ドコモ 5g 対応 端末。 ドコモが「5G SIM」×「4G端末」の動作情報リストを公開、利用不可の機種も

5Gスマートフォンご購入時の注意事項について

ドコモ 5g 対応 端末

モバイル業界では、かなり話題の5G。 4Gでも快適な速度でスマートフォンを操作できていましたが、5Gでは一体どのようになるのでしょうか。 ますます快適で便利になる私たちの生活。 昔は、インターネットは有線でしか繋がらなかったのが、無線で接続するのが当たり前となりました。 常時、インターネットに接続している時代です。 次の5Gもその技術に期待ですが、気になるのが対応機種です。 どのような機種が、5Gを受信するのでしょうか。 今回は、ホットな話題をお伝えしていきます。 *スマホやドコモなどの最新情報発信* LINEにてスマホの最新情報お届けしてます。 話題の最新スマホ情報や 特価スマホや品薄商品の在庫状況などをお届けしてます。 是非、登録してください。 5Gとは? 最近よく耳にする、次世代モバイル通信規格の「5G」。 1Gから始まり、現在はスマホが普及し4Gが主流となりました。 4Gから5Gに進化すると、速度は4Gの100倍となり超高速通信が可能となります。 それに加え、インターネットの遅延を解消し多接続が実現されます。 Wi-Fiよりも速く、映画のような重いデータのダウンロードがわずか数秒で終わるのです。 5Gが普及すれば通信速度がグレードアップするだけでなく、さまざまなモノがインターネットに接続して更に私たちの生活が豊かになります。 例えば、スポーツ観戦なら画像が高精細となり、どの角度からでも自由に映像が観れるようになります。 選手の心拍や脳波を視聴者にフィードバックすることで、臨場感のある体験をすることが可能となります。 また、より正確な自動運転ができるようになったり、情報の遅延がない為かなりリアルタイムな交通情報も知ることができるようになります。 このように、これまでのスマホやパソコンだけが通信に接続するだけでなく、部屋の空調・冷蔵庫の中身の管理・テレビの録画予約などを 5Gを利用して遠隔でスマホから行えるようになります。 これまで4Gでできなかったことが、5Gで実現できるようになります。 2020年前半より、各社は商用サービスの開始を行う予定です。 ・5Gの特性を活かした多様なサービスの広範かつ着実な普及 ・災害時の通信障害を回避する安全・信頼性の向上 ・通信機器の調達先選定を含むサイバーセキュリティ対策 ・ニーズに対応した使いやすい料金設定 5Gが日本全体をカバーするようになるのはもっと先にはなりますが、都市部から地方まで5Gの需要があるところから実用化していくのでしょう。 4Gでは都市部から普及していきましたが、5Gは都市部や地方に関係なくよく、使われるところから普及していきます。 都市部の使われないエリアより、需要がある地方で提供された方が現実的ですよね! 対応機種はどうなるのか スマートフォンでは、Qualcommの最新チップSnapdragon855が搭載されているモデルが、初の5G対応機種となる見込みです。 2019年に発売される、ほとんどのハイエンドモデルのスマートフォンに搭載予定です。 しかしながら、Snapdragon855だけでは5Gに対応できず、5G通信用モデムの「X50」を搭載していなければいけません。 Snapdragon855だけで判断するのではなく、X50搭載かどうかも確認をしなければいけません。 5G対応機種は、非対応機種より2〜3万円高くなると言われています。 まだ、5Gが普及していない中、ユーザーはそれだけの金額を支払って購入するのでしょうか。 提供開始までに、20機種の5G対応機種が登場すると言われています。 買い替えはいつがいいのか 現在発売されている機種は5Gに対応していないため、いち早く5Gを体験したい人は買い替えが必要となります。 機種変更のタイミングとして、今年の夏モデル以降であれば5G対応機種が発売される予定ですが、5Gの提供開始が2020年なのでその頃に買い替えが良いかもしれません。 「スマホは使えたらいいや」と感じている人であれば、まだ購入せず5Gの提供が落ち着いてからの購入でも良いでしょう。 提供後は4Gと5Gが同時に利用されるので、4Gが使えなくなるということはありません。 今が機種変更の時期であれば、今は普通に機種変更して2年後の5Gが浸透した頃に5Gの最新機種に変更するのもいいかもしれません。 5Gに興味があり提供開始時期より体験したいのであれば、数ヶ月待って5G対応機種が出た時に機種変更しましょう。 スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。 スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか? 今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。 しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。 その方法は 各キャリアのオンラインショップを利用します。 このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。 ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えますし キャリアショップや量販店では必須だった頭金が オンラインショップだとなんと 0円、無料なんです。 しかも余計なオプション加入もないですよ。 また余計な営業を受ける事もないです 時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。 でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~ なんて思う人もいるでしょう。 そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。 オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い キャリアショップに設定する事ができます。 料金プランや端末で不安なら全キャリア 事前にチャットで質問する事もできます。 まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

