シャーロック ホームズ 評価。 シャーロック・ホームズの思い出の評価/評判

映画「シャーロックホームズ」ネタバレあらすじと感想考察や評価!シリーズの原点でミステリー映画の名作!

シャーロック ホームズ 評価

アンチ減速壁は、ジューダスなどでやっかいなスピードダウンウォールを無効化できます。 連撃キラーMは、同じ敵に対し連続で攻撃すると、攻撃力が1ヒットあたり10%ずつ上がっていきます。 上限は攻撃力の2倍までです。 SSの評価 20ターンの自強化SSを持っています。 倍率は1. 5倍で、アビリティの連撃キラーMとの相性も抜群ですね。 友情コンボの評価 超強全方位ショットガンを持っています。 雑魚処理能力も高く、ボスの近くに配置できればダメージソースとしても十分でしょう。 適正クエストの評価 ジューダス、25の獄の適正キャラです。 アンチ減速壁が高難易度クエストのギミックになると手も足も出ない可能性があるので、1体はゲットしておきたいです。 神化の評価 アビリティの評価 マインスイーパーLとアンチワープのアビリティセットです。 光属性耐性があり、SSターン短縮の効果で重めの28ターンのSSが早く撃てます。 SSの評価 28ターンの壁をすり抜け&チェインメテオSSを持っています。 倍率は1体ふれるごとに17倍ずつ増えていき、卑弥呼の2段階目と同等です。 さらに2. 5倍の自強化倍率が入ります。 友情コンボの評価 砲撃型のウォールムービングバレットと、サブに跳弾を持っています。 ラウドラでウォールムービングバレットの強さは分かっていますが、砲撃型とのことで破壊力があります。 適正クエストの評価 エルドラド、24の獄の適正キャラです。 豪華なアビリティに強力なSSと友情を持っています。 必ず1体はゲットしましょう。 進化と神化どっちが強い どっちもおすすめ 超獣神祭の新限定キャラ 2019年6月登場 です。 進化はアンチ減速壁、連撃キラーMという新アビリティを持っています。 神化は汎用性の高いアビリティセットに、砲撃型のウォールムービングバレットを持っています。 できる限り2体引いておきたいキャラです。 「同族加撃」は特級で攻撃力を2000UP、撃種と戦型加撃はそれぞれ1000UPできるわくわくの実です。 熱き友撃 友情の火力を上げたい方は「友撃」のわくわくの実がおすすめです。 「友撃」は特級で友情コンボを20%UPできるわくわくの実です。 ケガ減り 火力ではなく被ダメを抑えたい方は「ケガ減り」のわくわくの実がおすすめです。 「ケガ減り」は特級で被ダメージを20%カットできるわくわくの実です。 「同族加撃」は特級で攻撃力を2000UP、撃種と戦型加撃はそれぞれ1000UPできるわくわくの実です。 熱き友撃 友情の火力を上げたい方は「友撃」のわくわくの実がおすすめです。 「友撃」は特級で友情コンボを20%UPできるわくわくの実です。 ケガ減り 火力ではなく被ダメを抑えたい方は「ケガ減り」のわくわくの実がおすすめです。 「ケガ減り」は特級で被ダメージを20%カットできるわくわくの実です。 ホームズの適正神殿 進化の適正神殿 神殿 獄炎 秘泉 樹縛 光明 常闇 時の間1 〇 〇 〇 〇 〇 時の間2 〇 修羅場1 〇 〇 修羅場2 神化の適正神殿 神殿 獄炎 秘泉 樹縛 光明 常闇 時の間1 〇 〇 〇 時の間2 〇 修羅場1 〇 修羅場2 ホームズにおすすめのソウルスキル 進化におすすめのソウルスキル 対光の心得 火力を上げたい方は「対光の心得」のソウルスキルがおすすめです。 「対光の心得」は光属性への攻撃倍率が無印で1. 1倍 紋章力500 、極だと1. 25倍 紋章力5000 になるソウルスキルです。 鎖縛回避 アビリティロックを無効にできるので「鎖縛回避」のソウルスキルがおすすめです。 「鎖縛回避」に必要な紋章力は4700で、敷居はかなり高いです。 神化におすすめのソウルスキル 対光の心得 火力を上げたい方は「対光の心得」のソウルスキルがおすすめです。 「対光の心得」は光属性への攻撃倍率が無印で1. 1倍 紋章力500 、極だと1. 25倍 紋章力5000 になるソウルスキルです。 収監回避 友情コンボロックを無効にできるので「収監回避」のソウルスキルがおすすめです。 「収監回避」に必要な紋章力は4300で、敷居はかなり高いです。 62 SS 28ターン 壁をすり抜け、チェインメテオ 友情 ウォールムービング 17220 壁に沿い敵を襲う弾 副友情 跳弾 23669 全ての敵に当たる跳弾 ホームズの進化と神化の素材 進化に必要な素材 獣神玉 闇獣玉 闇獣石 大獣石 1個 5個 10個 30個 神化に必要な素材 ホームズの使ってみた動画.

