美白トマト。 リコピンには美白効果があり!【トマトジュースで摂取できる?】

トマトは美肌に効果的!トマトの効果効能や、美容に良い美味しい効果的な食べ方をまとめました!

美白トマト

最近耳にする機会も増えた『リコピン』ですが、リコピンとは何か知っていますか? リコピンとは、 トマトなどの『赤色の色素』のことです。 一時期『トマトダイエット』というのが流行したのを覚えていますか?それは、 リコピンに含まれる、脂肪を蓄積させる『脂肪細胞の働きを抑制する』というダイエット効果によるものです。 リコピンには代謝を促進させる効果もあるため、健康に痩せられるダイエットとして流行したのです。 リコピンにはダイエット効果の他にも様々な効果があります。 その一つが健康に対する効果です。 リコピンには、• 悪玉コレステロールの酸化を抑制し• 動脈硬化などの生活習慣病を予防する という働きがあります。 これは、 リコピンの持つ『強い抗酸化作用』によるものです。 わたしたちの体は、日々ストレスにさらされて酸化していきます。 酸化とは錆びるということで、放っておくと肌や細胞がどんどん老化していくだけでなく、免疫力もなくなって体調を崩すことも多くなっていきます。 リコピンは、そんな恐ろしい体の酸化を防ぐことが出来るのです。 リコピンの美白効果は? リコピンには、体の錆びつきを予防する『強い抗酸化作用』があります。 その強さがどのくらいなのかというと、 カロチンのおよそ2倍、美容ビタミンと言われるビタミンEのなんと100倍もの抗酸化能力 があるのです。 これには驚きですよね! リコピンになぜ『美白効果』があるのかというと、それは2つあります。 1つ目は抗酸化作用によって 『活性酵素を除去する』ということ。 活性酵素はストレスやタバコ、紫外線を浴びることでどんどん増えていきます。 これらはメラニン色素が生成される過程で増えるのですが、 リコピンはこのときに発生する活性酵素を除去する働きがあります。 活性酵素を放っておくとくすみの原因になります。 リコピンは、メラニン色素の生成に欠かせないチロシナーゼという物質を抑制してくれるのです。 チロシナーゼがなければメラニン色素は作れません。 メラニンはシミやそばかすの原因となります。 シミ・そばかす・くすみを防ぐので、リコピンには美白効果があるのです。 トマト以外で摂取できる? リコピンと言えばトマト、トマトと言えばリコピン、というくらい強いイメージがありますが、リコピンはトマトにしか含まれていないのでしょうか。 そんなことはありません。 リコピンは、トマトの他にもスイカ・ピンクグレープフルーツ・柿・あんず・パプリカなどに含まれています。 これらに共通していることとは何でしょう? それはズバリ、『赤いもの』という点です。 リコピンは赤色の色素なので、トマト以外にも赤い野菜やフルーツには含まれているのです。 赤い野菜といえば、トマトの他ににんじんを思い浮かべる人も多いと思います。 しかしにんじんの赤い色はリコピンではなくカロテノイドという色素によるものなのです。 通常スーパーなどに出回っているにんじんは西洋にんじんなのでリコピンは含まれていませんが、『本紅金時』という種類のにんじんにはリコピンが含まれているそうです。 本紅金時は、通称『大阪にんじん』や『京にんじん』と呼ばれているものです。 スポンサーリンク 効果的に摂取するには? では、リコピンを効果的に摂取するためには、どのようにしたら良いのでしょうか。 どうせ同じ量を摂るのなら、効果的に摂りたいと思いますよね。 実はリコピンは、『生より加熱したもの』のほうが吸収率が良くなると言われています。 ですから、 生のトマトよりはトマトジュースやトマトピューレ、トマトケチャップなどのほうがリコピンを効果的に摂取出来るということです。 また、 リコピンには『油に溶けやすく熱に強い』という性質があります。 つまり、トマトソースにしたりオリーブオイルと組み合わせたりすると、より吸収率が高まるということです。 トマトソースのパスタなどがおすすめですね。 スープなどにしても良いと思います。 ただ、毎日トマトやトマト料理を食べるのはなかなか大変ですよね。 そんなときは、手軽に摂取できるサプリメントがおすすめです。 時間のないときや、トマト料理に飽きたときにはサプリメントも上手に使ってみてください。 トマトジュースでは? リコピンには、高い抗酸化作用、美白効果があるということは先ほどお話ししましたね。 次の項目で詳しく説明しますが、リコピンの効果的な摂取量は1日あたり15mgと言われています。 日々強いストレスにさらされている人やタバコを吸う人は、もっと多く必要とも言われているのです。 リコピン15mgとは、大きめのトマト2個分に相当します。 トマトが好きな人ならいいですが、毎日トマトを2個以上食べ続けるのは大変だと思います。 そんなときにおすすめなのがトマトジュースです。 先ほどもお話ししたとおり、 リコピンは生のトマトよりも加熱処理したものに多く含まれています。 トマトジュースなら、約1本 200ml で20mgほどのリコピンを摂取することが出来るのです。 1日11本で良いですし、トマトジュースにはリコピンの他にもビタミンやミネラルも含まれていますね。 トマトジュースなら、美白成分でもあるアルブチンと同じくらいのメラニン抑制力を誇るリコピンを効率的に摂取できるというわけです。 トマトジュースを選ぶときは、無糖・食塩不使用のものにしましょう。 効果的な摂取量は? リコピンは1日あたり15mgが目安量であると言われています。 リコピン15mgとは、• 大きめのトマトなら2個• トマトジュースで1本 200ml• ミニトマトで17個• ケチャップやピューレで大さじ4杯とちょっと• ホールトマトで1缶弱 です。 短期間なら難なく実践できそうですが、何ヵ月も、と言われるとどうでしょう。 毎日これらのトマトを食べ続けないといけないと言われたら、なんだか逆にストレスが溜まりそうですよね。 そんなときにはサプリメントに頼るのも1つの方法ですよ。 おすすめは、芸能人の方も愛用している『夜スリムトマ美ちゃん』というサプリメントです。 トマトのリコピン成分をぎゅぎゅっと一粒に濃縮しているので、いつでもリコピンを摂取できちゃいますよ。 自分のやりやすい方法でリコピンを摂取して、美白・美肌を手に入れましょう! リコピンには美白効果があり!【トマトジュースで摂取できる?】のまとめ トマトに含まれるリコピンは美白だけではなく、健康やダイエットにも効果的です。 毎日多くのトマトを食べるのは大変なので、トマトジュース(無塩、無糖、無添加)などで効率的に摂取するのが良いでしょう。

