ソビエ ツカヤ ロシア。 ソビエツキー・ソユーズ級戦艦

リプニツカヤに罰金処分

ソビエ ツカヤ ロシア

ソビエツキー・ソユーズ級戦艦 基本情報 艦種 () 命名基準 との国名 前級 改 () 次級 要目 基準:59,150 常備:62,536トン 満載:64,121トン 271. 5m 最大幅 38. 92m 10. 6cm(50口径)3基 1938年型 15. 2cm(57口径)6基 1940年型 10cm(56口径)6基 1941年型 37mm(68口径)8基 装甲 舷側:220mm~380mm~420mm(水線部、10度傾斜)、155~25mm(水線下装甲) 甲板:25mm(上甲板)、100mm~170mm(主甲板)、50mm(下甲板) 主砲塔:495mm(前盾)、230mm(側盾)、410mm(後盾)、230mm(天蓋) 主砲部:425mm(主甲板)、50mm(下甲板) 副砲塔:100mm(前盾)、65mm(側盾)、-mm(後盾)、100mm(天蓋) 副砲バーベット部:100mm(主甲板)、65mm(下甲板) 司令塔:425mm(前盾)、425mm(側盾)、-mm(後盾)、250mm(天蓋) 4機搭載予定 ソビエツキー・ソユーズ級戦艦(ソビエツキー・ソユーズきゅうせんかん)は、(以下、ソ連)で計画されていたの ()である。 後半に 4 隻が起工したが、の勃発によりすべて建造中止となり、建造が再開されないまま戦後に全艦が解体された。 概要 [ ] とののち、新生ソ連海軍に残っていた戦艦は実質(「ガングート」級)の3隻だけであった。 そのため、頃から国内での建造を考えていた時期もあった。 5月に成立した艦隊整備計画(「」計画)によって、戦艦8隻、16隻を中心とする艦隊をまでに国内で建造することになった。 しかしこの計画は、実行前のには早くも改訂作業が行われ、に承認された艦隊整備計画では、戦艦8隻、重巡洋艦4隻を中心とする艦隊をまでに建造すること、に下方修正された。 しかし、米国でさえ保有していない45. さらに、1936年から翌年にかけてののにより新艦の設計は影響を受け、設計が完成したのは1937年10月であった。 最終的には1938年の第三次の一環として計画が纏められ、ようやく建造計画が承認された。 この計画の 中核となったものが、本項で解説する「ソビエツキー・ソユーズ」級である。 計画ではソビエツキー・ソユーズ級は8隻が建造される予定となっていたが、この時点で起工されたものは4隻に留まり、1938年に1番艦「ソビエツキー・ソユーズ」がのオルジョニキーゼ工廠(第189工廠)で、に2番艦「ソビエカヤ・ウクライナ」がのマルティ南工廠(第198工廠)で起工され、翌1939年には3番艦「ソビエツカヤ・ベロルーシヤ」が(後のセヴェロドヴィンスク)の第402工廠で起工された。 には4番艦「ソビエツカヤ・ロシア」が3番艦と同じくモロトフスクの第402工廠で起工された。 当時のソ連にはこれらの大型艦を建造できる設備が限られていたため、オルジョニキーゼ以外では建造作業を充分に遂行する能力が不足していたが、それ故、戦艦4隻を建造するためにオルジョニキーゼ工廠を延々と専有させることはできず、建造所を分散させる必要があった。 このため、まずは各工廠を拡張しなければならず、また全ての工廠に建造に必要な設備が揃っていなかったため、最も設備の充実した工廠(主にオルジョニキーゼ)で各部コンポーネントを建造した後に、他の工廠に輸送して改めて建造を続行する、という過程が必要となった。 更に、ソ連の工業・造船界にはを始めとしてこの大きさの船舶を建造するために必要な技術力が不足しており、いくつかのコンポーネントを外国に発注せざるを得なかった。 建造開始後も、必要とする膨大な量の造船用鉄鋼の生産が追いつかず、材料不足でたびたび工事が中断した上、装甲板の生産技術の不足から、複数回の設計変更が必要となった。 