サマー ウォーズ 4dx。 映画「サマーウォーズ」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! 劇場がOZになる!花札シーンで奇跡が!

映画「サマーウォーズ」4DXネタバレあり感想解説+直前大予想! 劇場がOZになる!花札シーンで奇跡が!

サマー ウォーズ 4dx

あの名作が4DXで蘇る!! 新作ではなく、過去の名作をピックアップして4DX形式として再上映する形態でございます。 私なりの言葉で説明するならば、「 4DX名画座」がやってきたのです。 はい、実は私、映画ファンを自称しながらもサマーウォーズは映画館で見たことないんです。 もちろん自宅では見てるんですが。 映画館で見たらさぞかし面白かっただろう、と悔しい気持ちを持っていました。 エヴァは何回も見に行ってるのにさ!もっと言えば、おおかみこどもの雨と雪だって映画館で見てるのにさ! 細田守という日本を代表するアニメ監督の名作を、映画館で見てないなんて、、、いつか映画館で見たいと思っていました。 感想部分は、鑑賞後に更新したいと思います。 4DXの概要 4DXってなかなかイメージが湧きづらいと思いますけども、この動画を見れば一発かと思います。 シートが揺れる!だけでなく水も出る風も出る雷も出る! あらゆる自然現象を最先端の技術で再現しているのがこの4DXなんです! 機能としては全部で20機能があり、下記の画像の通りです。 シートは3軸で、鉛直方向、水平方向、そしてマッサージチェアのように傾きが変わる!さらに振動もついている、まるでリアルマッサージ・・にしては刺激的ですが。 さらに自然現象を再現する効果として水、雷、風、そして雪が再現できるようになっております。 信じられないかもしれませんが、これマジです。 ちなみに日本での公式サイトはこちら! 「日本での」? 実はですね、4DXを運営している大元は韓国のソウルにあります。 だからハングル語で4DXのポスターが多く貼ってあるんです。 これまでの4DX鑑賞歴 4DXの記事を書くときに、もはやテンプレになってる下りですが、ちょっと書かせてください。 これまでの鑑賞履歴です。 計:48本を鑑賞! 以降、鑑賞してきた映画と今作を比較し、考察を深めたいと思います。 4DX名画座で細田作品が選ばれる意義 これまでも、4DXは過去の名作を公開しているんです。 日本映画は、どれもアニメーション。 私が鑑賞したのは、カリオストロの城と逆襲のシャアの二つです。 この二つを見ても分かる通り、名作と言っても誰もが知る名作しか4DX名画座としてチョイスされないんですよね。 だってよく考えてくださいよ、カリオストロの城は宮崎駿、逆襲のシャアは富野由悠季ですからね。 日本のアニメーション監督の中で、ポスト宮崎駿と言われてきた細田守さんですが、同じ4DXで公開されるということは、宮崎駿と富野由悠季に肩を並べたことになります!! つまり、4DX名画座として作品が選ばれることは、 名作の中の名作として評価されている証拠でもあるんです。 そりゃプロダクションの営業とか、ビジネス的な面もありますけどね、先にもお伝えした通り4DXの運営会社は韓国にあり、4DXは国際的に展開している商品。 日本の人気だけで選んでないってことなんですよ! サマーウォーズへの期待:OZの世界はどうなる? サマーウォーズ4DXで気になるのは、仮想空間OZの世界をどう再現するか? 我々が映画を見る世界は、もちろん現実世界。 しかも映画館。 そんな現実にどうやって4DXは色をつけるのか、期待するところです。 OZは基本的に白背景で、浮遊感があって、アバターによるド派手なアクションがある、言うならばなんでもアリ!の世界です。 