携わる 敬語。 「携わる」の意味と使い方!「関わる」との違いや志望動機の書き方【例文】|語彙力.com

「携わる」の意味と使い方・類語・敬語・読み方・尊敬語|仕事

携わる 敬語

読み方は「たずさわる」です。 主に、人が就いている仕事について説明するような場合に用いる言葉です。 具体的には、この「携わる」という言葉がどのような意味を持っているのかわからないという方もいるのではないでしょうか。 まずは、「携わる」という言葉の基本的な意味と使い方、また「関わる」や「従事する」などのよく似た意味の言葉との違いなどを見てみましょう。 「携わる」の意味 それでは、まず「携わる」の言葉の意味について解説します。 「携わる」には、「ある物事に関係する。 関わる。 従事する。 」といった意味があります。 「携わる」の「携」という漢字には元々「手と手をつなぐ」という意味があり、「携帯」や「提携」の「携」として誰もが身近に目にしたことがある漢字ではないでしょうか。 「けい」と読めても「たずさわる」と読めない人もいるかもしれませんが、ぜひこの機会に読み方を覚えておいてください。 この「携わる」は、何かにかかわるという意味ですが、ビジネスシーンで使う場合には、その物事に対して「仕事として関係する」「勤める」という意味を表します。 「携わる」の使い方 「携わる」の意味は、先に見て来たように、「ある物事に対して、仕事として関係する」という意味でした。 例文で使い方を確認してみましょう。 ・会社員として働く傍ら、介護ボランティアに携わっています。 ・私は、ビジネスアプリ開発に携わっています。 ・将来は、作曲活動に携わりたいと思っています。 ・彼はマグロの養殖業に携わっていました。 ・彼女は、この商品の企画開発に当初から携わっている人物です。 ・指導者教育に携わる人のための交流会が行われる予定です。 「携わる」と似た「関わる」「従事する」との違い 「携わる」という言葉に近い意味を持つ言葉に「関わる」・「従事する」といった言葉があります。 これらの言葉と「携わる」の違いについて見てみましょう。 まず「関わる」ですが、『ある事柄や組織・人などと何かしらの関係をもつ、関係する。 』という意味で、ほぼ「携わる」と同じような意味となっています。 しかし、「関わる」はあくまで「ある物事と関わり合いを持つ」というニュアンスの意味ですが、「携わる」は「仕事でかかわりを持つ」ということですので、仕事面で自分の力を使うという意味があります。 「関わる」はちょっとした関わり合いも含めた広い範囲を示す言葉で、「携わる」は仕事として行っていることを表すときに使う言葉となります。 「従事する」については、「そのことに仕事として関係する」という意味ですので、端的に言えば、仕事に就くや勤めるといった意味になります。 「携わる」の敬語表現 「携わる」という言葉について意味や使用例を確認してきましたが、この言葉は主に仕事として行っていることを表すときに使う言葉でした。 つまりビジネスシーンで使われる言葉です。 ビジネスシーンで使うということは、当然敬語での表現が必要になってきます。 使い方を正しく理解しておかなければ失敗してしまいかねません。 丁寧語では、「です・ます調」になり「携わります」となります。 尊敬語では「携わっていらっしゃる」などの言い回しがあります。 謙譲語では、直接的な表現はありませんが、携わるにつながる言葉を謙譲語で表現する場合はあります。 敬語での表現は難しいですが、具体的にどのように使うか見てみましょう。 「携わる」の敬語での使い方 敬語で表現するパターンは、大きく2つのパターンに分けられます。 上司などの目上の人やお客様などの言動に対して敬意を払って表現するような場合と、自分の言動をへりくだった表現にして目上の人へ敬意を払う場合の2パターンです。 これを踏まえて、敬語についての基本的な識と、「携わる」の敬語表現について見ていきましょう。 敬語の種類 敬語での表現を見て行くにあたり、敬語の種類についてみてみましょう。 『尊敬語』は、目上の人や上司、お客様などの言動に対して敬意を払って表現するような場合に用いる敬語表現です。 話しの相手やその人の動作や物に対し、相手を高めてたてる敬語です。 