視力 回復 トレーニング 自宅。 目のトレーニングで視力回復! 自宅でできる視力アップの方法と効果

子供の視力回復は自宅でできる?「もう治らない」と言われた場合は…

視力 回復 トレーニング 自宅

パソコンソフトで視力回復!! 視力回復を支援するパソコンソフトで無料のものを紹介します。 パソコン自体が目に悪いんじゃね?と突っ込んだ方もいるかと思いますが、確かに、「近くのモノを見続ける」という意味では、パソコンは眼に悪いと言えますが、目を動かせば、眼の筋肉の衰えを防いだり、眼の中の血液の流れを良くしたりするので、例えパソコンソフトであっても、目の筋肉を良く動かす目のトレーニングの内容であれば、それなりに効果があるのではないかと思います。 視力検査がパソコンの画面で手軽にできるソフトです。 視力は 0. 01 ~ 5. 0 まで検査できます。 一人で検査するときは、自動表示されますが、二人で検査するときは手動表示も可能です。 視力回復トレーニングをトライしても、いつも三日坊主に終わってしまう作者が、視力回復トレーニングの一部だけでもパソコン自体を利用して効率的にできるよう作成したのがこのソフトだそうです。 奥行きのある背景を、たまが行ったり来たりします。 それを目で追って、目のピントを合わせる筋肉を鍛えます。 ゲーム間隔で瞬間視力を訓練するソフトです。 表示される文字や丸や十字を目で追う簡単なソフトです。 疲れた目の筋肉をストレッチして、目の疲れや緊張を解きほぐしてくれます。 、動体視力、視野、速読力、右脳能力等をアップにも期待できます。 16個の多彩なトレーニングで、眼(動体視力、瞬間視 、眼球運動、周辺視野、反射速度、速読)、脳(集中力、判断力、記憶力 を鍛えることができます。 を立体視して自律神経の調和を高めることを支援するソフトです。

次の

視力回復トレーニングを自宅で実践。2週間くらい経過した感想や効果など

視力 回復 トレーニング 自宅

近年、子供の視力低下が問題となっていますが、あなたのお子様は大丈夫でしょうか? きっと、何か気になる心当たりがあって、当サイトにお越し頂いた方が多いと思います。 メガネやコンタクトレンズがなければ日常生活に支障が出てしまうのは、それだけで大きな負担になります。 特に子どもの場合、学校で友達から「眼鏡キャラ」「がり勉」と揶揄されて、心の傷を負ってしまう恐れもあります。 子供時代の心の傷は、それこそ一生残るコンプレックスにも、なりかねません。 ですから、「視力が落ちてきたんじゃない?」と少しでも心配が出てきたら、すぐに対応していくことが必要です。 まずは原因究明。 病院で検査を 「目のあたりを気にして触っている」 「遠くを見るとき、目を細めている」 「本を読んだり勉強するとき、顔を近づけすぎている」 こうした行動は、視力低下の兆候(サイン)です。 もしお子様にこうした行動が見られた場合、まずは眼科クリニックに連れていきましょう。 視力低下の原因には、網膜炎や「ものもらい」など、病気が関係している場合もあります。 病気による視力低下と、そうでない視力低下(眼精疲労、目の使い過ぎなど)とでは、対応もまったく異なってきます。 もしも病気が原因の場合は、病院でしっかりと治療してもらわなければいけません。 病気が原因にも関わらず、自宅での視力回復トレーニングばかりをしていると、効果が出ないどころか、むしろ悪化してしまいます。 目の神経は脳につながっているので、目の病気を放置した結果、脳障害が出てしまう恐れすらあるんです。 ですから、まずは病院で検査してもらい、「病気の可能性」があるかどうかを確かめましょう。 病気が原因でなかったら、自宅でのトレーニングを 視力低下の原因が病気でなかった場合、ほとんどの病院やクリニックでは、それ以上の治療行為は行われません。 眼鏡やコンタクトレンズを勧められて、それでお終いです。 ですから、その後は自宅で視力回復トレーニングに取り組む必要があります。 ですが、それだけでは劇的な視力回復は望めないことがほとんど。 ですから、視力回復に特化したトレーニング…特に子供向けのプログラム…を実践するのが望ましくなります。 病気が原因でないのなら、視力低下は、「 眼球をコントロールする筋肉が、うまく動かせていない」ことが原因です。 たとえば腕や足の筋肉は、鍛えれば運動能力もコントロール能力も高まりますよね。 同じように目の筋肉も、鍛えれば能力を高めることができます。 実際に、優れた視力を求められるスポーツ選手やF1パイロット、航空機パイロットなども、視力トレーニングを取り入れています。 こうした方法を、子供向けに、家庭でも実践できるように考案された、特別なトレーニング方法も広まっています。 当サイトでもご紹介していますので、まずはコチラからチャレンジしてみてくださいね。 子供の視力回復は自宅でできる?「もう治らない」と言われた場合は…記事一覧.

