものは、皮膚科を受診すれば虫刺されの炎症を抑える強めのステロイドの塗り薬をはじめ、適切な治療が受けられますので、市販薬で対処するよりも早めの受診を心がけましょう。 【関連記事】•

次の

毛虫に刺されたら!おすすめの薬と正しい対処法を紹介!

毛虫 かぶれ

毛虫による肌のかぶれ~子供にうつる?感染する?しない?効果的な治療方法も紹介! 毛虫とは、チョウやガの幼虫で体に毛が生えているものを指します。 一般的に、毛が多いものを「毛虫」、毛が少ないものを「いも虫」と呼ぶことが 多いようですが、明確な線引はされていないようです。 毛虫のうち、人を刺すなど害のある「毒毛虫」は2割程しかいません。 そんな毛虫のなかで、毒を持ち、人をさすものには、ドクガ類やイラガ類の毛虫で、 チャドクガ、ドクガ、イラガ、マツカレなどがいます。 これらの毛虫にさされると、さされた皮膚はかぶれや凄いかゆみなどの炎症をおこし、 場合によってはアレルギー反応をおこす場合もあります。 毒針がささったままにしておくと、皮膚炎がひどくなることもあるので、毛虫だからといって軽視はしないようにしましょう。 では、毒虫の種類別に症状を見ていきたいと思います。 刺された箇所を掻いてしまうと毒針毛が他の箇所にも広がり、発疹が広がってしまいます。 症状には個人差がありますが、眠れない程の強い痒みを感じる場合が多く、 痒みは2〜3週間続きます。 アレルギー体質であったり、チャドクガに刺されるのが2回目以降の場合、 1回目より症状が重くなることがあります。 ヒリヒリした火傷のような痛みや、針を刺したような痛みなどに例えられることも あります。 イラガ皮膚炎の症状は、水膨れや赤い湿疹、痒みですが、ドクガより痒みは少なく、 痛みも長くは続きません。 人により1〜2週間症状が続くこともあります。 腫れはすぐに治まりますが、2〜3週間程痒みが続きます。 細かい毒針毛が皮膚の奥に入ってしまうだけでなく、発疹を広げてしまう 原因になります。 まず、まず粘着力のあるテープで患部を優しく押さえて毒針毛を取り除き、 強めの流水で患部を洗い流してください。 (マツカレハの毒針毛は目視で確認できるので、ピンセットで取り除きます) そのあと、痒みを抑える軟膏を塗ります。 毒針を抜かないと、かゆみやかぶれなどの皮膚炎はなかなか治りません。 ただし、乱暴にはがすと、毒針が残ってしまう可能性がありますので、 気をつけましょう。 虫刺され用の塗り薬は数種類市販されていますが、痛みや痒みが激しい場合や、 発疹の原因がわからない場合は、速やかに皮膚科を受診しましょう。 「毛虫に刺されたらうつる」と聞いたことがあるかもしれませんが、それは間違いです。 皮膚炎自体は感染症ではないため、他人にうつることはありません。 チャドクガ皮膚炎は毒針毛に触れることによっておこります。 毒針毛は抜け落ちたものでも触れると皮膚炎を引き起こします。 炎症している部分に抜け落ちた毒針毛が残っていることもあり、治療をする際に 触れてしまうと皮膚炎になるおそれがあります。 また、毒針毛がついた服を他の洗濯物と一緒に洗うと、別の衣服に毒針毛がついて しまう可能性もあります。 洗濯することでついてしまった毒針毛により、家族が同じような症状に 苦しむかもしれません。 チャドクガを駆除する際に着ていた服など、毒針毛がついている可能性のある服は 他の洗濯物と一緒に洗うことはやめましょう。 もし毛虫に刺されて肌がかぶれたら?おすすめの市販の塗り薬5選と副作用について解説! 毛虫に刺されて肌がかぶれた時に、おすすめの市販の塗り薬を紹介します。 また、かゆみをおさえるジフェンヒドラミン、クロタミトン、 化膿をおさえるイソプロピルメチルフェノールなどを含んでいます。 虫さされに対し、しっかりとした高い効果が期待できます。 このことによって、全身への副作用のリスクを抑えることができるようになっています。 また、抗生物質であるフラジオマイシン硫酸塩を配合しています。 かゆみ止めは含まれていませんが、炎症をおさえ、化膿をおさえるお薬としては 高い効果が期待できます。 炎症によく効くアンテドラッグ型抗炎症成分 PVA:プレドニ ゾロン吉草酸 エステル酢酸エステル に、すばやくかゆみをおさえる成分 ジフェ ンヒドラミン塩酸塩 を組み合わせた、効き目にこだわった処方です。 蚊はもちろん、ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲなどによる虫さされ・ かゆみにも効果を発揮してくれます。 「アンテドラッグ」処方でよく効き、体内では分解されて低活性になる、 有効 性と安全性を考えて開発された成分です。 鎮痒成分クロタミトンが、しっしん、かぶれ等に伴うかゆみをおさえます。 辛いしっしん、皮膚炎によく効きます。 有効成分が湿疹、皮膚炎、かぶれなどの炎症を抑え、すぐれた効きめをあらわし てくれます。 こちらで紹介した軟膏は、「ステロイド」が含まれた薬です。 ステロイドには、長期間使うことにより皮膚が萎縮して薄くなる、皮膚が赤くなる、 皮膚の感染症にかかりやすくなる、などの副作用が現れることがあります。 軟膏を使うときは、この副作用があることをしっかり理解して使用しましょう。 今紹介した薬の中には、アンテドラッグ処方で、薬を皮膚に塗った後にはしっかりと 効果を出し、体に吸収されると、お薬が代謝され作用がなくなるような工夫が されている薬が多いです。 しかし、体質や長期の利用などにより副作用が起こることもあるので、 使用した場合は皮膚の状態をよく観察することを忘れずに行いましょう。 少しでも違和感を感じたら、早めの病院受診をおすすめします。 まとめ 毛虫の中には、毒針毛に刺されなくても、触れるだけで皮膚炎を引き起こす ものもあります。 抜け落ちた毒針でも触れると皮膚炎になってしまうので、毛虫がいないから といって油断しないようにしましょう。 毛虫によるかぶれは人にはうつりませんが、洋服についた毒針が家庭の中に 入り2次被害とならないように、注意しましょう。

