枚方 カントリー ゴルフ アベニュー。 枚方カントリー倶楽部

ゴルフアベニュー

枚方 カントリー ゴルフ アベニュー

リーズナブルのゴルフ場でしたら2回いけますね(セルフですが)鳴尾より少し安めです。 コースレートが71でした。 若干起伏のあるこの地形を巧みに活かして作り上げた世界観は、彼の作り上げた他のコースと同様、プレーヤーに何とも云えない満足感を与えてくれます。 特に1番ホールの素晴らしさは景観の美しさだけではなく、朝一番のプレーヤーへの挑戦とスコアメイクとの選択を迫る感が溢れていると云えます。 砲台グリーンと、グリーン周りのなめらかな女体を想像させるほどの曲線の美しさも、プレーヤーには一見易しく見えるものの、技術を伴いませんと1打2打の加点を容赦なく与えてしまうのです。 本当にゴルフを愛する方々に挑戦して頂きたい、味のあるコ-スだと思いますので、肩肘張らずに、スコアよりもコースそのものを楽しんで欲しいと思います。 名門なので、やはり社長・重役クラスのプレイヤーが多く、特別な雰囲気が漂っているが、初心者でもきちんとマナー、エチケットを兼ね備えていれば、そう臆する事は無いと思う。 最も、ラフや林の中にボールを入れてしまうとまず前(ピン方向)には出せないので、無理するよりフェアウェイに載せる事を必定とした方が攻略しやすいと思うので、そういう意味では初心者には結構厳しい面はあるかも。 それにフェアウェイは結構広いようだが、視覚的にはああまり広さを感じさせない。 更にOB区域が殆ど無く、崖の下のような場所でもインプレイの所もあるので、そこに入れてしまうと結構大変だったりする。 なので、それが辛い方は先にアンプレ宣言をして、OBと同じように打ち直しをするのも手。 コースはもちろん、クラブハウス、コース進行、キャディ、レストランのすべて完璧です。 レイアウトは飽きるどころか、どんどん楽しくなっていく戦略性に富んだ設計です。 また綺麗にメンテナンスもされていて気持ちいいゴルフができました。 外資系の安いゴルフ場へ行くくらいなら数回我慢してこういうところに来るべきです。 本当のゴルフというものがわかるはずです。 無造作に脱いであった上着、昼食を済ませてカートへ行くとキチンと畳んで置いてあり感激! あ~、お客様としておもてなしを受けているなあ・・・と感じました。 最高です。 フェアウェイやグリーンの状態も良かったですね。 全般にトリッキーなホールは無く、非常に素直なホールが多かったです。 左右は木が多く、曲げたらごめんなさいする必要があったり、OUTのショートが198ヤードもあったり、グリーンも難しいが、それもまた面白い。 キャディさんも若く、走り回ってくれました。 研修中の期間が2~3年あるとか。 頑張って下さい。 この日は空いていて、前後の組を見ずに、ゆっくりと回れました。 また第二京阪ICに近く、交通の便もいいし、是非また行きたいゴルフ場です。

