今日 の ご飯 献立。 今日の晩ご飯でもう悩まない!1週間分の夕食献立を決めるコツとネットカレンダー活用方法

今日のご飯は何にする?ずぼらな嫁の献立表 vol.11 |作り置きOKの副菜4種|幼児食取り分けレシピ|簡単!HMで簡単手作りおやつ

今日 の ご飯 献立

あわせて読みたい ビーフシチュー献立• ビーフシチュー ()• ほうれん草とベーコンの炒め物 ()• 鯖味噌サラダ ()• 刺身こんにゃく• 雑穀米 こんな時期にビーフシチュー…暑いですか?(笑)私は大好きなのでいつでも食べたいのですが、暑くなってきたのでビーフシチュー以外をさっぱりメニューにしています。 鯖缶を使ったサラダは切って盛るだけでボリュームもあっておすすめ。 刺身こんにゃくも暑くなり出すこの時期、 さっぱり食べることができて大活躍ですよ~。 厚揚げの豚バラ巻き献立• 厚揚げの豚バラ巻き ()• マカロニサラダ ()• 根菜のお味噌汁• たまご豆腐• 雑穀米 カリッとした豚バラでふわふわの厚揚げを巻いているので、 満足感はたっぷりですが胃もたれしにくいのがいいところ。 (調理中にキッチンペーパーで余分な油も吸い取ってくださいね。 ) すりおろしにんにくの効いたマカロニサラダも食欲をそそります。 牛肉のオイスター炒め献立• 牛肉のオイスター炒め ()• ほうれん草とちくわの胡麻和え ()• 鶏肉の中華スープ (の具は鶏肉+ニンジン+シイタケ+ネギ)• みりん干し• 雑穀米 牛肉のオイスター炒めは ご飯が進むおかず代表。 きのこをたっぷり入れているので食物繊維たっぷり。 みりん干しは買ってきたものをオーブントースターでかりっと焼き上げるだけ。 こちらもご飯が進みますよ~。 豚バラの長ネギソースがけ献立• 豚バラの長ネギソース ()• 鶏肉とかぼちゃのお味噌汁• 長芋韓国海苔がけ• お豆腐• 雑穀米 カリッと焼いた豚バラを、茹でたニラともやしに乗せて長ネギソースで。 野菜もたっぷり食べられるメインです。 長芋は短冊切りして韓国海苔+お醤油で。 お豆腐はすりおろし生姜と、おぼろ豆腐付属のたれでいただきました。 火を使わずシンプルな2品ができるので便利・・・ 最後に いかがでしたでしょうか。 今回はお肉がメインの5献立紹介しました。 これからの厚さに負けぬよう 栄養しっかり取っていきましょう。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 わーやんでした!.

