カネセンさとう。 千松屋 カネセンさとう (チマツヤ カネセンさとう)

「千松屋 カネセンさとう」(札幌市中央区

カネセンさとう

この記事の目次• 札幌市営地下鉄西11丁目駅から徒歩5分。 国産うなぎ串やお酒のすすむ肴を大衆価格で楽しめる『千松屋カネセンさとう』が2017年1月7日にオープンしました。 札幌では珍しい「うなぎ串」 『千松屋カネセンさとう』のオーナーである佐藤さんは、20年料理の道で腕を磨き、国産うなぎ串やお酒のすすむ肴を大衆価格で楽しめる『千松屋カネセンさとう』をオープンしました。 札幌で「うなぎ」というと、蒲焼やお重のイメージで少しお高めな印象ですが、ここ『千松屋カネセンさとう』では串焼きにしたうなぎ串が、なんと250~350円というリーズナブルな価格で頂けます! 実はこのうなぎ串、札幌ではまだあまり知られてないようです。 「札幌でもうなぎ串をもっともっと沢山の人に知ってもらいたい」と佐藤さんは言います。 うなぎをまだ串焼きで食べたことのない方は、是非一度ご賞味あれ! 一人でも気軽に入れるお店 提灯、暖簾、カウンターという渋いスタイルで長年愛されている大衆酒場。 札幌では東京に比べて、大衆酒場が少ないそうです。 『千松屋カネセンさとう』では、店内は大衆の雰囲気が出るコの字型の対面カウンターになっており、お客さん同士の顔が見える作りになっています。 そのため初対面でも仲良くなれるような、温かさを感じる空間です。 もちろんテーブル席もありますよ! 一人で飲みたいときにはもちろん、仕事終わりに会社の仲間と飲みに行くときにもぴったりなので、来店されるのはサラリーマンのお客様が多いんだそうです。 旬なお魚のお刺身もリーズナブルな大衆価格で頂けるのはおトクですね。 「リーズナブルなうなぎ串と旬な食材を揃えているので、是非食べに来てください!」と佐藤さん。 肩肘を張らずに「美味しい」かつ「安い」お料理を楽しめる「千松屋カネセンさとう」。 一人でも仲間と一緒にでも、一度食べにきてみてはいかがでしょうか。 店舗名 千松屋カネセンさとう 住所 北海道札幌市中央区北1条西10丁目1-23 ノーザンコート1F.

次の

千松屋 カネセンさとう

カネセンさとう

この記事の目次• 札幌市営地下鉄西11丁目駅から徒歩5分。 国産うなぎ串やお酒のすすむ肴を大衆価格で楽しめる『千松屋カネセンさとう』が2017年1月7日にオープンしました。 札幌では珍しい「うなぎ串」 『千松屋カネセンさとう』のオーナーである佐藤さんは、20年料理の道で腕を磨き、国産うなぎ串やお酒のすすむ肴を大衆価格で楽しめる『千松屋カネセンさとう』をオープンしました。 札幌で「うなぎ」というと、蒲焼やお重のイメージで少しお高めな印象ですが、ここ『千松屋カネセンさとう』では串焼きにしたうなぎ串が、なんと250~350円というリーズナブルな価格で頂けます! 実はこのうなぎ串、札幌ではまだあまり知られてないようです。 「札幌でもうなぎ串をもっともっと沢山の人に知ってもらいたい」と佐藤さんは言います。 うなぎをまだ串焼きで食べたことのない方は、是非一度ご賞味あれ! 一人でも気軽に入れるお店 提灯、暖簾、カウンターという渋いスタイルで長年愛されている大衆酒場。 札幌では東京に比べて、大衆酒場が少ないそうです。 『千松屋カネセンさとう』では、店内は大衆の雰囲気が出るコの字型の対面カウンターになっており、お客さん同士の顔が見える作りになっています。 そのため初対面でも仲良くなれるような、温かさを感じる空間です。 もちろんテーブル席もありますよ! 一人で飲みたいときにはもちろん、仕事終わりに会社の仲間と飲みに行くときにもぴったりなので、来店されるのはサラリーマンのお客様が多いんだそうです。 旬なお魚のお刺身もリーズナブルな大衆価格で頂けるのはおトクですね。 「リーズナブルなうなぎ串と旬な食材を揃えているので、是非食べに来てください!」と佐藤さん。 肩肘を張らずに「美味しい」かつ「安い」お料理を楽しめる「千松屋カネセンさとう」。 一人でも仲間と一緒にでも、一度食べにきてみてはいかがでしょうか。 店舗名 千松屋カネセンさとう 住所 北海道札幌市中央区北1条西10丁目1-23 ノーザンコート1F.

次の

千松屋 カネセンさとう (札幌市) の口コミ

カネセンさとう

「千松屋カネセン さとう」は様々なうなぎの部位が揃う「うなぎ串」をはじめ、北海道産魚介の刺身や焼物、定番おつまみなど、「ザ・プレミアム・モルツ」にピッタリなメニューが揃います。 「千松屋カネセン さとう」は白い暖簾が目印です。 暖簾をくぐると、アットホームな雰囲気の店内。 壁にはメニューがずらりと並びます。 まずは「うなぎ串」と「ザ・プレミアム・モルツ」で乾杯しましょう。 身を短冊に切ったたんざく焼き、細長い身を串に巻いたくりから焼きをはじめ、えり、ひれ、きも、レバーなど、うなぎの様々な部位を愉しむことができます。 こだわりの注ぎ方で丁寧に注いだ、クリーミーな「神泡。 」の「プレモル」がふわふわの「うなぎ」の食感や甘みにマッチします。 「プレモル」の溢れだす華やかな香りと深いコクに、甘辛い味付けの「蒲焼き」が相性抜群です。 この「千松屋カネセン さとう」の「うなぎの蒲焼」には海苔と野菜が添えられています。 ぜひ、この海苔で「うなぎの蒲焼き」と添えられた野菜を巻いて食べてみてください。 うなぎの旨みと、ミョウガやお酢のさっぱりとした味わいが絶妙にマッチした一品です。 さっぱりしているので箸休めにもぴったり。 柔らかなうなぎとシャキッとしたきゅうりの食感の違いも、存分に楽しんでくださいね。 添えられたお塩や薬味を軽くつけて、シンプルに味わうのが「千松屋カネセン さとう」流。 香ばしい繊細な味わいには、「角ハイボール」がおすすめ。 ふわふわの食感と、うなぎ本来の味わいを存分に堪能してくださいね。 「シャコ」は新鮮なうちにゆでるのがおいしく食べるコツなのだそう。 「千松屋カネセン さとう」では、「シャコ」をゆで野菜とともに楽しむことができます。

次の