このため、4隻全てを完成させることは困難であるとして、まずはに、使用するに品質問題が発生したため、起工直後に「資材の準備段階からのやり直しが必要である」として工事が中断されていた3番艦(予定艦名:ソビエツカヤ・ベロルーシヤ)の建造中止が命令され、準備されていた資材はのための建設のために転用された。 政府と赤軍は残る3艦の完成を目指したが、にが勃発すると、莫大な資源を必要とする大型艦の建造は見直さざるを得なくなり、1941年には、1、2、4番艦共に工事は中止となり、これら3隻は同年をもってソ連海軍船籍より一旦除外された。 大戦の終結後、海軍は建造計画の再開を模索したが、1941年に建造中止となった時点で各艦はそれぞれ• 1番艦 ソビエツキー・ソユーズ:工事完成度約21. 2番艦 ソビエツカヤ・ウクライナ:工事完成度約18%• 3番艦 ソビエツカヤ・ベロルーシヤ:建造中止• 4番艦 ソビエツカヤ・ロシア:工事完成度約1% という状態になっており、ソビエツキー・ソユーズは戦争中に受けた砲爆撃の損傷と、レニングラード防衛のために鋼材が転用されたことから、の終戦時には工事完成度は19. 5%に後退していた。 より状態が深刻なのはソビエツカヤ・ウクライナで、ニコラエフが1941年8月にドイツ軍に占領された際に鹵獲されたが、ドイツ軍が要塞の防御強化のために艦首と艦尾を解体して鋼材として転用してしまった上、の撤退時にの支柱を爆破したため、船台上で大きく傾いて復旧不能となっていた。 大戦で国家経済に大きな被害を受けたソ連には、戦艦のような莫大な国家資源を必要とするものを建造するような余裕はなく、また、戦艦という存在自体の戦略的・戦術的価値が失われているとして、ソビエツキー・ソユーズ級戦艦の建造計画は放棄されることになった。 この決定に従いソビエツカヤ・ウクライナとソビエツカヤ・ロシアは1947年3月27日付で建造の中止と解体が決定したものの、スターリンは最も工事が進行していたソビエツキー・ソユーズ1隻だけでも竣工させることを望んだため、1948年5月29日には建造の再開が決定されて改めて発注され、ソビエツカヤ・ロシア用のタービンを転用して完成させる計画とされた。 しかし、翌年1949年4月には再度の建造中止が決定され、ソビエツキー・ソユーズも解体処分となった。 建造の進むソビエツキー・ソユーズ 1942年6月1日の撮影 この後、ソビエツキー・ソユーズ級の設計を元に、拡大発展型もしくは拡大改良型としたいくつかの戦艦の設計案が構想、もしくは検討されたが、実現に至ったものはなく、ソビエツキー・ソユーズ級はソ連海軍にとって最初で最後、かつ未完のまま終わった唯一の「ソ連海軍において設計され、実際に建造された戦艦」となった。 なお、ソビエツキー・ソユーズ級と共に「」計画の中核となる予定であった重巡洋艦は、要求仕様が定まらずに二転三転し、最終的には基準排水量38,540トン、30. 5cm砲3連装3基9門装備の最大速力32ノットという「」としてに2隻が起工されたが、製造遅延が派生して工事が予定通りには進行せず、独ソ戦の勃発によって建造が中止され、後に未完成のまま解体された。 本級の設計に影響を与えたヴィットリオ・ヴェネト級の図 船体形状はのの影響を強く受ける長船首楼型である。 艦首前方に向けて傾斜したクリッパー・バウであり、ヴィットリオ・ヴェネト級とは異なり凌波性を考慮した艦種のシア(甲板の傾斜)が存在する。 船体形状は全長が271. 5mに比較して全幅が38. 92mと充分すぎる全幅を持っていた。 これは高速性能を犠牲にしても砲撃時の安定性や防御重量の確保を採ったためである。 シアのある艦首甲板から本級より新設計の「1937年型 40. 6cm(50口径)砲」をに納めて1・2番主砲塔を背負い式に2基ずつ配置した。 