「丁寧語」や「美化語」については、話をする際の言葉を丁寧にしたり、表現の上品さや美しさをあげるために使います。 ビジネスでの使い方 「携わる」という言葉は、ビジネスシーンなどで事業や経歴を紹介する際によく使われる言葉です。 就職活動や転職活動や、職務経歴書などでも頻繁に使うことでしょう。 営業などでお客様と話をする際に、自社のその分野に対しての経歴を話す際にも用いる場合もあり、「携わる」という言葉は色々な場面で使えます。 また、上司やお客様に対して、一緒に仕事ができたことに敬意を払う場合にも使えます。 知っておくと便利に使える言葉です。 「携わる」はどう表現するのか 自分自身の経歴を紹介したりする際に「携わる」という言葉を使うことになりますが、このような自分自身の言動について述べる場合は、敬語では謙譲語を使用することになります。 しかし「携わる」はそもそも自動詞であるため、謙譲語として置き換わる言葉はなく、そのままの形で問題がないとされています。 そのため、自分が関わった仕事に対して述べる場合は、「私は新規開拓営業に携わっています。 」などと述べても失礼にはあたりません。 目上の人やお客様について述べる場合は、相手を敬う形に言い換えて表現します。 使い方 敬語の謙譲語での置き換えは特にありませんが、この言葉に続く言葉で表現を工夫する必要があります。 目上の人やお客様が、何らかの企画や物に関係していることを述べるような場合には、相手を敬うような形に置き換えて表現します。 この場合、「携わられている」「携わっておられる」「携わっていらっしゃる」といったような言い回しになります。 自分のことを述べる場合に「携わる」を使用することは問題ありませんが、目上の人が関係している事業などについて述べる場合は、先の紹介した言い回しをすることによって「携わる」を敬語で使用することができます。 メールでの使い方 「携わる」という言葉は、そのまま敬語として使える言葉です。 そのためメールでも同様に使うことができます。 自分が携わるような場合は、「ぜひ御社の企画に携わりたく存じます」や「この業務に携わってはおりませんが、内容については存じております」などのように使うことができます。 このように普通の会話で使うようにメールでも使うことができます。 「携わる」を敬語表現するときの例文 「携わる」という言葉を使う場合は、先に述べているように、物事について特に仕事で関わるような場合に使う言葉です。 敬語の使い方は難しいのですが、「携わる」の場合は、先に紹介したとおり謙譲語がありませんので、敬語の基本である丁寧語で対応できるようになっていればいいでしょう。 では、「携わる」を使った丁寧語での敬語表現を例文で確認してみましょう。 光栄です 「ある仕事に関係することができて名誉に思っている」という気持ちを、その仕事の上司やお客様に話をするような場合に使うことができます。 このように関係性への感謝と喜びを表現する『光栄です』という言葉を交えて、「携わる」を使った敬語表現を見てみましょう。 ・部長と一緒にA社に関するプロジェクトに携わることができたこと、光栄です。 ・先輩と営業に携われて、とても光栄です。 「携わる」の別の敬語表現例 「携わる」は丁寧語での表現以外でも、尊敬語で表現すると表現の幅が広がります。 相手側から業務に「携わる」場合、どのような表現をすればいいか、別の敬語表現例を例文を交えて確認してみましょう。 携わっていただいた 「携わる」の敬語表現として「携わっていただいた」という言葉があります。 これは、目上の人やお客様が、これまでに該当する業務などに関わってもらっていたことを述べたりするような場合に使う表現です。 ・A先生には、今回の後援会の準備にほぼ毎日出向いて頂き携わっていただきました。 携わってくださった 「携わる」を敬語表現する際に、先に紹介した「携わっていただいた」よりも直接的に敬意を払う表現として「携わってくださった」という表現があります。 この表現では、相手の方を上の立場とした視点で表現することになります。 ・A先生は、今回の後援会の準備にほぼ毎日出向いて携わってくださいました。 「携わる」の敬語表現を理解し使いこなそう.

