生理 中 筋 トレ。 「生理中の筋トレは筋肉がつきやすい」は本当か?事実と注意点

【チャットレディ】生理中でもお仕事をする方法ってあるの?

生理 中 筋 トレ

筋トレに励んでいる女性で、生理中でも行って良いのか不安を感じている人は多いでしょう。 体を酷使してはいけないと自分で解釈して休んでしまうともったいない側面もあるので、知識をつけておくことが重要です。 今回は、生理中に筋トレをするメリットと注意点、そしておすすめの方法を紹介します。 良い点は活かし、悪い点は注意するようにして、体を労わりながらトレーニングを続けてみましょう。 生理中に筋トレを行うメリット 生理中に筋トレをすることで、どのようなメリットが期待できるか紹介します。 意外な効果もあるので、ぜひ参考にしてみてください。 筋肉がつきやすい 生理中に筋トレをすると、普段よりも筋肉がつきやすくなります。 女性ホルモンには、脂肪を蓄える、筋肉の生成を妨げる、といった働きがありますが、生理中ではエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が少なくなるので、筋肉がつきやすくなるという仕組みです。 筋肉がつくと代謝が上がり痩せやすい体になるだけでなく、見た目も引き締まって見えるので、ダイエットに興味のある人は生理期間を有効活用してみましょう。 生理痛の緩和 生理中は血液循環が悪くなり冷えやむくみが発生しがちです。 その結果、生理痛が起こりやすくなります。 筋トレを行うことで血液循環が良くなり体が温まるので、生理痛を緩和させることが可能です。 生理中の筋トレで注意すること 生理中に筋トレを行ううえで、注意すべき点を紹介します。 ポイントをおさえて体に悪い影響を与えないように注意しましょう。 体調不良に気をつける 生理中は貧血や頭痛、生理痛などの症状が出やすいので、自分の体調をしっかり考慮して筋トレを行うようにしてください。 生理中は多くの回数を行ったり重さを増やしすぎると体への負担が大きくなってしまいます。 普段よりも注意して無理のない範囲で行うことが大切。 激しいメニューはやらない 普段よりも生理中の筋トレは体が疲労しやすいので、軽めのメニューを選んで行いましょう。 重いメニューは疲労が蓄積しやすく体調不良に繋がり、筋トレの継続に支障を来たす場合があります。 生理痛を緩和して、気分がリフレッシュできるような筋トレを行うのがおすすめです。 生理中のおすすめ筋トレメニュー3選 生理中に行う、おすすめの筋トレメニューを3つ紹介します。 特別な道具などは必要なく手軽にできるものなので、ぜひ実践してみてください。 ブリッジ まずは床に仰向けに寝ます。 両手を頭の横につけたら、つま先と手の指先に力をいれて腰を持ち上げ、体全体でアーチを作りましょう。 両手はなるべく肩の真下に持ってくるのがポイントです。 30秒ほどキープできたら、ゆっくり腰を下ろします。 スクワット 足を肩幅に開き、かかとに重心を置いてください。 両手は床と平行になる高さで前に伸ばします。 顔は正面に向け胸を張って、椅子に座るようにお尻をつき出し、ゆっくりと腰を落としていきましょう。 膝の角度が90度になったところで、ゆっくりと立ち上がります。 1セット10〜15回を目標に行ってください。 ヒップリフト 床に仰向けで寝て、足を90度に曲げます。 手は体から少し離れた位置に置き、お腹と膝が一直線になるまでお尻を上げてください。 次に、上げたお尻をゆっくりと下ろし、床につかないギリギリのところまで下げたらまた上げます。 ヒップリフトは10回繰り返しましょう。 まとめ 今回は、生理中に筋トレをするメリットや注意点、おすすめの筋トレメニューについて紹介しました。 生理痛を緩和させたり、気分をリフレッシュさせるためには、筋トレが効果的。 体調を考慮しながら、無理をせずにトレーニングを続けてみましょう。

