サムライ 8 忖度。 『サムライ8 八丸伝』終わる…

サムライ8 八丸伝 1 (ジャンプコミックス)

サムライ 8 忖度

・数千万 下手すりゃ数億 かけたを打つも単行本の売り上げは一巻2万冊程度。 ・だろうがが書いた作品という。 ・刷れば売れる状態になった「」「」を差し置き大量発行。 ・結果、書店に山積みされ場所を取る在庫状態。 ・あまりの内容になどのおかしな点にを向けるも。 ・路線変更で較的上昇傾向のあった作品のにより兵とを大量に獲得。 そりゃ自分は以前詳しく知っているわけじゃないけど、費用対効果は知る限り最悪と言える。 自身が長く続けば面い・・・って言ってるけど、一度嫌いになったものを好きになることは少ない。 「」とか「アクタ」とか最近乗り越えて作になったのもあるけど、あれらは傍観勢がになったからになったんや。 は正直どこの系のイト行っても評判が悪い。 『Weome to 「」』のには、ホルダーは「生命体」と書かれてたけど、生命体かどうかはオレが決めることにするよ。 もし生命体だとしたら、の行動も含めて生命に対する冒涜が過ぎる。 連載初期にやってた、トに設置しといたホルダーに対する扱いとか、あれらがであったとしても酷いけれども。 で、そのどもにがを注ぐと、存在そのものが変化して、内部に「柄」と呼ばれる部位が出来上がって、をが持つと「ホルダー」と呼ばれる存在になって、との従の関係が結ばれる訳だ。 でも、ホルダーや若丸、での「魔噛み」が「奪われた」って描写から推測する限りでは、この従の関係てのは、あくまでも「柄を握られているか」ってだけの関係なんだよね。 たとえ元ののであろうとも、柄を握られてしまったら、だけでもう、新たなと認めて意のままに従ってしまうという… で、を殺された雌が、その間にのである雄にして行動を取り始めるのを見た時ような、得も言われぬ気味の悪さがあると言うか。 作出してるからなんてのは説得にはならない 5万売れても代とかでになるなら単純に自営業として経営がヘタなだけ というかヘタに作出してるせいでとか待遇とか自分の生活とかの準が上がってるだけでは?とも の印税って売れた分ではなく刷った分が入るから、も実売3万でもには刷った分(10万部くらい?)が入る だから仮にが出てるとするなら出版社 444 ななしのよっしん.