次の

携わる(たずさわる)の類語・言い換え

携わる 敬語

「携わる」の読み方と意味 「携わる」の読み方は「たずさわる」 「携わる」は「 たずさわる」と読みます。 「携」は「携帯」の「ケイ」のように音読みすることが多いですが、「たずさわる」という読み方もするので覚えておきましょう。 送り仮名は「携る」も間違いではないが、「携わる」がベター 「たずさわる」の送り仮名には「携わる」と「携る」の2通りを見聞きしたことのある人もいるのではないでしょうか? 送り仮名の付け方の決まりとして、文化庁では 『活用語尾以外の部分に他の語を含む語は、含まれている語の送り仮名の付け方によって送る』としています。 漢字「携」は、「携える(たずさえる)」という言葉でも使われます。 「携る」と表記してしまうと、「たずさわる」「たずさえる」のどちらで読めばいいか分からなくなってしまうので、「たずさわる」の場合は「携わる」と表記すべきとされています。 ただ、送り仮名には「許容」が存在します。 (例えば、原則「暮らす」と書くが、「暮す」も許容される) よって、「携る」は絶対間違いとは言えないですが、基本的には「携わる」と書くべきでしょう。 「携わる」の意味は「ある物事に(特に仕事として)関係する」 「携わる」は「 ある物事に関係する」という意味です。 特に「 仕事としてある事柄と接点を持つ」というニュアンスで使われることが多いです。 しかし、必ずしも「仕事として」関わるわけではありません。 「携」という漢字には「 手にさげて持つ・たずさえる」という意味があり、「携帯」「携行」などと使われます。 また、「 手を取り合う」という意味もあり、「提携」「連携」のように使われます。 現代はこれらの意味で「携わる」が使われることはありませんが、古語ではこれらの意味で使われていました。 「携わる」の使い方と敬語 「携わる」は職業や業務などの仕事をするときに使う 上記でも解説した通り、「携わる」は「仕事としてある物事に関わる」という意味です。 よって、ビジネスシーンではプロジェクトや案件、事業、部署などに参加し関わりを持つときに使います。 一般にビジネスで「携わる」は、ただ接点があるというだけではなく、知恵を貸したり発展に寄与している、というニュアンスを含みます。 例文 ・私はVRデバイス向けのゲームアプリ開発に携わっています。 ・アメリカの大学に編入するために、ボランティア活動に携わりたい。 ・彼はサラリーマンとして大手製薬会社に勤める一方で、音楽プロデュース業に携わった。 ・彼女は大学卒業してからずっと教育に携わってきた。 「携わる」の敬語(尊敬語)は「携わられる」「携わっていらっしゃる」「携わっておられる」など 敬語には大別して、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があります。 「携わる」の敬語表現を見ていきましょう。 目上の人の動作に対して使う尊敬語は、 ・携わられる ・携わっていらっしゃる ・携わっておられる などがあります。 自分の行為をへりくだっていう謙譲語には、 ・携わらせていただく ・携わってまいる(携わってまいりました) などがあります。 丁寧な言い方である丁寧語には、 ・携わります ・携わっております ・携わっています ・携わりたいです 取引先や上司、顧客など目上の人が何かの仕事に関わっている場合は尊敬語「携わられる」「携わっていらっしゃる」「携わっておられる」などを使います。 自分が目上の人の組織やプロジェクトに関わらせてもらう場合は、謙譲語「携わらせていただく」を使います。 「携わってまいりました」は携わる対象への敬意ではなく、話している相手に対する敬意を示すときに使います。 「携わってまいりました」は、「携わってきました」の謙譲表現にあたります。 社外の人に社内のプロジェクトや案件に関わっている旨を伝える場合は丁寧語を使います。 社外の人と話すときに、自社に対して尊敬語を使うのはマナー違反だからです。 例文 ・社長は創業以来、メディア事業本部に携わっていらっしゃる。 ・先輩とのご縁で、テレビ業界に携わらせていただくことになった。 ・生まれたときから、家業である食品の問屋業に携わってまいりました。 ・私は現在社内の新規事業に携わっています。 「携わる」は履歴書の志望動機でもよく使われる 「携わる」は就職活動でもしばしば使用される言葉です。 履歴書の志望動機の欄などで「携わる」という文言はよく使われます。 志望動機で使われる「携わる」でも上記で説明してたのと同じ意味になります。 「携わる」はビジネスシーンでよく使われる堅い表現なので、使うことで文章全体がしまります。 大事なのは、その前後に「なぜその会社に入りたいのか」「なぜその仕事に携わりたいのか」理由をしっかりと述べることです。 例えば「前職では営業職に携わっておりました」と使えます。 例文 ・父の死がきっかけで、医療に携わりたいと強く思うようになりました。 ・これまでは事務の仕事に携わってきましたが、今後はその経験を活かし経理職に挑戦したいと考えております。 違いは、「関わる」は単に「関係する」という意味であるのに対して、「携わる」は「ある事柄に仕事として関係する」という意味になります。 よって、「関わる」の方が幅広く使われます。 「関わる」は、仕事ではなくプライベートである物事と関係する時にも使えますし、人と関係する場合にも使うことができます。 また、仕事として「携わる」という場合は、ただ関係を持つだけではなく、その業務などの発展に貢献している、というニュアンスが含まれます。 「携える」の意味は「手にさげて持って行く」 「携わる」に似た言葉に「携える」があります。 送り仮名が違うだけですが、全く違う意味になります。 「携える」は「 手にさげて持って行く、身につけて持つ」という意味です。 「携わる」のその他の類語・同義語 係う/拘う(かかずらう) 「係う・拘う」の意味は、 ・かかわり合う。 関係する ・この世を、あるいはある事柄を捨てることができない となります。 「係う/拘う」は「関係すること」を表します。 「係う/拘う」はただ関係することではなく、 「めんどうなことやつまらないことに関係する」というニュアンスになります。 例文 ・そんなことに拘っている暇はない。 ・不正事件に係うことはできない。 関与する 「関与」の意味は 「ある物事に関係すること」「関わること」です。 「関与」はただ関係するのではなく、「深く関わる」という意味合いも含まれます。 例えば、「他人の犯罪行為に関与する」や「社長が人事に関与するのは良くない」など使います。 あまり、良くない意味で使うことが多いです。 例文 ・彼は事件に関与している疑いがある。 ・この悪事には彼女も関与していた。 参加する 「参加」の意味は、 ・なかまになること。 行事、会合、団体などに加わること ・法律上の関係に当事者以外の者が関与すること になります。 「参加」は文字通り 「集まりに加わること」を表します。 「携わる」と「参加」は似ている感じがしますが、実はことなります。 例えば、「イベントに参加する」「イベントに携わる」とした場合。 「参加する」はイベントのお客さんを、「携わる」はイベントを企画運営している側を表します。 このように、「参加」と「携わる」は従事するかしないか、関係性の大小によって使い分けできます。 例文 ・初めて研修に参加する。 ・私はセミナーに参加するつもりです。 従事する 「従事」の意味は 「仕事に従うこと」「仕事に携わること」です。 「従事する」は「事に従う」と書きますが、この「事」とは「仕事」を指します。 ある物事に仕事として関係すること、仕事に就く、勤めることを表します。 例えば、「研究に従事する」「事務の仕事に従事する」「ある業種に従事する」などと使います。 例文 ・私は長年、建設作業に従事している。 ・大学卒業後は教育に従事していたが、転職後の職場では事務を担当しています。