次の

【田中みな実】の美肌を長年支える、クレンジング、酵素洗顔、マスク&美白サプリ|鏡ゆうこ|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

美白トマト

トマトスムージーのダイエット効果について 夏が旬のトマトはリコピンや食物繊維を豊富に含んでいて、健康にも美容にもダイエットにも向いている食材です。 カロリーもMサイズのトマト1個で31kcalとヘルシーなのも嬉しいポイントですね。 トマトは食物繊維が豊富なので、食べた後の満腹感を得やすく、食物繊維が腸内環境を整えることにより、便秘の改善や予防にも効果がありますよ。 トマトに含まれるリコピンは脂肪を溜める脂肪細胞の成長を抑える働きがあります。 脂肪を溜め込みにくくするので、痩せやすい身体づくりにも役立ちますよね。 ダイエットはもちろん、メタボリックシンドロームの予防にも効果が期待出来ますよ。 トマトスムージーは、ミキサーなどでトマトを細かく粉砕する為、効率よく栄養を取り入れやすくておすすめです。 加熱処理することなく、生のまま摂取出来るのもスムージーの良いところです。 トマトスムージーの効果について トマトのリコピンは、ダイエット効果だけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。 リコピンは、強い抗酸化作用を持ちます。 生活習慣病の原因の一つに体内の活性酸素の増加がありますが、リコピンの抗酸化力は、活性酸素を消去する働きがあり、生活習慣病のリスクを減らしてくれます。 酸味成分には、胃のむかつきを解消したり、粘膜の炎症を抑制する効果、疲労の原因物質の乳酸を分解する働きがありますよ。 トマトに含まれるリコピンやビタミンCは美肌効果もあります。 リコピンはシミの原因となるメラニンが増えるのを抑える効果があり、リコピンとビタミンCは美肌に必要なコラーゲンの働きを助けてくれます。 トマトとオリーブオイルを使ったシンプルなスムージー。 トマトのリコピンはオリーブオイルと一緒に取ると、吸収率がアップしますよ。 中性脂肪やコレステロールも下げてくれる健康レシピです。 作り方は簡単、ミニトマトのヘタを取ります。 ミキサーに入れて、氷と一緒に撹拌します。 氷のカラカラという音がなくなったら、グラスに注ぎ、オリーブオイルを垂らして出来あがり。 塩とブラックペッパーをプラスするのもおすすめ。 栄養たっぷりのトマトに、バナナとパイナップルを合わせたスムージーのレシピですよ。 食物繊維と酵素の働きでお腹の調子も整いますよ。 作り方は、トマトのヘタを取り、適当な大きさにカットします。 バナナとパイナップルは一口大に切ります。 ミキサーに入れて、水、氷と一緒にしっかりと撹拌したら出来上がりです。 バナナは完熟してるものを使うと栄養価もアップしますし、美味しいですよ。 甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。 しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。 甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。 塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。 ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。 人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。 ダイエットや美容目的で人気のスムージーですが、グリーンスムージーはそれとは少し違っているのをご存じですか? 凍らせた果物とヨーグルトやアイスをブレンダーなどでミキサーしたのがスムージーというのに比べ、 グリーンスムージーは凍らせない果物と水、そこに緑の野菜が入ることが特徴。 スムージーがデザート寄りなのに対して、グリーンスムージーは健康的な飲み物だと言えるでしょう。 この記事では、グリーンスムージーの基礎知識に加え、野菜・果物のグリーンスムージー、豆乳・牛乳使用グリーンスムージー、ヨーグルト使用グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

