今後 類語。 「経験を活かす」の例文・類語・四字熟語・「生かす」との違い

「今後とも」の意味・使い方は?類語や英語表現も!便利な結びのフレーズとして活用しよう

今後 類語

「今後とも」の本来の意味と使い方 まずはじめに「今後とも」の本来の意味とビジネスメールでの使い方についてみてみましょう。 読み方は「こんごとも」で「今後共」と書くこともあります。 「今後とも」の本来の意味 「今後とも」の意味はシンプルに「これからも」「以後も」です。 「今後とも」の言葉が示す通り「今後もともに」「今後も同様に」「今後も同じく」「今後も続けて」など「過去と現在と変わることなく」という意味を表しています。 「今後とも」はビジネスを円滑に行うために有効的に働く言葉であり、相手との付き合いや仕事上の関係がこのまま終わることなく「先々も続けていきたい」という意思を表しています。 「今後とも」ビジネスでの使い方 「今後とも」は会話の他、ビジネスメールや手紙でも多く使われます。 「これからもよろしくお願いします」「引き続きご愛顧願います」というように、継続的なお付き合いをしたいという気持ちと敬意を表したいときに使います。 使うタイミングは文章の最後になり、お願いしたいことを伝えた後の締めくくりの言葉、また結びの言葉として使います。 新しく担当になった相手やこれから仕事を一緒にしていく取引先の方へメールをするときにも「今後とも」を使うことができるため、メールを返信する際にも適宜に使うとよいでしょう。 全体的に敬語を使って丁寧にまとめていくことが大切です。 「今後とも」のビジネス定型文は? それではビジネスメールで活用したい「今後とも」を使ったビジネス定型文を紹介しましょう。 ビジネスメールでよく使われる定型文• 今後ともよろしくお願いします• 今後ともお付き合いの程よろしくお願い申し上げます• 今後ともどうぞよろしくお願いいたします• 今後ともお引き立てくださいますようお願い申し上げます• 今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます などです。 ここで気を付けたいのが「定型文を送る相手」です。 たとえば目上の方や取引先の社長などに「今後ともよろしくお願いいたします」というのは少し失礼にあたります。 この場合は「今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 」のほうが適切でしょう。 このように「今後とも」の定型文はビジネスシーンや相手の立場によって適切なものとそうでないものがあります。 状況に応じて適切な定型文を選ぶようにしましょう。 「今後とも」を使うのはどんな状況? 「今後とも」を使うのは過去も現在もお付き合いがあり、今後も同様に継続してやりとりをしていく場合に使うのが通常です。 さらには仕事や取引を開始したばかりでも「初めてですが、今を境にこれからよろしくお願いします」といった意味合いで使うこともあります。 いずれの場合にせよ「今後とも」を使った定型文では相手に対し好意と敬意を示し「わだかまりのないスムーズな取引を進めていきたい」という意図を含んでいるといえるでしょう。 「今後とも」の類語と英語表現 最後に「今後とも」の類語と英語表現について触れてみましょう。 日本独特の表現である「今後とも」に英語での表現はあるのでしょうか? 「今後とも」の類語 「今後とも」の類語は「将来的にも」「未来においても」「これからも」「末永く」「これから先も」「ずっと」「ゆくゆくにも」「今後にも」「明日にも」「以後」「向後」などがあります。 「今後とも」の言葉の意義は「これから後の時間や将来を指すさま」です。 類語の中には普段の何気ない会話やビジネス以外の場面で気軽に使えるものもあるため、状況に合った適切な類語に言い換えてみるのもよいでしょう。 「今後とも」の英語表現 ビジネスメールでは直接的に「今後とも」にあたる英語を使うと不自然になるためほとんど使いません。 あえて言うなら「継続して」という意味の「continue」を使うことがありますが、ビジネスメールではある程度決まったカンタンな定型文を用いますのでそちらを記憶しておきましょう。 「これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝える時は「いつも変わらぬサポートをいただきありがとうございます」といったニュアンスの英語を使い、相手がしてくれたことに対してお礼を述べることで代用します。 文章の最後によく使う英語の定型文• We appreciate your continued support• Thank you so much for your support 今後ともよろしくお願いします。 どちらも相手がしてくれたこと(サポート)に対し感謝を表すフレーズです。 文章の最後に加えるとビジネス英語の文章をすっきりとまとめることができるため、大切な取引先や顧客とのメールのやりとりでぜひ使ってみて下さい。 メールでも会話でもどちらでも使えます。 まとめ 「今後とも」は社会人が最も使うビジネス用語の一つかもしれません。 「今後とも」は社会人の方にとっても使い勝手がよく、ものことを滞りなく継続するためにも便利な言葉です。 ちなみに「女神転生」というシリーズ物のコンピューターゲームでは「今後ともよろしく」が名台詞となっています。 「今後とも」を使った敬語表現であるはずなのに「よろしく。 」で終わるフレンドリーさがアンバランスで面白いですね。 とにもかくにも、ボキャブラリーが足らないと感じたら言葉の意味や類語などを参照してみてください。 あなたの社会人生活を応援してくれる知恵がたっぷり詰まっているはずですよ。