次の

サムライ8の現状を見ると、やはり編集の力は偉大なのか…

サムライ 8 忖度

サムライ8は設定ばかりで面白くない! というレビューがたくさんありますね。 しかし世の中には設定量の重厚さで人気を誇る作品も沢山ある、これは一体どういうことでしょう。 そこで今回はレビュータイトルにもある通り、サッカーのルール解説を例にとって説明してみようと思います。 普通サッカーを人に教えようとしたら、まずは「11対11でボールを蹴って運び、相手のゴールに入れる球技」などとルールの概要から伝えるでしょう。 そして試合の進行方法やフィールドの解説、各ポジションの説明、戦術、有名な選手、強いチーム、過去の名試合・・などと段々と個別的な説明に入っていくと思います。 しかしこの漫画では違うのです。 あなたがサッカーを全く知らない人だと仮定した上で、以下の問答を読んでみてください。 「我々はこの試合に負けそうだ・・」 「どうすれば良いんですか?」 「点を入れなければならない。 点を入れるにはゴールの右上を狙うのが良い。 ボレーシュートが有効だ」 「ボレーシュートってなんですか?」 「ボレーシュートをするには、ボールを浮かす必要がある・・」 「浮かす?」 「ボールを自在に浮かすために、足にあったシューズを履く必要がある。 足元の状態にも依るがな」 「足元の状態?」 「フィールドには天然芝、人工芝がある。 人工芝は合成樹脂から作られる・・」 「人工芝?」 「プレイヤー、ボール、人工芝はお互い補い合って三身一体となる」 「よし!じゃあ早くボールと人工芝を探しましょう!ワクワクしてきた!」 さて、ここまでサッカーのルールを解説したところで実際に観戦してみてください。 どう?面白いでしょ? ・・・となるのがこの漫画なのです。 サッカー初見の人には何も伝わらないでしょう。 でもサッカーについて正しく知れば、観戦も面白くなりますよね。 情報の出し方が下手なだけでこの漫画も本質的には面白いはずなんです。 ・・・多分。 不人気漫画 特に創作世界を舞台にした作品 が打ち切り目前の終盤で一瞬だけ面白くなる、という現象があります。 これは行き場をなくした設定が一気に出されることで起こる現象で、「設定の放出は必ずしもマイナスではなく、プラスにも働き得る」ということを証明しています。 そもそも人間には知的好奇心というものがあり、新規情報を知るとワクワクするように出来ているのです。 未読作品のまとめwikiや考察ブログを読んでみたら面白かった、という経験のある方も多いでしょう。 ネタバレブログがネットに大量に存在しているのも、漫画に対する人の知的好奇心の傍証です。 この作品も情報量だけなら一級品なので、人々の知的好奇心を刺激する人気作品になれるはずなのです。 正しい情報の出し方をしてこの漫画が第二のNARUTOとして返り咲くことを1ジャンプ読者として願っています。 ・・・とりあえずサッカーのルール、ならぬ銀河の状況を説明してくれると助かります。 とにかく、冒頭から説明が長い。 長過ぎる。 なんですか不動明王でパンドラの箱で小結級ホルダーで金剛夜叉流で狛犬のホルダーって…。 ジャンプの新人漫画賞に投稿したらまっさきに「最初から説明ばっかりだと読者はついてこれないので 出来るだけ絵で説明しましょう。 最初の2Pで作品の狙いを読者に提示しましょう。 あと主人公は4P以内に出しましょう」と酷評されるやつです。 これだけ複雑なら、せめて単行本に用語解説でも入れればいいのに、おまけページ一切なし。 "力"の配分を明らかに間違っている…。 ダルマ師匠の「猫をかぶる」とか「犬死」とか「一匹狼」とか「パンツ云々」とか 全く面白くない言葉遊びも大概滑ってます。 いーんスかこれ? 小さなコマ割りでテキストもギュウギュウに詰めてあるのに、実際描いてあるのは 半分がどうでもいい設定の羅列で、残り半分はどうでもいい言葉遊びなので、読んでると頭が疲れてきます。 肝心な部分がごっそり抜けてるじゃねーか! 