次の

【モンスト】シャーロックホームズの最新評価と適正神殿|超獣神祭限定

シャーロック ホームズ 評価

シャーロック・ホームズ。 この「世界でもっとも有名な探偵」を10年以上に渡ってビデオゲームで描き続けているのが本シリーズだ。 最新作「シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-」も過去作同様にウクライナのFrogwaresが手がけ、「ホームズとしていくつもの事件に挑む推理アドベンチャー」にさらなる磨きをかけた。 シリーズ初と思われる家庭用ローカライズも行われた本作の魅力に迫る。 シリーズものなので不安に思う方もいると思うが、ストーリーはオリジナルで「今作が初めて」という方でも何ら問題ないことを最初に強調しておく。 ワトソンやレストレイド警部、ハドソン夫人といった原作でお馴染みの顔ぶれが登場することもあり、原作や関連コンテンツを知っていたほうが楽しめるのは間違いないが、「ホームズという名前しか知らない」という人でも大丈夫だ。 ワトソンとホームズ。 ワトソンは前作よりも男前路線の顔つきになった さて本作の特徴は大きく分けて3点。 ひとつは、先も述べたようにプレイヤー自身がホームズとなって調査・推理して事件の解明にあたること。 もうひとつは調査が甘かったり、推理を誤ると真相にたどり着けないこと。 そして最後にホームズは犯人を裁く権利があることだ。 以上の3点によって「事件を完璧に解明するホームズを見るゲーム」ではなく、「自身の手でホームズを導き、最終的に有罪・無罪の判断までも下すゲーム」という主体的なプレイを実現しているのが最大の強みだ。 扱う事件は複数あるが、プレイの順序は固定。 各事件に明確な関連や連続性はなく、代わりに冒頭から登場するホームズの養女ケイトリンをめぐる物語が背後で進んでいく。 ホームズが胸に秘めているケイトリンに関する情報、そしてタイトルの「悪魔の娘」の意味するところ、というのが大きな謎として横たわっている形だ。 観察眼を光らせる証拠探しは意外にもカジュアル 「事件が起きたらまずは調査。 基本だよ、ワトソン君」 とホームズが言ったかどうかは知らないが、歩き回って現場や関係者をつぶさに観察し、真相へと至る道筋を手繰り寄せなければことは始まらない(事件は起きているが)。 プレイヤーは怪しいもの、意味ありげなものをチェックすればよく、重要証拠はノートへと自動で整理・記載される親切設計だ。 ただし「観察こそ探偵の腕の見せ所」とはいえ、あなたがホームズならともかく、我々プレイヤーが名探偵ばりの凄まじい洞察力を発揮するのは並大抵のことではない。 そこでホームズの観察眼を可視化する手法が試みられている。 例えば部屋に飾られた絵画が微妙に曲がって掛けられているとか、わずかだが地面に何かを引きずった跡があるといった些細なことをワンボタンで金色にあぶり出せるようになっている。 この機能が必要そうな場所では目のアイコンが表示されるくらいで、かなり手厚い。 出来事が起きた順序を正しく並び変える謎解きもある 現場検証と同様に事件の鍵を握っているのが重要参考人の人物像推定だ。 こちらは初対面時に専用のシーンに移り、服装や装飾品の質、目でわかる病状、所持品などのポイントを選んでいけば自然と人物像が完成する。 服が粗末なので貧しいだろう、症状からいってこの病気を患っているだろう、といった具合だ。 全体的に証拠集め自体はそんなに難しくなく、怪しげなところをチェックしていけばOKという方針となっている。 もちろん証拠集めさえすればよいわけではない。 物品を元にした質問や捕らえられている容疑者との面会・尋問もある。 先述のように手がかりが不十分だと真犯人にたどり着けないため、情報をしっかりと精査していく必要があるのだ。 気になる発言があると選択肢が表示され、内容を追求できる。 作業化しやすい証拠集めも丁寧な舞台づくりによってある程度緩和されている。 事件現場に始まり、ホームズらの住まい、それにスコットランドヤードや19世紀後期の町並みは息遣いが聞こえてきそうなほどに凝っており、目で見て楽しい。 オプションから一人称視点への変更も可能なので、ホームズの視点で現場を訪れてみるのもオススメだ。 本作は流行りのオープンワールドではなく、各所の移動にはロードが挟まれるようになっている。 時代が時代なので移動は当然馬車で、ロード画面も馬車の中の画面になるのがなかなか心憎い。 誤認逮捕も酌量無罪も起こる名探偵の推理 さて馬車内を映すロード画面だが、おもしろいのはこのタイミングでメニューを開いて情報整理を行える点だ。 収集した手がかりは、ホームズの脳内を模した推理ボードにまとめられる。 ボードには集めた証拠に応じたいくつかのキーワードが乱雑に並んでおり、キーワードを2つ選ぶとひとつの推理としてまとまっていく。 ネタバレを恐れて、あえて本作と関係ない例を挙げれば「ミルクの入った皿」と「猫はいない」というふたつのキーワードがあれば「猫以外の動物を飼っている」という推理を導けるといった形だ。 仮定できる推理が2つに分岐する場合もあり、画面下部からどちらかを選択する。 このように集めた証拠から推理を積み重ね、最終的には犯人を暴くというのが基本的な事件解決の流れになる。 