次の

ビジネスでの「今後とも」の正しい使い方、「引き続き」との違い

今後 類語

主にご贔屓にの使い方は、ご贔屓されている側がこ客、取引先、に挨拶や感謝に使われます。 会社同士や、料理店の常連に「いつもご贔屓にしていただいて、ありがとうございます」と挨拶と感謝を言い、お客様が帰るとき「これからもご贔屓にお願いいたします。 今後もご利用をよろしくお願いいたします。 」と帰りの挨拶と今後の利用とお願いをするでしょう。 目を掛けて利用している店が閉店する数日前に「長年ご贔屓にしてくださった。 皆さまにお礼申し上げます。 誠に勝手ながら、当店の営業はいくいく日にから営業を終了とさせていただきます」と帰るお客様さまにお詫びと感謝を言います。 店舗や支店がない会社ならホームページとかでサービスの終了などのお詫びを掲載します。 メール 「ご贔屓に」を手紙で使う場合は、料理店やエステサロンなどの大切な、こ客または常連に、「去年ども当店を「ご贔屓に」して下さいましてありがとうございます。 今年度も当店をご利用下さい」と、挨拶とご利用のお願いの意味で使われます。 また会社の場合は重役や取引している営業部署の人宛に肩入れしている状況の取引先から「新年あけましておめでとうございます。 今後もわが社をご贔屓にしてください」など、新年の挨拶と今後のことを書かれます。 いつも会社の接待に使っている料理店から「明けましておめでとう、ございます。 今後共わが料亭ご贔屓にお願いいたします。 」と挨拶、今後とも特別に利用して下さい。 との手紙が届きます。 Web電話帳を導入しませんか? 「お詫び」例文は荷物の遅れや、こ客に対してミスがおきた場合、会社が臨時休業するときにつかいます。 「お詫び」の例文一覧 ・すみませんいつもご贔屓にしていただき誠にありがとうございます。 頼まれた商品なんですけど台風の影響で配達が遅れてしまい。 お詫び申し上げます。 ・いつもご贔屓にしていただきありがとうございます。 勝手ながら、当店は改装のため一時臨時休業をいたします。 誠に勝手ながら当店いつもご利用なさっている皆様お詫びを申し上げます。 ・いつもご贔屓にしていただきありがとうございます。 予約された席なんですけど、こちらの手違いで違うお客様をご案内してしまったので、お詫びとして予約されたコース以外にもメニューから2~3品、ご料理をお頼み下さい。 もちろん、お支払いは予約されたコースのご料金と同じ金額です。

