パーマ ワックス おすすめ。 【パーマヘア】おすすめワックス8選|タイプ別ワックスの使い方

パーマヘアにはこれ!レディースワックスの使い方とおすすめ12選

パーマ ワックス おすすめ

パーマヘアのセットにおすすめなヘアワックスとは 「パーマ」をかければ、普段の整髪料だけでは出来ない 髪の毛の動きやカール感が出せます。 それゆえ、 ヘアスタイルにも幅がグンと広がります。 しかし、パーマスタイルは 時間の経過によって徐々に落ちてくる特徴がありますので、普段からセットをしっかりしておく必要ながあり、しておかないと「だらしない」髪型になってしまうこともあります。 ヘアワックスなどの整髪料を上手に使用することで、パーマスタイルは髪型の崩れを予防することができますので、 日々のお手入れが必須のスタイルとも言えます。 スタイリング剤はワックスの他にも、「ムース」や「ジェル」などの種類もありますが、 「適度なセット力」と「ふわふわ感」が両立しているワックスが最も適しています。 パーマスタイルに適した「ワックス」とは、適度なセット力をもったワックスです。 ワックスのセット力が7段階あるとすれば 、3~5くらいのセット力が理想です。 ヘアワックスを使ったパーマヘアのセット方法 まず、パーマの特徴についてご説明します。 ・パーマは濡れている状態が最も綺麗なウェーブがでます。 ・ドライヤーで乾燥させると、髪の毛が伸びる性質があります。 ・自然乾燥すると、カールを保ったまま乾かせますが、ボリュームが出ます。 以下に、ワックスを使ったパーマのセット方法をご説明しますが、これらのパーマの性質を踏まえて、自分にあったセット方法にアレンジしてください。 パーマスタイルのワックスを使ったセット方法についてですが、まず、シャンプー後によくタオルドライし、ブローして 乾かす前にワックスを髪の毛につけていきます。 ワックスを手のひらでよく伸ばして、 ウェーブを強調したい部分を中心にもみ込むようにつけていきます。 納得のいくウェーブがスタイリングできたらその状態をキープするためにドライヤーで軽く乾かし、完成です。 こうすることによって、時間が経過しても一日中パーマスタイルをキープすることができます。 おすすめヘアワックスまとめ【パーマヘア向け】 パーマヘア用おすすめヘアワックス【トリエ ムーブ エマルジョン 8】 トリエ ムーブ エマルジョン 8 パーマスタイルにおすすめのワックスは「 トリエムーブエマルジョン8」です。 珍しい プッシュ方式のヘアワックスで、 乳液タイプです。 髪への馴染みが非常に良く、セット力も申し分ありません。 使い勝手も非常に良く、 シャンプーでカンタンに落とせるのも魅力です。 同シリーズはセット力が数字で表されていますので、理想のセット力のワックスもカンタンに探すことが可能です。 パーマスタイルにおすすめのワックスです。 ツヤ感が有り、強いセット力が魅力のワックスです。 比較的重い部類ですが、ホールド力も強く、一日中スタイルをキープできます。 シャンプーでカンタンに洗い流せる点も魅力です。 非常に軽やかで固まらない点が特徴のワックスですが、キープ力も強く、パーマスタイルに適したワックスです。 ウェーブも作りやすいおすすめのワックスです。