いくら名探偵と言えども手がかりが足りなかったり、間違った推理をしてしまえば無実の人を罪人に仕立て上げてしまうリスクがあることはお忘れなきよう。 この世界においてホームズの推理は絶対であり、ホームズを名探偵とするのも迷探偵とするのもプレイヤー次第なのだ。 「ホームズは犯人を裁く権利がある」というのもホームズ、そしてプレイヤーの絶対性を際立たせている要素だ。 本作では真相究明に際して犯人の処遇をも決定する。 情状酌量とみなすのも、罪は重いものとして警察に突き出すのもプレイヤーの自由だ。 事件終了時には「ウォーキング・デッド」や「ライフ イズ ストレンジ」といった近年のアドベンチャーゲームでお馴染みのプレイヤー統計も表示されるので、ほかのプレイヤーの何パーセントが自身と同じ選択をしたのか知ることができる。 冷酷な分析屋なのか情に厚い男なのか、どのようなホームズを演じるかはプレイヤーに任されているが、自身の取った選択について考えをめぐらしてみるのもいいだろう。 スキップを推奨したくなるものまであるミニゲーム 以上のように事件現場と関係する各所を周り、証拠を集めて推理するというのが本作の骨子だ。 さらに時折ミニゲームのようなパートが挿入され、ワトソンやウィギンズ少年を操作するパートまである。 ミニゲームはロックピックによる解錠、酒場での盗み聞き、細い足場渡り、尾行などいくつか種類があるが、あまりおもしろくはない。 タイミングよくボタンを押せばよいQTEはわかりやすく、失敗してもすぐリトライできるのであまり苦にならないが、解錠は直感的な操作でもないうえに説明が不足している。 なお、レビューに際してはPC版をパッドでプレイしているが、細かな操作周りは洗練されていない印象だ。 一部の尾行、ステルスパートなども操作はともかくゲーム全体と比較すると少々難しめとなっている。 操作がわかってしまえばやることは極めて簡単な解錠 特に問題があると感じたのは2章にあるフィールドパズル群。 時間制限があるものもあり、ヒントを見落としてしまうと総当りのようなプレイになりがちだ。 カジュアルな作りの本作からはかけ離れており、プレイに幅を持たせたいにしてもうまくいっているとは言い難い。 幸いこういった謎解きやミニゲームの多くはスキップが可能なので、先が気になる人はスキップしてしまうのがいいだろう。 2章の難所。 本作では変装が可能で、ホームズがハゲているのはそのせい。 最終的な推理にヒントらしい導きがないのももったいなく感じた。 プレイヤー自身が推理するというコンセプトはわかるし、犯人候補もあまり多くないのだが、もう少しフォローがあったほうが事件と向き合いやすいだろう。 エンディングを含めた各事件の終わりにエピローグのようなものがないのも好みが分かれそうな点だ。 余韻がなく、あまりにあっさりと終わってしまうので私は少々味わいに欠けるように感じた。 一方で決断をプレイヤーに任せたことで味わいの増しているエピソードもあり、完璧には程遠いながらも自身の決断と向き合わせるシーンを用意しようとした点は評価できる。 ほとんど葛藤らしいものも描かれず、冷徹に真実を追求してきた本作のホームズが最後に何を思い、口にするのかは最大の見所のひとつだろう。 最後にひとつだけ心残りを。 前作「Sherlock Holmes: Crimes and Punishments」には「ブラック・ピーターの運命」、「アビー屋敷の事件」、そしてシャーロック・ホームズシリーズ外から「線路上の謎」と小説にある事件をリメイクするような形で収録している。 「シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-」はオリジナルストーリーなので登場人物こそ馴染みあるものの、事件はそうではないのがやや残念だった。 次回作には原作モチーフの事件を期待したい。 and developed by Frogwares. Published under license and authorization of Frogwares. All rights reserved. Sherlock Holmes, Frogwares and their respective logos are trademarks of Frogwares. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. Licensed and published in Japan by Intergrow Inc. ホームズとして事件を解決する楽しみ• カジュアルに調整された証拠集め• 自分の推理で犯人を見つけて裁く手応え 短所• スキップはできるものの難しすぎるパズル• 犯人推定へのフォローの少なさ 総評 少々顔つきの変わったワトソン以外は、前作の延長線上にある作品で刺激は少ない。 しかしホームズ、ときにワトソンとして英国を駆け回り、頭脳を回転させて事件に挑む楽しさは健在だ。 町並みや事件現場もそれなりのクオリティに仕上がっている。 大胆にも推理と裁きとをプレイヤーに一任したデザインにも磨きがかり、一部の妙に難しいシーンさえ我慢できれば唯一無二のホームズゲームとして楽しめるだろう。