次の

「布石」の意味とは?「布石を打つ」などの使い方や類語を紹介

今後 類語

「今後とも」の意味 「今後とも」は、 「これからも」「以後も」を意味しています。 「今」は音読みだと「コン」「キン」、訓読みだと「いま」と読みます。 「今」は「過去と未来との境になる時」「現在」を表しています。 「後」は音読みだと「ゴ」「コウ」、訓読みだと「のち」「うしろ」「あと」と読みます。 「後」は「その時のあと」「これから先」「未来」を表しています。 「今後」は、「今からのち」「こののち」を意味していて、 「とも」は、「同じであること」「一緒」を意味しています。 「今後とも」には、「これからもずっと」という継続のニュアンスのほかに、「その次もまた同じように」という反復のニュアンスも含まれます。 「今後とも」は、 「このまま終わるのではなく、その先も関係を築いていきたい」といった意思表示の言葉になります。 「今後とも」は目上の人にも使える 「今後とも」は、「結びの言葉」としてビジネスシーンでは、汎用性が高いフレーズです。 「今後とも」は、「今後も継続して関係を築きたい」という意思を表明しているので、上司や取引先など、 目上の相手に対しても、目下の相手に対しても使うことができます。 「今後とも」はビジネスメールで使うことがほとんどです。 ビジネスメールでは最初と最後に挨拶文を入れます。 最初の挨拶文では「お世話になっています」が基本的です。 最後の挨拶、結びの挨拶はメールの内容によって変える必要があります。 ビジネスメールでの結びの言葉は、メールの内容をより引き立てたり、メール全体の印象に影響を与える重要な役割を持っています。 「今後とも」は「今後ともよろしくお願いいたします」といったように、一般的によく使われる結びの言葉で、取引先への挨拶や年末年始の挨拶として頻繁に使うことができます。 取引先とのメールで「今後ともよろしくお願いいたします」と使うことによって、 継続的に関係を続けるのをお願いすることとなります。 「今後とも」とよく一緒に使う「何卒」 「今後ともお願いいたします」は頻繁に使用することが多いフレーズです。 ただ、もう少しお願いする気持ちを強調して伝えたいときは、 「何卒」を組み合わせるのが良いです。 「何卒(なにとぞ)」は、相手に対して強く願う気持ちを表す言葉です。 「何卒」は、「どうぞ」「どうか」を丁寧にした言葉で、「何とかして尽くすのでお願いします」という意味合いで使うこともできます。 「何卒」を使うことによって、文章全体が引き締まる効果があるので、ビジネスシーンで「何卒」は頻繁に使用されます。 「何卒」は、メールや手紙など書き言葉として使うことがほとんどで、お願いやお詫びのときに使うことが多いです。 「今後とも何卒よろしくお願いいたします」と使うことで、「これからもどうぞよろしくお願いします」という意味になり、相手に対しての感謝の気持ちを強く伝えられます。 また、相手や状況によっては、「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」や「今後ともどうかよろしくお願いいたします」と言い換えることができます。 「何卒」を使った定型文 ・何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒ご配慮いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。 ・何卒ご容赦いただきますよう、よろしくお願いいたします。 ・ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご足労お掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・何卒お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」を使った例文 「今後とも」の例文を紹介します。 ビジネスシーンで「今後とも」を使う場合 ・この機会にさらなる努力を重ねてまいります。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 ・この度は誠にありがとうございました。 今後ともご指導頂けましたら幸いです。 ・今後とも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 ・今後とも何かとお世話になるかと存じますが、よろしくお願い申し上げます。 ・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。 ・今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・皆様のご期待に添えるよう、精一杯努力してまいる所存です。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 ・今後とも昨年と同様お引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り感謝申し上げます。 