作者のやりたいことを全部詰め込んだ集大成的な作品にしたいのは伝わってくるんですが 今のところは明らかに読者の許容量を越えた設定を垂れ流して溺死しそうになってるので 一旦仕切り直してストーリーと設定を組み直したほうがいいんじゃないかと思います。 少なくとも絵は素晴らしいし、キャラ造形は一部不快要素を除けば決して悪くないし 世界観も意味不明なことを除けばワクワクする要素もなくもないので 上手くテコ入れして、岸本先生のこの漫画に賭ける"義"を見せて欲しいです。 「"あの"NARUTOの!岸本斉史先生!新連載!」ということで 連載前から本誌に予告編載せたり特設サイト作ったり、編集長の絶賛コメントを出したり 盛大に期待感を煽ってきた本作。 1,2巻同時発売ということでいよいよ単行本派の方々の目に触れる時が来ました。 主人公ほとんど出てきませんが。 さて肝心の中身ですが……とにかく(無駄な)説明が多い。 チグハグな設定と用語が多い。 「侍と武士は違う」「ロッカーボール」「切腹したら侍になれるかそのまま死ぬ」 「ホルダー」「柄骨」「キーホルダー」「三位一体」「パンドラの箱」「マンダラの箱」 「侍は刀だけを使うものではない(2丁拳銃)」「武神不動明王」「武神のプログラム」 「侍は生身で宇宙出れるしどこを斬られても死なないし再生する(武神に見放されたら死ぬ)」 これ、ほんの一部です。 インタビューで岸本先生は「SFは序盤から専門用語が多い。 でもNARUTOの岸本なら我慢して読んでもらえると思った」と語っていますが、 SFというジャンルはつまらない説明を増やす免罪符にされていいものじゃないです……。 というか、当レビューのタイトル通り「作者の名前などどうでもいい」んです。 重要なのは漫画そのものの面白さです。 いくら宣伝で「これ面白いですよ、だってあのヒット作出した人が描いたんですから。 これからの看板漫画ですよ」と言われても、読んでみてつまらないものはやっぱりつまらないです。 まぁ、上に羅列した用語や設定にときめく人、「作者買いして悔いは無い」「作者を信じる」と言える人にはいいんじゃないでしょうか。 オススメです。 はっきり言ってクソつまらないです。 序盤から怒濤の説明&説明で脳みそがパンクします。 現在本誌では20話ほどですが、売れてると言われてる漫画の20巻ほどの情報量が詰め込まれてます。 そしてその設定説明の多さも然ることながら、その説明も非常にわかりにくいです。 独自の言葉でさえ多いのに、一般用語に独自の意味を持たせてるのがわかりにくさを増長させています。 インタビューで作者がこのような説明の多さを「NARUTOの作者だから我慢して読んでくれるだろう」と言っているのを見て、「は??」ってリアルで声出したのを覚えています。 「なんでこんなふうにした??」と思うような設定も多いです。 中でも疑問符がつく設定が「侍は切られても死なないが、勇を失えば死ぬ」というものです。 なんでこのようにしたのか理解できません。 要は肉体へのダメージは全く意味はないので、作中でいくら剣戟が描かれようと1mmもハラハラドキドキしません。 なんなら心を折れば終わりなので剣術を学ぶ必要あるの?とさえ思います。 「口撃力」を鍛えてラップバトルでもすればいいんじゃいいじゃないでしょうか。 個人的にこの漫画で致命的だと思うのが、キャラに全く魅力が無いところです。 主人公に至ってはナチュラル屑です。 1,2巻では描かれないワンシーンの話になってしまうのですが、体力を使い果たした主人公に「姫」と呼ばれる女の子に、アレ食べたいコレ食べたいと頼んでおきながら、姫が健気に作り方を調べてる間にそこら辺で豚カツを食べてきて回復するという、にわかには信じられないクソムーブをかまします。 あまりにも綺麗なクソムーブだったので、ネットでは偽物説が囁かれましたが残念ながら本物でした。 誰がこんな主人公を応援したいと思うのでしょうか、、、 まだまだクソなところは多いですが、これ以上長くなるとアレなのでここら辺にしておきます。 長々と語りましたが僕が言いたいことをまとめると、「こんな漫画を理解しようとする頭と時間が勿体ない、ワンピースかワールドトリガーを読みましょう」.