次の

2020年6月22日~の1週間献立まとめ|楽天レシピ

今日 の ご飯 献立

『今日の晩ご飯何にしよう? メニューが全然決まらない!』 家事・子育て・仕事で忙しい主婦が、毎日のように悩んでつぶやく言葉です。 私も毎日のごはん作りが苦手で苦痛だったころ、口ぐせのようにつぶやいていました。 主婦向けの節約雑誌などを見て料理作りを頑張ってみようと思ったこともありましたが、どれも華やかで豪華すぎる料理で挫折してしまったり・・・。 なんで主婦向けの雑誌に載るような料理は、あんなにキレイでおいしそうに作れるのでしょうか。 晩ご飯のメニューやレパートリーに加え、主婦の共通の悩みは 「食費でムダなお金は使いたくない!」「食費を節約したい!」ですよね。 食料品をまとめ買いして節約に励んでも、1週間分の献立をどうやって作ったらいいかで悩まれている方も多いと思います。 私は ネットカレンダーを活用した1週間分の献立作成術を始めてから、それまでかかっていた月の食費10万円を半分の5万円まで削ることができました。 その方法をご紹介したいと思います。 もくじ• 献立作成ツールに「Google カレンダー」を使う 私が献立を作る時に活用しているツールは、です。 目的別にカレンダーを作れますし、PC・スマホ・タブレットで共有できてとても便利ですよ。 自分用・小学校用・習い事用・仕事用など色別に分けて管理しており、「献立用」のカレンダーも作っています。 そのカレンダーには、ちょっと時間が空いて思いついたときに献立を書き込むようにしています。 子どもの学校行事などもすべて書き込んでいますので、その日の家族の予定に合わせた献立を考えられます。 予定通りに料理が作れないことがあっても、ネット上のカレンダーだったらその予定を入れ替えるだけでいいのであわてることがありません。 消しゴムいらずで、パパっと時短で作れちゃうのが便利ですね。 Google カレンダーを活用することで、献立もフレキシブルに変えることができるのです。 1週間分の献立を考えるときのコツ それでは、どのように1週間分のメニューを決めているのか、そのコツをご紹介していきます。 5日分のメイン料理を先に考える 献立作りで私が最初にやっていることは、メイン料理を考えることです。 それも平日の5品だけ。 7日分すべてを考えていたこともありましたが、キツキツすぎてかえって挫折しました。 子供に『何食べたい?』って聞いても、カレーや唐揚げやハンバーグしか言わないので、あまり参考にしていません(汗)。 メイン料理は、だいたい肉3日・魚2日ぐらいの割合で決めています。 食材はイトーヨーカドーやイオンのネットスーパーの広告の品を見て お得な食材から決めることが多いです。 食材を決めたら、次は で「食材」名を検索して決めます。 そのほか、「me:new(ミーニュー)」というアプリを使うこともあります。 料理の好みを設定するだけで最大1週間の献立を自動作成してくれるので、とっても便利! メニューが決まったらカレンダーに作りたい料理を書き込んでおきます。 このように、まずは月〜金までのメイン料理をカレンダーに書き込んでしまうことがポイントですね。 一汁三菜なんて作らない!メインとサブ2品だけ 献立メニュー例などを見ると、おかずを3品も4品も紹介していることが多いです。 でも、忙しいなか毎日そんなにたくさん作っていられません。 我が家は3品も作ったらかえって残すことが多いですし。 そのため、メインを決めたらあとは 1品副菜と1品汁物を決めるだけです。 メインに合わせた副菜や汁物も悩みどころで、カロリー計算や栄養バランスを調べながら作っていたら日が暮れて疲れ果ててしまいますよね。 私は副菜を決めるときに「色」で決めています。 メインが茶色なら副菜は赤や緑をプラスなど、食卓にいろいろな色があればいいかなと。 副菜を作るのがめんどうなときは、メインのお肉料理の中に黄色・緑色・白色の野菜などを巻いてしまうこともあります。 メインが肉料理だったら、グリーンサラダやにんじんやブロッコリーなどの温野菜をプラスします。 魚料理だったら、ひじきや切り干し大根の煮物やほうれん草のおひたし、味噌汁を合わせるなどです。 凝った料理ではなく、「料理のきほん」と書いてあるような本に載せられているシンプルな料理のほうが好まれます。 数字なんて深く考えずに、 目で見てプラスしていく。 炒めものや揚げ物でどうしても茶色くなってしまうときは、「赤」「緑」「黒」「白」などの食材をプラスすれば必然的に栄養バランスは整ってきますよ。 副菜は毎日作らず作り置きで手間を節約 『毎日仕事が忙しくて、2品でも作るのなんて大変だわ。 