ヴェゼル キングヌー。 King Gnu

King Gnu(キングヌー)のタイアップCMソング全曲を一覧でまとめてみた

ヴェゼル キングヌー

日本を代表する国内自動車メーカー本田技研工業株式会社、通称 「ホンダ」。 世界一過酷な耐久レース「ダカールラリー2020」の二輪部門では、リッキー・ブラベック選手が総合優勝を飾り、ホンダとしては31年ぶりのダカールラリー総合優勝を果たしました。 ほか、世界ツーリングカー選手権への出場履歴もあります。 このように、 国産車やバイクの製造販売だけでなくモータースポーツでも話題になる企業です。 耕うん機や発電機にもホンダ製があるんですよ。 ホンダの公式HPで企業情報を見ると意外な発見があるかもしれません。 そんなホンダはハイブリッド車や最新の安全技術を搭載した新型車も含め、数々の特徴的でかっこいい購入したくなる車を発売しています。 そして、かっこいいのは車だけではありません。 そのCM曲もクールでかっこいい神曲揃いなんです! 今回の記事では、 ホンダのかっこいいCM曲を邦楽編と洋楽編でそれぞれ厳選してご紹介します! 【邦楽編】かっこいいホンダの歴代車CM曲 邦楽のかっこいいCMソングを厳選してご紹介します! 【2018年】LOSER|米津玄師(ジェイド) アイムアルーザーどうせだったら遠吠えだっていいだろう もう一回もう一回行こうぜ僕らの声 アイムアルーザーずっと前から聞こえてた いつかポケットに隠した声が 若者から圧倒的な人気を誇るシンガーソングライター米津玄師さんのヒット曲『LOSER』は 2018年を代表するホンダのCMソングでした。 MVで披露したコンテンポラリーダンスも話題に。 彼の多才さに驚かされた人も多いでしょう。 ホンダ「ジェイド」のCMでは 楽曲の持つクールさが、かっこいい車体をより際立たせました。 【2018年】years|サカナクション(インサイト) years years この先に待ち受けてる時代の泥が years years 僕らを染めてしまうかはわからないけど 変わらないことひとつはあるはずさ 革新的な新しいサウンドを世の中に放ち続けるロックバンド・サカナクションの人気曲『years』。 ホンダ「インサイト」のCMに起用され2018年の12月頃から放映されました。 ちなみに、数々のタイアップを実現しているサカナクションですが、 車のCMに楽曲が起用されたのは意外にもこれが初。 サカナクションのボーカル山口一郎さんがナレーションを務めたこともファンの間で大きな話題になりました。 サカナクションの 近未来的なデジタルサウンドが「インサイト」の魅力を引き立てています。 【2019年】Right and Left|Survive Said The Prophet(シャトル) Going round and round We are stuck again living up in time 東京の人気ラウドロックバンド「Survive Said The Prophet」の代表曲『Right and Left』。 美しくおしゃれなギターから始まるイントロが印象的。 サビは一転して疾走感溢れるクールで熱いサウンドです。 歌詞は全編英語。 発音も流麗で洋楽かと思ってしまいます。 スタイリッシュな「シャトル」を表現するのにぴったりな曲です。 ほか、ONE OK ROCKと庵野秀明さんのコラボで話題になったシビックのCM曲 『 』もぜひチェックしてほしい1曲です。 【洋楽編】かっこいいホンダの歴代車CM曲 洋楽のかっこいいCMソングを厳選してご紹介します! 【1996年】The Stranger|Billy Joel(CR-V) Well we all fall in love But we disregard the danger Though we share so Many secrets There are some we never tell Why were you so surprised, That you never saw the stranger Did you ever let your lover see the stranger in yourself? 「Billy Joel(ビリー・ジョエル)」が1977年にリリースしたヒット曲『The Stranger』。 