次の

【ホームズ】枚方カントリーゴルフアベニューの建物情報|京都府八幡市内里大谷

枚方 カントリー ゴルフ アベニュー

枚方カントリー倶楽部 落ち着いた名門の雰囲気を持つ「枚方カントリー倶楽部」 2001年(平成13年)春、コース改造、クラブハウスのリニューアルとグレードアップされた。 1961年(昭和36年 9月) 高松宮両殿下ご来場・ご植樹 1964年(昭和39年 5月) 日本プロ選手権開催 優勝 橘田規(キッタ タダシ)プロ 1969年(昭和44年 9月) 開場10周年記念式典開催・関西プロシニア選手権開催 2001年(平成13年 3月) 乗用カート導入 2005年(平成17年 7月) メイングリーンのベント化工事完了 「枚方カントリー倶楽部」「枚方カントリー倶楽部 ゴルフアベニュー」のへの沿道に植えられた桜並木。 開花期には一般に無料公開され、誰でも入場する事が出来、京阪くずは駅からも臨時バスが運行。 夜間は昼間と異なり、ライトアップされた花のトンネルには目をみはるものがあります。 クラブハウスのレストランも自由に利用できるので、軽い食事や喫茶も楽しめる。 ゆったりとした名門としての余裕を感じさせる各ホールは、設計した井上誠一氏も 「どこも手直しするところはない」というほどに個性的で戦略性に富んでいます。 関西特有のアップダウンというほどのことはないし、丘陵地帯に作られているので、適度な打ち上げ、打ち下ろしはあります。 緩やかな起伏があり最高所で127mという丘陵地ですが、各ホールは完全に自然の緑の木や花でセパレートされており、各ホールは美しい四季折々の表情を伝えてくれるコースです。 フェアウェイは広くOBの心配は少ない。 アンジュレーションはゆるやかで美しく極めて戦略性の高いレイアウトが特徴といえる。 一見優しそうに見えますが、なかなかどうして手強いコースです。 適度な打ち上げ、打ち下ろし、砲台グリーンや絶妙なバンカーの配置そしてドッグレッグなど変化に富んだ各ホールは、個性的で且つ戦略性の高いコースになっている。 グリーン周りも難しく、ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右します。 バンカーにもしっかりと砂も入れられておりガードバンカーも手強いですが、FWバンカーもなかなか手強いです。 樹木、バンカー、池や花をコースに取り入れられており、さすが、井上誠一氏の名作といわれ、その造形美には定評があります。 グリーンはベントの2グリーン制で完璧なまでの整備が成されており、まったく気が抜けない早いグリーンです。 しかも、それぞれのホールが個性的で変化に富んでいるので、何度回っても飽きないコースである。 おすすめのコースです。 まだまだ、一般には開放はされていませんが、オープンコンペ等で参加可能ですのでチャンスが有れば是非、プレーしてみて下さい。 ゴルフのお土産がたくさん持ち帰りできますよね。 枚方カントリー倶楽部 OUTコース アウトは距離も長く思いきったティショットが打てますしFWの広さも十分あり、思い切ったティショットが打てる。 フェアウェイは広く、OBの心配はまずありませんが、受けグリーンが多いので上からのパットに注意が必要です。 ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右します。 ただショートホールが何故か、難しく攻めにくい。 井上誠一氏設計の名作といわれるだけあって、一見やさしそうに見えるが距離は十分あり、安易に攻めてはスコアメイクが難しい。 枚方カントリー倶楽部 INコース OUT同様。 個性的なホールが多く、グリーンは砲台型になっているため寄せにくい。 ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右する。 アウトと比べてもそんなに変わりない。 インもアウトと同様にショートホールが長くて攻めにくい。 一般にアウトより難しいと言われており、砲台グリーンに悩まされるかも。 枚方カントリー倶楽部 感想 景色の素晴らしいコースですよ。 打ち下ろしは楽しくプレーできますが、打ち上げになると力の入るアマチュア泣かせのコース設定になっています。 2打目でチョット緩むとボールは曲がり、前にムカつく大きな樹木が俺を見下ろし、お前はん、相も変わらずおんなじゴルフやっとおるノーと俺を見とんねん。 そして、それを避けようと、又ショットで緩む・・・繰り返し。 今日もその、パターんでした。 「枚カン」値段は一流・コースは3流と言うて、怒っている、オッチャンもいたはりましたナー。 それくらい、易しそうに見えるのに、スコアがまとまりにくいコースなんですよね。 何でか・・? ようわからんけど、アマチュアには判らん罠が仕掛けてあるんやろかと、ここでプレーすると、いつも思います。 不思議なプレシャーを巧みに与える何か罠があるのかもしれません。 「枚カン」で良いスコアを出すには、ドライバーで230ヤードは最低必要。 FWバンカーでは、ボールだけクリーンに拾える技術、砲台ではピンフラッグの上を狙って行ける勇気、最後に芝芽がわかる知識等が兼ね備えていないと、ここのコースでは80代では回れないことが、土産としてもらいました。 次回、頑張ろーと!。 かつての上司いわく。 頑張りますと言って、頑張ったやつ見たことない。 そうです。 スポンサーリンク.

次の

枚方カントリー倶楽部 ゴルフアベニューの詳細[じゃらんゴルフ]