次の

『サムライ8 八丸伝』終わる…

サムライ 8 忖度

『サムライ8 八丸伝』 期待値高さが半端なかった ジャンプ22・23号 『サムライ8 八丸伝』はただの新連載の枠でなかったことで明らかでしょう。 なんと予告漫画が掲載されて『ナルト』の岸本先生の 「超巨大新連載」と銘打っていました。 ジャンプ(に限らないけど)の新連載は巻末で予告カットが掲載されて、次号から新連載はじまるって告知されるのが普通です。 巻末の次号予告を読まない人なら、何の前情報もなしにいきなり新連載はじまるもの。 『サムライ8 八丸伝』は予告編漫画が事前に掲載されるって特別っぷりが顕著でした。 そりゃ、『ナルト』の岸本先生の新連載ならって感じですね。 なお、予告漫画は主人公が星に願いをかけるのですが、 その文字数の多さが凄まじかったです。 説明説明アンド説明 1話冒頭 とにかくその何事も説明する台詞回しと文字数の多さが『サムライ8 八丸伝』の特徴でした。 確実にディテールに凝って世界観と設定をめちゃくちゃ作り込んでいるんだろうなーってのは理解できるのですけど、多くの読者が音を上げたのかもしれません。 私は設定中なので普通に楽しんでいたんだけどね。 例えば「武士」と「侍」の違いを以下のように台詞で語ってくれてました。 「武士」はただの人間だ。 だが「侍」は人間ではない。 侍は武士の上級として武神に選ばれサイボーグの体を持つ。 脊柱に似た「鍵(キー)」と呼ばれるメモリーユニットをベースに、それ以外のパーツは全てサイボーグだ。 武神不明王の造り残したこの小さな星…「ロッカーボール」。 これと適合した者だけが、この体を手にする。 斬られても死ぬ事はなく…。 ありのままの姿で宇宙を歩き、特別な魂を腹に宿す。 だが誰もが侍になれる訳じゃない。 分かったような分からんような。 このようにめちゃくちゃ細かい部分まで設定があることが随所に説明されます。 こういった説明が最初だけでなくずーっと続くのです。 17話 「この金剛夜叉流の免許をお前の鍵につなげダウンロードすれば色んな情報をデジタルで視覚できる」からはじまる説明説明アンド説明。 最初は冒頭の説明ターンを乗り越えれば…と思ってても、いっこうに乗り越えられません。 世界観や設定の説明エンドレスもうちょっとだけ説明するんじゃ…に陥るのです。 そんなこんなで難しそうな固有名詞が初期からガンガン出て、その説明を繰り返すという。 『ワンピース』で例えれば初期に「七武海」「四皇」「海軍」「世界政府」「革命軍」「空白の100年」「天竜人」…と放出するものでしょうか(この例えが合ってるかも微妙だけど)。 とはいえ、岸本先生は説明っぷりは確信犯であることを明かしています。 ・SFって世界観を構築する専門用語がたくさん出てくるじゃないですか。 最初の数ページで3つも4つも専門用語が出てきちゃったら、その時点で読者は『もういいよ』ってなるし、ジャンプでやっていたらすぐに打ち切りになっちゃう。 『サムライ8』も序盤から専門用語が出てきて、『NARUTO』に比べると世界観に入るのが難しいかもしれません ・作り手としてすごくおこがましい話ですし、普通はやってはいけないことなんですが、『NARUTO』の作者の新作だったら少しの間は我慢して読んでくれるかなという気持ちがあったんです > つまり、読者が置いてけぼりになるの分かってるけど「あえて」挑戦したし、ナルトの作者なので我慢してくれるんじゃないかなと。 ちなみに、あくまで個人の意見ですけど、岸本先生がなんでこんな説明説明アンド説明をやったのかはSF作品を描きたかったのもその通りなんでしょうけが、 冨樫先生に触発された説をとってる。 いや知らねーけど。 わいはサムライ8が生まれたの「冨樫先生のせい説」をとってる。 絶対冨樫先生に触発されてやってみたやろと。 それ冨樫作品しか通用せんから… — 山田 yamakamu 「」の対談では、「世界説明の説明が詰まってるやつ」が大好きと述べる冨樫先生であった。 そりゃ『レベルE』『ハンター』はそんなんばっかだけどさあ…。 どうでもいいけど、ハンターの再会まだかよ! ハードルを上げすぎた () 『NARUTO』のノウハウを全部ブチ込んでいるので、 順当にいけば『NARUTO』を超える作品になるはず! 「ジャンプフェスタ2019」でのナルトより面白くするってコメントを筆頭に、大ヒットの国民的…いやワールドワイドに大ヒットした『ナルト』以上の作品というハードルをめちゃくちゃ上げたこともネタにされてしまう要因でしょう。 「すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊!」30話では順当にいけばナルトを超えるとおっしゃってました。 ここまで壮大な前フリがあればずっこー感が出たのかもしれない。 まあ、『サムライ8 八丸伝』にヘイトが貯まるのは上記のこともあるんでしょうけど、 43話も続いたことに尽きるでしょう。 打ち切られなかった ここで『サムライ8』の掲載順位を振り返りましょう。 ちなみに、同期は『ふたりの太星』『ビーストチルドレン』『トーキョー忍スクワッド』です。 