ビリー・ジョエルの中でもロックなテイストの楽曲ですが、ニューヨーク出身の彼らしい 都会的な雰囲気も感じるおしゃれでかっこいいナンバーです。 この曲がリリースされた1983年に人気を集めた映画「戦場のメリークリスマス」にデヴィッド・ボウイが出演していたことで、日本でも大ヒットしました。 そこから20年の時を経て「ステップワゴンスパーダ」のCMに起用されたのです。 懐かしさを感じる 80年代らしいサウンドはドライブにぴったりですね! 【2018年】Alive|Sia(オデッセイ) I'm still breathing I'm still breathing I'm still breathing I'm still breathing I'm alive I'm alive I'm alive I'm alive シンガーソングライター「Sia(シーア)」がアデルと共作した『Alive』。 「走り抜けたい。 いつまでも」というナレーションが印象的な2018年放映のCMでは、 街中を爽快に走り抜ける「オデッセイ」の映像に、この曲が大人のクールさをプラスしました。 ほか、フリードのCMに起用されたPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス) の 『 』やNシリーズでCMオリジナルバージョンが使われている 『 』にも注目です! 2020年最新!話題のホンダのCM曲 最新のホンダのCMソングをご紹介します! And I Love Car|奥田民生(フィット) 車はあくまでも 快適に暮らす道具 車に乗らないと いけない ワケではないぜ イエー だけど好きなんだ いいだろ こんなにも 愛しているよ And I love Car この気持ちを 歌うんだ 君と僕の歌を ホンダ「フィット」のCMソングに起用された、奥田民生さんの『And I Love Car』。 ナレーションを担当したのは俳優の妻夫木聡さんです。 (インタビューで自分がナレーションをしていると誰も気づかないと妻夫木さんは話しています。 普段の声との違いもチェックしてみてください!) 車のCMソングとして 「乗らないといけないワケじゃないけど、それでも車が好きなんだ」という歌詞はちょっと新鮮ですよね。 曲タイトルの元ネタは、ビートルズの 『 』で、ビートルズのテイストを楽曲にも上手に取り入れた奥田民生さんのセンスが光る1曲です。 小さな惑星|King Gnu(ヴェゼル) 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局 何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 2019年の紅白歌合戦にも初登場した絶大な人気を誇るロックバンド「King Gnu(キング・ヌー)」。 2020年1月15日リリースされたアルバム収録曲のひとつが『小さな惑星』です。 「PLAY VEZEL昼夜篇」として2つのパターンが作成されたホンダ「ヴェゼル」のCM、その昼篇に起用されました。 夜篇は新鋭シンガー「Friday Night Plans」が担当しています。 疾走感溢れるロックサウンドと柔らかくも力強い歌声が魅力の『小さな惑星』。 聴いているとドライブしたくなるナンバーです。 HIGH HOPES|Panic! At The Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)」の『High Hopes』。 2018年にリリースされたアルバム「Pray For The Wicked」に収録されている同曲は、 ホンダ「アコード」の最新版CMソングとして日本でも大きな話題を呼びました。 前に向かって疾走する車のCMソングにぴったりです。 ホンダのCM曲は耳に残る名曲ばかり 歴史あるホンダのCMソングたちは、どの曲も耳に残る名曲ばかりです。 思わずドライブに行きたくなる疾走感と高揚感がサウンドやメロディにあります。 以前、ホンダの環境広告のテーマ曲として、聴けばF-1を思い出してテンションが上がる、アレンジ版『TRUTH』がBGMとして使用されたこともあります。 また、企業広告にONE OK ROCKの 『 』が使用されたこともあるので、車のCM以外にも注目です。 ホンダのCM曲は一度聴くと耳に残る名曲ばかり• ドライブに行きたくなる疾走感溢れる楽曲•