次の

【視力回復】自宅で簡単にできるトレーニング方法!期間もご紹介!

視力 回復 トレーニング 自宅

トレーニングで目を鍛える 「視力を回復させるにはレーシックしかない・・・」そう思っていませんか? でもちょっと待ってください。 ここでは自分で簡単にできる視力回復トレーニングについて詳しくご紹介しています。 まずは自分でできることから始めませんか? 視力はトレーニングで回復できる 現代人の多くのが悩む視力の低下。 視力を回復するにはレーシック手術しかない、と思いがちですが、実は簡単なトレーニングで回復できることをご存知でしょうか? 視力低下の原因として多いのが、焦点を合わせる目の筋肉、『毛様体筋』が硬くなってしまうことです。 特にデスクワークが多い方やスマホを長時間利用する方は、この毛様体筋が近くのものに焦点を合わせたまま硬くなり、遠くのものに焦点が合わせにくくなってぼやけて見えてしまうのです。 その硬くなった毛様体筋を、焦点を合わせられるようにほぐすことで、視力を回復させることができるのが、『毛様体筋トレーニング』なのです。 ドイツ人の有名な学者であるW・ルーは、「人間の体の器官や部位というのは、使わなければ退化し、使いすぎたら破壊され、適度に使えば発達する」といったことを述べています。 視力についても同様のことが言えます。 近くのものばかり見ていると、遠くのものを見たときに焦点を合わせられなくなり、目の機能が損なわれてしまいます。 しかし、適度にトレーニングを行うことで、目の機能を発達させることができます。 いきなりレーシック手術を選択しなくても、その前に視力回復のために自分で取り組めることがあるのです。 まずはできることから始めてみましょう。 視力が回復しない場合とは? しかし、残念ながら視力が回復しない場合もあります。 視力低下の多くは、焦点を調節する毛様体筋が近視の状態で硬くなってしまうことが原因です。 近視には2種類ありますが、『軸性近視』は眼球が変形してしまうほどの重度の近視のため、トレーニングでの回復は非常に難しいのが現状です。 軸性近視は近視の最終段階であり、眼球がラグビーボールのような形に伸びてしまっているので、毛様体筋を鍛えても劇的な効果は期待できません。 ですが、軸性近視になってしまう前の段階である『屈折性近視』であれば、トレーニングによって改善することができます。 自分が軸性近視なのか、屈折性近視なのかどうかを見分けるポイントは、裸眼視力と近視になってからの年数です。 個人差もありますが、おおよその目安として裸眼視力が、• 5以上なら屈折性近視• 5未満なら軸性近視 と見分けることができます。 さらに、近視になってからの年数の目安は、• 近視になってから5年未満なら屈折性近視• 近視になってから5年以上なら軸性近視 と言われています。 近視はゆっくり進行していきますが、放置したままでいると、徐々に眼球が変形していき、軸性近視になってしまいます。 あくまでこの基準は目安ですので、正確に自分が屈折性近視か軸性近視かを知りたい場合は、眼科で診断してもらうことをオススメします。 トレーニング時の注意 具体的なトレーニング法のお話しに入る前に、2つだけ注意点があります。 視力回復トレーニングは、スポーツや筋トレと同様にウォーミングアップが必要です。 いきなり本番のトレーニングに入る前に、目の筋肉を温めておくことで、目への負担を軽減、ダメージを減らすことができるのです。 ウォーミングアップの方法は次の通りです。 目をぎゅっと閉じる• 目を開けて10秒上を見る 顔は動かさない• 目をぎゅっと閉じる• 目を開けて10秒下を見る これでウォーミングアップは完了です。 もう1つの注意点は、トレーニング中にまばたきを忘れてはいけない、ということです。 まばたきには、目の表面を潤したり、光を安定させたり、まぶたを閉じる際に網膜や毛様体筋を休めるといった様々な役割があります。 