新生児 おしゃぶり いつから。 【医師監修】おしゃぶりは新生児から使える? 効果や使い方は?

新生児のおしゃぶりはいつからいつまで使う?悪影響はある? [ママリ]

新生児 おしゃぶり いつから

もくじ• おしゃぶりはいつから? 私は不思議でした。 どうして赤ちゃんは産まれてすぐにおっぱいを探して吸えるのか? その答えは指しゃぶりにありました。 赤ちゃんはお腹にいる時から 指しゃぶりをしていたのです。 そしてそれは おっぱいを吸う訓練だったのです。 この事実、すごいですよね。 おしゃぶりは必要な訓練だったなんて信じられません。 こんな以前から指をしゃぶっている訳ですからおしゃぶりをさせても問題ないのです。 一般的に市販で売られているおしゃぶりの対象年齢は 生後0~6ヶ月となっています。 この時期におしゃぶりを与えてみて、それで落ち着くのであれば利用してみましょう。 ちなみに私の場合、子どもがおしゃぶりを「ポイッ」と口から出してしまい、嫌がりました。 可愛いキャラクターやオシャレなおしゃぶりをみながら、私が指を加えていたほどです(笑) このおしゃぶりとか可愛いですよね。 おしゃぶりをしたまま寝るのはいい? 答えは NOです。 たとえおしゃぶりを離してくれなくても、寝ている間に外してあげて下さい。 呼吸が出来なくなるケースがあるからです。 おしゃぶりをしなければ寝てくれないのであれば、ぐっすり寝るまで見守ってあげて離してくれそうかを引っ張って確認します。 それでも離してくれない場合はお母さんの指を赤ちゃんの口に入れて、その隙間が開いた瞬間に抜きます。 この方法はミルクをあげる場合も同じです。 ミルクを飲んだまま寝てしまう赤ちゃんがいるので、その場合は寝ている間に母親が外します。 寝ている間にミルクが気管に入り、ムセの原因になりますので注意してください。 消毒方法や注意点 初めて使用する場合、 煮沸します。 2回目以降、 中性洗剤を溶かしたお湯で洗いよくすすぎます。 1~2ヶ月以上使用している場合や、破損している場合 交換します。 破損した場合、中に空洞があり雑菌が発生しやすくなりますので、新しい物に交換しましょう。 新たに購入した物も初回は煮沸して下さい。 ただし、煮沸時間が長いと製品が壊れてしまうので注意が必要です。 注意点としては母乳の乳首とおしゃぶりとではシリコンの方が固く、強力に長く吸っていると将来の 歯並びに影響してきます。 母乳の子はミルクの哺乳瓶を使用した子供よりも比較的歯並びが綺麗です。 遺伝もありますが、私も完全ミルクで歯がガタガタです。 リスクを考慮して、短期間おしゃぶりを利用する事をお勧めします。 おしゃぶりをする時期は赤ちゃんの時期よりも6ヶ月~1歳半の時期が多く、それが癖になってしまいます。 赤ちゃんが落ち着く場合は使用していても問題ありませんが、明らかに不要な年齢になっているのであればおしゃぶりは卒業かもしれません。 編集後記 赤ちゃんが指しゃぶりをするのが、お腹の中からなんて凄いですよね。 おしゃぶりはそんな赤ちゃんの本能から生まれたものですので、害はありません。 なんでもそうですが、 程よく注意点を考慮しながら使用する事をお勧めします。 この時代だから言える事ですが、おしゃぶりの生産場所も必ず確認しましょう。 信用出来る物なのかは母親であるあなたにしか判断出来ません。 プレゼントされた物でも自分で購入する際でも裏面に書かれている事を調べてみる事も、母親としての心遣いだと私は思います。

次の

おしゃぶりはいつから使えるの?メリット・デメリットも紹介!

