足 の むくみ 改善。 足のむくみ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足のむくみを改善する方法!ストレッチのやり方5つ

足 の むくみ 改善

Photo: metrouk2. files. wordpress. com では、重力に逆らって足のリンパの流れを良くするにはどうしたら良いのか? リンパがスムーズに流れる条件はいくつかあって、その1つに筋肉が伸び縮みするポンプ作用によって流れが良くなる、という特徴がある。 そのため、足の筋肉が十分に伸び縮みしてポンプ作用を果たしていれば、足のむくみは改善される。 足のリンパ液はまず足先から膝へ、そして膝から足の付け根へ、最後は心臓へと流れて行くので、今回はその流れに沿って以下の順にストレッチを紹介。 足先、足首をほぐす• ふくらはぎを鍛える、ほぐす• 太腿を鍛える、ほぐす• 足先から足の付け根へリンパを流す• 足指ほぐし 1-2. 楽な座り方で座って、両手で右足を持つ 1-3. 右足の小指から親指に向かって、順番に足指をまわす 内外回し好きなだけ• 足首ほぐし 2-1. 左手の指を右足の指の間に入れて、左手と右足で握手をする 2-2. 右手で右足首を固定して、左手で足首を回す 内外回し好きなだけ• つま先ほぐし 3-1. 左手と右足で握手をしたまま、右手で右の土踏まずを固定し、左手でつま先をねじる 内外ねじり好きなだけ• かかとほぐし 4-1. 左手で右足のかかとを持って、かかとを動かす 好きなだけ• アキレス腱ほぐし 5-1. 左手で右のかかとを固定し、右手で足首の横じわを伸ばすように手で引っ張り、アキレス腱を伸ばす 好きなだけ 動画.

次の

座りながらストレッチ!オフィスで簡単に脚のむくみを解消! [足痩せ] All About

足 の むくみ 改善

この記事の内容• 高齢者の足のむくみには体操が効果的! 病気が原因で足がむくむ事もありますが、運動不足、筋力の低下、疲労、血行不良、冷えからくるものもあります。 ご高齢になると代謝も下がりますし、幾つになっても同じ事が言えますが、健康な体を維持することが本当に大切になってきます。 体を動かし、体が温まる程度に体操を毎日することで血行は良くなってきます。 血液の巡りが良くなりますと足のむくみが解消されてきます。 簡単な体操でも効果は期待できます。 自分で出来る範囲での毎日の体操を心がけましょう。 足のむくみを取るためにはどんな体操があるのか 足のむくみを取る為の体操は難しくありません。 高齢者の方々のむくみ原因も、筋力の低下や運動不足、血行が悪い、疲労から来ることがあります。 むくみのせいでダルさを感じたり、疲労が蓄積されていると、ますます動きたくなくなります。 また、むくみを解消することなく動き続けることは、更に体が重ダルくなり疲労が蓄積され続けるのです。 出来るだけむくみを取るように、むくみを溜めないように体操を取り入れることがとても大切です。 では、どんな体操がいいのでしょうか? 普段から体操をするのが日課であるというのであれば、体力に合わせた体操であれば大丈夫です。 出来るだけ体力に合わせた体操を行ってください。 ラジオ体操 ラジオ体操には、体の各部位に必要な体操が入っています。 真剣に取り組むと辛く感じるようであれば、辛くない程度でも構いません。 毎日の積み重ねで、だんだん動きに柔軟性が出てきて、身体も温まりやすくなるでしょう。 ひざ裏を意識した体操 足のむくみは、ふくらはぎだけではなく、ひざ辺りからつま先までむくむものです。 足のつま先、足首、ふくらはぎ、ひざ裏を意識した体操をしっかり丁寧に行うと、むくみ解消に繋がります。 体操を取り入れることでこんな効果が! 足のむくみは、血液の循環が悪くなり、余分な水分が排出されないことで起こる症状です。 血液の循環を良くするためには体を動かすことも大切です。 体操をすることで、中から体が温まり、血流も良くなります。 特に足のむくみが気になる場合は、足のストレッチを主に行うようにしていると、つま先まで血行が良くなります。 継続することで、むくみにくい体になれるのです。 足のむくみを解消するための簡単「体操」のやり方 今回紹介するのは、 椅子に座ったままで簡単にできる足の体操です。 椅子に座ったままなので、高齢者の方でも無理せず取り組めるかと思います。 テレビを見ながらなど、ちょっとした時間を見つけてチャレンジしてみましょう。 そのまま左右交互にかかとを上げたり下したりします。 上げた時に膝は真っすぐにします。 足を上げた時、つま先が手前に向かう事を意識し、膝裏とふくらはぎの筋肉が伸びている事を意識しましょう。 右回りと左回りを両方行いましょう。 腹筋を使い、出来る範囲でかまいません。 椅子から足を離さなくても大丈夫です。 床から足が1ミリくらい離れる程度でもいいのです。 回数はそれぞれできる範囲で、2~3回くらいでも大丈夫です。 出来そうであれば回数を増やしてみるのもいいですね。 1つだけやりやすいものだけを行うのでもよいです。 大切なのは• 「無理をしないこと」• 「焦らずに落ち着いて楽しく体操が出来てること」 です。 これをしっかり意識しておこない、習慣化することで、足がむくまない健康な生活を維持することができます。 体操の頻度・間隔・タイミングについて 体操は健康な状態であれば毎日がいいですね。 少しずつ毎日体操をしていると、足にも柔軟性が出てくるので、血行も良くなります。 体操は、朝起きて体が温まってきたあたりであれば、いつ行っても効果はあります。 よく、朝のラジオ体操や、体操のお教室へ通う人など様々体操をする機会がありますが、時間を決めるのはとてもいいことです。 忘れることもなく、体自身や気持ちも準備が出来ているので、血行促進に効果的です。 朝のラジオ体操やお教室が負担に感じる場合は、自宅でいつやるかを決めておくのがいいでしょう。 毎日できる限りで体操をしていると、足のむくみ解消以外にも、健康には効果がありますよ。 どれくらい続ければ効果が実感できるのか 効果が感じられるようになるまで、どれくらいの期間がかかるかは、人それぞれです。 すぐに変化を感じる人もいますが、1週間くらいで足が軽くなってきたという人もいるでしょう。 体操は、即効性が無い場合もあるので、気長にやることをおすすめします。 また、続けられるのであれば、長く続けて、健康を維持していきたいですね。 継続して体操をしていると、血行が良くなり、足の筋肉も衰えることもなく、元気でいられます。 出来る範囲で、体操は習慣にしていきましょう。 もし体操をしていて違和感を感じたら 体操をしていて違和感を感じたら、すぐにやめましょう。 あくまでも体が気持ち良くなるための体操です。 変な感じがする、傷みが出てきたなどの違和感や不快なことがありましたら、体を休ませるようにして下さい。 無理は絶対にいけません。 体の不調を感じたら、すぐにかかりつけの病院か専門の病院へ相談に行くようにしましょう。 あらかじめ、外科の場合、内科の場合、循環器内科の場合など、行く病院を調べておいたり、人から聞いておくのもおすすめです。 これを書いている私自身が心配性なため、眼科、皮膚科、外科など、行くところは決めておいています。 救急センターも決めています。 大したことが無いかもしれないけど、心配な時は早めに受診することをおすすめします。 早めの受診は、安心に繋がります。 まとめ 足のむくみを取るための体操はいろいろあると思われます。 運動が好きで、体を動かすことが好きで、よく運動をしている人はたくさんいますが、気づくとずっと運動していないという人も多いものです。 継続は力なりと言いますが、その通りで少しづつの積み重ねがむくみにくい足になるのです。 少しでも血流が良くなると、心地よく感じるものです。 ぜひ、むくみ解消の体操を毎日の生活に取り入れてみてください。