次の

【モンスト】シャーロックホームズの評価と適正神殿/わくわくの実

シャーロック ホームズ 評価

モリアーティ教授との戦いを繰り広げた第二作目。 しかしそうなってくると「別にシャーロックホームズでなくていい」というそもそも論が浮上してしまった今作だった。 シューベルトの鱒を歌いながら肉フックに吊されたホームズをブンブン振り回すモリアーティ教授には思わず笑ってしまったし、森の逃亡劇は新しいカメラワークだが効果的ではなかった。 ワトソンが撃たれたかと思えば次のシーンでは自己治療してるし、元気に駆け回っていたホームズの方が死にかけてて連続性もない。 前作はまだ言い訳の余地があったが、社交ダンスを男二人で恥ずかしげもなく踊っているのだから間違いない。 彼らはゲイである。 今回もアクション多めで武闘派ホームズは継承。 ストーリー的には、モリアーティに辿り着く推理が浅く、 原作ファンありきの作り方になってる。 モリアーティ知らねぇ!、とは言えない人には辛いかも。 でもこれが世界標準なんですね。 でもその悪事は割と現代風にアレンジされていて、 多少のリアリティを孕んでいてなかなかスリリング。 チェス対決の裏で暗躍するワトソンの場面、いいね。 このコンビは見慣れたとしても、 新たな「ホームズ」を作ろうと頑張ってるところが、 過去のホームズのイメージと違っていても、賞賛したい所。 ただRダウニーJrの演技は常にクール且つコミカルなので、 何を演じても、アイアンマンの「トニースターク」にしか見えない。 Jロウみたいに髭とか髪型とか変えられないものか。 今更遅いが。 今回もかなりの?七変化っぷりなので、髭付けてたらダメだな。 今や大スターの(当時もであるが、)ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウのW主演でヒットした作品。 であるが、個人的にはロバート・ダウニー・Jrのシャーロック・ホームズに若干の違和感を覚えた記憶がある。 (イメージと少し違うなあという勝手な思いである。 ) ーだが、その思いは、BBC制作のベネディクト・カンバーバッチ主演の「SHERLOCK」シリーズを観て解消した・・・。 ー しかしながら、前作「シャーロック・ホームズ」はさておき、「コードネームU. E」を経て、今春の「アラジン」を観て、矢張りこの監督のエンターテインメント作品を作る情熱は不変なのだと確認でき、大変嬉しく思った。 前作に引き続きアイリーン・アドラーを演じたレイチェル・マクアダムス、モリアーティ教授を演じたジャレッド・ハリス、マイクロフト・ホームズを演じたスティーブン・フライは、(勝手ながら)私のイメージ通りのキャスティングで満足した作品でもある。 <2012年4月14日 劇場にて鑑賞> 『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』字幕版 *主演* ロバート・ダウニー・Jr. ジュード・ロウ *感想* 「シャーロック・ホームズ」の続編。 前作が面白かったので、鑑賞。 今回は、前作の最後に登場したシャーロックホームズの宿敵、モリアーティ教授との対決を軸に描いてて、前作より見応えがありました。 ただ、見応えはあるものの、話がちょっと難しかった。 前作のヒロイン、アイリーンは登場してますが、あまり活躍されなかったけど、シャーロックとワトソンのコンビネーション、そしてお馴染みの「ホームズビジョン」もカッコ良かった。 ガイ・リッチーならではの演出が前作よりも豊富。 新キャラも登場してます。 そしてホームズとモリアーティの対決は、緊張感があって楽しめた。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の