エクセル データ 個数。 COUNT関数とCOUNTA関数の使い方|セルの数

[EXCEL]重複するデータの個数を表示する方法|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル データ 個数

(疑問符) 任意の1文字 "A? "・・・「A」で始まる2文字 "? "・・・「A」を含む3文字 "? "・・・「A? 引数をどのように使用するか試してみましょう。 作業時間:3分• 関数名を入力する COUNTIF関数は1つの条件のみ指定することできます。 一方、COUNTIFS関数は複数の条件を指定することが可能です。 またCOUNTIF関数は数式を加算することでOR条件に対応することが可能ですが、AND条件を指定することができません。 COUNTIFS関数はOR条件、AND条件どちらにも対応することが可能です。 COUNTIFS関数のよくあるエラーとその対処方法 VALUE! エラーになる場合 閉じた別ブックを参照している COUNTIFS関数の条件範囲で別ブックのセルまたは範囲を指定している場合、その別ブックを閉じてしまうと仕様上参照することができません。 別ブックを開くか、別ブックを参照しないようにしましょう。 条件範囲が異なっている COUNTIFS関数では、複数の「条件範囲」と「検索条件」を指定できます。 ただし条件範囲の行の範囲が一致していないと VALUE! エラーになります。 もし条件範囲に「B3:B12」と「C3:C10」を指定している場合、行数が違うのでエラーになります。 条件範囲の行数を揃えましょう。 文字列が255文字より長い 検索条件には文字列を指定できますが、仕様上255文字より長いと VALUE! エラーになります。 COUNTIFS関数で0を表示しない COUNTIFS関数では検索条件に合致するものがなければ0を返します。 0を表示させない場合、IF関数と組み合わせます。 IF関数で0の場合は空白と指定しています。 VBAでCOUNTIFS関数を使用するには ExcelではCOUNTIFS関数を使用することで複数の条件に一致するセルの個数を求めることができますが、VBA(マクロ)でもCountIfsを使用すれば同じように複数の条件を満たすセルの個数を求めることができます。 VBAのCountIfsはワークシート関数(worksheetfunction)で使用できるメソッドの1つです。 指定したセル範囲内で、複数の検索条件を満たすセルの個数を求めます。 構文 式としては「WorksheetFunction. CountIfs 条件範囲1,検索条件1,条件範囲2,検索条件2 」のように記述します。 使用例 VBAのコードの中で「CountIfs」がどのように使用されるのか使い方をご紹介します。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

Excelの合計、平均、データの個数

エクセル データ 個数

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelの表に「データが何個あるか」を数えたいとき、セルをクリックしたりカーソルキーを押したりしながら「1,2,3...... 」と数えていませんか? やってしまいがちな操作ですが、正確性に欠けますし、そもそも時間のムダです。 【 エクセル時短】第17回では、データの個数を知りたいときに役立つExcelの2つのテクニックを紹介します。 すばやく個数を知るならステータスバーに注目 1つ目のテクニックは、Excelの機能を使います。 データの個数を知りたいセル範囲を選択し、画面下部のステータスバーをチェックするだけです。 ここでは会員リストの[氏名]列のデータの個数を調べます。 セルB3〜B32をドラッグして選択すると、ステータスバーの右側に「データの個数:30」と表示されました。 あっという間にわかりましたね。 データの個数をセルに表示する必要はなく、ただ知りたいだけの場合に便利です。 ステータスバーを右クリックし、[データの個数]にチェックマークを付けておきます。 セルに表示しておきたいときは関数を使う 2つ目のテクニックは関数です。 データの個数を常にセルに表示しておきたい場合に使います。 データの個数を求める関数はいくつかありますが、単純に数えるなら「COUNTA」(カウントエー)関数の出番です。 COUNTA( 値1, 値2,... , 値255) COUNTA関数は、引数[ 値]に指定したセル範囲に含まれるデータの個数を求めます。 実際に見てみましょう。 1COUNTA関数を入力する ここではセルB3〜B32のデータの個数を求めます。 2データの個数が求められた セルB3〜B32に含まれるデータの個数が求められました。 結果は「30」。 ステータスバーで確認した個数と同じです。 このように、セルに 「何らかのデータが入力されていればカウントする」のがCOUNTA関数です。 一方、COUNTA関数と似た関数に「COUNT」(カウント)関数があります。 COUNT( 値1, 値2,... , 値255) COUNT関数の構文はCOUNTA関数と同じですが、引数[ 値]に指定したセル範囲に含まれる数値のデータだけを数えます。 ポイントは次のとおりです。 文字列の数字は数えない• 数式の結果が数値なら数える• 数式の結果が文字列なら数えない• COUNTA関数との違いを見てみましょう。 ここでは[年齢]列のデータの個数を求めます。 30行のうち空白のセルは4つなので、どちらの結果も「26」となるはずですが...... COUNTA関数とCOUNT関数で、結果が異なっていますね。 これは半角スペースが入力されているセルE5と、数字が文字列になっているセルE11が原因です。 実は、セルE5には半角スペースが入力されています。 また、セルE11は表示形式が[文字列]になっており、[数値]として認識されていません。 COUNTA関数はセルE5にもデータがあると判断して「27」を返し、COUNT関数はセルE11を無視して「25」を返すわけです。 不要なスペースを削除し、文字列となっているセルの表示形式を数値に変更すれば、正しい結果が得られます。 最後に、空白だけを数えたいときに使える「COUNTBLANK」(カウントブランク)関数も紹介しましょう。 COUNTBLANK( 範囲) COUNTBLANK関数は、引数[ 範囲]に指定したセル範囲に含まれる空白のセルの個数を求めます。 引数[範囲]は1つだけしか指定できません。 2空白のセルの個数が求められた セルF3〜F32のうち空白のセルの個数を数えられました。 データの個数を求める作業には、正確性が求められます。 目的に応じてExcelの機能(ステータスバー)と関数を使い分けてください。 close 閉じる.