次の

3月25日開始! NTTドコモが「5G」サービスの料金、端末を発表

ドコモ 5g 対応 端末

NTTドコモは、2020年3月18日、「5G」の通信サービスを3月25日より開始すると発表した。 料金プラン、エリア展開などをのほか、5Gに対応するスマートフォンなど7端末も発表された。 5G専用料金プラン「5Gギガホ」「5Gギガライト」は、4Gの通信プランにプラスして月額500円で利用可能 NTTドコモの「5G」サービスは、2020年3月25日より開始される。 注目の対応エリアだが、サービス開始当初は、オリンピック関連施設およびスタジアム、全国各地の主要ターミナル駅、商業施設、ドコモショップなど、全国150か所、500基地局というかなり限定されたスポットとして展開されるという。 利用する周波数帯だが当初についてはSub-6のみで通信速度は下り最大3. 4Gbps、上り最大182Mbpsとなる。 その後、2020年6月以降にミリ波サービスが開始予定となっており、通信速度は下り最大4. 1Gbps、上り最大480Mbpsとなる見込み。 2021年3月末時点で全国の政令指定都市を含む500都市にエリアを広め、2022年3月末に全国2万基地局の稼働を目指す。 5Gエリアは当面はスポットとして展開する。 NTTドコモではLTE用の周波数帯を5Gで利用することは当面想定していないようで、こちらの基地局数はどれもSub-6とミリ波の5G専用周波数帯のものになる NTTドコモでは全国を10km四方に区切ったエリア内に、その地域の5G基地局の拠点となる特定基地局を作ることを重視している。 その特定基地局の展開率では2023年度中に97%を目指す 5G用の料金プランとしては、「5Gギガホ」と「5Gギガホライト」の2種類が発表された。 「5Gギガホ」は、月額7,650円で、月間通信容量最大100GB。 ただし、当面の間行われる「データ量無制限キャンペーン」により、通信容量無制限で利用できる。 なお、このプランでは同キャンペーン期間中であっても、テザリングなどの利用条件を問わず帯域制限はかからない。 また、5Gエリア以外では4Gまたは3Gの通信が利用でき、こちらもキャンペーン中は通信容量無制限となる。 LTE向けの「ギガホ」にプラスして月額500円で5Gサービスを利用できるようになる。 もうひとつの「5Gギガライト」は、月間1GB以下なら月額2,980円、月間3GBまでなら月額3,980円、月間5GB以下なら月額4,980円、7GB以下なら月額5,980円で利用可能という段階的プランだ。 これらの料金プランには、従来からの「みんなドコモ割」 月額最大1,000円 、や「ドコモ光セット割」(月額最大1,000円)が適用されるほか、契約当初6か月に限り月額1,000円の割引が適用される「5Gギガホ割」が適用される。 なお、従来は、定期契約の有無を選べたが、これらの5G向けプランでは定期契約なしに一本化されている。 その代わりに、支払いにdカードを使った場合に月額170円の割引が適用される「dカードお支払い割」が用意される。 「5Gギガホ」は、月間通信容量100GBのプランだが、終了期間未定の「データ量無制限キャンペーン」中については、5Gおよび4G、3Gの通信容量無制限となる なお、同時に発表された5G対応端末は、スマートフォン7機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計8機種。 このほか、4G対応スマートフォン4機種、タブレット1機種も発表された。 各機種の特徴を以下に紹介する。 スリムかつハイスペック。 5Gスマホとしては唯一10万円以下を実現 「Galaxy S20 SC-51A」 グローバルモデルが発表されているサムスンの「Galaxy S20」がNTTドコモより「SC-51A」として発売される。 2インチの有機ELディスプレイを搭載。 SoCは「Snapdragon 865」で、12GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは約1,200万画素の超広角カメラ、約1,200万画素の広角カメラ、約6,400万画素の望遠カメラという組み合わせのトリプルカメラ。 フロントカメラは約1000万画素だ。 5G通信機能は、Sub-6に対応する。 前モデル「Galaxy S10」では搭載されていたフルセグ・ワンセグのテレビチューナーは非搭載になったが、FeliCaポートは引き続き搭載される。 ワイヤレス充電にも対応している。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は93,600円。 発売日は3月25日だ。 話題を呼んだシャープの鬼スペック5Gスマホがドコモからも登場 シャープ「AQUOS R5G SH-51A」 ソフトバンクからすでに発表さレテイルシャープ「AQUOS R5G」が、NTTドコモからも「SH-51A」として発売される。 5インチのPro IGZO液晶ディスプレイを搭載。 SoCは、「Snapdragon 865」で、12GBのメモリーと256GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは、約1,220万画素の標準カメラ、約4,800万画素 の超広角カメラ、約1,220万画素の望遠カメラ、被写界深度を計測するTOFカメラという4基のカメラを組み合わせたクアッドカメラだ。 