面接 自己pr。 保育士の自己PRや長所の書き方。履歴書、職務経歴書、面接に使える例文

面接における自己紹介の対策は就活生は必須?

面接 自己pr

面接で自己PRを聞かれたらどうする? ポイントと注意点をチェック! 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 自己PRでは、「何を、どのように述べるのか」を意識することが大切です。 転職面接では、ほとんどの場合、自己PRを求められます。 志望動機と同じくらい重視される質問ですから、事前に対策を練っておくことが大切です。 ここでは、自己PRをする際にアピールすべきポイントや注意点を解説します。 自己PRでアピールすべき3つのポイント 転職面接は、企業とのお見合いのようなものです。 「自分が言いたいこと」だけを声高にアピールしても、良い結果を得ることはできません。 自分の実績を伝えるのが自己PRですが、相手が何を求めているのかを理解しておかなければ、一人よがりになってしまいます。 自己PRの内容を考える前に、まずは伝えるべき3つのポイントを整理しておきましょう。 企業の求める人物像と合致する点 自己PRは自分のアピールポイントや実績を伝える場ですが、これはあくまでも、「その企業にとって自分がいかに有用な人間であるか」をアピールするために行っていることを忘れないようにしましょう。 自己PRで伝えるべきなのは、自分の輝かしい実績ではなく、「企業から見て魅力的だと感じてもらえる実績」です。 どれだけ立派な実績があっても、企業が求める人材像とかけ離れた分野のエピソードしか語れないようであれば、魅力的な人材だと思ってもらうことはできません。 そのため、転職面接の自己PRで語る内容は、企業ごとに変える必要があるのです。 そのためには、応募先の企業の求人票を見返します。 「求める人材」という項目がないでしょうか。 企業の求人サイトや求人票には、どのような人材を求めているのか、具体的に書いてあることが珍しくありません。 「必須」「優遇」と、項目を分けてほしい人材を指定しているケースもあります。 さらに、企業の近年の事業展開や、経営方針、経営者インタビューなどをチェックすることで、より深く企業が求めている人材像や、今後どのような経営展開をしていきたいのかを知ることができます。 しかし、たとえ資格を保有していなくても、関連する業務に携わったことがあったり、学んだことがあったりした場合は、アピールポイントとなります。 また、経験したことがない仕事であっても、別の業務の実績が評価される可能性もあります。 このように、自己PRを述べる際は、自分の実績の中から企業が求めていると考えられるものをピックアップして伝えるようにしましょう。 アピールポイントの根拠となる具体的なエピソードと成果 仕事に限らず、誰かを説得する際には、その根拠を伝えるのが効果的です。 その際の根拠は、主観的なものや感情論ではなく、客観性がなければいけません。 これは転職面接における自己PRでも同様です。 「営業として顧客からの高い信頼を得ています」と言ったとしても、それが本当なのか嘘なのかを面接官が判断することはできません。 本人の思い込みで、実際には信頼を得られていないこともあるかもしれません。 そこで、「高い信頼を得ている」と主張できるだけの根拠を提示します。 この根拠とは、リピート率や売上のような「数字」であったり、顧客満足度の高さで表彰を受けたといった「他者からの評価」であったりします。 将来の展望 自己PRでは、入社した後でどのように働いていくつもりなのかにもふれるようにしてください。 企業の採用担当者が本当に知りたいのは、「入社した後、それを自社で活かして働くことができるかどうか」だからです。 いくら優れた実績があっても、その企業で役立てられないのであれば意味がありません。 「顧客のニーズを理解し、満足度を向上させてきた経験を活かし、業界顧客満足度ナンバー1の御社で、さらなるリピート率の向上と新規顧客獲得に邁進したいと考えております」というように、企業が求めている人材像を踏まえた上で、自分を採用するメリットについて伝えましょう。 自己PRをする際に注意したい4つのポイント 続いて、自己PRをするときに気を付けておきたい4つのポイントと、それらを踏まえた自己PR例をご紹介します。 結論を最初に話す 自己PRでは、結論を最初に述べましょう。 ここでいう結論とは、「PRポイント」のことです。 たとえば、「コミュニケーション能力が高い」のであれば、最初にそれを言います。 その後で、「根拠やエピソード」「得られた仕事上の実績」「転職後の活かし方」などと続けてください。 最初に結論を述べておけば、話の流れを理解した上でその後の説明を聞いてもらえます。 