枚方 カントリー ゴルフ アベニュー

枚方カントリー倶楽部 落ち着いた名門の雰囲気を持つ「枚方カントリー倶楽部」 2001年(平成13年)春、コース改造、クラブハウスのリニューアルとグレードアップされた。 1961年(昭和36年 9月) 高松宮両殿下ご来場・ご植樹 1964年(昭和39年 5月) 日本プロ選手権開催 優勝 橘田規(キッタ タダシ)プロ 1969年(昭和44年 9月) 開場10周年記念式典開催・関西プロシニア選手権開催 2001年(平成13年 3月) 乗用カート導入 2005年(平成17年 7月) メイングリーンのベント化工事完了 「枚方カントリー倶楽部」「枚方カントリー倶楽部 ゴルフアベニュー」のへの沿道に植えられた桜並木。 開花期には一般に無料公開され、誰でも入場する事が出来、京阪くずは駅からも臨時バスが運行。 夜間は昼間と異なり、ライトアップされた花のトンネルには目をみはるものがあります。 クラブハウスのレストランも自由に利用できるので、軽い食事や喫茶も楽しめる。 ゆったりとした名門としての余裕を感じさせる各ホールは、設計した井上誠一氏も 「どこも手直しするところはない」というほどに個性的で戦略性に富んでいます。 関西特有のアップダウンというほどのことはないし、丘陵地帯に作られているので、適度な打ち上げ、打ち下ろしはあります。 緩やかな起伏があり最高所で127mという丘陵地ですが、各ホールは完全に自然の緑の木や花でセパレートされており、各ホールは美しい四季折々の表情を伝えてくれるコースです。 フェアウェイは広くOBの心配は少ない。 アンジュレーションはゆるやかで美しく極めて戦略性の高いレイアウトが特徴といえる。 一見優しそうに見えますが、なかなかどうして手強いコースです。 適度な打ち上げ、打ち下ろし、砲台グリーンや絶妙なバンカーの配置そしてドッグレッグなど変化に富んだ各ホールは、個性的で且つ戦略性の高いコースになっている。 グリーン周りも難しく、ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右します。 バンカーにもしっかりと砂も入れられておりガードバンカーも手強いですが、FWバンカーもなかなか手強いです。 樹木、バンカー、池や花をコースに取り入れられており、さすが、井上誠一氏の名作といわれ、その造形美には定評があります。 グリーンはベントの2グリーン制で完璧なまでの整備が成されており、まったく気が抜けない早いグリーンです。 しかも、それぞれのホールが個性的で変化に富んでいるので、何度回っても飽きないコースである。 おすすめのコースです。 まだまだ、一般には開放はされていませんが、オープンコンペ等で参加可能ですのでチャンスが有れば是非、プレーしてみて下さい。 ゴルフのお土産がたくさん持ち帰りできますよね。 枚方カントリー倶楽部 OUTコース アウトは距離も長く思いきったティショットが打てますしFWの広さも十分あり、思い切ったティショットが打てる。 フェアウェイは広く、OBの心配はまずありませんが、受けグリーンが多いので上からのパットに注意が必要です。 ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右します。 ただショートホールが何故か、難しく攻めにくい。 井上誠一氏設計の名作といわれるだけあって、一見やさしそうに見えるが距離は十分あり、安易に攻めてはスコアメイクが難しい。 枚方カントリー倶楽部 INコース OUT同様。 個性的なホールが多く、グリーンは砲台型になっているため寄せにくい。 ショットの正確さ、特にアプローチの巧拙がスコアを左右する。 アウトと比べてもそんなに変わりない。 インもアウトと同様にショートホールが長くて攻めにくい。 一般にアウトより難しいと言われており、砲台グリーンに悩まされるかも。 枚方カントリー倶楽部 感想 景色の素晴らしいコースですよ。 打ち下ろしは楽しくプレーできますが、打ち上げになると力の入るアマチュア泣かせのコース設定になっています。 2打目でチョット緩むとボールは曲がり、前にムカつく大きな樹木が俺を見下ろし、お前はん、相も変わらずおんなじゴルフやっとおるノーと俺を見とんねん。 そして、それを避けようと、又ショットで緩む・・・繰り返し。 今日もその、パターんでした。 「枚カン」値段は一流・コースは3流と言うて、怒っている、オッチャンもいたはりましたナー。 それくらい、易しそうに見えるのに、スコアがまとまりにくいコースなんですよね。 何でか・・? ようわからんけど、アマチュアには判らん罠が仕掛けてあるんやろかと、ここでプレーすると、いつも思います。 不思議なプレシャーを巧みに与える何か罠があるのかもしれません。 「枚カン」で良いスコアを出すには、ドライバーで230ヤードは最低必要。 FWバンカーでは、ボールだけクリーンに拾える技術、砲台ではピンフラッグの上を狙って行ける勇気、最後に芝芽がわかる知識等が兼ね備えていないと、ここのコースでは80代では回れないことが、土産としてもらいました。 次回、頑張ろーと!。 かつての上司いわく。 頑張りますと言って、頑張ったやつ見たことない。 そうです。 スポンサーリンク.

次の