フロントカメラは約1,640万画素となっている。 5G通信機能としては、Sub-6に対応する。 フルセグ・ワンセグのテレビチューナーおよびFeliCaポートは搭載されるが、ワイヤレス充電には非対応となる。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は、101,520円。 発売日は「Galaxy S20」と同じく3月25日だ。 5G対応のデュアルスクリーン対応機 LG「LG V60 ThinQ 5G L-51A」 ソフトバンクからすでに発表されているLGの「LG V60 ThinQ」が、「L-51A」としてNTTドコモからも発売される。 同梱されるディスプレイ付きのケース「LGデュアルスクリーン」を装着することで、2画面スマホに変身する点など基本性能に変わりはない。 8インチの有機ELディスプレイを搭載。 デュアルスクリーン時には2倍の画面サイズ解像度となる。 SoCは「Snapdragon 865」で、8GBのメモリー、128GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは、約6,400万画素、約1,300万画素、TOFカメラという組み合わせのトリプルカメラ。 フロントカメラは、約1,000万画素だ。 5G通信機能は、Sub-6に対応する。 FeliCaポートを搭載し、ワイヤレス充電にも対応するが、フルセグ・ワンセグチューナーは非搭載となる。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は107,280円。 4月下旬以降の発売を予定している。 ZEISSレンズ搭載の高性能クアッドカメラを搭載する5Gスマホ ソニーモバイル「Xperia 1 II SO-51A」 国内での発売が予告されていたソニーモバイルの「Xperia A II」が、「SO-51A」としてNTTドコモから発売される。 基本性能はグローバルモデルと変わらないが、国内向けの機能追加がなされている。 5インチの有機ELディスプレイを搭載。 SoCは「Snapdragon 865」で、8GBのメモリー、128GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは、約1,200万画素の標準カメラ、約1,200万画素の超広角カメラ、約1,200万画素の望遠カメラに加えて、被写界深度を計測する3D iTOFカメラを組み合わせたクアッドカメラだ。 なお、TOFカメラを除く3台のカメラにはZEISS監修のレンズを搭載している。 フロントカメラは約800万画素だ。 5G通信機能は、Sub-6に対応。 FeliCaポート、フルセグ・ワンセグテレビチューナー、ワイヤレス充電のいずれにも対応している。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は112,320円。 4月下旬以降の発売予定だ。 ミリ波対応の5Gモデル。 5Gのミリ波に対応するのが特徴だ。 8(高さ)mm、重量約186g。 7インチの有機ELディスプレイで、「Galaxy S20」ひとまわり大きめ。 SoCは「Snapdragon 865」で、12GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは約1,200万画素の超広角カメラ、約1,200万画素の広角カメラ、約6,400万画素の望遠カメラに加えて、TOFカメラが追加されている点が「Galaxy S20」とは異なる。 フロントカメラは約1000万画素だ。 5G通信機能では、Sub-6に加えてミリ波にも対応しており、対応エリアでは下り最大4. 1Gbps、上り最大480Mbpsの高速なデータ通信が行える。 フルセグ・ワンセグのテレビチューナーが非搭載だが、FeliCaポートは搭載されている。 ワイヤレス充電にも対応する。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は、通常モデルとオリンピック記念モデルともに104,400円。 発売日は通常モデルが5月下旬以降、オリンピック記念モデルが6月以降の予定だ。 オリンピック記念モデルはマットゴールドのボディカラーが特徴 富士通としては久しぶりのハイエンドモデルは薄型ボディの5G対応モデル。 ミリ波にも対応 富士通「arrows 5G F-51A」 今回初披露となった富士通の「arrows 5G」は、富士通としては久しぶりのハイエンドモデルとなる。 8(厚さ)mmで、重量は170g台。 7インチの有機ELディスプレイを搭載する。 SoCは「Snapdragon 865」で、8GBのメモリーと128GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは約4,800万画素の広角カメラ、約1,630万画素の超広角カメラ、約800万画素の望遠カメラという組み合わせのトリプルカメラだ。 フロントカメラは約1,000万画素となる。 