本級の艦橋構造はの「」によく似ていた。 装甲司令塔を組み込んだ箱型のの背後に頂上部にとを配置した背の高い戦闘艦橋が立つ。 艦橋の背後は直立した2本が立っており、煙突の間は置き場とした。 艦載艇の運用には2番煙突の手前に立つ後部を基部とする1基により運用された。 舷側甲板上には副砲の「15. 2cm(57口径)速射砲」を連装式の副砲塔に収めて片舷3基ずつ計6基配置したが中央部の砲塔のみ高所に配置して艦首尾方向への射界を確保した。 副砲塔と煙突の間には「10cm(56口径)」を連装砲架でを片舷3基ずつの計6基を配置した。 2番煙突の後部には後部艦橋があり、船首楼の最後に3番主砲塔が後向きに1基配置された。 3番主砲塔の左右後方に爆風対策に装甲シャッターで覆われた格納庫が設けられ、そこから甲板一段分下がった後部甲板上に設けられた左右一対のクレーンとで水上機は運用される設計であった。 武装 [ ] 主砲 [ ] 本級の主砲には新開発の B-37 1937年型 50 口径 406 mm 砲を採用した。 その性能は重量1,108kgの砲弾を最大仰角45度で45,600mまで届けられ、射程13,600mで舷側装甲406mmを貫通できるこの砲を新設計の3連装に収めた。 砲塔の俯仰能力は仰角45度・俯角2度で旋回角度は船体首尾線方向を0度として砲塔が左右150度の旋回角度を持っていた。 装填は仰角5度の固定角度装填方式で発射速度は毎分1. 75発の設計であった。 実射テスト中のB-37 406 mm 砲 副砲・高角砲、その他の備砲 [ ] 本級の副砲には同時期に設計されたの主砲にも採用されている新設計の B-38 1938年型 57 口径 152 mm 速射砲を採用した。 その性能は重量55kgの砲弾を最大仰角45度で23,720mまで届かせるこの砲を以来の砲塔形式に収め、連装砲塔で6基を配置した。 砲塔の俯仰能力は仰角45度・俯角5度であった。 砲塔の旋回角度は舷側甲板に直置きされた物は135度で高所に配置された砲塔は180度の旋回角度を持っていた。 装填は仰角8度の固定角度装填方式で発射速度は毎分7. 5発の設計であった。 高角砲も新設計の B-34 1940年型 56 口径 100 mm 高角砲 を採用した。 その性能は15. 6 kgの砲弾を仰角45度22,241 m、最大仰角85度で高度9,895 mまで届けられたこの砲を連装砲架で6基を配置した。 連装砲架の旋回と俯仰は電動と人力で行われ、俯仰は仰角85. 5度・俯角5. 5度で旋回角度は360度旋回角度を持つが実際は上部構造物により射界に制限があった。 発射速度は毎分16発だった。 他に近接火器として 70-K 1941年型 67 口径37 mm 高角機関砲を採用した。 この砲は0. 732 kgの砲弾を仰角45度8,400 m、最大仰角85度で高度5,000 mまで届かられた。 旋回と俯仰は電動と人力で行われ、俯仰は仰角85. 5度・俯角10度で360度旋回できたが実際は上部構造物により射界に制限があった。 発射速度は毎分160~180発だった。 これを四連装砲架で8基を搭載する設計であった。 機関 [ ] 機関配置は自国の巡洋艦と違ってシフト配置ではなく、ボイラー室とタービン機関や補助機械室を前後に置くオーソドックスなものとしている。 重油専焼高温高圧缶12基とBBC社に発注されたタービン3基3軸とを組み合わせて機関出力201,000hp、速力28ノットを発揮させられると計画された。 防御 [ ] 本級は16インチ砲戦艦でありながら満載で排水量6万トンを超える大戦艦であったために防御重量をふんだんに使えた。 このため、水線部には厚さ380mmから420mmなる重厚な装甲を10度の傾斜で張る事が出来た。 水平防御も最上甲板に25mm、主甲板に最厚部で170mmが貼られ、スプリンター(断片)防御として50mm装甲を張るという念の入れようであった。 