次の

「生理中の筋トレは筋肉がつきやすい」は本当か?事実と注意点

生理 中 筋 トレ

生理痛がひどくて動けない、婦人科疾患が治らない... こうした悩みや不安は、なかなか人には聞けないものだと思います。 そこで、こうした多くの相談に答え、5万人の膣を診てきた婦人科医・駒形依子さんの著書『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』(KADOKAWA)より、人には聞けない不調を解決するカギとなる「こまがた式セルフケア」についてご紹介します。 これから紹介するセルフケアは、実際に生理痛や過多月経に悩んでいたあたしが、なんとかしたいと思って考案したものばかり。 20代後半までは、生理のたびに1日4〜5回の鎮痛剤を飲みながら仕事をし、夜用ナプキンを1〜2時間で交換しないと漏れたり、10cm大のレバーみたいな血のかたまりが出たりするのが当たり前でした。 でも、そんな自分に嫌気がさして、なんとかしたいと編み出したのが、「膣トレ」や「骨盤ストレッチ」などのセルフケアなのです。 実際に、このセルフケアで生理痛がなくなり、出血量も正常になり、鎮痛剤を飲まなくても快適に過ごせるようになりました。 症状を治すために通院もしていなければ、薬も飲んでいません。 しかも最近は、完璧に経血コントロールができるようになってきて、布ナプキンすら使わない状態。 それくらい、膣力を上げることができています。 これらのセルフケアは、一通りやったほうが、体中がポカポカになりやすく冷えない体になります。 どのセルフケアも1分あればできますので、たとえば、月曜日は「膣トレ」、火曜日は「胸鎖乳突筋はがし」など、曜日を決めて行うのもいいでしょう。 あるいは、朝に「おっぱいはがし」、お風呂で「会陰マッサージ」、寝る前に「横隔膜マッサージ」など、生活サイクルに合わせるのも手です。 時間がないときは無理せず、できるときに、できることを続けてみてください。 膣トレであれば、電車の中でも、テレビを見ているときでも、つまらない会議中でも(笑)できますよ。 毎日少しずつでもいいから、1つ1つを丁寧に継続することが大切です。 きちんとやろうと意気込むよりも、思い立ったときにやるというスタンスで、無理しない程度に実践することをおすすめします。 お金がかからないので経済的ですし、健康になるうえ、気持ちも前向きになれるという、いいことづくし。 やればやったぶん、必ず効果が出ますので楽しみにしていてください。 【セルフケア】膣トレ 膣の筋肉を鍛えるトレーニングです。 膣トレで動かす筋肉は、全身の筋肉の割合から見るとごくわずかですが、膣全体の粘膜や筋肉、組織の全面積を鍛えると考えれば、正直、子宮より大きいため、効果は抜群。 地味なトレーニングですが、続けることで、膣や子宮の冷えが改善して子宮トラブルがよくなったり、経血コントロールができるようになったり、尿漏れが治ったり、やせたり、濡れやすくなったりと、いいことづくしです。 そこで、膣トレをおこなう前に、まず筋肉の構造について説明します。 会陰周辺についてですが、尿道の周りを囲んでいるのが尿道括約筋(排尿をコントロールする筋肉)、膣の周りを囲んでいるのが膣括約筋(経血をコントロールする筋肉)、肛門の周りを囲んでいるのが肛門括約筋(排便をコントロールする筋肉)です。 膣トレで最も動かしたいのは膣括約筋です。 一般的な膣トレは、肛門を締めたり、尿道を締めたりするものです。 たしかに、これらの筋肉は8の字になってつながっているので、どこかを動かせば連動して全部が動きますが、膣括約筋を動かすにはそれだけだと不十分です。 では、どうすれば膣括約筋を鍛えられるのかというと、その筋肉がどこにあるのかを自分で認識すること。 下の図を見て、自分の膣括約筋がどこにあるのかを認識し、その筋肉を意識してトレーニングすることで、初めてその部分の筋肉が鍛えられるのです。 最初は、思い出したときに負担のない程度でおこなっていただければOKです。 慣れてきたら少しずつ回数を増やしながら継続しましょう。 生理や婦人科疾患などの悩みを解決するカギや、セルフケアの方法について、5章に渡ってわかりやすく解説 駒形依子(こまがた・よりこ) 東京女子医科大学医学部卒業。 2018年、山形県米沢市に婦人科・漢方内科のこまがた医院を開業。 高校生の頃から生理痛や過多月経に悩まされる。 婦人科での研修医時代、患者よりも自分の生理のほうがひどい状態という矛盾を痛感し、生理痛や過多月経をなくす方法を追求し始める。 その後、東洋医学を基礎から学び、自分の体を使って実験をくり返し、最小限の努力で最大限の効果を発揮するセルフケアを考案。 自称「子宮が大好きすぎる産婦人科医」。 ブログや講演活動を通じて、患者が自分で自身を治すための「グレない子宮の作り方」を提案している。