なので、トレーニングに没頭してまばたきをせずにいると、目の負担になり、逆に視力低下を引き起こす可能性もあるのです。 トレーニングの前にはウォーミングアップを行い、トレーニング中はまばたきを忘れないようにしましょう。 外眼筋のコリをほぐして鍛え、目の疲れやピント調節機能の衰えを改善します。 普段から 目を酷使している人におすすめです。 眼球トレーニングのやり方• 上下左右に目を動かす• 斜め方向に目を動かす• 円を描くように、右回りと左回り、それぞれ目を動かす (1)~(3)を1セットとして、 1日5セットを目安にトレーニングします。 慣れてきたら、人差し指を立てて、上下、左右、斜め、円を描くようにそれぞれ動かして、目で追うようにしましょう。 眼球の内部にある「内眼筋」のうち、水晶体の厚さを変えてピントを合わせる「毛様体筋」に働きかけるトレーニングです。 近くにあるものと遠くにあるものを交互に見ることで、毛様体筋を鍛えられて、目のストレッチにもなります。 特に、 強度の近視の人におすすめ。 遠近トレーニングは、自宅でできる屋内編と外でできる屋外編があります。 遠近トレーニングのやり方【屋内編】• 親指の爪に、視力検査表の「C」マークを描く• 親指のマークを見ながら、目に近づけたり、遠ざけたりする 目に近づける時はゆっくりと、遠ざける時は速めに動かすのがコツです。 1回3分を目安に 1日3回、目が疲れた時や空いた時間に行ないましょう。 遠近トレーニングのやり方【屋外編】• 人差し指を目の前に立てる• 指と、その先にある遠くの建物などを交互に見る 息を吸いながら指を見て、吐きながら遠くを見るようにするのがポイントです。 近くから遠くを交互に見る動作を1セットとして、 1日20セットを目安に行ないます。 4以上に回復したという確かな実績があります。 Android版 450円 、iOS版 600円 と有料ですが、それだけの価値はあります。 明と暗の環境を作り出すことで、虹彩の筋肉を鍛えていきます。 毛様体筋も同時に鍛えられるので、ピント調整機能の向上も期待できるでしょう。 以前よりも、 暗いところで物が見えづらくなった人におすすめです。 虹彩(明暗)トレーニングのやり方• 顔の近くに蛍光灯スタンドを置く• 目を閉じた状態で、蛍光灯の明るさを感じる• 両手で目を覆い、光を遮断して真っ暗にする• 目を覆っている手をはずして、また明るさを感じる 目を閉じたまま(3)と(4)を5秒間ずつ交互に繰り返します。 これを1セットにして、 1日10セットほど行ってください。 まばたきの回数を意識的に増やすことで、涙の分泌を促し、目の疲れを癒して、目の機能を正常に保つためのトレーニングです。 パソコン作業が多い人や、ドライアイの人に向いています。 リフレッシュ効果もあるので、目が疲れやすく、ダルさを感じやすい人にもオススメです。 まばたき回復法のやり方• まばたきを10~20回する• 目を閉じて5秒間休む• 3秒間、強く目を閉じる• 3秒間、目を見開く (1)と(2)を1セットで 5回繰り返したあと、(3)と(4)を1セットで 5回繰り返し行ないましょう。 近視の状態が定着してしまった真性近視の人よりも、 一時的な仮性近視の人のほうが、視力回復が期待できます。 ウインク視力回復法のやり方• 視力検査表を壁に貼り、3メートルほど離れる• 左目を手で覆い、右目で一番小さなマークを30秒見る• 今度は、右目を手で覆い、左目で一番小さなマークを30秒見る 左右を1セットとして、 1日3セットを目安に行なってください。 立体視には、「平行法」と「交差法」の2つがあります。 「この頃、視力が低下した」と感じている人はぜひ、試してみてください。 このトレーニング法は、続けることが重要になってきます。 