次の

【美容師が厳選】メンズヘアワックスおすすめランキング15選|髪質・髪型・質感別の人気商品

パーマ ワックス おすすめ

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ パーマを仕上げるワックスの選び方 パーマヘアは、使用するスタイリング剤によって仕上がりの印象が大きく異なります。 どんなワックスを選べばよいのか迷ったときは、 「髪の長さ」や 「仕上げの質感」に着目して選んでみてください。 髪の長さで選ぶ 同じパーマヘアでも、ロングヘアの人とショートヘアの場合では、 スタイリングの仕方が違います。 そのため、ワックスは髪の長さで選ぶのがポイントです。 ショートヘアの人には、髪に ボリュームを出したり、 動きを出したりするのに適したワックスがおすすめです。 キープ力に優れた 「硬め」のワックスを選ぶと、幅広いスタイリングを楽しめます。 ロングヘアの人は、髪の広がりを抑えつつナチュラルな仕上がりになるワックスを選びましょう。 指通りのよい 「やわらか」なワックスを使用するとフワッとしたニュアンスも楽しめます。 なお、ミディアムヘアの人は、程よい硬さとやわらかさがある 「中間の硬さ」のワックスがおすすめです。 仕上げの質感で選ぶ 理想とするパーマの質感によって、適したワックスを決めるという選び方もあります。 ワックスによって、 まとまりやすさや ツヤ感など、仕上がりの質感がさまざまです。 選ぶワックスによって仕上がりの印象がガラッと変わるため、うまく使い分けることが重要になります。 タイプ別ワックスの使い方 パーマヘア用のワックスには、主に 「バームワックス」「スプレーワックス」「ムースワックス」「ジェルワックス」などがあります。 それぞれの使い方や特徴を把握しておきましょう。 バームワックス バームワックスは、 硬めのクリーム状のワックスです。 シアバターやミツロウなど自然由来の成分で作られたタイプもあります。 バームワックスは、適量を手のひらに取って 体温で温めます。 ショートヘアは1円玉1枚、ミディアムヘアは2枚、ロングヘアは3枚分が目安です。 一度に大量に付けすぎるとべたっとしてしまうので、 様子を見ながら増やしましょう。 ワックスが温まったらオイル状になるので、手のひらから指先まで使って 全体に伸ばします。 バームが冷えて固い状態だと均一に塗れないため、冬季は特に気を付けましょう。 タオルドライ後の濡れた髪にバームワックスを毛先から根元に向かって、順番に塗っていき、ドライヤーでスタイリングします。 まず、根元を中心に髪全体を軽く乾かしましょう。 次に、毛束を少量ずつ取り、 根元から毛先に向かってドライヤーを当ててスタイリングします。 こうすると、髪が冷えてワックスが固まり、まとまりを維持できます。 スプレーワックス スプレーワックスは、スプレー状に吹き付けるタイプです。 スプレーなので、手を汚さず簡単にスタイリングできるのが魅力です。 スプレーワックスは、髪全体にかかるように、髪から 約20~30cm離して使用するのが基本です。 スプレーする際は、洋服にかかって汚してしまうこともあるため、肩回りにタオルをかけて行いましょう。 スプレーが一カ所に偏ってしまうと、髪の毛が固まりすぎてしまうことがあります。 つけムラを防止するために、スプレーは 少量ずつ様子を見ながらかけましょう。 仕上げに 手でもみ込むようにすると、フワッとしたエアリー感を出せます。 パーマの形状をしっかりキープしたいときは、 内側からもみ込むようにしましょう。 ムースワックス ムースワックスは、一般的にキッチリ固めるというよりも、髪の まとまりをよくするスタイリング剤です。 ムースワックスを使用する際は、まず しっかりと振ることが大切です。 よく振らないと泡立ちが悪く、思うようにスタイリングできません。 ただし、振らずに使用するタイプもあるため、 使用方法を必ず確認しましょう。 手に ゴルフボール1個分程度のムースワックスを出し、髪全体になじませます。 手で よくもみ込むようにして、スタイリングしましょう。 一度にたくさんのムースを髪につけると、つけムラが起こる原因になるため、少量ずつ数回に分けてつけるのがおすすめです。 また、 頭のトップ部分にもムースをつけてフワッとさせることで、エアリー感のあるパーマになります。 ジェルワックス スタイリング剤の中でも キープ力の高さが魅力なのが、ジェルワックスです。 程よい濡れ感のある ウェットヘアを簡単に作れるアイテムをしても注目されています。 まず、手に500円玉1枚程度のジェルワックスを出し、 手の上でしっかり伸ばしましょう。 ジェルワックスが伸びていないと、つけムラができたり、ベタついたりして、思うようにスタイリングができないため注意しましょう。 ほどよくウェット感のあるスタイルを楽しむには、濡れた髪ではなく、 乾いた髪にジェルワックスを使うのがポイントです。 また 髪の毛が細くて少ない人は、ジェルワックスを根元からつけてしまうとペタッとしてしまうため、 根元は避けるようにしましょう。 