企業 型 確定 拠出 年金 と は。 確定拠出年金の「個人型(iDeCo=イデコ)」と「企業型」の違いとは?

確定拠出年金とは(個人型と企業型) : 三井住友銀行

企業 型 確定 拠出 年金 と は

確定拠出年金(DC・401k)は、運用も手続きも自己責任なので要注意! 確定拠出年金は、転職や退職をした時に、その人の年金運用を次の転職先などにスムーズに移行することができるものです。 このDC制度のいいところですよね。 会社が変わっても、自分自身の年金運用は継続できるので、安心して長期運用を考えることができます。 ところが、転職や退職をする時に、移行の手続きを忘れていては大変なことになります。 今回は、転職や退職時に必要となる DCの手続きなどをご紹介しましょう。 <目次>• 個人で運用を決める、確定拠出年金とは? まずは、少し確定拠出年金(DC)のおさらいをしておきましょう。 DCは公的年金に上乗せされる部分の年金です。 加入者自らが掛金を個人ごとに運用し、その結果をもとに年金給付額が決められるというものです。 従来の公的年金の上乗せ部分といえば、厚生年金基金や適格退職年金などの企業年金制度でした。 これらの企業年金は、中小企業や自営業者に利用する機会が少なく、転職などをすると資産の持ち運びが難しいという点がありました。 これらを受けて、個人でも加入でき企業に依存をしない「DC」が導入されたということです。 企業型DCと個人型DC(iDeCo) 確定拠出年金には、企業型年金と個人型年金(愛称:iDeCo)の2種類があります。 企業型確定拠出年金は、この年金を導入している企業が実施するもの。 その企業に勤務する従業員が加入できます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるのは、以下の通り。 自営業者等(国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者(国民年金第2号被保険者、企業型年金に加入している人は一部加入不可• 専業主婦(夫)等(国民年金第3号被保険者) 平成29年1月より、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の範囲が拡大し、公務員や専業主婦なども加入できることになりました。 確定拠出年金(DC)の加入者と運用指図者 確定拠出年金(DC)には、掛金を拠出している「加入者」と、掛金を拠出せずに年金資産を運用指図するだけの「運用指図者」がいます。 この運用指図者は、新たに掛金を積み立てることなく、その時の資産だけを運用することです。 企業を退職した人や、個人型DCに加入していたが積み立てをやめた人など、です。 このように確定拠出年金(DC)は、転職や退職をしても年金資産の持ち運びが容易に行えるということでしたが、具体的にどのような手続きをすればいいのでしょうか? 転職先がDCを導入しているか、がポイント DCの加入者は、転職や退職のタイミングで資産の移換先を探す必要がある 企業型確定拠出年金に加入している人が転職する時には、資産を移換する必要があります。 転職先で手続きをしましょう。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみなら運用指図者として、移換しましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)への手続きは金融機関へ 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、各金融機関で取り扱われています。 都市銀行、信用金庫、証券会社、ゆうちょ銀行(郵便局)、JA、保険会社などで扱われています。 まずは、移換先の金融機関を選びましょう。 手数料や取り扱い商品数などをチェックして選ぶといいですね。 移換する金融機関が決まれば、その金融機関で手続きを行うことができます。 起業の場合は個人型確定拠出年金(iDeCo)に 起業をするなど自営業となる場合は、国民年金第1号被保険となります。 この時は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 専業主婦・公務員は確定拠出年金(iDeCo)に加入が可能 国民年金弟3号被保険者(夫の扶養に入っている専業主婦など)や公務員は、平成29年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することができるようになりました。 積み立ててきた資産は、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移換することになります。 新たに、個人型確定拠出年金(iDeCo)に掛金を拠出するかどうかも選べます。 今後も積み立てを続けるなら加入者として、今までの資産を運用するのみだと運用指図者として移換しましょう。 確定拠出年金の退職後手続きは、半年以内に! これらの手続きですが、全て退職後半年以内にするようにしてください。 半年を過ぎてしまうと、「国民年金基金連合会」に自動移換されてしまいます。 移換されると、運用されずに現金で保管され、手数料もとられてしまいます。 運用益もなく手数料をとられるということになってしまいますのでご注意を。 自動移換された後は、DCの加入期間にもカウントされません。 年金の受取り可能時期が遅くなる場合もありますし、そもそもそのままでは給付を受けることができません(給付を受けるには個人型確定拠出年金に資産を移換することが必要)。 メリットが何もないこの自動移換。 退職後の半年なんてあっという間に過ぎてしまうものです。 大切な年金資産を目減りさせないためにも、忘れずに手続きをしましょう。