その防御力は同クラスの16インチ砲戦艦ではのに対して射程距離13,700m~32,000mの安全距離があり、のに対しては25,000m~32,000mの安全距離があるという優秀なものであった。 一方、水線下防御はイタリア式の「プリエーゼ式」水雷防御を採用していた。 これは重油で満たした外筒と空気で満たした内筒の二重構造円筒をバルジ内に埋め込み、魚雷による被害を外筒の変形による衝撃吸収で受け止めるアイディアであり、船体内部には35mmから30mm装甲を水密隔壁として張られたが、工作に非常に技術を要求される設計で同種の構造を持つイタリアでは効果を発揮したものの、旧式艦を改装したコンテ・ディ・カヴール級などは等の実戦で水雷防御が上手く機能せずに大損害を受けている事実から、イタリアよりも造船能力に劣るソ連で建造された本級がカタログデータ通りの水中防御力を発揮できたかは未知数である。 船体底部はバルジと接続した二重底となっていた。 同型艦 [ ] 「ソビエツキー・ソユーズ」級は、ソ連の文化的・民族的・経済的中心である「ウクライナ」、「白ロシア」、「ロシア」の三つの地域(若しくは国家)・民族の名称、そして「ソビエト連邦」そのものを艦名に戴くことから推察されるように、まさにソ連を代表する艦になるはずであった。 登場作品 [ ] ゲーム [ ] 『 』 PlayStation2版の一部の作品に「ソヴィエツキー・ソユーズ級」が敵艦で登場する。 またWindows作品の「」では本級は登場しないものの、ボスキャラクターである超兵器に名前が使われており『超巨大攻撃衛星ソヴィエツキー・ソユーズ』が登場する。 艦船を設計できる作品だが日本、アメリカ、イギリス、ドイツの兵器がメインであり、ソビエトとロシアの兵器は極一部のみが登場するに収まっているため、敵や味方で姿が見えるのみでプレイヤー自身が本級の設計、使用をすることはできない。 小説 [ ] 『 』 「ソビエツキー・ソユーズ」が登場。 元々は3番艦の「ソビエツキー・ベロルーシヤ(劇中では英語読みでソビエツカヤ・ベラルーシ)」であり、史実同様建造が中断されていたが、「元々戦艦や巡洋戦艦に異常な愛着を持っていたが、日本最後の実働戦艦とが日本の南北で米ソ艦隊に大打撃を与えるのを見た結果、艦隊の中核戦力として戦艦が必要だと信じ込んでしまった」という描写があった上で、スターリンの直接命令で「クロンシュタット」「セヴァストポリ」とともに強引に建造が再開され、完成後に改名したという設定とされている。 劇中では北海道戦争においてソビエト海軍援日義勇艦隊旗艦としてアメリカ海軍の「」や海上保安庁の超甲型警備艦「」などと交戦、「アラバマ」を撃沈するが、「やまと」によって大破に追い込まれ、日本人民民主主義共和国(北日本)赤衛艦隊によって救われる。 その後、日本人民民主主義共和国(北日本)が60年代に購入し赤衛艦隊で戦艦「解放」として就役、90年代でも近代化改修 によって現役にとどまっており、統一戦争では赤衛艦隊旗艦として空母「統一」(「」)、巡洋戦艦「栄光」()、巡洋艦「独立」()等ととも海上自衛隊第二機動護衛群と交戦、対艦ミサイルによる飽和攻撃を仕掛けるも全て迎撃され、逆に海自側からの対艦ミサイル攻撃により他艦共々撃沈された。 脚注 [ ]• 劇中では「スカイ・ウォッチ(マルス・パッサート)」や、対艦ミサイル16基を装備している他、描写はないが恐らくを搭載していると思われる。 参考文献 [ ]• 136-139「実現可能か?世界第二の巨大戦艦」ソ連海軍最初にして最後の戦艦 【ソビエツキー・ソユーズ級】• 外部リンク [ ]• 本級の説明(英語)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・・)。