この段落でも、「自己PRでは、結論を最初に述べましょう」と、結論を初めに書いていますね。 相手に何かを説明する際に便利な方法ですから、ぜひ身に付けておきましょう。 仕事への活かし方を意識する 「コミュニケーション能力が高い」というのは、それだけでは単なる本人の特性でしかありません。 実際に、それをどのように仕事に活かしているのか、また、今後どう活かしていくつもりなのかが大切です。 また、「コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます」だけでは、仕事上の強みとはいえません。 コミュニケーション能力は、職種を問わず求められることが多いものですが、もう一歩進んで、自分自身がその能力をどう活かすつもりなのかについて考えておく必要があります。 さらに、その「活かし方」が、応募先の企業のニーズに合致したものでなければ選考を通過することはできません。 スキルの活かし方はひとつではありません。 応募先の企業でどのような活躍を求められているのか、併せて検討しておきましょう。 アピールポイントをしぼる 「コミュニケーション能力が高い」「問題解決能力に優れている」「チャレンジ精神が旺盛」など、アピールしたい能力がたくさんある方もいるでしょう。 しかし、いくつものアピールポイントを、短い自己PRの時間内に全て話そうとすると、全体の印象がぼやけてしまいます。 複数のアピールポイントについて述べるのではなく、相手先の企業がより強く求めていると考えられる能力と、それを表すエピソードにしぼって伝えるようにしてください。 書類の自己PR欄と内容を合わせる 自己PRは、履歴書や職務経歴書にも書く場合があります。 また、自己PRで述べた入社後の活かし方は、志望動機にも通じることです。 面接官は、手元に履歴書や職務経歴書を持っていますから、書類の内容と面接で話している内容に食い違いがないようにしなければいけません。 提出した履歴書や職務経歴書は必ず控えを取って、面接の前に内容を再確認しておきましょう。 自己PRの時間 自己PRの時間は、1分や3分など、時間を指定されてまとめるように指定されることがあります。 特に、1分と指定されるケースは多いため、あらかじめどの程度の分量で1分の自己PRになるのかを計っておく必要があります。 一般的には、1分で話せる言葉はおおよそ300文字程度だといわれています。 そのため、自己PRも、300~400文字程度でまとめるのがおすすめです。 実際の自己PR例を見て、分量について考えてみましょう。 <自己PR例> 私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。 前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目の成績は社員50名中40番目でした。 営業成績はお客様からどれだけ支持を得られているかの指針だと思っておりましたので、この結果には大きなショックを受けました。 同時に、お客様から支持される営業になりたいとあらためて感じ、必ず翌年は1番になると誓いました。 それから、お客様とより深くコミュニケーションをとるため、商品知識や政治経済、経営、テクノロジーなど、様々な分野の勉強を行いました。 さらに、上司や同僚とプレゼンの練習をしたり、優秀な営業からテクニックを学んだりと、営業面でのスキルアップにも努めました。 結果、翌年は営業成績トップを獲得。 以降は、連続して1位の成績を収めています。 この経験から、努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができるのだと学びました。 この強みを活かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。 この自己PRは、およそ400文字です。 実際に話してみて、自分がこの分量を何分で話せるのかを計ってみてください。 1分ぴったり、もしくは少し超える程度かと思います。 もし、1分を大幅に下回るようであれば、話す速度が早すぎると考えられます。 自分なりの自己PRを考えるとともに、実際に下書きを見ないで自分の言葉で話し直した場合に何分になるのか、練習をしておきましょう。 自己PRは面接におけるアピールタイム 自己PRは、面接において自分の魅力を面接官に自由に伝えることができる重要なアピールタイムです。 応募先の採用担当者にとって魅力的に映る内容を考えてから面接を受けるようにしましょう。 企業研究を十分に行うとともに、印象に残るキャッチーなフレーズを織り込むといったテクニックを使うとより効果的です。 あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!.