今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 「今後とも」の使用上の注意点 「今後とも」を使用するにあたって、いくつか注意しなければいけない点があります。 謝罪する場合には使わない メールの内容がお詫びや謝罪の場合には、「今後とも」の使用はなるべく避けるべきです。 自分が起こしたトラブルやミスについてのお詫びのメールで、「今後ともよろしくお願いいたします」と送ってしまうと、例え問題が解決していたとしても、ミスが起きたことについて反省していないのでは、または厚かましいと思われてしまう可能性があります。 お詫びのメールの際は、「今後とも」は使わずに、 「重ねてお詫び申し上げます」「ご期待に添えず、申し訳ありませんでした」「この度は大変申し訳ありませんでした」などといった謝罪の言葉か、「この度は誠にありがとうございました」などと問題が解決したことへのお礼で締めるのが適切になります。 継続的な付き合いをしない相手には使わない ビジネスメールなどで「以後も」「これからも」を意味する「今後とも」だと違和感がある場合には、他の言葉に言い換える必要があります。 例えば、ビジネスシーンでの取引が1回限りで、継続的ではない付き合いなどがあります。 取引が1回限りだと分かっている場合には、今後の付き合いを示唆する「今後ともよろしくお願いいたします」だと相応しくありません。 こういった場合は、 「誠にありがとうございました」「それでは失礼いたします」といったように、状況に応じた言葉で締めるようにしましょう。 また、取引があと少しで終わってしまう場合などは、「次回は改めてよろしくお願いいたします」だったり「次の機会は、ぜひご一緒させていただきたいと存じています」と言い換えるのが無難になります。 身内や親しい相手には使わない 「今後とも」は身内や親しい相手には使用しない言葉です。 「今後とも」は改まってこれからの付き合いをお願いする言葉です。 親しい相手に対して「今後とも」を使っても決して間違いではありませんが、身内に対して使ってしまうとどこかよそよそしく感じ、冗談だと捉えられる可能性があります。 親しい間柄に対しては、 「それではまた」「いつもありがとうございます」といった気軽な言葉の方が良いでしょう。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「引き続き」の意味 「引き続き」には 名詞と副詞の2つの品詞があります。 「引き続き」のそれぞれの品詞の意味は、 名詞「引き続き」の意味 ・物事が途切れることなく続くこと 副詞「引き続き」の意味 ・続けざまに ・途切れることなく ・すぐそれに続いて といったようになります。 「今後とも」と「引き続き」の違い 「今後とも」と「引き続き」ほぼ一緒と言っていいほど意味に違いはない言葉です。 ただ、少しだけ言葉の持つニュアンスが異なります。 「今後とも」は文字通り、「これからも」や「以後も」という意味で、 「やりとりが一旦終わっても、これからも同様の付き合いを願う」ということを表します。 「引き続き」は「続けざまに」「途切れることなく続く」という意味で、 「このままと変わらぬ気持ちで関係を続けていくことを願う」ということを表します。 「引き続き」は、取引先へ経過報告をする時や、先方からの質問に答える時など、やりとり・取引が現在進行中の段階で使います。 例えば「この間の件ですが、A案の方で進めてください。 引き続きよろしくお願いします」と使うことができます。 この場合は「まだ完成していないけれど、最後までお願いします」といったニュアンスになります。 「引き続き」は、現在進行中のやりとりや取引に対して使います。 一方で、 「今後ともよろしくお願いします」は取引が一度終了したとき、この先の取引に向けての挨拶として使用します。 「引き続き」は現在進行形のことに対して使い、「今後とも」は未来のことに対して使います。 「今後とも」と「引き続き」の意味に、大きな違いはありませんが、使用場面に微妙な違いがあります。 一般的には「今後とも」を使用するのが無難です。 「今後とも」と「今後も」の違い 「今後とも」と「今後も」は非常に似ている言葉です。 2つともほぼ同じ意味ですが、ニュアンスに少々違いがあります。 「今後とも」は、現在に関する感謝の気持ちを含んでいますが、 「今後も」は「これから」のことに重点をおいていて、現在のことは含んでいません。 例えば、「今後ともよろしくお願いします」と言った場合は、「今回と同様にお願いします」といった意味になり、「今後もよろしくお願いします」と言った場合は、「これからもお願いします」といった意味になります。 「今後もよろしくお願いします」には「今回と同じように」という意味合いが含まれないので、現在に対しての感謝もほとんど含まれていないことになります。 ビジネスシーンでは、現在の感謝が含まれている「今後とも」を使うのが無難です。

次の