ジャンプ新連載でここまで掲載順位をずっと一桁キープできるのは稀有です。 アニメ化してる看板作品のレベルといっていいでしょう。 12話で二度目の巻頭カラーはジャンプ作品でいえば、大ヒット看板漫画の人気度です。 一部の読者の中には「こんな説明ばっかの漫画がなんで人気あるんだ?」「つまらんのに順位高いのは見えない力が働いてるのでは?」と思ったかもしれませんが、面白さなど個人の主観なので、大多数は楽しんでる可能性は否定できません。 しかし、2度め目の巻頭カラーの後は順位が急落してしまいます。 その後の掲載順は以下の通り…。 話数 掲載順 13話(36・37号) 14位 14話(38号) 13位 (最後の西遊記out) 15話(39号) 15位 16話(40号) 15位 17話(41号) 15位 18話(42号) 17位 19話(43号) 14位 20話(44号) 15位 21話(45号) 16位 22話(46号) 15位 23話(47号) 13位 24話(48号) 17位 (Dr. STONE reboot:百夜in) 25話(49号) 14位 26話(50号) 16位 27話(51号) 15位 28話(52号) 14位 (神緒ゆいは髪を結い、ふたりの太星out) 29話(1号) 15位 (ビーストチルドレンout、ZIPMANin) 30話(2号) 16位 (トーキョー忍スクワッドout、AGRAVITY BOYSin) 31話(3号) 17話 32話(4・5号) 16位( Dr. STONE reboot:百夜out) 13話以降、めちゃくちゃ順位を落としてしまいます。 同時にはじまった『ふたりの太星』『ビーストチルドレン』『トーキョー忍スクワッド』と激しい下位争いってポジションに身を置くようになるのでした。 もうずっと同期とドベ争いしてるのに、 『ふたりの太星』『ビーストチルドレン』『トーキョー忍スクワッド』は打ち切られたのに『サムライ8』は連載が続くのです。 この辺から、「なんかおかしくねーか?」感が一部のジャンプ読者に出てくる。 もちろん、最初の12話までの貯金があったかもしれない(これ自体が胡散臭い疑惑もあるが)。 とにかく、同期と同じ下位争いしているのに 『サムライ8』だけ生き延びるのでした。 その間にもいくつかの作品が終わり、 「もしかして『サムライ8』は岸本作品だから打ち切りレースで忖度されているのではないか?」と疑心暗鬼になってしまったのも事実です。 真相は分かりません。 打ち切りラインの掲載順位なのに延命し続けた(ように見える)。 話数 掲載順 33話(6・7号) 16位 34話(8号) 17位 (アンデッドアンラックin) 35話(9号) 18位 (マッシュルin) 36話(10号) 19位 (魔女の守人in) 37話(11号) 17位 38話(12号) 19位 39話(13号) 17位 40話(14号) 18位 41話(15号) 19位 42話(16号) 20位 43話(17号) 19位 (サムライ8out) こうして、同じような掲載順位だった同期3つは切られてもゾンビのように生き残り、今季の入れ替えまで粘るのでした。 なんともいえませんけど、 前の入れ替え時期に同期と一緒に打ち切られていたらヘイト集まること無かったんじゃないかなって…。 他の打ち切られた作品のファンから恨みを全て受ける!それがサムライ8! この世全ての悪を超える…ジャンプ全ての悪(アンリマユ)のような存在だったのかもな。 読者がどう思おうが忖度されたかどうかはみんなの心で決める事にするよ! まとめ アン姫 ラストの「金剛夜叉流の全てを習得したぞ!」の雑っぷりや、奥義「流星剣」の文字だけで描写無しなどツッコミどころ満載だったかもしれんが、成長したアン姫がペロペロできたことに尽きる。 アン姫が可愛かったです(結論)。 おすすめ武将ゲーム! 「サムライ8」は残念な結果になってしまいましたが、三国志をテーマに日本の武将も登場する「放置少女」もおすすめですのでご紹介。 義があるぞ! とにかくすべてがえちえちで「ふぅ…」と紳士諸君に大満足できる女の子たちが魅力です。 無料でプレイできるし、ちょっとした空いた時間だけで大丈夫なので通勤&通学&寝る前の一時のお供に最適です。 漫画はまず主人公の周り出来事から始まって徐々に世界観を広げていくのが定石。 今は世界観が複雑になっているワンピースや進撃の巨人も最初は主人公の周囲の出来事から始まっている。 ワンピースは「海賊を目指す少年が海に出る」から始まり、進撃の巨人は「巨人と戦う人類」から始まる。 ワンピースも世界政府や天竜人、四皇などの説明を最初から長々とされてたら誰もついていけなかっただろうし、進撃の巨人もエルディアやマーレの説明を最初から長々とされていたら読者は置いてけぼりになっていただろう。 作者が自覚していていなかったならともかく『NARUTO』の作者の新作だったら少しの間は我慢して読んでくれる』というのはやはり甘く見過ぎだと思う。 富樫先生のハンターハンターだって最初は「ハンターを目指す少年」から始まっているというのに。

次の