次の

転職面接で効く自己PRとは あなたの長所の伝え方|パソナキャリア

面接 自己pr

企業が自己PRを聞く意図は? 就活の選考で問われる質問にはすべて「あなたはどういう人かを知りたい」という企業側の意図があります。 自己PRは「あなたの能力・性格(何ができるか)」を伝えるためのものであり、企業はその特性が、「自社で仕事をしていく上で合っているか」という点を見ています。 大切なのは、その能力や性格を企業が求めているか、仕事で役立てられそうか、という部分。 企業が必要とする力は何か、働くイメージを持って考えるといいでしょう。 珍しいものや、今まで出合ったことがないもの、目新しいものに興味を持ち、見たい、知りたい、経験してみたいと思う人を「好奇心旺盛」ということが多いでしょう。 「好奇心」と近い言葉に「探究心」がありますが、こちらは「一つの物事を深く掘り下げしつこく粘り強く追究する姿勢」を指します。 自分の特性はどちらに近いのかを整理すると、自己PRで伝える具体的なエピソードも変わってくるかもしれません。 例えば、業界でいえば、メディアやファッション関連、職種でいえば新規事業開発、新商品開発がそれに当たるでしょう。 新たな流行を届ける側にいる人は、流行をフォローする側ではなく、いち早く取り入れる好奇心がなければ務まりません。 社会には新しいものを生み出す「好奇心」タイプの仕事もあれば、インフラ領域のように変わらないものを守る「探究心」タイプの仕事もあります。 例えば私が長く携わっている人事・採用の仕事は、所属企業の事業内容や商品にかかわらず、考えるべき組織論など、物事の本質は変わりません。 その点で、好奇心よりも探究心の方が、より求められる仕事だといえるでしょう。 「好奇心旺盛」な点を自己PRで伝えるときのポイント 「好奇心旺盛」とひと言で言っても、「受容的」か「能動的」かによっても意味が大きく異なります。 「好奇心旺盛」な点をアピールする理由として、「周りから提供されたものを食わず嫌いをせず何でも楽しめる」「与えられたものに自分なりに面白さを見いだし、積極的に取り組める」と話す学生が一定数います。 しかしこれは、どちらかというと「感受性が強い」「適応力が高い」「意味づけ力がある」といった受容的な特性で、「好奇心旺盛」とアピールするには弱いでしょう。 「好奇心旺盛」な点を特性として伝えるのであれば、能動的に、自分から新しい情報を取りに行けるのかどうかが問われます。 好奇心が旺盛であるということは、あらゆる情報源に触れ、新商品を試し、「新しい飲食店を発見したら必ず入って食べてみる」「映画はジャンルを問わず年300本見る」など自ら積極的に情報を得ようとすることを指します。 受容的か能動的かは良し悪しではなく、その人の特性です。 ただ選考において「好奇心旺盛」な点をアピールする以上は、自ら行動する程度の甚だしさを説明できる、具体的な事実を伝える必要があります。 ただ、業界や企業によっては好奇心の旺盛さをそもそも強く求めていないところもあるでしょう。 「目の前の地道な仕事にじっくり取り組む」「ミスのない安定稼働を目指す」ことが重視されている仕事では、好奇心旺盛な点は「飽きっぽい」という印象を与える可能性があります。 さらに、求める人物像に「好奇心旺盛」な点とありながら、実際は「どんなことも深く探究する姿勢」という「探究心」を求めている場合もあります。 その仕事の 事業内容から、どんな特性が生かせそうか。 OB・OGの話を聞いてイメージを膨らませるなど、企業研究を深めるといいでしょう。 大学3年の夏に2カ月間、自転車で日本一周6000㎞の旅に出ました。 現地の宿泊場所、飲食店、観光スポットなどはスマートフォンではなく「現地で出会った人に聞いて決める」とテーマを設け、小学生からご高齢の方まで老若男女、通算約400人から情報を集めました。 地域を支える小さな工場を訪れたり、知られざる秘湯や老舗の民宿を教えてもらったりと、人づてでなければ出合えない景色に触れることができました。 情報はインターネットだけではなく、リアルな声も併せて集める大切さを知りました。 面接の自己PRで「好奇心旺盛」な点を伝えるときの例 面接では、 聞き手が理解しやすくなるよう、結論を先に伝えます。 集団面接などでは、面接担当者との質問のやりとりがない「プレゼンテーション型の自己PR」も少なくありません。 その場合は、伝えたいポイントを一度ですべて伝えきれるよう整理しておくとよいでしょう。 好奇心が強く、集めた情報を新しいアイデアにつなげることが得意です。 大学入学時、やりたいことがあれば全部挑戦しようと考え、サークルとゼミそれぞれ2つずつ所属していました。 サークルはサッカーとダンス、ゼミはマーケティング戦略と社会心理学と、領域はまったく異なり、そこで出会う学生のタイプもさまざまでした。 活動領域の広さからユニークな友人に多く出会い、学内で面白い活動をしている学生を紹介するWebサイトを作ろうと考えました。 マーケティング理論と心理学を学んでいたこともWeb制作やインタビューを進める上で役に立ち、今では学内で高い認知度のあるサイトになっています。 「好奇心旺盛」な点のほかにも自己PRで伝えるアピールポイントがあるかも?気になる人はリクナビ診断を活用して、自分の強みや特徴を調べてみましょう。