』 働いているからこそ、あなたの気持ちがとってもよくわかります! メイン料理を作るだけでも大変なのに、副菜なんてさらにめんどくさくて作ってられませんよね。 そんなときは、週末にでもまとめてドカーン!と作ってしまいましょう。 私はよく乾物料理を圧力鍋で大量に作ってしまうことが多いです。 ひじきや高野豆腐、切り干し大根、大豆缶などは常備していて、これらは一度作ってしまえば3〜4日はもってくれます。 新鮮なにんじんやきゅうりや大根があるときは、ミツカンの「カンタン酢」を使って「彩りピクルス」を作ることが多いです。 リンク ただ切って漬けるだけ! 大量に作れば5日はもちます。 とてもおいしくて、子供はポリポリと食べてくれますよ。 副菜は日持ちするものを作ってしまえば、 毎日作る必要なんてありません。 メインも作り置きにしてしまうと、何日も続くいて飽きてしまうので、日替わりのほうが喜ばれると思います。 メインはその日に作り、副菜は作り置き。 汁物は朝まとめて作って、夜も食べてもよいかと思います。 全品を毎日がんばって作らないことが、私の献立作りのポイントです。 週末の献立は在庫整理&好きなもの 例えば、平日5日間の献立がこんな感じだったとしましょう。 月:ぶりの照り焼き、切り干し大根、味噌汁• 火:鮭のムニエル、切り干し大根、味噌汁• 水:豚肉のしゃぶしゃぶ、キャベツの千切り、味噌汁• 木:鶏肉のねぎみそ焼き、野菜のピクルス、コンソメスープ• 金:にんじんときのこ入りハヤシライス、グリーンサラダ、トマトスープ こうなってくると、野菜の切れ端や加工肉が余ってきたりするんですよね。 平日使って小さくなったキャベツとか、にんじん1本や玉ねぎ1個だけとか。 冷蔵庫には生鮮食品が入っておらず、冷凍肉・ハム・ソーセージ・ベーコンなどがあまったりしてきます。 1週間分の献立を作るときに週末を除いたのは、こうした余った食材を使ってしまいたいからです。 土曜日は「冷蔵庫の在庫整理デー」にして、中身を空っぽにするようにしています。 夏場は野菜の余りを天ぷらにしてしまったり、冬場は鍋にすることが多いですね。 豚バラや豚こまがあれば、キャベツの切れ端やピーマンやもやしを入れて、回鍋肉(ホイコーロー)や味噌炒めなどもできちゃいます。 こちらは「エバラ 回鍋肉のたれ」を使って、パパっと10分ぐらいで作ってみました。 今は便利な炒め物用ソースも売っていますので、ソース作りが苦手な方はどんどん活用してみるといいですよ。 リンク 日曜日は、冷凍で買ってあまったものや家族が食べたいものを作るようにしています。 子どもに聞くと、やっぱり唐揚げやハンバーグが多いですけどね・・。 平日や休日関係なく、忙しいときは生協で買いすぎてしまったものをパパっと温めるだけにすることもあります。 生協の「パルシステム」にある「ふっくら和風おろしハンバーグ」がお気に入りで、休日のレジャーに行って疲れたときなどは大変お世話になっています。 『お母さん、このハンバーグいつものよりとってもおいしい!』 母としては、微妙なうれしさですが・・。 献立作成に悩まずパズルのように楽しんじゃおう 献立を考えるのって、すごくむずかしく感じてしまうかもしれません。 何品も栄養バランスを考えて作らなきゃ!という気持ちが、よけいにそうさせているのかもしれません。 ただでさえ毎日ヘトヘトで忙しいのですから、全部手作りなんてしなくていいのです。 疲れちゃった日用のメニューを考えておくと、しんどい日は乗りきれると思います。 見た目も味も完ぺきにできる人なんていませんし、料理が苦手ならいろいろな便利食材をどんどん活用した方がいいと思います。 魚の缶詰やお惣菜パックを活用してもいいですし、冷凍やレンジで調理が簡単なおかずセットを組みこんでもいいのです。 イオンにはとっても便利なおかずセットがあり、ネットスーパーで注文してストックしてあります。 疲れているときは、レトルトカレー+市販のサラダでも立派な献立です。 毎回必死にならず、 『作れるものだけ作ればいいや』ぐらいの気持ちで料理を楽しんでみてくださいね。 我が家なんて、壮絶に大変な子育て期はおもちや焼き芋だけのことなんてありましたよ・・。 考えていたけど作れなかったメニューはあとに回せばいいのです。 ネットカレンダーを活用すると、日ごとにパズルのようにパパっとメニューを入れ替えることができます。 献立力を磨いて、どんどん料理上手になりましょう。 私も家族が喜ぶ笑顔を見たいので、これからも 「がんばらない献立力」をさらに磨いていきたいと考えています。 今日の夕飯で悩んでいる方にこちらの記事も人気です.