新生児 おしゃぶり いつから

まずは、寝ている状態から赤ちゃんを抱きあげ、横抱きする手順と方法について説明します。 注意点もしっかりチェックしてください。 1) 寝ている赤ちゃんの頭の下に手をさし入れる 頭を支える方の手を、赤ちゃんの頭の下にそっとさし入れます。 このとき、頭だけでなく、首から頭にかけてしっかり支えるようにしましょう。 2) お尻の下に反対の手をさし入れる 次に、頭を支える手と反対の手でお尻を支えます。 横からさし入れてもいいですが、お股の間からさし入れて支えると、より安定感が増します。 3) 全体をしっかり支えたら、ゆっくり抱き上げる 安定しているのを確認したら、ママの体を赤ちゃんにできるだけ近づけ、赤ちゃんがびっくりしないようゆっくり抱きあげましょう。 「抱っこしようね~」などと声をかけると、赤ちゃんが安心しやすいです。 4) 頭を腕の内側に乗せ、胸に引き寄せて完成 抱きあげたら、赤ちゃんを胸の前に引き寄せます。 そのまま、頭を支えている方の腕の肘あたりに赤ちゃんの頭がくるようにずらし、ママの体に密着させるようにして抱きます。 赤ちゃんが落ち着くよう、腕全体で抱っこしてあげましょう。 このとき、お股の間で支えていた手をぐるっと回してお尻の外側から背中にかけて支えてあげると、より安定します。 ポイント・注意点 比較的楽な抱き方ではありますが、それでも長時間続けていると疲れたり肩が凝ったりしてくるものです。 そこで、できるだけ疲れにくい方法とコツについてもご紹介しましょう。 疲れを軽減するには、赤ちゃんのお尻が抱っこする人のおへそぐらいの高さに来るようにするといいでしょう。 そして、お尻から腰にかけてなめらかにカーブするよう、赤ちゃんの上体が少し高くなるようにして、赤ちゃんを自分の方へ抱き寄せるようにすると、腕だけでなく全身で支えるような感じになるので、肩や腕への負担も減って疲れを感じにくくなります。

次の

赤ちゃんのおしゃぶりはいつから、与える?

新生児 おしゃぶり いつから

おしゃぶりはいつから?選ぶポイントは? おしゃぶりは新生児から使うことができますが、必ずしも使わなければいけないものではありません。 新生児の頃は、上手く吸えなかったり嫌がったりする場合があるので、赤ちゃんの様子を見ながら必要かどうか判断するのがおすすめです。 選ぶポイント• 1.月齢に合わせて選ぶ 各メーカーから、成長段階に合わせて様々なサイズのものが販売されています。 赤ちゃんの月齢に合ったものを選びましょう。 3.素材で選ぶ 赤ちゃんがくわえるニップル部分の素材もポイントです。 柔らかいシリコーンゴム製のものが多いですが、BPAフリーのシリコンや、天然ゴム製のものもあります。 4.お手入れのしやすさで選ぶ おしゃぶりは赤ちゃんの口に直接入るものなので、こまめに消毒して、いつでも清潔にしておきたいですね。 消毒方法は煮沸、薬液、電子レンジの3種類ですが、商品によって対応している消毒方法が異なります。 自分がやりやすい方法で消毒できるかどうかを確認しておきましょう。 おしゃぶりセット おしゃぶり、ホルダー、消毒ケースが揃った便利なセットアイテムをご紹介します。 おしゃぶりを消毒ケースに入れて、電子レンジで1分加熱するだけで簡単に消毒できるので、いつでも清潔に使えます。 バッグにもつけられるので、携帯ケースとしても便利。 ホルダーでおしゃぶりを落とさないように繋げておけるのも嬉しいですね。 あわせて読みたい• 2019-04-10 「赤ちゃん用のガーゼってどんな使い道があるの?」 「どのガーゼを選べば良いの?」 と疑問に思っているママ・パパも多いのではないでしょうか。 こ […]• 2019-05-24 2019年のイトーヨーカドーお中元注文期間は、5月9日(木)~8月11日(日)まで。 誰にどんなギフトを贈ろうか迷いますよね。 この記事では […]• 2019-06-18 「初めてのスプーンってどれがいいの?」 「赤ちゃんが使いやすいスプーンを探し中…。 」 というママ・パパ必見! この記事では、離乳食に使う初めて […]• 2019-11-19 いつ起こるかわからない地震や水害、火災などの災害。 いざというときに備えて、赤ちゃんを守る防災グッズはしっかりと用意しておきたいですよね。 「赤 […]• 2019-10-16 美肌作りのために欠かせない美容液。 でも、高価なイメージがあったり、どの美容液を選んだら良いか分からなかったり、お悩みの方も多いのではないでしょう […]• 2019-11-07 仕事や育児、勉強などで忙しい毎日の疲れをほぐしてくれる癒しグッズ。 最近疲れてるかも・・・!?と思ったら、ぜひゆっくりとリラックスタイムを! […].

次の