次の

膣トレの商品と生理軽減にもなる子宮内避妊器具の話

生理 中 筋 トレ

たとえ一日中一歩も外に出ず、家でグダグダしていてもだ。 これは、骨格筋に流れ込む動脈血の酸素濃度と静脈血の酸素濃度から導き出された数値。 前者から後者を差し引いた分の酸素が筋肉で代謝されていて、その酸素量をエネルギー代謝量に換算したもの。 筋肉の量は体重のおよそ40%。 体重60kgの成人男子の場合なら、筋肉量は24kg。 計算上は480キロカロリーくらいのエネルギーを代謝する計算になる。 ところが、筋トレをして筋肉を太く重くした後で基礎代謝を測定すると、なぜか筋肉1kg当たりの代謝量が変動するという。 肥大後も変わらず20キロカロリーという場合もあるが、最大で150キロカロリー程度にアップすることもあるのだそう。 現在のところ、筋肥大することで筋肉1kg当たりのエネルギー消費は50キロカロリーくらいにアップするのではないか、という見解に落ち着いている。 ってことは筋肉量24kgとして1,200キロカロリー。 1日の基礎代謝量が2. 5倍に跳ね上がるということ。 ラッキー。 ただ、この場合の筋肉のエネルギー代謝は、収縮することで消費されるエネルギーではなく、熱を作り出すことによるエネルギー代謝。 筋肉が熱を作り出す際、大きな影響を及ぼしているのは自律神経。 交感神経が活性化すると、筋肉の熱産生の効率がアップすることが分かっている。 一方で筋トレによって交感神経と副交感神経のリズムにメリハリがつくということは明らかな事実。 肥満の人は交感神経と副交感神経、どちらの活性も弱い。 熱産生レベルも低くて基礎代謝量も少ない。 ところが一定期間、運動をさせると自律神経のリズムが整ってくるのだ。 有酸素運動でもそうした効果は狙えるが、強度が弱い分、時間がかかる。 その点、効率がいいのは筋トレだ。 ふたつの事実を照らし合わせると、筋トレで自律神経が活性化し、その結果、熱産生エネルギーがアップするということも十分考えられる。 安静時代謝が上がり、痩せやすくなり、一日の生体リズムにもメリハリがつく。 またまたラッキー。 こちらもチェック! 関連記事: 3. どこかで一度は耳にしたことのある褐色脂肪細胞も体温上昇にひと役買っている。 一般的な脂肪を指す白色脂肪細胞は、中性脂肪を蓄積するタンク。 これに対して褐色脂肪細胞は、近くにある糖質や脂質を内部に取り込んで一度脂肪に置き換えた後、これを分解して熱エネルギーを作り出す働きをする。 熱産生の効率レベルは、実は骨格筋より褐色脂肪細胞の方が高い。 ところが褐色脂肪細胞の量は全身で約40gと微々たるもの。 よってトータルの熱エネルギー量としては筋肉に軍配が上がる。 ただ、最近の研究によると、筋トレによって白色脂肪細胞が褐色脂肪細胞に似た働きをするようになることが分かってきた。 完全に褐色脂肪細胞に変化するのではなく、近い働きをするベージュ細胞へと変化するのだ。 それなりにシンドい長時間の有酸素運動、あるいは筋トレをすると筋肉からはイリシンというホルモンが分泌される。 このイリシンが白色脂肪細胞をベージュ細胞に変化させるという。 筋トレを定期的にしている人は筋肉+ベージュ細胞効果でカラダがいつでもメラメラ状態。 よって血糖値が下がる。 当たり前の話だが、これは非常に重要なこと。 筋トレをして筋肉量を増やした人の糖代謝レベルを調べると、その機能がアップすることがすでに立証されている。 運動時に限った話ではない。 食後に分泌されるインスリンに反応して、グルコースを筋肉中に取り込む機能が上がることが分かっているのだ。 筋肉量が多いほど、筋肉の中で合成されるグリコーゲンの量が増えるというのがその理由。 デリバリーに忙しくて、血糖がダブついている暇がなくなるのだ。 なら、糖尿病の予防には筋トレがいんじゃね? という話になるところだが、カラダに負担をかけないゆるい有酸素運動と食事療法の2本立てが長らくのスタンダードだった。 でも、よくよく考えると血糖の代謝能力は、有酸素運動で主に使われる遅筋より筋トレで主に使われる速筋の方が優位。 アメリカでは最大運動強度の80%近くの筋トレによって血糖値が低下したという報告もある。 というわけで、ここ最近、日本の臨床現場でも糖尿病患者に筋トレを、という潮流が見られるとか。 マイオカインは特定の物質ではなく、複数の生理活性物質の総称。 現在のところ30種類くらいの物質が報告されている。 マイオカインの働きにはさまざまなものがあり、そのひとつが筋肉を太くする作用。 自分自身の組織に働きかけるこうしたシステムを自己分泌という。 で、その働きで筋肉がある程度肥大すると、今度はマイオカインが血液中に運ばれて全身に影響するようになってくる。 