次の

「携わる」の意味と使い方、送り仮名、類語、敬語、英語、「関わる」との違い

携わる 敬語

【「携わる」の敬語】 敬語の種類 敬語形 「携わる」のは誰か 尊敬語 携われる 相手 目上の人 謙譲語 携わらせていただく 自分 丁寧語 携わります - どんなに意味を把握して正しい使い方で使えても、正しい敬語表現ができなければ意味がありません。 特に就職活動では正しい敬語が使えなければ有利に活動を進めることも不可能です。 「携わる」を敬語表現にする場合はどうすればよいのでしょうか。 目上の人が携わっているのであれば、尊敬語が使われるので「携われる」へと変わります。 「携わる」のが自分で、へりくだるなら「携わらせて頂きます」になります。 「携わる」の丁寧語は「携わります」なので、状況や相手の立場を考えて使い分けするようにしましょう。 【例文】 「彼はITの仕事に従事している。 」 「従事」の意味を辞書で調べると、「その仕事に携わること」と出てくるのですが、比較対象の「携わる」が使われてしまっています。 これでは分かりづらいのでもう少し意味を簡単にすると、要するに「その職業に就いていること」という認識で良いでしょう。 これだけを見て「従事」と「携わる」は同じ意味の言葉に見えてしまいますが、実際のところは違います。 「従事」はまさに「その仕事をしている」ことであり、「携わる」はどちらかというと「仕事でそのことに関係している」という意味の言葉です。 とても細かくてややこしいですが、「従事」は「携わる」の類語とは言えないことを認識しておきましょう。 【意味の違い】 携わる その物事に仕事で関係している 従事 その仕事をしている その仕事をする職業についている 「従事」と「携わる」の意味の違いはまとめるとこのようになります。 同じ仕事に関わる言葉なので慣れないと混乱してしまいそうですが、使い方を誤ると違う意味で相手に伝わってしまいます。 「従事」は「仕事していること」自体に近く、「携わる」は「仕事で関係していること」に近い意味の言葉と覚えましょう。 「携わる」は「関係している」と意味が強いため、「教育に携わる」なら「教育関係の仕事なのだろうな」とふんわりとした解釈になります。 一方「従事」は、「教育に従事している」とすると「教師辺りの職業だろう」とより具体的な意味として解釈することになります。

次の