次の

毛虫皮膚炎になってしまった・・・トホホ(閲覧注意の写真付き!)

毛虫 かぶれ

毛虫の体表面には、毒を持つ「 毒針毛(どくしんもう)」という無数の毛が生えています。 この毒針毛が人間の皮膚に付着すると、発疹や赤み・かゆみといった炎症が起きます。 毛虫皮膚炎の厄介なところは、毛虫に直接触れたり刺されたりしていなくても、 毛虫の体から抜けた毒針毛が風に乗って飛んできて、皮膚に付着しただけで発症するという点にあります。 外干ししていた洗濯物や布団に付着した毒針毛に触れたことが原因で発症する事もあります。 毛虫皮膚炎にかかる人が多いのは、4月から10月にかけて。 特に、毛虫の孵化(ふか)時期にあたる5月から6月、そして8月から9月にかけて被害が増えます。 気温が上がって薄着になる時期と重なることも、被害が増える理由かもしれません。 その数時間後に 赤い発疹やかゆみが現れ、一週間ほど続きます。 患部は熱を持っていることも。 毛虫皮膚炎が生じやすいのは、首や腕・足といった露出している部位ですが、洗濯物に付着した毛虫やその毛に気づかずにそのまま着てしまったりすると、衣服で覆われている部位に症状が出ることもあります。 毛虫の被害のなかでも特に多いのが、 チャドクガの幼虫によるものです。 チャドクガが生息するのは、ツバキやサザンカといった樹木の葉。 これらは公園や庭に植樹されることが多く、必然的に人間との接触回数も高くなります。 また、チャドクガは 5月から6月、8月から9月に卵から孵化して毛虫になります。 だから、この時期の患者数が最も多くなるのかもしれません。 なお、チャドクガの被害ほどではありませんが、 モンシロドクガによる毛虫皮膚炎も多く見受けられます。 このような症状を感じたら、 ガムテープを肌にペタペタと当てて、皮膚から毒針毛を取り除くようにしてください。 シャワーで洗い流すのも効果的です。 衣服に毒針毛が付着していることも考えられるので、着ていた衣服は洗濯しましょう。 その後、患部が腫れてきたり赤みや発疹・かゆみが出てきたりしたら、 冷やすのもいいでしょう。 病院に受診すると、症状に応じてステロイドを中心とした炎症を抑える外用薬や抗ヒスタミン薬の内服薬などが処方されます。 薬は病院で処方されるものの他に、市販薬でも対応可能な薬剤(OTC)もあります。 どれを購入するか判断が難しい場合は、薬剤師さんに確認をしてみてください。 薬剤塗布の際に、患部を消毒する必要はありません。 かいてしまうのを防止するために、患部にガーゼを当てて保護するのもおすすめです。 患部をこすったりかいたりしないように気をつけましょう。 かきすぎると、いわゆる「かき壊し」の状態になり、とびひ(細菌による皮膚の感染症)・ようしん(強いかゆみを伴う慢性のしこり)といった別の皮膚炎に発展する恐れもあります。 関連:.

次の