ここで一番期待するのは、「浮遊感」 4DXのモーションシートには、 座席のピッチ回転 座席手前・奥方向に回転 ・ ロール回転 座席正面に向かって時計・反時計に回転 ・ ヨー 座席左右方向に回転 する機能+ 座席の高さが変化する機能が備えられており、これによって アバターが縦横無尽に移動しているのを再現してくれるはずなんですよね。 さらに、 劇場全体に風を送る機能によって、空を飛んでいる時の空気抵抗を感じることができるんです。 浮遊感を味わえるように、様々な工夫がされていること間違いなしでございます!! 映像を見るだけでも仮想空間の世界を満足できるかもしれませんが、4DXは一種のお祭り映画でもあります。 是非とも浮遊感を味わってください!!! もし再現すれば、ですけど。。。 ピカイチのモーションシート挙動 はい、まだ揺れてるような気がします。 どうもMachinakaです。 予想はしていましたが、モーションシートの挙動と劇場全体を流れる風の演出によって、OZの浮遊感やバトルを見事に再現していたのが今作の特徴でしょう。 特に印象的だったのはピッチ方向の回転ですね、手前に奥へ、座席がギッタンバッコンする演出が多かった。 OZの世界は非常に広く、カメラを上下に動かさないと誰がどこにいるか分からないんです。 カメラを見上げた途端、座席が手前から奥へクイッと回転し、まるで自分自身が見上げているような感覚を与えてくれるんですよね。 カメラの動きと合わせてモーションシートが回転するっていうのは、4DXだとよくやる演出なんですけど、今回は 回転量と頻度がダントツに高い! めまぐるしく動くOZ内のアクションを、見事に再現しておりました。 また、キングカズマとラブマシーンが肉弾戦をする時のシーンも素晴らしかった。 殴られるシーンはロール回転が特徴的でしたね。 座席が左・右に回転し、殴られた時の挙動を再現。。 モーションシートの挙動によって、キングカズマに殴られてるような感覚になりました。。 花札シーンでマジカルエディションの再来が!! 一番上がったのはナツキの花札シーンですね。 ナツキのアバターがラブマシーンと花札をするとき、奇跡の五光を出すシーンがあるかと思います。 ラブマシーンを倒し、乗っ取られていたアバターが元の場所に戻っていくシーンですね。 ここに全ての力を振り絞ったかのような、あらゆる4DXの機能が惜しみげもなく使われておりました。 ピカピカに光り輝く画面。 4DXのフラッシュが機能し、画面の光を拡張してくれる。 さらに、 勝利を祝うかのように、劇場からシャボン玉と雪が間髪なく舞い降りてくるのです!! この演出は、アナ雪2で行われていた「マジカルエディション」という4DX演出と似ていました。 OZの世界なので厳密には魔法ではないですが、まるで魔法のような花札シーンでマジカルエディションをやってくれるのは、ありがたいですよね! みんな、ラブマシーンを倒した時は最高に達成感があって、カタルシスを得るんです。 そこで 紙吹雪のようにシャボン玉と雪が降ってくるんですよ!これぞ勝利の美酒!観客の幸せをさらに増長させるような演出でございました。 あと、劇場から 舞い落ちる細かい雪を見ると、まるでOZの世界にいる大量のアバターが降ってくるような感覚を覚えました。 もしかしたら、画面に入りきらなくて劇場に漏れてきたのかもしれませんね。。 そう考えると、その瞬間だけは 劇場がOZになるんです!! まとめ 4DXが体験できたのはもちろん嬉しいんですが、何よりサマーウォーズを映画館で観れたことが本当に貴重な体験でした。 普通の人とは「違った映画の見方」をすることで、「ここだけの」映画批評を記事にしています。 どんな映画にも必ず良い点はあり、積極的にフィーチャします。 それが正しい「映画の見方」だと思うからです。 ・記事タイトルに自分の着眼点を書いています。 ・映画の分析のために、独自に画像を作成しています。 ここが他の映画評論サイトとは違うポイントです。 出典さえ明記してくれれば転載OKです。 com アットを に変えてください.