次の

COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル データ 個数

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelの表に「データが何個あるか」を数えたいとき、セルをクリックしたりカーソルキーを押したりしながら「1,2,3...... 」と数えていませんか? やってしまいがちな操作ですが、正確性に欠けますし、そもそも時間のムダです。 【 エクセル時短】第17回では、データの個数を知りたいときに役立つExcelの2つのテクニックを紹介します。 すばやく個数を知るならステータスバーに注目 1つ目のテクニックは、Excelの機能を使います。 データの個数を知りたいセル範囲を選択し、画面下部のステータスバーをチェックするだけです。 ここでは会員リストの[氏名]列のデータの個数を調べます。 セルB3〜B32をドラッグして選択すると、ステータスバーの右側に「データの個数:30」と表示されました。 あっという間にわかりましたね。 データの個数をセルに表示する必要はなく、ただ知りたいだけの場合に便利です。 ステータスバーを右クリックし、[データの個数]にチェックマークを付けておきます。 セルに表示しておきたいときは関数を使う 2つ目のテクニックは関数です。 データの個数を常にセルに表示しておきたい場合に使います。 データの個数を求める関数はいくつかありますが、単純に数えるなら「COUNTA」(カウントエー)関数の出番です。 COUNTA( 値1, 値2,... , 値255) COUNTA関数は、引数[ 値]に指定したセル範囲に含まれるデータの個数を求めます。 実際に見てみましょう。 1COUNTA関数を入力する ここではセルB3〜B32のデータの個数を求めます。 2データの個数が求められた セルB3〜B32に含まれるデータの個数が求められました。 結果は「30」。 ステータスバーで確認した個数と同じです。 このように、セルに 「何らかのデータが入力されていればカウントする」のがCOUNTA関数です。 一方、COUNTA関数と似た関数に「COUNT」(カウント)関数があります。 COUNT( 値1, 値2,... , 値255) COUNT関数の構文はCOUNTA関数と同じですが、引数[ 値]に指定したセル範囲に含まれる数値のデータだけを数えます。 ポイントは次のとおりです。 文字列の数字は数えない• 数式の結果が数値なら数える• 数式の結果が文字列なら数えない• COUNTA関数との違いを見てみましょう。 ここでは[年齢]列のデータの個数を求めます。 30行のうち空白のセルは4つなので、どちらの結果も「26」となるはずですが...... COUNTA関数とCOUNT関数で、結果が異なっていますね。 これは半角スペースが入力されているセルE5と、数字が文字列になっているセルE11が原因です。 実は、セルE5には半角スペースが入力されています。 また、セルE11は表示形式が[文字列]になっており、[数値]として認識されていません。 COUNTA関数はセルE5にもデータがあると判断して「27」を返し、COUNT関数はセルE11を無視して「25」を返すわけです。 不要なスペースを削除し、文字列となっているセルの表示形式を数値に変更すれば、正しい結果が得られます。 最後に、空白だけを数えたいときに使える「COUNTBLANK」(カウントブランク)関数も紹介しましょう。 COUNTBLANK( 範囲) COUNTBLANK関数は、引数[ 範囲]に指定したセル範囲に含まれる空白のセルの個数を求めます。 引数[範囲]は1つだけしか指定できません。 2空白のセルの個数が求められた セルF3〜F32のうち空白のセルの個数を数えられました。 データの個数を求める作業には、正確性が求められます。 目的に応じてExcelの機能(ステータスバー)と関数を使い分けてください。

次の