次の

King Gnu(キングヌー)がアサヒのCMソングに!!楽曲は何??

ヴェゼル キングヌー

また新しい才能がやってきました! それは『KING GNU(キングヌー)』というバンド。 独特のセンスと完成度で、音楽業界で注目を集めているんですが、確かにクソカッコイイ…!! なんなんですか!この独特の音作りのセンスとクセになるメロディの類まれなるバランスの良さ…。 と思ったら理由は『KING GNU』メンバーのプロフィールに答えがありそうです。 そこで、今回はKING GNU(キングヌー)のメンバーのプロフィールをはじめバンド名の由来などをご紹介します。 ヌー!!!!! 『KING GNU』のメンバー紹介! 『KING GNU』は4人組のバンド、まあ、一般的にはミクスチャーバンドと呼ばれる部類のバンドです。 この4人で構成されています。 ・常田 大樹(つねだだいき) ・井口 理(いぐちさとる) ・勢喜 遊(せき ゆう) ・新井 和輝(あらいかずき) では、それぞれのメンバーの詳しいプロフィールを見ていきましょう。 ギター&ボーカル担当は常田大樹 まずはスペックが半端ないと話題のギター&ボーカルです。 Vinici(サーヴァ・ヴィンチ)』を結成していました。 では、何故このバンドを解散(?)して『KING GNU』になったのか? 元々、サーヴァ・ヴィンチの固定メンバーは常田さんだけでした。 そこに、セッションなどを通じて集まったメンバーと活動をしていくというスタイルだったんですね。 しかし、この時、一緒に活動をした今のメンバーたちと出会い、4人でバンドを組むと決心したようです。 こうして、結成したのが『KING GNU』なんですね。 常田大樹さんは、東京藝術大学に進学しています。 もちろん「音楽専攻」で、チェロをされてたようです。 しかし、一年で『この世界では生きていかない。 』と決意し、大学を中退します。 東京藝術大学をたった一年で中退というのはすごい勇気ですよね。 何せ、クラシック界の登竜門のような場所ですから、入るだけでも超難関。 そんな大学を何の未練もなく辞められるんですから、思い切りの良い人というかスター性があるというか。 ちなみに、様々な音楽にアンテナを貼っていて、こんな交友もあるようです。 米津元帥さんのTwitterのツイートにこんなものが。 King Gnuの常田くん、僕の新しいアルバムの「爱丽丝」という曲にアレンジで参加してもらってます。 彼のセンス最高よ。 米津元帥さんと言えば、今一番聴かれているアーティストさんですよね。 そんな米津元帥さんのアルバム『BOOTLEG』に収録されている『爱丽丝 アリス 』という曲のアレンジにも参加しています。 せやせや、爱丽丝チェックしてくれや。 ヨネピの曲に俺のサウンド突っ込んでケミストリー。 ヨネピ、マガちゃん、ヤオくんと4人でワイワイ楽しいレコーディングでした。 おもろい曲に仕上がってるから是非聴いてみて。 ということで、もう1人のボーカルは井口理くんです。 しかも、幼馴染何だそうです。 大学では声楽を専攻していたようですが、やはり 『そんなに声楽がやりたいわけじゃないな・・・。 』 と思い、そこから劇団などに足を運ぶようになったと言います。 今では、舞台役者としてミュージカルや演劇の役者として活動もしています。 昨日スキップ映画祭にて観てきた「ヴィニルと烏」 痛くてつらい感じだったけど、色々と考える余白のある作品だった 感情の揺さぶりが凄かった 主演・監督した横田さんに注目していきたいと思いました。 わかるわかる(笑) 100人に聞いたら100人が「心地よい歌声」だと感じるような声。 あと、Youtubeへのリンクを張っておくのでを聴いて欲しいんですが、この曲の中で井口理くんは30通りの声を出したんだとか!! コーラス部分の声は全部井口理くんのものなんだそうです。 パーティ感を出したいという話になって、だったらワイワイ色んな声が入ってる方がいいだろうと。 普段出さないような声を出しました。 とインタビューで語っています。 マジ、すごい。 ドラム&サンプラー担当は勢喜遊 ドラム担当は勢喜遊くんです。 11pm RADIO GNU DJs: 今週の放送はVo. Key. とDr. がお届けする30分!「GNU RECORDS TOKYO」では、勢喜遊セレクトの懐メロ特集をお送りします。 3歳からドラムを叩いていたということで、相当なドラム好きです。 その一方、ダンススクールにも通っていたようでダンサーを真剣に目指していた時期もあったようです。 しかし残念ながら靭帯をケガしてしまい、断念されたということです。 勢喜遊くんにはカッコいい発言がありましてね・・・ 「バカに救われることってあるじゃないですか?だから、僕も救うバカでありたいな、と思います。 」 ドラムのテクニックが凄いんですよ。 cloudfront. そこで、新井和輝くんはベース担当だったようで、そのままベースを極め始めるんですね。 ジャズでベースってめちゃくちゃカッコイイじゃないですか!! 最初に出会ったのはドラムの勢喜遊くんだったようで、そこから常田大樹くんに繋がっていったということです。 本当に縁にまみれているバンドですよね。 そして、気になるメンバーの年齢なんですが、公式には生年月日が出ておらず、大体1992年生まれと1993年生まれという情報になっています。 でも、こういう情報もありますからね。 これは常田大樹君が『音楽ナタリー』のインタビューで 群れがどんどんデカくなっていく動物のヌーをイメージしてKING GNUという名前をつけたので、老若男女を巻き込んで活動していきたいですね。 あとは人が歌える音楽ということをより意識して曲を作っていきたいです。 といっています。 この名前の通り、きっと『KING GNU』はこれから大きな『ヌー』として成長して行ってくれることでしょう。 ちなみに、KING GNUのオシャレ感は多様なルーツから生まれる楽曲はもちろんのこと、そのMVのクオリティの高さによるものも大きいと思います。