次の

足のむくみ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の むくみ 改善

出典:PIXTA ・塩分の過剰摂取 塩分は体内でナトリウムとなり、体内の塩分濃度を正常にするため、水分を多く取り込もうとします。 その結果、血管内の水分量が増え、圧力が上がり水分が染みだしてむくみとなります。 ・運動・睡眠不足 筋肉量は血液ポンプの役割をしています。 運動不足で筋肉量が低下すると血液をスムーズに心臓に戻せなくなるためむくみの原因の1つとなることも。 また、睡眠不足では自律神経が休まらず、血管が収縮している時間が長くなってしまうため、血流が滞りむくみが起きてしまいます。 ・長時間座りっぱなし・立ちっぱなし 血液は重力によって脚など下のほうにたまりやすくなっています。 長時間同じ姿勢をとると、心臓から離れた部位ほど筋肉によるポンプ作用が低下する傾向にあるため、血流が滞りやすくなります。 ・冷え性 内臓の温度が低下していると冷え症となります。 自律神経が乱れ、血管が収縮する時間が長くなり、むくみが起こる原因となります。 ・ストレス ストレスがかかるとコルチゾールという成分の分泌が増大します。 コルチゾールが増えると、水分をうまく排泄しづらくなり、体内に水分が滞りやすくなります。 ・疲労による代謝低下 疲労などで代謝が低下すると、血行が滞りむくみやすくなります。 また、疲労物質がたまると血液が酸素不足となり、それを解消するため血管を広げようとして水分が染み出しやすくなります。 登山など長時間の野外活動でもむくむ? 出典:PIXTA 登山などの長時間の野外活動においても、帰り道には足がパンパンになったりしませんか?これにはいくつか考えられる原因があります。 ひとつは、 トイレに行く回数が減ることで、体内の余分な水分を排泄できないこと。 ふたつめは、 筋肉が疲労することで硬化して血液とリンパ液の循環が悪くなること。 それから、 重たいザックやタイツによる締めつけで、血液とリンパ液の循環が悪くなることです。 特に、女性は男性に比べて皮下脂肪が多く筋肉量が少ない場合が多いので、むくみやすくなります。 むくんでると、体にこんな影響が! では、むくむといったい体にどのような影響が出るのでしょうか?思い当たる節がある方もそうでない方も、一度チェックしてみましょう。

次の