次の

転職・退職時には「確定拠出年金(DC・401k)」の手続きを! [仕事・給与] All About

企業 型 確定 拠出 年金 と は

企業型:事業主が掛金を拠出• 個人型:加入者自身が掛金を拠出 企業型の に加入している人は、自分が401kに加入している意識がないことが多いですが、事業主が負担していて自己負担がないことから加入していることすら感じていないのですね。 知らずに加入していて気づいたら資産が貯まっていたというのはある意味良いことですが、会社が従業員に対してコストを支払っているということであり、意識がなさ過ぎて運用をしていないと機会損失にもなります。 会社員の人は自分の会社が 制度に加入しているのか一度確認してみると良いですね。 企業型と個人型では掛金の上限にも違いがあります。 掛金には上限があり、企業型は企業年金がある加入者は月に2. 3万円で年間27. 6万円、企業年金がない企業の従業員は月4. 6万円で年間55. 2万円が上限になります。 個人型の場合は自営業者の人は月に6. 8万円で年間81. 6万円、企業型の確定拠出年金に加入していない企業の従業員の人は月1. 8万円で年間21. 6万円が上限となっています。 個人型(自営業者等) :月6. 8万円(年間81. 6万円)• 個人型(企業の従業員):月1. 8万円(年間21. 6万円)• 企業型(企業年金なし):月4. 6万円(年間55. 2万円)• 企業型(企業年金あり):月2. 3万円(年間27. 6万円) 自営業者の人の掛金上限が一番多くなっていますが、これは の掛金との合計であり、確定拠出年金で上限まで拠出していると に拠出することはできなくなります。 自営業者の人は確定拠出年金と国民年金基金で、どちらの制度をどれくらい利用するのか利用者が選択する必要があります。 個人型と企業型の間での移管 企業型の確定拠出年金に加入している人が転職をする場合、転職先の企業が企業型の確定拠出年金に加入している場合は転職先に管理資産を移すことができます。 転職先の企業に企業型の確定拠出年金がない場合や独立をして自営業になる場合は、企業型から個人型への移管をすることになりますので、移管したい運営管理機関に資料請求をして手続きをするようにしましょう。 退職から6か月放置していると国民年金基金連合会へと自動移管されますが、自動移管されるとデメリットしかないので速やかに個人型に移管することをおすすめします。

次の

確定拠出年金の「個人型(iDeCo=イデコ)」と「企業型」の違いとは?