次の

新卒面接の自己PRで評価される4つのポイント

面接 自己pr

【就活生に捧ぐ】ESや面接に役立つ自己PR例文集 ほぼ全てのESや面接で問われる、自己PR。 この記事では魅力的な自己PRに仕上げるコツを、例文を示しながらお教えします。 ポイントをしっかりと押さえて、魅力的な自己PRに仕上げてください。 2020. みなさんは企業にどんな強みをアピールするか決めていますでしょうか?なんとなくしっくりきたものを選び、深く考えずに伝えてしまっている人が多いのではないかと思います。 どのような強みが評価されるのか戦略的に考えなければなりません。 そして、アピールしたい強みごとに例を挙げて紹介します。 最後まで読んで、みなさんが自己PRを考える際に役立ててください。 頻繁に問われるということは、それほど学生を選抜する上で重要な評価基準になっているということ。 それは、 企業に入社した後に活躍するポテンシャルがあるか否かです。 一方で、新卒採用はそうは行きません。 業務での実績がない中でも、社会に出た後に活躍する可能性を見立て、合否を出す必要があります。 そこで重要視されるのが 「経験」です。 経験とそこから得た強みを知ることで、仕事で発揮することができる強みがあるのかを判断しています。 1つは 企業の仕事で必要な資質・能力が何かということ、もう1つは 仕事のなかで発揮できそうな自分の資質・能力は何かということです。 後者は自己分析を徹底して納得のいくものを見つけてください。 企業に魅力を感じてもらえる自己PRを伝えるためには、前者と後者が一致していることが不可欠です。 項目としては、以下の3つです。 しかし、これだと最後まで何が伝えたいのか把握できません。 それ故長ったらしい印象を与えてしまう恐れがあります。 「私の強みは〇〇です。 」と先に伝えておくことで、その後に続くエピソードが何を示すものなのか理解してもらえるでしょう。 ただ経験したことの羅列では、強みを裏付けることができません。 エピソードを伝えるときは以下の4点に整理するのがおすすめです。 どんな質問をされても的確な回答ができるよう、その時の状況を振り返っておいてください。 企業について調べ、業務内容を踏まえて説明すると、しっかりと企業を調べていることが伝わります。 みなさんが強みを生かして活躍するイメージを想起してもらうことができるはずです。 全部で26の強みを取り上げており、リンクから詳しい説明を確認することができます。 みなさんがアピールしたい強みに近しいものをチェックしてみてください。 協調性があること協調性は企業が最も求めている強みの1つ。 とあるデータでは、48. 「協調性」という言葉は抽象度が高く、それ故漠然としてしまいます。 より具体的な表現に落とし込み、いかにして仕事で生かすかに踏み込むよう心がけてください。 真面目であること真面目という性質は良くも悪くも捉えられる言葉。 物事に真剣に取り組めるというイメージを持つ人もいれば、遊び心がないというイメージを想起する人もいるかもしれません。 真面目という言葉のマイナスイメージを削ぎ落とすため、自分ならではの言葉で真面目であることを表現することが大切です。 負けず嫌いであることここぞというときに負けん気を発揮し、成果を上げることは仕事の場面でも求められるはず。 負けず嫌いであることに加え、成果を出すための思考プロセスも一緒に伝えると良いでしょう。 