次の

ソビエツカヤ・ロシア(アズールレーン)とは (ソビエツカヤロシアとは) [単語記事]

ソビエ ツカヤ ロシア

返り咲くなんて、とんでもないです。 " -""- " もう昨シーズンくらいから終わった選手だと思う。 ソツコワさんもツルスカヤ選手も、ロシアのチャンピオンシップス代表クラスの選手には、もうなれないです。 来季はGPシリーズの出場も、ツルスカヤ選手は危ないと思う。 ソツコワさんも1枠だと思う ロシア女子シングルの枠が最高で18枠というのが狭き門にしていると思う ソツコワさんは、子供のころは絶対跳べていたルッツジャンプの失敗が増えてます。 回転不足判定も多くとられるようになりました。 ロシアナショナルもフリープログラム後半のジャンプが悉く失敗しています。 ただ単にプログラム後半は跳びあがれなくなっているのだと思う。 それに、ソツコワさんはもともと3番手程度の選手 ジュニア時代から2番手、2番手程度の選手 エース級ではなかった。 それほど連盟もソツコワさんには期待はなかったと思う。 期待があればスベトラーナ・パノバコーチのもとには置いておかない。 早くからツェスカなどに移したと思う。 3番手に良い選手がいないから、ソツコワさんをツェスカに移したようなものだと思う。 将来はコーチにならず、振り付け師志望とはよく考えたなと思う。 振り付け師はジャンプを教えなくてはすむから、生徒に悪いジャンプを教えなくてすむ。 ツルスカヤ選手は、ロシアナショナルだけではなく、ローカル試合のロシア杯から成績不良で、ローカル試合でもレオノワ選手にも勝てないような成績。 しかも、インタビューの内容などが愚痴っぽい。 終わった 咲かずに終わった 選手だと思う。 ジュニア時代は咲いたけど 良いものを持っているのに、病気やケガがあって、活躍できなかった選手というのはたくさんいます。 ツルスカヤ選手もそのひとりでしょう 涙 やまのように、ロシア女子シングル選手は、いますから、大事にされることもないでしょう。