企業 型 確定 拠出 年金 と は

近年、会社の退職金制度に暗雲が立ち込めています。 退職金がない、または少ないという企業が増えてきており、若いうちから老後の資金について考える必要が出てきました。 マイナス金利政策が打ち出された昨今の日本では、普通預金で老後資金をコツコツ貯金しても金利は低く、効率的な方法とは言い難いです。 そんな中、「企業型確定拠出年金制度(企業型DC・企業型401K)」を導入する企業が増えてきています。 掛金を企業が負担することで、加入者も、採用している法人側も様々な恩恵を受けることができます。 今回は企業型確定拠出年金制度の仕組みや、導入することによる法人側のメリットとデメリットを紹介していきます。 企業年金制度として導入を考えている法人の方は、特に一読頂ければと思います。 企業型確定拠出年金制度とは 企業型確定拠出年金(企業型DC・企業型401K)とは、 企業が毎月掛金を毎月 拠出し、加入者が自ら年金資産の運用を行う制度です。 企業は、運営管理機関となる金融機関と契約し、加入希望の従業員または全員に対して、一定の掛金を定め、まとめて加入します。 掛金は別の金融機関(資産管理機関)で管理されます。 加入対象者は「国民年金の第2号被保険者で、労使合意に基づき確定拠出年金制度を実施する企業の従業員」とされており、基本的に確定拠出年金制度を実施する企業に努めていれば誰でも加入することが出来ます。 加入者は運営管理機関が提示する運用商品の中から希望するものを選択し、運用を指示します。 運営管理機関は資産管理機関に掛金として拠出されている資金を利用して商品を運用していきます。 商品の中には有価証券を運用する、ある程度の勉強が必要なものと、元本保証型の定期預金に類似しているものがあります。 大きな特徴として、積立期間が60歳までと決まっていることが挙げられます。 1度企業型の確定拠出型年金に加入すると、途中解約や引き出しは出来ず、転職したとしても、転職先の制度に移換されます。 もし制度がなかった場合は個人型の確定拠出型年金に切り替えとなり、60歳まで継続されます。 個人型に切り替わった場合は、掛金が自己負担となるため注意が必要です。 税制優遇について 確定拠出型年金では加入者への恩恵として、様々な税制メリットが存在します。 まずは掛金の支払い時。 毎月積み立てられ、運用される掛金は非課税対象となります。 一般的には手取りから積み立てをすることになりますが、確定拠出型年金は会社から支払われたお金を全て運用に回すことが出来るわけです。 次に運用益です。 例えば株式等の利益には、「譲渡益課税」や「配当課税」などの税金が発生します。 確定拠出型年金では運用による利益に税金はかからず、全額が元本に加えられていきます。 60歳の満了時まで、効率の良い運用が実現できるというわけです。 最後に受け取り時です。 確定拠出型年金は満了後、一括(一時金)、分割(年金)、併用のいずれかの方法で受け取ることが可能です。 この内、一時金で受け取る場合は「退職所得」、年金で受け取る場合は「雑所得」とみなされ、税金が発生しますが、いずれも老後の資金ですので税金が優遇されていて安くなっています。 マッチング拠出について 企業が導入している確定拠出年金企業型によっては、マッチング拠出を行うことが出来ます。 マッチング拠出とは、企業が毎月積み立てている掛金に加えて、加入者が自腹で掛金を拠出することが出来る制度です。 加入者が積み立てたマッチング拠出の拠出額部分は、所得税、住民税の非課税対象となりますが、社会保険料だけは非課税対象とはなりません。 また、企業が拠出している掛金と同じく、60歳までは受け取ることが出来ないため、注意が必要です。 運用商品について 確定拠出型年金の運用商品には「元本保証型」と「元本変動型」が存在します。 元本保証型はその名が示すように、元本割れのリスクがないのがメリットです。 具体的な商品は定期預金や保険ですが、マイナス金利政策が打ち出されている現代の日本では、資産が効率的に増えないというデメリットがあります。 元本変動型の運用商品は、投資信託などが該当します。 運用がうまくいけば資産が増えていきますが、元本割れのリスクが存在するのが特徴です。 確定拠出型年金では様々な運用商品を組み合わせて運用することが可能で、元本保証型と元本変動型の商品を半々で運用してリスクヘッジする、というようなこともできます。 法人側のメリットとデメリット ここまで企業型確定拠出型年金の概要と加入者側のメリットについて簡単に説明してきましたが、企業型確定拠出型年金を採用することで、法人側にも様々なメリットがあります。 これは節税対策として大変効果的です。 企業型確定拠出型年金を退職金制度として導入することで、毎月積み立てて用意する分の退職金を損金として計上することで、毎年の税金を抑えることが出来ます。 従業員が多い企業では毎月の拠出額がかなり大きくなるため、おすすめです。 企業は基本的に従業員の社会保険を半額負担することになります。 企業型確定拠出型年金を導入し、従業員のに支払う給与の一部を掛金として拠出することで、見かけ上の給与が減少します。 社会保険料は所得に比例して変動するため、結果的に社会保険料のコストダウンを図ることが出来ます。 社会保険料の中でも健康保険は、支払額の大小によって保障が変わることはありません。 また、厚生年金についても50歳未満の人は払い損になると推計されています。 社会保険料を抑えることは、企業にとっても従業員にとっても恩恵があるといえるでしょう。 新卒採用を行う予定があり、福利厚生をアピールポイントにしたい場合は、導入を検討してみても良いでしょう。 これは毎月必ず支払う必要があるため、会社のキャッシュフローの状態によってはとても大きな負担になる可能性があります。 自社運用を行う場合はより柔軟なキャッシュのやりくりが出来る分、売掛回収のスパンが遅い企業などの場合は導入が難しいと感じてしまうかもしれません。 運用機関にあたる証券会社によっては、ランニングコストが安いところもあるので、導入段階でよく吟味しましょう。 確定拠出型年金はその仕組み上、中途退職金として受け取ることが出来ません。 また、加入を選択制にする場合は、加入しない方が見かけ上の給与が増える為、従業員は何も考えずに加入をためらう可能性が高いです。 仕組みを理解して計画的に運用すれば大きな恩恵をもたらしますが、正しい理解がなされていないと大きなトラブルの原因となります。 導入を考えている経営者の方は、従業員の研修にかける時間や、外部講師の招致によって発生する費用も考慮して上で検討しましょう。 まとめ いかがでしたか? 企業型の確定拠出型年金は、特に税制メリットの部分で、法人側にも従業員側にも大きな恩恵をもたらします。 特に従業員が多い企業では、導入することで毎月多額の損金が発生し、毎年頭を悩ませる法人税等を大きく抑えることが可能です。 デメリットとして一番大きいのは、一見難しい制度の仕組みを正しく従業員に理解させるためにそれなりの時間と費用が必要となることでしょう。 従業員自身が正しく運用してくれないと導入した意味が薄れてしまいます。 研修は労力を惜しむことなく、しっかりと行いましょう。 年金制度の崩壊が危惧されている現代において、確定拠出型年金は老後資金の形成方法の1つとして充分選択肢に入ります。 経営者の方々は是非、従業員・法人双方のメリットやデメリットを把握した上で導入をけんとうしてみてください。 長年勤めてくれた従業員に対し、老後の生活をある程度保障することも企業の大切な責任の1つといえるでしょう。 会社が軌道に乗って利益が出てくるようになったとき、法人税の額に驚いたことはありませんか? 本書では、まず、決算対策にスポットを当て、即効性が高く、ぜひとも知っておいていただきたい方法を4つ厳選し、紹介しています。 いずれも、弊社が担当させていただいたお客様の事例をベースに、メリットだけでなくリスクと注意点・対処法についても詳しくお伝えしています。 また、決算対策の他に、法人保険についてもお伝えしています。 法人保険については、2019年10月に保険料の損金算入等に関するルールが大きく変わりました。 それを受け、読者の皆様からお問い合わせをいただいております。 ご期待にお応えして、本書では、会社のお金の安心を確保し、会社を発展させていくのに有益な活用法を2つ、ピックアップしてお伝えしています。

次の