次の

魚献立・お魚がメインの献立、おかず組み合わせ例・魚に合うおかず

今日 の ご飯 献立

『今日の晩ご飯何にしよう? メニューが全然決まらない!』 家事・子育て・仕事で忙しい主婦が、毎日のように悩んでつぶやく言葉です。 私も毎日のごはん作りが苦手で苦痛だったころ、口ぐせのようにつぶやいていました。 主婦向けの節約雑誌などを見て料理作りを頑張ってみようと思ったこともありましたが、どれも華やかで豪華すぎる料理で挫折してしまったり・・・。 なんで主婦向けの雑誌に載るような料理は、あんなにキレイでおいしそうに作れるのでしょうか。 晩ご飯のメニューやレパートリーに加え、主婦の共通の悩みは 「食費でムダなお金は使いたくない!」「食費を節約したい!」ですよね。 食料品をまとめ買いして節約に励んでも、1週間分の献立をどうやって作ったらいいかで悩まれている方も多いと思います。 私は ネットカレンダーを活用した1週間分の献立作成術を始めてから、それまでかかっていた月の食費10万円を半分の5万円まで削ることができました。 その方法をご紹介したいと思います。 もくじ• 献立作成ツールに「Google カレンダー」を使う 私が献立を作る時に活用しているツールは、です。 目的別にカレンダーを作れますし、PC・スマホ・タブレットで共有できてとても便利ですよ。 自分用・小学校用・習い事用・仕事用など色別に分けて管理しており、「献立用」のカレンダーも作っています。 そのカレンダーには、ちょっと時間が空いて思いついたときに献立を書き込むようにしています。 子どもの学校行事などもすべて書き込んでいますので、その日の家族の予定に合わせた献立を考えられます。 予定通りに料理が作れないことがあっても、ネット上のカレンダーだったらその予定を入れ替えるだけでいいのであわてることがありません。 消しゴムいらずで、パパっと時短で作れちゃうのが便利ですね。 Google カレンダーを活用することで、献立もフレキシブルに変えることができるのです。 1週間分の献立を考えるときのコツ それでは、どのように1週間分のメニューを決めているのか、そのコツをご紹介していきます。 5日分のメイン料理を先に考える 献立作りで私が最初にやっていることは、メイン料理を考えることです。 それも平日の5品だけ。 7日分すべてを考えていたこともありましたが、キツキツすぎてかえって挫折しました。 子供に『何食べたい?』って聞いても、カレーや唐揚げやハンバーグしか言わないので、あまり参考にしていません(汗)。 メイン料理は、だいたい肉3日・魚2日ぐらいの割合で決めています。 食材はイトーヨーカドーやイオンのネットスーパーの広告の品を見て お得な食材から決めることが多いです。 食材を決めたら、次は で「食材」名を検索して決めます。 そのほか、「me:new(ミーニュー)」というアプリを使うこともあります。 料理の好みを設定するだけで最大1週間の献立を自動作成してくれるので、とっても便利! メニューが決まったらカレンダーに作りたい料理を書き込んでおきます。 このように、まずは月〜金までのメイン料理をカレンダーに書き込んでしまうことがポイントですね。 一汁三菜なんて作らない!メインとサブ2品だけ 献立メニュー例などを見ると、おかずを3品も4品も紹介していることが多いです。 でも、忙しいなか毎日そんなにたくさん作っていられません。 我が家は3品も作ったらかえって残すことが多いですし。 そのため、メインを決めたらあとは 1品副菜と1品汁物を決めるだけです。 メインに合わせた副菜や汁物も悩みどころで、カロリー計算や栄養バランスを調べながら作っていたら日が暮れて疲れ果ててしまいますよね。 私は副菜を決めるときに「色」で決めています。 メインが茶色なら副菜は赤や緑をプラスなど、食卓にいろいろな色があればいいかなと。 副菜を作るのがめんどうなときは、メインのお肉料理の中に黄色・緑色・白色の野菜などを巻いてしまうこともあります。 メインが肉料理だったら、グリーンサラダやにんじんやブロッコリーなどの温野菜をプラスします。 魚料理だったら、ひじきや切り干し大根の煮物やほうれん草のおひたし、味噌汁を合わせるなどです。 凝った料理ではなく、「料理のきほん」と書いてあるような本に載せられているシンプルな料理のほうが好まれます。 数字なんて深く考えずに、 目で見てプラスしていく。 炒めものや揚げ物でどうしても茶色くなってしまうときは、「赤」「緑」「黒」「白」などの食材をプラスすれば必然的に栄養バランスは整ってきますよ。 副菜は毎日作らず作り置きで手間を節約 『毎日仕事が忙しくて、2品でも作るのなんて大変だわ。 