コミュニケーション能力があること「コミュニケーション能力」を求めているという企業はたくさんあります。 しかし、あまりにも漠然とした言葉であるため、自己PRとしてアピールする際は注意が必要。 自分の強みにするときは、コミュニケーション能力とは何か明確に定義した上で伝えるようにしてください。 責任感があること責任を持って仕事をすることは、社会人として当たり前のこと。 それ故、責任感単体でアピールしてもあまり良い自己PRにはなりません。 責任感を持って何かに打ち込んだことで培った強みの方がより良い自己PRになるでしょう。 継続力があること何か1つのものに打ち込んだ経験がある人は、就活で高く評価されることが多いです。 ただし、何でもかんでも継続してできるわけではありません。 継続力をアピールする際には、継続力が発揮される条件、そして、選考を受けている企業でも熱中できる理由についても言及することをおすすめします。 好奇心旺盛なこと1つのことを突き詰めるために不可欠の好奇心。 本当に自分が好きな仕事に就けたときに、大きな力を発揮します。 好奇心をアピールするときは、1つの物事を突き詰めた理由と、突き詰めるプロセスについて詳細に説明することを心がけてください。 努力家であること努力できることはどんな仕事についても欠かすことができません。 しかし、努力は結果が伴って初めて評価されるもの。 努力できることに加えて、成果を出すための考え方についても論理的に説明できることが大切です。 慎重であること真面目なことと同様、慎重であるという資質は良くも悪くも捉えられ得るものです。 企業の求める人物像を調べ、アピールしても良い資質なのか確認するようにしましょう。 具体的な表現に落とし込んで、負のイメージを取り除くことも有効です。 気配りができること気配りができることは、人とのコミュニケーションを円滑に進めるうえで大切なこと。 しかし、企業で活躍できることを伝える自己PRとしては、強みとして弱くなってしまいます。 気配りができることから、仕事で生きる資質や能力をアピールできないか考えてみると、新たな切り口が見つかるかもしれません。 計画性があること計画することなしにプロジェクトが成功することはほとんどありません。 自己PRで計画性をアピールする際には、計画を立てることで達成したかったゴールと、そこに到達するまでの計画の立て方について詳しく説明すると良いでしょう。 リーダーシップがあること「コミュニケーション能力」と同じく、リーダーシップという言葉は人によって解釈が変わる抽象的な言葉です。 自己PRでリーダーシップを伝えるときは、自分にとってリーダーシップとは何なのか、明確に定義した上でアピールしてください。 粘り強いこと粘り強さとはすなわち、困難な状況に陥っていても諦めることなく行動できること。 仕事においても大切な資質になるはずです。 粘り強さに加え、目的を達成するためにどのような努力をしたのかに注力して説明すると良いでしょう。 チャレンジ精神があることチャレンジ精神を持っているだけでは、成果を出すことができません。 チャレンジ精神があるのに加えて、正しい手段を考えて実行に移せることにも言及した自己PRを考えるのをおすすめします。 忍耐力があること忍耐力は成果に結びついて初めて意義を成す資質です。 自分が伝えるエピソードを吟味して、我慢強く行動を貫いたことで得られた成果であることを確認したうえでアピールしてください。 