バーム系のおすすめワックス バームワックスは多種多様な商品が販売されていて、選択肢が豊富です。 おすすめのバームワックスを二つ紹介します。 ザ・プロダクト「ヘアワックス」 ザ・プロダクトの「ヘアワックス」は、シアバター・アロエベラ・ミツロウなどの 自然素材から作られています。 デリケートな 赤ちゃんにも使用できるほど肌にやさしいワックスです。 髪をスタイリングするだけでなく、同時に 保湿ケアもできるため、髪の乾燥や痛みが気になる人にもおすすめです。 ハンドクリームやボディクリームとして 全身にも使用可能なマルチバームなので、外出先や旅行先でも活躍してくれます。 リラックスできる爽やかな柑橘系の香りも好評です。 商品名:ザ・プロダクト「ヘアワックス」 ロレッタ「メイクアップワックス4. 0」 「メイクアップワックス4. 0」は、ベタつきにくい 米ぬか由来のセット成分「ライスワックス」を使用したバームワックスです。 キープ力がありながら軽さのある ナチュラルな仕上がりが特徴です。 また、ローズをメインにラベンダーやゼラニウムなど 天然素材の香りをバランスよく調合した、癒される優しい香りも魅力です 商品名:ロレッタ「メイクアップワックス4. 0」 ジェル系のおすすめワックス 使いやすくて人気のジェルワックスのうち、パーマスタイル用におすすめのタイプを二つ紹介します。 ロレッタ「ハードゼリー」 「ハードゼリー」は、ダマスクローズオイルやハチミツエキス、ローヤルゼリーエキスなど 自然由来の成分を使用したジェルワックスです。 ウォーターベースのため、ベタつきが少なく、つけ心地のよさが特徴です。 ハードにしっかりまとまって、ベタつかずに程よいツヤ感が持続します。 大容量で男女問わず使用できるため、家族みんなで使えるのもうれしいポイントです。 商品名:ロレッタ「ハードゼリー」 マシェリ「ヘアジュレ(ゆるふわウエーブ)EX」 「ヘアジュレ(ゆるふわウエーブ)EX」は、ハチミツやヒアルロン酸Naなどの ツヤ・保湿・補修成分を配合したジェルワックスです。 スタイリングと同時に乾燥した髪を保湿・補修し、ツヤのある髪に導きます。 また、ドライヤーの熱や紫外線、静電気などの 刺激から髪をしっかり守ってくれるアイテムです。 液状に変化するジェルを髪にもみ込むだけで、フワッとしたパーマを仕上げられます。 たばこの臭いが付着するのを防ぐ スモーキーカット香料が配合されているのも魅力です。 商品名:マシェリ「ヘアジュレ(ゆるふわウエーブ)EX」 スプレー系のおすすめワックス ワックス初心者も手軽に使える人気のスプレーワックスから、パーマヘアのスタイリングにおすすめの商品を二つ紹介します。 アリミノ「ピース カールスプレー」 アリミノの「ピース」シリーズは、髪に潤いを与えながらしっかりスタイリングできるスプレーです。 保湿力の高い高精製オイルや天然植物種子抽出オイルを配合しているため、 髪の潤いをしっかり守り、 ツヤを保ちながらスタイリングできます。 湿気・乾燥・日差しにも強いため、季節による髪の悩み対策ができるのも魅力です。 仕上がりの質感の違いによっていくつかの種類が販売されていますが、この「カールスプレー」は、パーマスタイルを しっかりキープし、 ふんわりとした仕上がりになるタイプです。 商品名:アリミノ「ピース カールスプレー」 ケープ「フリーアレンジ」 ケープの「フリーアレンジ」は、 ふんわり感を出したり、 束感を強調したりなど、 さまざまなウェーブスタイルをテクニックいらずで簡単に作れるタイプです。 しっかりとしたアレンジ力がありながら、ベタつかない自然な仕上がりになります。 無香料で香水やシャンプーなど他の香りの邪魔にならないため、自分好みの香りを楽しみたい人にもおすすめです。 商品名:ケープ「フリーアレンジ」 ムース系のおすすめワックス 泡状で髪につけやすいムースワックスの中から、パーマ用に適したおすすめの商品を紹介します。 リーゼ「うるおいパーマもどしフォーム」 リーゼの「うるおいパーマもどしフォーム」は、もみ込むだけで パーマがきれいによみがえるムースワックスです。 スタイリングする前に髪を濡らす必要がないため、忙しい朝に活躍してくれます。 ごわごわしない、 やわらかな仕上がりが特徴です。 髪の痛みを補正する成分が配合されているため、ぱさつきがちな 毛先も潤い、やわらかいナチュラルなウェーブが持続します。 女性らしいさわやかなフレッシュブーケの香りも好評です。 商品名:リーゼ「うるおいパーマもどしフォーム」 エニー「ボリュームスフレ」 「ボリュームスフレ」は、髪になじみやすいソフトな泡で、アイロンで巻いたウェーブやパーマスタイルを しっかりキープしてくれるムースワックスです。 補修成分、保湿成分をバランスよく配合していて、 天然由来の黒コショウ成分が 傷んだ髪を補修し、ヒートプロテインが 髪に潤いを与え、理想のヘアスタイルを作りやすくします。 髪に ハリと コシを与えてくれるため、トップなどボリューム感を出したい箇所に部分的に使用することも可能です。 com.

