公認会計士 求人状況。 現在、公認会計士試験合格者の監査法人への就職状況は、どう...

公認会計士資格は就職難って本当?主な就職先から求人動向まで詳しく解説!

公認会計士 求人状況

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の

【短期決戦】監査法人に就職するポイント 売り手市場は続くのか?

公認会計士 求人状況

日本公認会計士協会の「会員数等調」によると、2018年10月時点での公認会計士数(外国公認会計士を除く)は31,142人。 そのうち、東京地域会に所属する人は18,331人で、全体の6割近くを占めます。 埼玉・千葉・東京・神奈川の1都3県を合わせると21,283人で、全体の7割近くを占め、極端な首都圏一極集中となっているのが現状です。 「会員数等調」によると、2018年10月時点での監査法人数は231社で、そのうち東京の監査法人は142社で6割強を占めます。 また、総務省の「平成26年経済センサス-基礎調査」によると、全国で11,110社ある大企業のうち、東京にある企業は4,538社であり、全体の約4割を占めています。 公認会計士が首都圏に集中する理由はさまざまですが、このように多くの大企業や法人が東京に本社を構えていること、大手監査法人も東京に集まっていることが最も大きな要因でしょう。 地方に公認会計士の需要はあるのか? それでは、地方には公認会計士の需要がないのでしょうか?実は、そういうわけでもありません。 公認会計士のおもな仕事は、監査と税務(税理士登録をした場合)とコンサルティング。 その顧客となるのは、企業や法人が大半です。 群馬県に本社を置く株式会社ヤマダ電機や、京都府の任天堂株式会社、山口県の株式会社ファーストリテイリング、岡山県の株式会社ベネッセコーポレーションなど、地方に本社を置く大企業もありますし、地方には多数の中小企業もあります。 このような企業では、当然ながら公認会計士を必要としています。 地方企業の海外進出が進んだこともあり、高度な財務・経理スキルを備えた人材はもちろん、管理部門のマネージャーを任せることのできる人材や、財務全般に精通した会計コンサルタントとして企業内会計士を必要としている企業も増えています。 マイナビ会計士で、保有資格「公認会計士」で検索すると、約3割の求人が「関東・甲信越地方以外」である(2018年11月8日現在)ことも、地方での会計士需要があることを示しているといえるでしょう。 どの業界においても、大手企業に勤めたほうが、中小企業より高い年収を得られる傾向があります。 それは、監査法人や会計事務所でも同じです。 地方の会計事務所と首都圏の大手会計事務所では、年収にして100万~200万円ほどの差が出る場合があります。 大手会計事務所の地方支店に勤めた場合、ベースの年収は首都圏勤務者と変わりませんが、地域手当や残業の有無などにより、やはり本社より年収が低くなる傾向があります。 企業やコンサルティングファーム勤務の場合も同じような傾向がありますが、人材獲得のために地方の標準より高めの年収を設定する企業もありますので、企業によってかなりばらつきがあるのが現状です。 家賃や物価が安い.

次の

監査法人就職の売手市場はいつまで続くか

公認会計士 求人状況

と の仕事内容の違い 公認会計士と税理士は、どちらも会計を専門に行う業務ですが、取引先企業や業務内容には大きな違いがあります。 公認会計士の代表的な仕事は、企業の経営をチェックする「監査」や経営戦略の相談にのる「コンサルティング」などです。 上場企業では決算発表前に「監査」を行うことが必須となっているので、顧客は大企業になることが多く、企業の本社が集中する大都市での仕事が多くなります。 これに対して、税理士の代表的な仕事は、税務署に申告する書類を作ったり実際に申請を行ったりすることです。 税金の納付は企業の規模にかかわらず必ず行うものなので、中小企業や個人が顧客になることが多く、日本全国どこでもニーズがあるといえます。 公認会計士と税理士のなる方法・資格の違い 公認会計士も税理士のどちらも国家資格を取得し、実務経験を積む必要があります。 じつは、公認会計士の資格を取得した人は、同時に税理士としての知識や技術を持っているとみなされ、税理士試験を受験したり税務署で働いたりする必要なく、税理士会への登録さえ行えば税理士として働くことができるのです。 しかしながら、税理士の資格を取得した人も、登録さえすれば公認会計士になれるのかというとそうではありません。 税理士の資格はあくまでも税務に関する専門知識や技術を持っていることを証明するものであり、公認会計士の代表的な仕事である「監査」については業務外になってしまいます。 このことから、税理士を目指す人のなかには、税理士試験ではなく、より難関の公認会計士の試験合格を目指すことで「公認会計士」と「税理士」の両方の資格を手に入れようと考える人もいます。 公認会計士と税理士の資格・必要なスキルの違い 公認会計士の資格は年2回受験のチャンスがあり、試験は短答式試験と論文式試験の2段階に分かれており、両方に合格する必要があります。 合格までに必要とされる勉強時間は、勉強に専念した環境で約2年~3年といわれていて、合格率は約10%です。 一方で、税理士資格は年に1回しか受験のチャンスはなく、簿記論と財務諸表論の必須科目と、選択科目7種類の内から3種類を選び、全部で5科目合格する必要があります。 公認会計士資格は1度に両方の試験を合格しなくてはいけませんが、税理士資格は毎年1科目ずつ受験することもできるので、社会人として働きながらゆっくり資格取得を目指す人もいます。 どちらも難関資格ですが、公認会計士の資格を取得すれば税理士として働くことができることから、公認会計士のほうが難易度は高いといえます。 公認会計士と税理士の給料・待遇の違い 大学を卒業した人の初任給は約20万円程度とされていますが、公認会計士で大手監査法人に就職した場合の初任給は30万円~35万円になることが多いようです。 また、公認会計士の平均年収は1000万円にのぼり、ひじょうに高水準にあるといえるでしょう。 税理士は所属する税理士事務所にも異なりますが、公認会計士に比べて規模が小さくなることが多いため、平均年収は700万円ほどといわれています。 どちらも高収入が得やすい職業といえますが、とくに独立して成功した場合は年収3000万円稼いでいる人もおり、収入を増やしたい場合は独立を視野に入れたほうが良いでしょう。 また、どちらも国家試験に合格しなければキャリアを始めることができない点は共通しています。 生涯年収を考えると、なるべく若いときに資格を取らなければ、他の職業に就いた人と変わらなくなってしまうこともあります。 公認会計士と税理士はどっちがおすすめ? 公認会計士の資格を持っておけば税理士にもなれるという点から、試験勉強に集中できる環境にあるのであれば、キャリアの幅が広がる公認会計士の資格を取るのがおすすめといえます。 実際に独立して「公認会計士兼税理士事務所」を開いたり、若いうちに公認会計士として活躍した後に、地元などで税理士として中小企業をクライアントにして働くといったスタイルをとっている人もいます。 ただし、すでに社会人でまとまった時間をとって勉強するのが難しい人にとっては、税理士資格のほうが、1科目ずつ合格を目指せるため勉強しやすいといえます。 なお、公認会計士試験の受験者は20代以下がほとんどなのに対して、税理士試験では30代以上の受験者も多いという違い出ています。

次の