マジカルアイ(立体視)のやり方• 立体視できる絵を、顔から30cm位のところに置く• 紙面には焦点を合わせず、絵が浮かび上がるまで、遠くを見るようにする 平行法で見ると、紙面より後ろの位置で絵が大きく見え、交差法で見ると、紙面の手前で絵が小さく見えます。 紙面にピントを合わせず、視野を広くして、ぼーっと見るのがコツです。 まずは 1ヶ月間、こまめに続け、視力が回復するかどうか様子をみてください。 効果があると感じられたら、そのまま3ヶ月ほど続けていきましょう。 自宅や職場などにあるカレンダーを使って、視力回復をサポートするトレーニング方法です。 空き時間を利用して、手軽にできます。 毛様体筋の緊張をほぐして視力回復したい人におすすめ。 毎日続けていきましょう! カレンダートレーニングのやり方• カレンダーの数字が見えるギリギリのところに立つ• 左上から下へ、数字を縦読みする• 1列読んだら、目の前30cmの位置に立てた人差し指を見ながら、一歩下がる• 次の列の数字を縦読みする• その位置で1列読めたら(3)と(4)を繰り返す (1)~(5)をカレンダーの3ヶ月分、繰り返して行ないます。 毎日こまめに続けることで、より早く効果を実感できるようです。 少し視力低下が気になっている人は、ぜひ試してみてください。 お出かけのときだけでなく、ちょっと外に出てみたりして意識をしてやってみましょう。 遠方凝視・望遠トレーニングのやり方• 外に出て、遠くの木や山の1点に視点を定める• 焦点を合わせて見ることに集中する (2)を15秒ほど行ない、10秒の休憩を設けるのを1セットにして、一度のトレーニングで 3~5セット行なうと効果的です。 すぐに視力回復するわけではありませんので、毎日継続してください。 トレーニングを始めてから視力回復を実感できるまでの期間は、個人差があります。 もちろん、数日~1週間程度では、なかなか結果は出ません。 目を鍛えるためのトレーニングは、継続して行なうことが重要です。 特別な場所や道具を必要としないトレーニング方法がほとんどなので、自宅ではもちろんのこと、ちょっとした空き時間を使って外でもできます。 1日5分程度の簡単なトレーニング方法から取り入れてみてはいかがでしょうか。 続ける自信がないという人は、 アイトレといった最新のリラクゼーション機器を使った眼筋トレーニングもおすすめです。 グッズで視力回復 グッズを使った視力回復トレーニングもご紹介しますね。 効率良く目の筋肉を鍛えられるグッズを活用することで、視力回復も実感しやすくなるはずです。 具体的なグッズとその口コミについてまとめましたのでご覧ください。 ピンホールアイマスク 一見ただのアイマスクに見えますが、実はつけるだけでよく見えるようになる凄いグッズなのです。 その秘密は、目の部分に空いている5つの穴にあります。 近視による視力低下の場合、毛様体筋の動きが鈍く、光が曲がり過ぎて網膜より前でピントを結んでしまうため、遠くのものがぼやけて見えます。 ですが、目に入る光を細くすると、水晶体のレンズによる屈折の影響をあまり受けずに直接網膜に映像を届けることができます。 目を細めると遠くのものがよく見えるようになるのも、同じ理由です。 この原理を利用したピンホールマスクの実力は本物で、全世界で300万個も売れていて、テレビや雑誌で何度も取り上げられています。 価格:1,620円 税込 「外すとすぐ見えなくなる」 30代女性 裸眼で0. 1以下の私でも、これをつけると結構見えます。 でも外すとすぐに見えなくなってしまいますね。 ホームワック ホームワックは、眼科の院長であり医学博士でもある鈴木弘一氏が考案した視力回復トレーニング器具です。 世界9ヵ国で20,000人以上の視力を回復• 臨床試験において平均視力0. 71に改善 といった数々の実績があります。 やり方は簡単です。 ただホームワックでテレビを見るだけで視力回復トレーニングができます。 