ゴルフ セルフ スタンド。 MICO フード付き セルフスタンドバッグ クラブケース ゴルフバッグ ブラック シルバー ネイビー :golf011:PANCOAT

セルフプレーで大活躍のセルフスタンドには問題点もあった?

ゴルフ セルフ スタンド

グリーンまで120ヤード位になったら、このクラブケースにパターやウェッジなど、得意なクラブを3〜5本入れて移動すれば、いろいろな場面でストレスなく素早く対応出来ます。 本コースだけではなく、練習場やショートコースにも最適です!専用フード付きでクラブもしっかり保護してくれます。 上のポケットは出し入れがしやすいゴムストッパー付きです。 下はファスナー付きポケットなのでしっかりと収納が可能です。 ラウンド中はボールやティーなど必需品も十分に収納出来るので思いっきりラウンドが楽しめます。 頑丈!2重構造。 クラブの荷重をしっかりと支える安心構造! 安心・頑丈設計。 スタンドは多少の傾斜でもしっかりと立ちます! クラブをカートに取りに戻る必要がなくなります。 クラブ置き忘れを防止します。 グリップの汚れ、濡れを軽減。 少しくらいの斜面にもスタンドを立てる事が可能。

次の

【楽天市場】【MICO】フード付き セルフスタンドバッグ クラブケース 【ゴルフバッグ】:ケイロス

ゴルフ セルフ スタンド

皆が持ってくると引っ掛ける所が無くなっちゃう問題 私は基本2サムでプレーをすることが多く、たまに4サムでプレーしてもセルフスタンドを持っているのが私ともう一人なのであまり考えた事が無かったのですが、 4サムで全員がセルフスタンド持参の場合はカートに引っ掛ける場所が無いですね。 只でさえ4つのゴルフバックでカートが手狭なうえにセルフスタンド4つは厳しい…。 途中で落っことしたりして 本来はプレーファーストの為のグッズがスロープレーに繋がるなんてことも…。 4サムでプレーされる際で全員がセルフスタンドを持っているという場合 スコア上位2名は使用しないとか決めておいた方が良いと思います。 キャディーさんに嫌われちゃう問題 セルフスタンドと言うくらいですからキャディーさん付きのプレーでは使用する事はありません。 ただ、キャディーさん付きのプレーでも持って行っちゃう人がいる様です。 その人はもしかするとキャディーさんも便利だろうと善意の気持ちで持って行っているのかもしれませんが… キャディーさんにはすこぶる不評だそうです 笑 自分で持って行くのは良いけど、パッティングが終わるとそのままグリーン周りに置いていく人。 そもそも持ち出しからキャディーさんに持たせてしまう人。 5本程入ったセルフスタンドを3つも4つも持たされたら… キャディーさんもたまったものではないですよね…。 そもそもセルフプレー用に作られたものですから キャディーさん付きと言う贅沢プレーの際は全てキャディーさんにお任せしましょう! 入れられる本数が足りない問題 これは私だけの問題かと思いますが 笑 5本~6本では足りないんです…。 私はショートプレーが苦手で100y以内のクラブがどんどん増えています。 ただ、それならゴルフバック持って歩けということにもなるし 笑 まとめ セルフプレーで大活躍のセルフスタンド! きっちり使いこなせばこんなに便利なサブアイテムはありません。 用途に合った使い方をしてプレーファーストに繋げていきましょう! 結局はどんな道具も使う人の心がけ次第ということです。 間違ってもキャディーさんには嫌われない様にご注意を。 【追記】 正直な話ですがまだクラブの使い分けが良く分からないよ~という方はセルフスタンドを使用する方がスロープレーになってしまう場合もあります。 まずは、自分でクラブ毎の飛距離を把握して打ち分けられる様に鍛錬しましょう! 当然、私も含めてですが 笑.

次の

セルフプレイ用のスタンドバッグが禁止のコースが増えているらしい。

ゴルフ セルフ スタンド

キャディバッグの他にコース内にサブバッグを持ち込むゴルファーが増えているようです。 キャディバッグと同じように名前を付けるなど、持ち込む側のマナーも問題視されています。 競技会でのサブバッグの持ち込みも見かけます。 ルール上の制約はありませんので特に禁止にする必要はないと思いますが、ゴルフ場側で持ち込みを禁止しているところもあると聞きます。 去年のことですが、群馬県ゴルフ場支配人会において、県ゴルフ協会に加盟する全コースでサブバッグの取り扱いへの対応を統一することが決定したそうです。 対応1は、サブバッグのグリーンへの持ち込み禁止。 対応2は、個人管理。 「ゴルファー」ならば「グリーン」を大事にしようという思いもありますが、ゴルファー気取りの人たちは、コースの保護を無視した歩き方(サブグリーンを横切る、バンカーをよじ登る、など)や、マナーに反したバンカーの出入りをやってしまいがちです。 サブバッグの個人管理とは、具体的にはネームタグを付けてコースへの道持ち込みはプレーヤー個人で持ち運びをやってもらう、ということです。 名前も付けずにキャディバッグに引っかけてゴルフ場のスタッフに預けることをご遠慮願う、ということです。 最近ではセルフ営業のコースも増えました。 サブバッグの持ち込みが多いと、ゴルフ場側のスタッフがその対応に苦慮するそうです。 キャディバッグに引っかけてあるだけなので、バッグから離れてしまうと名前がないと誰のものだかわからなくなる。 大量のキャディバッグと一緒に運搬されると軽くてシンプルな作りのサブバッグが破損することもあるそうです。 人手不足のゴルフ場では急に増えたサブバッグへの対応でトラブルが生じると、他の業務への影響も出ててんてこ舞いになる。 つまり、サブバッグはプレーヤーがゴルフ場へ到着したら、キャディバッグと一緒に預けずに荷物と一緒にハウスへ持ち込む。 スタートするときに、自分の荷物と同じようにカートへ持ち込む。 そういう個人の荷物としての個人管理を呼びかけているのです。 では、実際のところキャディさんたちはどう思っているのか? わたしは個人的には「邪魔」です。 余計なもの持ってきたなぁーというのが率直な感想です。 自分がセルフのコースへ行っても、乗用カートがカート道しか走行できなくても、スタンドバッグにクラブを入れて持ち運ぼうとは思いません。 便利だと感じるのは雨が降っているときくらいです。 あるゴルフ場で、雨の日にキャディさんが使っていました。 グリーンの外にスタンドバッグを立てて、プレーヤーからもらったアプローチウエッジを入れる。 グリップが濡れずにいいなぁと思いました。 尚且つ、両手が空くのでグリーン上での仕事がスムーズにできる。 キャディなしのセルフでプレーヤーが個人で使うことを否定はしませんが、、たぶんクラブの置き忘れがないとか、そういう利点もあるのでしょう。 ただ、わたしは一目でクラブが全部把握できないと不安です。 クラブの番手が一列にならんでいる状態。 それを望みます。 キャディをしているときは、4人のバッグにクラブが一列に並んでいて、何がどこにあるかがすぐにわかる状態を望みます。 なので、サブバッグに何本か別にクラブが入っていると、常にクラブの本数を把握できなくて、やりにくく感じてしまいます。 あくまでも個人的な感想ですが。 参考までに紹介させて頂きました。 ゴルファーにとっては便利なサブバッグですが、ゴルフ場側は苦慮する点がいくつかあるという認識で、サブバッグを持ち込むときはご協力を。 サンコー72カントリークラブ サブバッグ(セルフスタンドバッグ)の取り扱いについて.

次の