トマトの美白効果は生より缶詰が効果大!トマト缶とトマトジュースの食事法

美白トマト

トマトスムージーのダイエット効果について 夏が旬のトマトはリコピンや食物繊維を豊富に含んでいて、健康にも美容にもダイエットにも向いている食材です。 カロリーもMサイズのトマト1個で31kcalとヘルシーなのも嬉しいポイントですね。 トマトは食物繊維が豊富なので、食べた後の満腹感を得やすく、食物繊維が腸内環境を整えることにより、便秘の改善や予防にも効果がありますよ。 トマトに含まれるリコピンは脂肪を溜める脂肪細胞の成長を抑える働きがあります。 脂肪を溜め込みにくくするので、痩せやすい身体づくりにも役立ちますよね。 ダイエットはもちろん、メタボリックシンドロームの予防にも効果が期待出来ますよ。 トマトスムージーは、ミキサーなどでトマトを細かく粉砕する為、効率よく栄養を取り入れやすくておすすめです。 加熱処理することなく、生のまま摂取出来るのもスムージーの良いところです。 トマトスムージーの効果について トマトのリコピンは、ダイエット効果だけでなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。 リコピンは、強い抗酸化作用を持ちます。 生活習慣病の原因の一つに体内の活性酸素の増加がありますが、リコピンの抗酸化力は、活性酸素を消去する働きがあり、生活習慣病のリスクを減らしてくれます。 酸味成分には、胃のむかつきを解消したり、粘膜の炎症を抑制する効果、疲労の原因物質の乳酸を分解する働きがありますよ。 トマトに含まれるリコピンやビタミンCは美肌効果もあります。 リコピンはシミの原因となるメラニンが増えるのを抑える効果があり、リコピンとビタミンCは美肌に必要なコラーゲンの働きを助けてくれます。 トマトとオリーブオイルを使ったシンプルなスムージー。 トマトのリコピンはオリーブオイルと一緒に取ると、吸収率がアップしますよ。 中性脂肪やコレステロールも下げてくれる健康レシピです。 作り方は簡単、ミニトマトのヘタを取ります。 ミキサーに入れて、氷と一緒に撹拌します。 氷のカラカラという音がなくなったら、グラスに注ぎ、オリーブオイルを垂らして出来あがり。 塩とブラックペッパーをプラスするのもおすすめ。 栄養たっぷりのトマトに、バナナとパイナップルを合わせたスムージーのレシピですよ。 食物繊維と酵素の働きでお腹の調子も整いますよ。 作り方は、トマトのヘタを取り、適当な大きさにカットします。 バナナとパイナップルは一口大に切ります。 ミキサーに入れて、水、氷と一緒にしっかりと撹拌したら出来上がりです。 バナナは完熟してるものを使うと栄養価もアップしますし、美味しいですよ。 甘酒は、日本で古くからある飲み物ですが、昔はそこまで身近なものではありませんでした。 しかし最近では、甘酒は栄養が豊富で美容にも効果があると、女性を中心に注目が集まっています。 甘酒の中には、ノンアルコール・ノンシュガーもあり、お酒として飲むだけではなく調味料としても活躍。 塩麹のように、普段使っている調味料の代用としてもおすすめの食材です。 ここでは、酒粕で作る甘酒、米麹で作る甘酒、甘酒を使った飲み物、甘酒を使った和菓子、甘酒を使った洋菓子の作り方・作り方にカテゴリーを分けて紹介しています。 人気のある作り方の中で、特におすすめのものを厳選したのでぜひ、毎日の料理に甘酒を取り入れてみてくださいね。 ダイエットや美容目的で人気のスムージーですが、グリーンスムージーはそれとは少し違っているのをご存じですか? 凍らせた果物とヨーグルトやアイスをブレンダーなどでミキサーしたのがスムージーというのに比べ、 グリーンスムージーは凍らせない果物と水、そこに緑の野菜が入ることが特徴。 スムージーがデザート寄りなのに対して、グリーンスムージーは健康的な飲み物だと言えるでしょう。 この記事では、グリーンスムージーの基礎知識に加え、野菜・果物のグリーンスムージー、豆乳・牛乳使用グリーンスムージー、ヨーグルト使用グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の