その原理は、とてもシンプルです。 ホームワックは、光の屈折を変えるプリズム、凸レンズを搭載しています。 これによって自動的・連続的にピントが合う状態とぼやける状態が繰り返され、毛様体筋も自然と動かされることで、効率良く目の筋肉を鍛えることができます。 手術が不要の最新トレーニング「アイトレ」 ここまで様々な視力回復トレーニングについてご紹介してきましたが、実は今、最新のトレーニング『アイトレ』が、視力に悩む多くの方の間で話題になっています。 このアイトレを数回行って、視力が0. 01から1. 5以上にアップしたという例も少なくありません。 アイトレとは、毛様体筋を含む目の筋肉のコリや衰えに対して、アイトレ機器で特殊な低周波を当て、硬直した筋肉をほぐすと同時に鍛えることができる最新の視力回復トレーニングです。 この方法は他の方法のように、角膜を手術したり、目を激しく動かしたり、直接目に触れたりといった、目への負担が全くないのが大きなメリットです。 実際、医師や医学博士といった専門家もこのアイトレを推奨しています。 このアイトレは、全国に400店以上あるアイトレ導入サロンで受けられます。 レーシックと比べて、料金も1回7,000円~10,000円とお手頃で返金保証制度もあるので、安全で気軽に試せます。 「自分でトレーニングしたけど効果がなかった」 「高いトレーニング器具を買ったけど効果がなかった」 「レーシックは怖いし、費用も高い・・・」 そんな方はアイトレを試してみては? アイトレで本当に視力が回復するのか?視力の数値がどれくらい変わるのか?については、という記事でお話ししていますので、ぜひチェックしてみてください。 他のトレーニングで視力が回復しなかった人に オススメしたい「アイトレ」 これまで様々なトレーニングを試みたけれど「全然視力が回復しない!」なんていう方も多いのではないでしょうか。 ただ大前提として頭に入れておいていただきたいのが、「トレーニングの効果が出るまでには時間がかかる」ということです。 効果を実感するまでの期間は個人差があるので、具体的な期間というのはありませんが少なくとも1週間や2週間程度の短期間で 効果を実感するということは稀といえます。 では、なぜ効果がでないのか。 それは多くの人が効果を実感する前に断念してしまっているのです。 視力回復トレーニングも筋力トレーニングやダイエットと同じで毎日継続して行うことが一番大切ですが、 すぐには効果が出ないため効果が出る前に辞めてしまうのです。 視力を回復をするにはトレーニングをやり続けるという断固たる決意も必要ですが、 ただそこまでの決意をしてまでやることでは... と思ってしまうことが長続きしない理由のひとつでもあります。 一時期レーシック治療が話題になりましたが、それまたった1日で視力が良くなるという、誰もが望んでいた 効果が期待できるからなんですね。 ただ、やはりリスクもつきもので、合併症や後遺症、術後にまた視力が下がってしまうなどのトラブルも 報告されています。 となると安全に視力を回復させるにはトレーニングが最適ということになります。 そこでオススメしたいのが上記でも記述している「アイトレ」です。 アイトレは手術が不要で医師や医療機器開発の専門家も推奨している最新のトレーニング方法なのです。 また実際にアイトレを利用した90%以上の人が視力の変化を実感しているそうです。 トレーニングといっても低周波の出る専用のヘッドセットを装着して30分ほどリラックスしながら過ごすだけ。 日本各地にアイトレを導入しているサロンがあるので、仕事帰りやお休みの日にお出かけついでに30分だけ、 なんていうのも可能です。 これまでにあの手この手で色々な方法で視力回復を試したが結局、効果がなかったという人にはぜひこの 「アイトレ」は試してみる価値アリです。

次の