たとえば、脂肪細胞に働きかけて脂肪の分解を促したり、肝臓に働きかけてグリコーゲンの分解を促すというように。 筋肉はひたすら糖質を消費し、脂肪は有酸素運動で燃える。 これまで筋トレと脂肪燃焼は別の話と捉えられてきたが、ここ数年、マイオカインの研究が進むにつれ、脂肪と筋肉が密接にクロストークしていることが分かってきた。 その証拠によく動かす筋肉の周囲には脂肪が少ない。 筋トレ部位周辺の脂肪が削ぎ落とされるからだ。 背中の脂肪を落としたい? なら、デッドリフトでしょ。 その名はBDNF、日本語に訳すと脳由来神経栄養因子という物質だ。 主な働きとしては、神経細胞の生存を維持したり、神経突起の成長を促したり、神経伝達物質の合成を助けるというもの。 平たく言えば、オツムを賢くするってことだ。 で、このBDNF、運動することによって脳内で増える。 あるいは脳に作用するにもかかわらず、運動によって筋肉から分泌されることが分かっている。 ネズミに運動させるとBDNFが増えて、記憶力がアップし迷路のルートを覚える。 ただ、運動することで何がどうなってBDNFの増加に繫がるのかは分かっていない。 筋肉からイリシンのような何らかの成長因子が分泌されて、それが脳に作用し、BDNFが作られるのかもしれない。 または、筋肉そのものから分泌されるBDNFが直接脳に働きかけているという可能性もある。 メカニズムの解明は将来の研究に期待するとして、記憶力の衰えを自覚している人は、筋トレを。 そのパワーをカラダの動きに反映させるためには丈夫な腱や靱帯が必要だ。 筋肉の材料はタンパク質だが、腱や靱帯の材料は、特殊ならせん構造で構成されているタンパク質のコラーゲン。 通常のタンパク質に比べて柔軟性や弾力性を備えていることが最大の特徴だ。 コラーゲンの元となるのは、全身に散在している線維芽細胞。 組織が壊れると周りにある線維芽細胞が集まってきてコラーゲンを大量に作り出す。 そればかりではなく、実は筋トレによっても線維芽細胞が刺激され、コラーゲンの合成が促されるという。 筋トレをすると腱が厚くなり、コラーゲンでできている筋膜も厚く強くなるのだ。 このメカニズムに関しても詳しくは分かっていない。 ひょっとすると、マイオカインのような筋肉由来の物質が線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの合成を促しているのかもしれない。 ただし、注意点がひとつ。 強靱になった腱などの結合組織が維持されたまま、筋トレサボって筋肉が萎縮すると硬くなり、線維化してしまう。 筋肉を一度太くしたら維持することがマストなのだ。 世の男性がやっきになって上半身トレに励むのは、そうした理由。 でも実は、年齢とともに減っていくのはヘソから下、つまり下半身の筋肉だということ、ご存じだろうか。 加齢によって筋肉量および筋力が低下すると考えられる代表部位は大腿四頭筋。 30代以降徐々に減っていき、80歳では半分くらいの量になるといわれている。 大臀筋も同じようなペースで減っていくと考えられていて、下半身の中では意外と落ちにくいといわれるハムストリングスでさえ、80歳では30代の3分の2程度の量になるという。 では、想像してみよう。 太腿が全方位的に貧弱になり、お尻の筋肉が落ちて重力に負け下垂する。 同時に脚力という機能も衰える。 白髪よりもシワよりも、そうした下半身の様変わりこそがエイジングをアピールする。 逆にお尻から脚にかけての筋肉がそれなりに発達していると、年を経ても若々しい印象を保つことができるのだ。 もっぱら上半身中心に鍛えていますという30代以上のあなた。 見た目的にも機能的にも下半身トレは必須です。 とくに大きな筋肉を鍛えるほどその恩恵にあずかれる。 実際、腕と脚のトレーニングを比較すると、やっぱり後者の方が各種ホルモン分泌の反応が高まるという。 男性ホルモンは筋肥大、成長ホルモンは脂肪燃焼に関与しているので、効率的にボディメイクをしたいなら、下半身トレは外せないというわけだ。 さらに、こんな研究報告がある。 被験者に筋肥大が起こらないレベルの腕のトレーニングを行わせる。 当然、筋肉は太くならない。 ところが高強度の下半身トレと組み合わせると、ぬるい腕トレによってしっかり筋肥大が起こるという。 これが筋肥大の「転移効果」と呼ばれる現象だ。 なぜそんな現象が起こるのか原理は分かっていないが、脚の筋トレによってマイオカインのような物質が分泌され、それが腕の筋肥大をもたらしている可能性も考えられる。 ともあれ、トレーニングは上半身と下半身のセットがお得。 こちらもチェック! 関連記事:.

次の