気 が おけ ない 意味。 「気が置けない人」意味と語源!「気の置ける仲間」や類語・反対語

「気が置けない」と「気が置ける」の区別の仕方

気 が おけ ない 意味

「気を遣わなくてよい」、「気を遣う必要がない」といった説明は適切ではありません。 その友人の人柄、キャラクターです。 昔の人の用例を引いておきます。 【 】は私が附けました。 いくら親しくしても、【気が置かれて】、帰ったあとでほっと息を衝く。 あの奥さんは始めて顔を見た時から【気が置けない】。 この部屋へでもずっと這入って来て、どんなにか自然らしく振舞うだろう。 何を話そうかと気苦労をするような事はあるまい。 話なんぞはしなくても分かっているというような風をするだろう。 1.「気を置く」という表現がほとんど使われなくなった。 次に、「置けない」は「置ける」の打ち消しですが、この「置ける」は自発動詞です。 下記の解説は満点と言っていいでしょう。 そこらの国語辞典よりよほど参考になります。 繰り返します。 気遣いする必要がない。 」 という説明はちょっと残念です。 気遣いする必要がない。 打ち解けられる。 遠慮される。 遠慮する。

次の

「気の置けない」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

気 が おけ ない 意味

ことばの意味(語彙・意味・語源) 分類:その他(気が置けない) 「気が置けない」の意味は? 「気が置けない~」は「気を使うことなく、気楽につきあえる」という意味です。 しかし、しばしば誤用で「油断ができない」という意味にとられることがあります。 これはまず、「置けない」をどのように解釈するかの違いから来ています。 すなわち「置けない」を[可能]ととった場合「気を置くことができない」となり、何となくそこから油断できないというような意味にもとれてしまいます。 しかし、この「置けない」は本来[自発]の意味で用いられています。 [自発]とは「(特に~しようとしなくても)~してしまう」という意味です。 したがって「気が置ける」は「(特に気を置こうとしなくても)気を置いてしまう」という意味になります。 そして「気を置く」という表現の意味がもうひとつのポイントです。 これは「油断をする」という意味ではなく「気を使う」という意味です。 これと先ほどの[自発]の意味を合わせると、「気が置ける」は「気を使おうとしなくても気を使ってしまう」という意味になります。 そしてさらに「気が置けない」はその反対の意味ですから「気を使おうとしなくても気を使ってしまうということがない」ということになります。 したがって「気が置けない」は「気楽につきあえる」という意味になるわけです。

次の

「気の置けない」の正しい意味と使い方、由来、類語・対義語、由来、「気が置けない」との違い

気 が おけ ない 意味

「気を遣わなくてよい」、「気を遣う必要がない」といった説明は適切ではありません。 その友人の人柄、キャラクターです。 昔の人の用例を引いておきます。 【 】は私が附けました。 いくら親しくしても、【気が置かれて】、帰ったあとでほっと息を衝く。 あの奥さんは始めて顔を見た時から【気が置けない】。 この部屋へでもずっと這入って来て、どんなにか自然らしく振舞うだろう。 何を話そうかと気苦労をするような事はあるまい。 話なんぞはしなくても分かっているというような風をするだろう。 1.「気を置く」という表現がほとんど使われなくなった。 次に、「置けない」は「置ける」の打ち消しですが、この「置ける」は自発動詞です。 下記の解説は満点と言っていいでしょう。 そこらの国語辞典よりよほど参考になります。 繰り返します。 気遣いする必要がない。 」 という説明はちょっと残念です。 気遣いする必要がない。 打ち解けられる。 遠慮される。 遠慮する。

次の