次の

【市販で買える人気商品】パーマヘアにおすすめスタイリング剤10選

パーマ ワックス おすすめ

つま とても便利なメニューでもあるパーマ。 大体の方は一度はされたことがあるはず。 とはいえ上手くスタイリングができなかったという悩みは決して少なくはありません。 そんなパーマのスタイリングにおいてスタイリング剤とは必要不可欠ですが、これが 合っているものを使わないといくらスタイリングが上手くてもスタイリングすることはできません。 そこでまずはパーマヘア ヘアスタイル に合ったスタイリングを選ぶための知識を伝授します。 実際に100種類以上のスタイリング剤を使ってきた体験・経験を活かして、選びやすいようにポイントをまとめてみました。 ポイント• 髪の長さに合わせる• 質感に合わせる• 種類を使い分ける 髪の長さに合わせる へアワックスや、ムース、ジェリーなどさまざまスタイリング剤に加えて、固さ(ソフト・ハード)があります。 パーマスタイルで一番のネックなポイントはスタイリングの難易度の高さです。 美容室で美容師さんが作るように家では上手くできないという悩みをよく聞くことがあります。 スタイリングが不慣れな方では上手くつくること中々に大変です。 そこで上手くいく「コツ」となるのは、スタイリング剤の種類を使い分けることによって、スタイリングが格段にしやすくなります。 つまり、1つ(1種類)のスタイリング剤だけでなく、数種類 もしくは数個のスタイリング剤 を使うことによって、美容室で作るようなスタイルを再現することができます。 ポイントとしては…• 髪の長さに合わせる• 質感に合わせる• 種類を使い分ける これを意識するとだいぶ選びやすくなるはずです。 パーマヘアは、横の動きの連なりになるため、髪の重さのような重力がかかり、必要以上にだれやすいものです。 加えて、ドライヤーの熱や、大気中のほこり、摩擦などダメージ要素にも注意が必要になります。 髪をケアしながらもスタイリングをすることが、長持ちするヘアスタイルの秘訣となります。 その上でももっと具体的に知りたい方は、ここで紹介しているものを試してみてください。 合わせてシャンプーや洗い流さないトリートメントも使うことで、キレイなパーマスタイルを維持しやすくなるのでおすすめです。 関連記事 関連記事 こんな感じで以上です。 参考になれば幸いです。

次の