ウクレレ ハッピー バースデー コード。 アコギ初心者のハッピーバースデー!弾き方とコードチェンジのコツ

ウクレレコードの覚え方 | 川井美智子ウクレレ教室(千葉 習志野)

ウクレレ ハッピー バースデー コード

キーがCメジャーだと、このようなメロディラインになります(16分音符は8分音符のシャッフルとして捉えてもOK)。 まずはメロディだけ、フィンガーピッキング(指弾き)で弾いてみましょう。 メロディは1~3弦の使用なので、右手の指使いに特にこだわったプレイスタイルが無い方は、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指で捉えるよう弾いてみてください。 それでは続いて、コード進行を元にベース音となるルート音を足していきます。 「ハッピーバースデイ」メロディにベース音を付け足す ベース音となるルート音を付け足すことによって、自ずと左手の指使いも見えてきます。 2小節目Cコードの小節では、左手薬指で5弦3フレットのド、そして中指で3弦2フレットのラを捉えます。 4小節目Gコードの小節でも同様に、左手薬指で6弦3フレットのソを、3弦2フレットのラは中指で捉え、2弦3フレットのレを押さえる時は小指で捉えます。 6小節目Cコードの小節では、左手薬指で5弦3フレットのドを、1弦3フレットのソは小指で捉えてください。 7小節目Fコードの小節では、握り込みフォームで左手親指で6弦1フレットのファを押さえ、3弦2フレットのラは中指、1弦1フレットのファは人差し指で捉えます。 8小節目の3拍目ではGコードにチェンジ。 左手の指使いは薬指で6弦3フレットのソを、小指で2弦3フレットのレを捉えます。 続いてはさらに音を足していき、ソロギターアレンジ全体を豪華にしていきましょう。 「ハッピーバースデイ」ソロギター完成型 *目標テンポ80 こちらが「Happy Birthday」ソロギターの完成型です。 3弦と2弦を同時に弾く時は、右手人差し指で3弦を、中指で2弦と捉えます。 3弦~1弦を同時に弾く時は、右手人差し指で3弦、中指で2弦、薬指で1弦を捉えてください。 最終小節では、5弦3フレットを右手親指で、4弦2フレットを人差し指、3弦開放を中指、2弦1フレットを薬指で弾きます。 おわりに.

次の

第4回:「ハッピー・バースディ」

ウクレレ ハッピー バースデー コード

第3回は「オーラ・リー」でセーハを練習します。 今回は「ハッピー・バースティ」(Music by Mildred J. こういう曲がサラっと弾けると楽しいですよね! 解説部分ではセーハの押さえ方を紹介しています。 本をお持ちの方はP59の楽譜をご参照ください。 奏法ポイント:F7の押さえ方 この曲ではF7(3・1・3・2)というコードを使用しています。 「ハッピー・バースディ」に限らず、よく使用されるコードなのですが、ちょっと押さえ方が難しいので、ぜひこの曲で覚えてしまいましょう。 このコードの押さえ方を覚えると、G7(5・3・5・4)、A7(7・5・7・6)も同じ指の形で押さえることができます。 本をお持ちの方はP59の譜例内にある解説番号2を参照してください。 動画を参考に演奏してみてください。 本ではP59の解説番号6で触れています。 次回は「きらきら星」でアルペジオ演奏に挑戦します(2013年7月10日アップ予定)。 本連載の楽譜は下記の書籍に掲載されています。

次の

ハッピーバースディの楽譜って・・・

ウクレレ ハッピー バースデー コード

どうも!ウクレレを相棒にアメリカを1周する旅ウクレレ芸人ブロガーの竹内です。 ウクレレと共にアメリカを旅するのが僕の夢だったんですよね。 そして、何か楽器がしてみたいなーって人には必ずウクレレをおすすめしているんです。 その理由は、僕がウクレレを買ってから5日で5曲が弾けるようになったから。 音楽センスの全くない僕でもできちゃう楽器がウクレレなんです。 今回はそんな僕がつかんだ コツと練習方法をまとめていこうと思います。 ウクレレは本当に速攻で上達するのでこれを読んで早く弾けるようになりましょう! ウクレレを持ってない人も超簡単なのに超楽しいのでぜひウクレレ始めてみてください。 竹内式ウクレレ弾き語り練習方法 ギターならば最初の一ヶ月から三ヶ月は曲に手を出せませんが、 竹内式ウクレレ練習は基礎練習は無くていきなり曲を弾くところから始まります。 基本はYouTubeでコードと弾き方を載せてくれている動画を参考に練習を進めていくんですが、その練習手順は次の5つです。 まず一曲弾けるようになろう! いきなり結果が出ちゃうと人間やる気が出るもんです。 ウクレレを初めて手にした全くの素人の状態から僕は30分で弾き語りできました。 初めたてだとコードチェンジが遅くて右手と左手がリズムが合わないと思いますが、何回も挑戦していればすぐ速くなりますよ。 これでC、G7、Fのコードと4ビートをマスターすれば、これを土台にしてだいたいの曲が弾けるようになります! 弾きながら歌うってやってみると意外に難しいんですけど何回も挑戦すればすぐできます。 これが弾けたら次は他の曲にどんどんチャレンジしましょう! 一曲弾けたら次にすること 僕は一曲弾けてからはこの人の動画を見て練習して上達していきました。 このガズレレっていうユーチューバーは他にもいろんな曲を初心者用にアレンジしてくれててそれも一曲ずつ丁寧に教えてくれるので、弾きたい曲を探してそれを練習するといいと思います。 この人の動画の使い方として、 コードをノートに書き写して、タイミングをはかりながら歌詞も書いていって、自分で作ったその楽譜を見ながら練習していくのがコツです。 コードの抑え方、右手の使い方も初心者向けに解説してくれているので 素人の上達にはこの人の動画を見るのが手っ取り早いです。 まずは4ビートの曲からやって、そこからアルペジオや8ビートの曲にも挑戦してみましょう! 最後に 僕がしたのはたったこれだけ。 ちょっと弾きづらいコードが出てきたり歌のタイミングが合わなかったりして難しく感じる時もありましたけどそれでも少しずつできるようになってくるので諦めないで練習してください。 ギターは一曲に一ヶ月かかるのが当たり前ですが ウクレレは一曲が一日で弾けます。

次の