FeliCaポートは搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電には非搭載となっている。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は、122,400円。 発売は6月以降を予定している。 トリプルカメラを搭載する4G版のエントリー向けXperia ソニーモバイル「Xperia 10 II SO-41A」 ソニーモバイルから国内での発売が予告されていた「Xperia 10 II」がNTTドコモから「SO-41A」として発売される。 0インチの有機ELディスプレイを搭載。 SoCは「Snapdragon 665」で、4GBのメモリーと64GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは約800万画素の超広角カメラ、約1,200万画素の標準カメラ、約800万画素の望遠カメラという組み合わせのトリプルカメラだ。 フロントカメラは約800万画素となっている。 FeliCaポートは搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電には非対応となる。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は43,200円。 5月下旬以降の発売予定だ。 MediaTek製のSoCを搭載するエントリー向けGalaxy サムスン「Galaxy A41 SC-41A」 「Galaxy Feel」シリーズの後継となるサムスンのエントリー向けモデル。 1インチの有機ELディスプレイを搭載する。 SoCには、台湾・MediaTek社製の「Helio P65」を採用し、4GBのメモリー、64GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 メインカメラは約4,800万画素の広角カメラ、約800万画素の超広角カメラ、約500万画素の被写界深度計測カメラという組み合わせのトリプルカメラ。 フロントカメラは約2,500万画素だ。 FeliCaポートは搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電には非対応となる。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は33,840円。 6月以降の発売を予定している。 2万円台前半で買えるエントリー向け4Gスマホ 富士通「arrows Be4 F-41A」 富士通「arrows Be3」の後継となるエントリー向けモデル。 今回発表された製品ラインアップでは最安となる21,600円(NTTドコモの直販サイトにおける販売価格)という価格設定だ。 6インチの有機ELディスプレイを搭載するやや小ぶりのモデルだ。 SoCは、「Snapdragon 450」で、3GBのメモリー、32GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 メインカメラは約1,310万画素のシングルカメラ、フロントカメラは約810万画素だ。 FeliCaポートは搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電には非対応となる。 6月以降の発売を予定している。 Snapdragon 845を搭載したエントリーモデル LG「LG Style 3 L-41A」 「LG Style2」の後継となる4G対応のエントリーモデル。 1インチの有機ELディスプレイを搭載する、ミドルサイズの製品だ。 SoCには「Snapdragon 845」を搭載し、4GBのメモリーと64GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを備える。 OSはAndroid 10。 本機のSoCは、2年前に登場したとはいえ純然たるハイエンド向けであり、現在でも第一線レベルの処理性能と高いグラフィック性能を備えている点が異色だ。 メインカメラは約4,820万画素の標準カメラと約500万画素の超広角カメラという組み合わせのデュアルカメラだ。 フロントカメラは約810万画素。 FeliCaポートは搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電には非対応となる。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は、38,160円。 6月以降の発売を予定している。 1インチディスプレイを搭載する4G対応Androidタブレット シャープ「dtab d-41A」 従来はファーウェイ製だった「dtab」がシャープ製となって登場する。 1インチの液晶ディスプレイを搭載する。 SoCは「Snapdragon 665」で、4GBのメモリー、64GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。 OSはAndroid 10。 LTEの通信機能は下り最大400Mbpsに対応しており、前モデルの「dtab」より高速なダウンロードが行える。 NTTドコモの直販サイトにおける販売価格は、42,480円。 今夏の発売を予定している。