次の

【ロシア】モスクワで宿泊したいおすすめ高級ホテル10選

ソビエ ツカヤ ロシア

により建造中断。 その時点の度はわずか1。 、建造再開をすも果たせず。 ソビエツ・級の四番艦。 大きな標のために小さなを顧みぬ性格だが、その戦と揺るがなさはから信頼されている。 建造となっているが、例によって出る出ないはの運しだい、だが的精でもって努すれば君のところにもが来てくれる…かもしれない。 は終了につき入手。 復刻か通常を待とう。 艤装を整備したらネジが増えた…むっ、「資源がなぜか増えた」という、肯定的な結論にはならないか?ならないのか…… スラリと等身の高い体。 北のらしく防寒性の高いを身に着け、コートを着込んでいるが、その上からもわかる見事ななど、た身体である。 堂々たる態度は、の今般での役にふさわしい雰囲気をもたらす。 だが、実際にをやってもらうと色々と問題が明るみに… 提出文書が足りず、あわてて作り直す…なんていうのは序の口。 整理が極めて下手くそで、個室がになっていたりする。 本人としては、思考でしっかりと行動しているつもりなので始末が悪い。 親密度が上がり、まで行けばもの扱い方を覚えて周りに専念してもらうようにすることになる。 と同時に、監()着せ替え「怠けぬ監視者」もされている。 監の監視者の姿で、ソにだらしなく身を横たえている。 1枚の上半身と、のに包まれた足回りにを奪われたは、にいらっしゃい にゃ。 砲撃開始!押しつぶせ! 1: ート・ストレル 自身の攻撃時. 0 で発動、特殊段幕を展開する(威はによる) 2: の気迫 自身所属の艦隊で・の艦船が1隻につき、自身の・命中が1. 0 5. 0 (最大4隻分まで加算可)。 このは出撃時、所属艦隊の2回のまで適用される の技術を基にしたという史実の経緯を反映してか、のリッとよく似たを持つ。 ただ、命中の値がかなり低いため、などの命中を上げる装備がほしいところ。 1はではおなじみ、発射時発動のだ。 投射される、のような大榴弾、氷の塊の通常弾で構成されている。 2は同じ勢の艦船が多いと効果が上がると命中だ。 上記の命中の低さもこのを活かせばできる。 ただし問題は2回のでしか持たないこと。 つまり防衛艦隊つぶしには向かず、艦隊相手のに使うしかいということだ。 やはり艦隊にできるだけ・の艦船を入れたいところ。 特に、ガングートのを効果的に活かせるのはこのソビエヤ・であるため、ぜひとも組ませてあげたい。 23型戦艦の「ソビエツカヤ・ロシア」だ。 かの大戦で戦略的な存在になる計画だったが、諸原因によって結局実現されなかった。 この艦隊では我が真価を証明し、決定的な戦果をもたらそう とその後の内戦を経て、安定した体制を手にしたであったが、その軍はなものとは言えなかった。 まともなはガングート級ぐらいしかなく、今後の列強を相手に戦う可性を考えると心もとなかった。 そんな状況の中、軍強化を急ぐは諸外からの技術的援助を受けてでも、的な艦艇を急速に整備しようとした。 ソビエツ・級はこうして、の設計案による船体との設計による装・装甲・のした艦として6年に計画された。 しかし、装を担当するはずのはかつて作ったことのない規模の艦(46級搭載、6万2千)のに難色を示し、設計資の支払いが滞ったこともあって結局半・・の計画はオとなった。 さらに、6年あたりから 「などと申しております」「、送りだ」 てな感じで大のが吹き荒れ、ますます設計は遅れてしまった。 設計がして建造計画が承認されたのはまでずれ込んでいた。 計画では8隻が作られることになっていたが、まずは4隻が起工された。 「ソビエツ・」、2番艦「ソビエヤ・」、3番艦「ソビエヤ・ベロシヤ」、4番艦「ソビエヤ・」である。 63連装3基、基準5万9千というこのは、しかし難産となってしまった。 当時のにはこんな大艦を建造できるドックが少なく、設備も貧弱だった。 そのため、もっとも設備が充実していたの工で4隻分の各部コンポーネントを作り、他の工を拡工事したうえで運び込み、めてそこで建造を行うというまさに「泥棒を捕まえて縄をなう」を地で行く状態であった。 その工程においても技術不足・資材不足・生産不足とないないづくしの状態で、たびたび工事は中断した。 4番艦ソビエヤ・は製のタービンがまっに搬入されたが、これは同タービンを産化するための研究用であり、船体はほとんど作られていなかった。 こうした状況から当局とは工程上のが起こった3番艦ソビエヤ・ベロシヤを諦め、3隻だけでもさせようとした。 だが、決定的なことに11年にが起こってしまい、大量の資を要する大建造は中止せざるを得なかった。 この時点での度は、最も工程が進んだソビエツ・でさえ20をちょっとえたところであり、ソビエヤ・に至ってはたったの1であった。 さらに、工を占領したがソビエヤ・の船体の一部を要塞の資材として分捕ってしまい、に反撃されての撤退時にはドックを爆破して船体を復旧な状態にしてしまった。 、は終わったものの、復のためにはいよいよなど作っている場合ではなくなり、の存在意義そのものも、すっかり薄れてしまっていた。 にソビエツ・級の建造計画は放棄された。 4番艦ソビエヤ・は、のタービン部だけが存在する状態で放ったらかしになっていた。 だが、がソビエツ・だけでもさせることを望んだため、タービンを譲ることになった。 しかし結局にこの計画も取りやめとなり、ソビエツ・級は幻のとなった。 理想的な関連動画だ。 次も頼むぞ 提出する関連静画が足りない?むっ初歩的なミスだな…すぐ再作成に取り掛かる。 このことは他言無用で頼む むっ、関連項目リストに抜け漏れがあるだと…?全体には問題ないはずだが…• ソビエツ・級• ソビエツカヤ・ロシア(アズールレーン).

次の