』 働いているからこそ、あなたの気持ちがとってもよくわかります! メイン料理を作るだけでも大変なのに、副菜なんてさらにめんどくさくて作ってられませんよね。 そんなときは、週末にでもまとめてドカーン!と作ってしまいましょう。 私はよく乾物料理を圧力鍋で大量に作ってしまうことが多いです。 ひじきや高野豆腐、切り干し大根、大豆缶などは常備していて、これらは一度作ってしまえば3〜4日はもってくれます。 新鮮なにんじんやきゅうりや大根があるときは、ミツカンの「カンタン酢」を使って「彩りピクルス」を作ることが多いです。 リンク ただ切って漬けるだけ! 大量に作れば5日はもちます。 とてもおいしくて、子供はポリポリと食べてくれますよ。 副菜は日持ちするものを作ってしまえば、 毎日作る必要なんてありません。 メインも作り置きにしてしまうと、何日も続くいて飽きてしまうので、日替わりのほうが喜ばれると思います。 メインはその日に作り、副菜は作り置き。 汁物は朝まとめて作って、夜も食べてもよいかと思います。 全品を毎日がんばって作らないことが、私の献立作りのポイントです。 週末の献立は在庫整理&好きなもの 例えば、平日5日間の献立がこんな感じだったとしましょう。 月:ぶりの照り焼き、切り干し大根、味噌汁• 火:鮭のムニエル、切り干し大根、味噌汁• 水:豚肉のしゃぶしゃぶ、キャベツの千切り、味噌汁• 木:鶏肉のねぎみそ焼き、野菜のピクルス、コンソメスープ• 金:にんじんときのこ入りハヤシライス、グリーンサラダ、トマトスープ こうなってくると、野菜の切れ端や加工肉が余ってきたりするんですよね。 平日使って小さくなったキャベツとか、にんじん1本や玉ねぎ1個だけとか。 冷蔵庫には生鮮食品が入っておらず、冷凍肉・ハム・ソーセージ・ベーコンなどがあまったりしてきます。 1週間分の献立を作るときに週末を除いたのは、こうした余った食材を使ってしまいたいからです。 土曜日は「冷蔵庫の在庫整理デー」にして、中身を空っぽにするようにしています。 夏場は野菜の余りを天ぷらにしてしまったり、冬場は鍋にすることが多いですね。 豚バラや豚こまがあれば、キャベツの切れ端やピーマンやもやしを入れて、回鍋肉(ホイコーロー)や味噌炒めなどもできちゃいます。 こちらは「エバラ 回鍋肉のたれ」を使って、パパっと10分ぐらいで作ってみました。 今は便利な炒め物用ソースも売っていますので、ソース作りが苦手な方はどんどん活用してみるといいですよ。 リンク 日曜日は、冷凍で買ってあまったものや家族が食べたいものを作るようにしています。 子どもに聞くと、やっぱり唐揚げやハンバーグが多いですけどね・・。 平日や休日関係なく、忙しいときは生協で買いすぎてしまったものをパパっと温めるだけにすることもあります。 生協の「パルシステム」にある「ふっくら和風おろしハンバーグ」がお気に入りで、休日のレジャーに行って疲れたときなどは大変お世話になっています。 『お母さん、このハンバーグいつものよりとってもおいしい!』 母としては、微妙なうれしさですが・・。 献立作成に悩まずパズルのように楽しんじゃおう 献立を考えるのって、すごくむずかしく感じてしまうかもしれません。 何品も栄養バランスを考えて作らなきゃ!という気持ちが、よけいにそうさせているのかもしれません。 ただでさえ毎日ヘトヘトで忙しいのですから、全部手作りなんてしなくていいのです。 疲れちゃった日用のメニューを考えておくと、しんどい日は乗りきれると思います。 見た目も味も完ぺきにできる人なんていませんし、料理が苦手ならいろいろな便利食材をどんどん活用した方がいいと思います。 魚の缶詰やお惣菜パックを活用してもいいですし、冷凍やレンジで調理が簡単なおかずセットを組みこんでもいいのです。 イオンにはとっても便利なおかずセットがあり、ネットスーパーで注文してストックしてあります。 疲れているときは、レトルトカレー+市販のサラダでも立派な献立です。 毎回必死にならず、 『作れるものだけ作ればいいや』ぐらいの気持ちで料理を楽しんでみてくださいね。 我が家なんて、壮絶に大変な子育て期はおもちや焼き芋だけのことなんてありましたよ・・。 考えていたけど作れなかったメニューはあとに回せばいいのです。 ネットカレンダーを活用すると、日ごとにパズルのようにパパっとメニューを入れ替えることができます。 献立力を磨いて、どんどん料理上手になりましょう。 私も家族が喜ぶ笑顔を見たいので、これからも 「がんばらない献立力」をさらに磨いていきたいと考えています。 今日の夕飯で悩んでいる方にこちらの記事も人気です.

次の