次の

ホンダ・ヴェゼル(Honda VEZEL)2019~2020年

ヴェゼル キングヌー

ということで、僕の大好きな2つのバンドについて語らせていただきます。 Suchmos と King Gnu です。 何かと共通点の多い両バンドですが、結構異なる部分もあって、比較するとなかなか面白いと思うんですよね。 というか、SuchmosとKing Gnu、両方好きな人結構いる気がするけど、音楽性は似ているようで全然似ていないし、でもなんとなく同じ道歩んでる気もするし、どういった関係があるんだろうと結構前から考えていて、ある 一つの考えに至りました。 本記事では、両バンドを比較してみて、両バンドの関係性についてや、そこからの両バンドがどうなるのか、僕の考えを示したいと思います。 両バンドについて SuchmosはHONDAのヴェゼルのCMの曲、「STAY TUNE」で一躍有名になり、昨年の紅白歌合戦に出場し「VOLT-AGE」を歌い上げ、そして今年9月には以前から目標に掲げていた横浜スタジアムでのワンマンライブを成功させ、さらなる進化が期待されます。 これが両バンドの概要です。 次は両バンドの共通点についてお話ししたいと思います。 両バンドの共通点 ・ファン層が似ている まずは、Suchmosが好きならKing Gnuも好きな人が多いこと。 これは僕の主観ですが、そういう人が僕の周りにも、ネット上でも多いように思います。 ただ、逆のパターンの人は減ると思います。 現在はKing Gnuの大ヒットにより、King Gnuは知っているけどSuchmosは知らないという人も割といそうだからです。 音楽性も、一回聴いただけでは結構違うとは思いますが、両バンドともにブラックミュージックをルーツにしているところも相まって、どこか共通するリズム感もなんとなく感じられます。 参考: HONDAやSONYがこれらのCMで似たようなファン層の支持を得ようとしていそうですよね。 結局、SuchmosとKing Gnuは似たような道を辿っているように思います。 正確に言えば、Suchmosが辿ってきた道を現在King Gnuが辿っているとも言えるでしょうか。 両バンドの相違点 次は異なる点について話したいと思います。 まず、Suchmosは今年リリースした3rdアルバム「THE ANYMAL」の存在が大きいと思います。 聴いてもらえればわかりますが、このアルバムはSuchmosの音楽の方向性が以前よりガラッと変わっています。 これは、2ndアルバム「THE KIDS」での大ヒットの反動が何やらあるそうですね。 (詳細はで語られています。 ) 売れる楽曲を作るというよりも、それをやめて自分たちが本当にやりたい音楽をやってできたアルバムのようですね。 (前衛的すぎて、困惑するファンもちらほらいたようですが、むしろ後からジワジワと刺さるような、素晴らしい作品となっていると個人的に思います。 ) 同じ穴を掘っているが ここまで、SuchmosとKing Gnuの共通点と相違点について語ってきましたが、ここから僕が独自に両バンドについての結論を述べたいと思います。 それは 「SuchmosとKing Gnuは同じ穴を掘っているが掘り方が違う」ということです。 どういうことか、まずSuchmosがHONDAのCMでヒットした後、Suchmos同様にブラックミュージックをルーツにするバンド(Nulbarich、SIRUPなど)が売れ始め、そういったバンドが総じて「シティポップ」なんて言われ始めました。 つまり今の「シティポップ」の先駆けがSuchmosということです。 (脱線になりますが、HONDA ヴェゼルのCMはSTAY TUNEを起用して以来、タイアップに使われるCMが注目されるようになります。 僕はHONDAのCMを有名にしたのもSuchmosだと思っています。 ) そして現在のSuchmosは、最新アルバムからサイケデリックロックという新たな扉を開けてしまった。 おそらくここ最近の日本の音楽シーンでここまでサイケな音楽をやっているアーティストはいないと思います。 この先はどうなるか分からないですが、横浜スタジアムのライブでは「祭り」をテーマにした新曲もやっていたし、Suchmosはいつの時でも、これからも 「先駆者」です。 一方、King Gnuは見てわかるようにみるみるうちに勢力を拡大しています。 King Gnuのファン層はSuchmosと似てそうなところと、タイアップを見るとKing GnuはSuchmosの背中を追いかけているように思えるところは先程も述べました。 ただ、今のブレイクっぷりを見るとKing Gnuの勢力は以前のSuchmosと比べ物にならないほどにいずれはなるでしょう。 (もうなっているかもしれません。 もはやミスチルレベルの知名度や人気っぷりを獲得することもあり得ます。 )つまり、King Gnuは 「拡大者」だと思います。 つまり、同じドリルとして同じ穴を掘ってるけど、 新たな穴を開ける先端の尖っている方がSuchmos、根元の穴を広げる方がKing Gnuだと僕は思います。 穴の大きさをファンの多さとか知名度と捉えるとわかりやすいですね。 0を1にするのがSuchmos、1を100や10000にするのがKing Gnuとも言えるのではないでしょうか。 どちらに優劣は決してありません。 あくまで、こんな見方をすれば、どちらのバンドもこれからどう活躍していくのか楽しみになるのではないか、という提案です。 どうでしょうか? 常に新しい刺激をくれるチャレンジ精神旺盛なSuchmosも、新しさをうまくJ-POP絡めてに拡大、浸透させていくKing Gnuも、どちらも好きだし、どちらの未来も僕はこれから楽しみです。

次の