困難を乗り越えるために必要な強みですが、頑張る方向性が間違っていると結果が出ません。 エピソード選定の際に、取った行動が妥当なものであったか意識するようにしましょう。 素直なこと新卒採用は、何も仕事ができないことが是とされるのが特徴。 一方で、早く仕事を覚えて一人前になることが求められます。 素直であることは早く成長するために必要なもの。 その前提を踏まえて、素直さがアピールできるエピソードを選んでください。 明るいこと単に「私の強みは明るいことです。 」と自己PRをしても、評価には繋がりません。 なぜなら、それが仕事の成果に結びつくとは考えにくいから。 切り口を変えて、どうしたら評価に繋がる資質として見せられるのか考えた方がよいでしょう。 思いやりがあること思いやりは人間関係を円滑にするために大切なもの。 しかし、どう仕事で生かすのかが想起しづらい強みです。 伝えるエピソードを工夫することで、仕事でどう生かせるのか、企業側にイメージしてもらえるよう意識してください。 ポジティブなこと「ポジティブ」は一種の性格と捉えられるため、具体的な資質として捉えづらい強みです。 しかし、ポジティブであるという性格には、仕事でも発揮される強みがあります。 具体的な資質として表現を変えることで、企業に刺さる自己PRになるでしょう。 笑顔は仕事の現場で活躍するのに直接的な成果に繋がらないからです。 また、笑顔は外見で分かることなので、自己PRとして伝えるものとして適切ではありません。 自己PRでは、外から見ただけでは分からない強みをアピールしましょう。 行動力があること自分で考えて主体的に行動できることは、仕事をするうえで求められる能力です。 ただし、成果を出すためには行動の方向性が正しいことが重要なので、自己PRの際には、その点についても言及してください。 向上心があること新卒は、何も仕事ができない状態で企業に入社することになります。 多くを吸収し、早く仕事ができるようにならなければならないので、向上心はなくてはならないのものです。 従って、向上心だけでなくいかにして早く成長できるのか、そのプロセスも合わせて説明すると良いでしょう。 前向きなこと「前向き」という言葉は、漠然とした言葉であるため、それに伴って強みもぼんやりとします。 集中力があること自己PRで集中力があることをアピールするとき、ただ声高に「集中力がある」と主張するだけでは説得力がありません。 どのような経験から集中力が身についたのかや、どのような工夫をすることで集中力を維持するかなど、具体的な内容にまで言及するようにしてください。 冷静なこと冷静であることをアピールする際に注意しなければならないのは、何が強みとなるのかをきちんと説明すること。 冷静であることそれ自体が強みになるわけではありません。 冷静さを強みとしてアピールするのは、企業に魅力を感じてもらえない恐れがあるので注意しましょう。 エピソードを軸にするときは、自分の強みが発揮されているものなのか、確認した上で自己PRを作っていくようにしてください。 部活動 2. 学業・勉強 4. 大手難関企業内定者のESをもとに、選考突破のノウハウを分かりやすく解説。 ES・面接対策を力強くアシストします。 所属大学に関係なく OB訪問を行えるほか、プロフィールを充実させるだけでスカウトをもらうことができます。 就活対策にご利用ください。

次の