次の

5G対応機種(au,ドコモ,ソフトバンク)端末/スマホ/携帯まとめ

ドコモ 5g 対応 端末

ドコモ5Gの対応エリアは? 対応エリアは、首都圏や全国の主要都市圏から始まり、徐々にエリアが拡大していきます。 しかし、現在では、駅や大きな商業施設などの周辺でのみで5Gを使えるようになっており、エリア外では4Gを使うのが一般的です。 その為、対応端末を購入しても、5Gの性能を最大限に引き出すシーンは少なく、4Gでの通信や通話が主な使い方になります。 ギガホは100GBまで使えるプランですが、キャンペーン期間中は無制限で通信制限無しで使えるようになっているのは魅力的です。 一方で、ギガホライトは、4G版と同様のプランであり、使った分だけ段階的に料金が高くなっていく仕組みになっています。 ギガホの料金 ギガホは、定期契約無しで月額7650円となっていて、100GBまで使えます。 また、定期契約無しの場合、解約をする時に解約金が発生しません。 この月額利用料から様々なキャンペーンでの割引や条件を満たした時に適用される割引によって、より安く使えます。 ギガホライトの料金 ギガホライトは、ギガホのように100GB使う予定が無く、より安く使いたい時に便利なプランです。 定期契約なしで1GB以下のデータ通信を行わない場合、月額料金は3150円となっています。 最大7GBまで高速通信を使う事が出来ますが、月額料金は6150円になってしまいますので、これだけ使うのであれば、ギガホの方が遥かにお得に使えます。 ユーザーは、通話中心で使うのか、それとも、データ通信中心で使うのかを確認してからプラン契約を行う事が大切になってきます。 新通信方式においても、契約プランはシンプルに設定されていますので、4G時代とほぼ同じ感覚で契約出来ます。 割引制度はある? 割引に関しては、指定されたクレジットカードでの支払いや3回線以上の契約、光回線の同時契約などの条件を満たしていれば、複数の割引が適用されるケースが多々ありますので、安く利用可能です。 家族でまとめてドコモの回線を使えるようになっていれば、条件によっては単独でそれぞれ契約するよりも遥かに安くなります。 通話定額にしたい時には、かけ放題オプションと5分間無料通話オプションを契約しておきます。 それぞれ月額1700円と700円となっていますので、契約プランに合算して請求されますが、よく通話を行うのであれば、これらのオプションを追加しておくと便利です。 5G対応のドコモスマホの特徴 ドコモ5G対応モデル• Galaxy S20 5G SC-51A• AQUOS R5G SH-51A• LG V60 ThinQ 5G L-51A• arrows 5G F-51A 対応端末では、エリア外での通信は4Gを使った通信や通話が行えます。 その為、例え、5Gが使えなくても、代わりに4G通信を使う事が出来ますので、多くのシーンで困る事は無いでしょう。 格安SIMとは違って、大手キャリアが提供している4Gプランは、通信速度制限が行われるまでは十分に高速な通信速度を誇っていますので、大容量プランに入っていれば、動画視聴、ゲームのダウンロードやプレイに支障が出る事は無いでしょう。 ドコモの新サービスに対応している端末は、人気機種の最新モデルが続々と発表されました。 性能面では、ほぼ完成の域に達しています。 特にハイエンドモデルに関しては、負荷の高いアプリを動作させても快適に動作させるだけの性能を持っていますので、どのような用途でも使えます。 新しい通信方式は、6GHz以下の周波数帯を採用しているLTEとの互換を維持していて、それに加えて、マイクロ波に近い28GHzの周波数帯にも対応しています。 主な特徴は、低遅延である事と大容量データを高速転送させられる点です。 また、機器を100台同時に接続する事も可能になりますので、普及が進めば、消費者は4G世代よりも高速なモバイル通信環境を使えるようになります。 スマートフォンやモバイルルーターでも5Gを使う事が出来る予定であり、現在は対応スマートフォンが市場に出回っています。 しかし、現在では、対応エリアがまだ限定されていますので、スポット周辺まで行かなければ、新しい通信方式を試す事が出来ません。 基地局の増強が進めば、次第に高速なデータ通信を行える環境が整い、4Gに頼らなくても済むようになるでしょう。 通信エリアを広くするには、低周波数帯を使うのが一番効果的です。 しかし、5Gにおいては高周波数帯を使っている為、広範囲で通信するのには向いていません。 新しい通信方式を普及していくには、新しい基地局をどれだけ設置出来るかにかかっています。 現在、日本では第5世代移動通信システムのサービスが始まったばかりであり、普及するまでには一定時間が掛かります。 4Gと併用してサービスを展開しているのは、新通信方式特有の事情によるものだからです。 新しい通信サービスは、今まで行ってきた用途をより便利にしてくれます。 大容量データを扱う機会が多い場合には、新通信方式によるモバイル回線サービスは魅力的な選択肢となり得るでしょう。 まとめ ドコモの5Gサービスについてまとめました。 まだ5Gが使えるエリアが狭いため、基本的に4G回線をいままでどおり使うことになります。 よって利用料金や対応端末なども4Gベースのままですね。 来年、再来年とエリア拡大されるにつれて、5G向けの専用サービスも登場していくかもしれません。 せっかくに高速回線なので、十分堪能できるプランが登場するといいですね。

次の