次の

キタ──!!『サマーウォーズ』4DX上映が決定、“仮想世界OZ”の世界が4DXで体感できる! « 映画ランドNEWS

サマー ウォーズ 4dx

世界中で数々の賞を受賞し、今もなお愛され続ける名作だ。 仮想世界OZに突如現れ、世界を混乱に巻き込む人工知能ラブマシーンを倒すため、キングカズマが戦うシーンでは<モーションチェア>による振動や俊敏な動きを<風>の効果で表現。 田舎の大自然を感じる<香り>の効果や、<水>の効果で漁船が庭の池にやってくるシーンの水しぶきを感じたり、スーパーコンピューターの熱暴走を<熱風>の効果で感じるなど、自分も主人公の健二たちと共に現実と仮想世界OZの狭間で戦っているかのような感覚を味わうことができるだろう! 予告編映像 作品情報 【サマーウォーズ 4DX】2020年1月17日 金 全国ロードショー ある夏の日、高校生の小磯健二は、憧れの先輩・夏希から彼女の田舎まで一緒に旅行をするという「バイト」に誘われる。 夏希の実家・陣内家(じんのうちけ)は、戦国時代から続く名家で、曾祖母の栄おばあちゃんを筆頭に個性豊かな面々がそろった大家族。 健二のバイトの内容は、この家族たちの前で夏希のフィアンセ役を演じるというものだった。 その夜、健二の携帯電話に暗号らしきメールが届くと、数学が得意な健二は徹夜で回答を導き出す。 ラフプレーを恐れない死と隣り合わせの激しい迫力満点なカーアクションに自分も乗り合わせているような感覚や、間近でレースを観戦しているような感覚に陥ること間違いなし…! ScreenX『フォードVSフェラーリ』本編映像 作品情報 【フォードvsフェラーリ】2020年1月10日 金 全国ロードショー 気鋭のカーデザイナーとして活躍するキャロル・シェルビー(マット・デイモン)のもとに、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社から思いがけないオファーが届く。 それは、ル・マン24時間耐久レースで、モータースポーツ界の頂点に君臨するフェラーリ社に勝てる車を作ってほしいという途方もない依頼だった。 かつてル・マンで優勝した経験を持ちながらも、心臓病によりリタイヤを余儀なくされたシェルビーは、破天荒な一流レーサーのケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)の元へ向かう。 レースへの純粋な情熱を共有するシェルビーとマイルズは、史上最高の車を生み出すために協力し、いつしか固い友情で結ばれる。 前哨戦レースで結果を出し、いよいよ決戦の地ル・マンに乗り込んでいく。 マイルズのフォード車がフェラーリとの壮絶なデッドヒートを繰り広げる中、理不尽な大企業の論理を振りかざすフォード副社長が横やりを入れてくるが…。 映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。 さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。 【ユナイテッド・シネマ】 【シネマサンシャイン】 【コロナシネマワールド】 【109シネマズ】 【USシネマ】 【イオンシネマ】 【アースシネマズ】 【フォーラム那須塩原】.

次の

キタ──!!『サマーウォーズ』4DX上映が決定、“仮想世界OZ”の世界が4DXで体感できる! « 映画ランドNEWS

サマー ウォーズ 4dx

「サマーウォーズ」のフル動画を無料視聴する方法です。 月額1,990円• 14万本の動画が見放題、3万本の動画がレンタル可能・70冊以上の雑誌が読み放題• ポイントを利用すれば漫画も読めます• ダウンロード機能あり(ダウンロードしておけば外でもサクサク動画が見れます)• そんなサマーウォーズが10周年を記念して「映画サマーウォーズ4DX」の上映が決定しました。 2020年の1月17日から「2400円」の入場料金で鑑賞できます。 そこでこの記事では 「映画サマーウォーズ4DX」についてまとめてみました。 具体的には• 【映画】サマーウォーズの作品情報• 【映画】サマーウォーズ4DXの上映期間• 【映画】サマーウォーズ4DXの公開劇場 といった順番で解説していきます。 【映画】サマーウォーズの作品情報 映画タイトル サマーウォーズ 上映時間 115分 公開日 2009年8月1日 製作国 日本 監督 細田守 評価 サマーウォーズは2009年8月1日に公開された映画です。 神木隆之介や桜庭ななみ、仲里依紗、田中要次など様々な有名人が声優を演じていることでも有名な作品です。 毎年夏といえば「サマーウォーズ」というくらい、夏の代名詞の映画となったサマーウォーズですが10周年目を迎えた現在でも人気があります。 主演 小磯健二:神木隆之介 キャスト• 「映画サマーウォーズ4DX」は 2020年の1月17日から全国の映画館で上映が開始される作品です。 現時点では映画の上映期間については公表されていませんが、基本的に映画の上映期間は 1ヶ月〜1ヶ月半とされています。 ただ映画の上映期間は動員数によっても左右されるので、人気がなければすぐに上映は終わりますし、人気があれば半年以上上映されることもあります。 ちなみに大ヒット作品の「君の名は。 」は8ヶ月ほど上映されました。 サマーウォーズは元々人気のある作品で、2009年に公開された「サマーウォーズ」は4ヶ月間上映されて観客動員数が123万人を超えた大ヒット作品となっています。 人気があるので、今作の「映画サマーウォーズ4DX」も低く見積もっても 2ヶ月以上は上映されるのではないかなと思います。 ただ一度見たことのある方が多く、2400円の4DXという映画の金額に対して、どれだけの人が見にいくかというのがキーになってくるかなと思います。 とはいってもテレビで放送された時の視聴率も良いですし、 4月に差し掛かるくらいまで上映するのではないかなと私は推測します。

次の