お金 借りる 学生 無職。 どうしたら無職からキャッシング可能になる?理由と対応策を伝授!

無職でもお金を借りる方法!失業中・年金受給者・主婦のための必読情報!

お金 借りる 学生 無職

そんなときに頼りたくなるのがカードローン。 しかし年金収入のみで生活している場合、カードローンはよく選ばないと審査落ちを繰り返してしまいます。 実は、月14万円の年金をもらっていたとしても、「年金受給者は、年金以外にパートやアルバイトで収入を得ていないと申込ができない」という銀行や消費者金融が多数派なんです。 年金収入のみの人が申し込みできるカードローン会社と、年金受給者がカードローン以外で低金利でお金を借りる方法を紹介します。 年金収入のみでも申し込めるレイクALSAとみずほ銀行 年金をもらっていれば、カードローンの申込条件である「安定収入があること」は満たしているように思えます。 だけど実際には、月収6万円のアルバイトさんが申込できて、月14万円の年金をもらっている人が申込できないというカードローンが多数あります。 老後の貴重な生活費である年金を担保にしてお金を貸すことは、国民年金法第24条と厚生年金保険法第41条で禁止されています。 その影響もあってか、年金収入のみの人にお金を貸す業者は少ないんです。 年金収入に加えて、アルバイトやパートなどをしている場合は借りられますが、年金収入のみだと、借りられる業者がかなり限られます。 会社 年金収入のみの人 の借入 SMBCモビット 不可 プロミス 不可 レイクALSA 可 アイフル 不可 アコム 不可 オリックス銀行カードローン 不可 みずほ銀行カードローン 可 三井住友銀行カードローン 不可 レイクALSA・みずほでも年金受給者は年齢制限に注意 年金のうち最も一般的な「老齢年金」をもらっている方はシニア層です。 シニアの皆さんは、カードローンの利用には年齢制限があることにも注意してください。 年金収入のみでも借りられるレイクALSA(アルサ)やみずほ銀行カードローンでも、年齢の条件を満たさなければ申込はできません。 会社 年齢の上限 レイクALSA 70歳以下 みずほ銀行カードローン 66歳未満(65歳以下) 66歳以上(70歳以下)の人は、レイクALSAを検討しましょう。 レイクALSAの金利は4. 5~18. 0%で、初めての利用で年金生活者なら最も高い実質年率18. 0%での利用になると予想されます。 しかし初めての利用で一定条件を満たした場合は、無利息期間サービスが使えます。 60日間無利息(Web申込み)• 5万円以下なら180日間無利息 カードローンのメリット・デメリット メリット• 無利息期間を設けている業者がある• 融資が早い デメリット• 銀行でも消費者金融でも、高金利に変わりない• 年金生活者は申し込みできない業者も多い• 年金生活者が申し込みできる業者でも、年齢制限がある 年金担保融資で超低金利!年金を担保にお金を借りる 年金受給者がカードローン以外でお金を借りる方法もあります。 それが独立行政法人福祉医療機構(WAM)や政策金融公庫の年金担保貸付です。 年金証書を預けて、年金を受ける権利(年金受給権)を担保にすれば、用途に合わせて10~200万円のお金が借りられる制度です。 年金を担保にお金を貸すのは禁止されていますが、例外的に独立行政法人福祉医療機構(WAM)と政策金融公庫は、年金担保融資を認められています。 独立行政法人福祉医療機構(WAM)や政策金融公庫が年金担保融資を行っていますが、政策金融公庫は恩給や共済年金を担保とした貸付のみ扱っています。 WAMの融資は低金利!年金担保融資のメリット・デメリット 年金担保融資のメリットはなんといっても低金利なことです。 民間のカードローンよりもかなり低い金利で借入が可能で、返済も1万円から可能です。 金利 カードローン 3. 0~20. 0% WAMの 年金担保融資 年金担保:1. 8% 労災年金担保:1. 1% 年金生活者が低金利でお金を借りられる、とても助かる年金担保融資ですが、デメリットもありますから理解しておきましょう。 年金から返済分が天引きされるので、返済が始まると生活費が減る• 融資までに約1ヶ月かかり、急ぎの融資には向かない 手元に入ってくる年金の支給額を減らさずに、スピーディに融資を受けたいなら、やはりレイクALSAを検討することをおすすめします。 その場合、無利息期間を上手に使いましょう。 でも実は廃止が検討されているの。 制度開始当初の目的だった「高額医療費の貸付」と実態が異なってきてること、年金担保貸付を利用した人が生活に行き詰まって生活保護を受給するケースが増えてるのが大きな原因よ。 失業者がお金を借りる方法があった!契約者貸付と総合支援資金 失業中で収入がない人も、どうにかして生活資金を確保しないといけませんよね。 失業給付を受けられる人や、親戚から援助してもらえる人はいいですが、雇用保険に加入していなかったので失業給付がもらえなかったり、頼める親戚がいない人もいるでしょう。 そんな人は、どこからお金を借りたらいいのでしょうか。 カードローンは無職だと借りられません。 借りたいなら、パートやアルバイトをする必要があります。 しかし、求職活動中の人は、アルバイトをすることもままなりませんね。 でも安心してください。 カードローン以外に、失業中の人がお金を借りる方法があります! 生命保険の契約者貸付はなんと無審査で借入可能 生命保険に入っているなら、生命保険契約者貸付制度が使えます。 ソニー生命の契約者貸付制度を例に、条件をまとめてみました。 カードローンに比べて低金利で借りられて、なんと審査もなく、融資は最短で翌日に受けられます。 内容 ソニー生命の契約者貸付 金利 2. 5~6. なお、ソニー生命はかなり融資が早い保険会社です。 他の保険会社だと1週間程度かかると思っておいてください。 解約返戻金とは 保険を解約した時に戻ってくるお金。 解約返戻金の額は保険証券や約款に記載されています。 契約者貸付のデメリットは複利と保険解約の可能性 便利な契約者貸付ですが、デメリットもあります。 まずは金利が複利で運用されて、利息が大きくなりやすいことです。 銀行に定期預金をするときにはたいてい複利ですよね。 複利だと利子・利息が多くなるので、預けるときには嬉しいのですが、借りるときには利息と返済額が多くなり、デメリットになってしまいます。 例えば、10万円を年利10%で借りた時には、複利と単利では返済額はこのように違ってきます。 失効になるのは、なかなか返済が進まなくて、借入額と利息の合計が、担保にしている解約返戻金の額を超え、督促状が来たのに期日までに返済できなかったときです。 <契約者貸付のメリット・デメリット> メリット• 低金利• 審査がない• 業者にもよるが、融資が比較的早い デメリット• 金利が複利なため、返済が長期間に及ぶと利息負担が大きい• 返済できなくなると、保険契約が失効する なんと無利子で借りられる!総合支援資金ってなに? 契約者貸付はそもそも生命保険に加入していないという人は利用できません。 そんな人でも、無利子でお金を借りられる国の制度が、生活福祉資金貸付(総合支援資金)で、連帯保証人を立てれば無利子で借り入れ可能です。 保証人になってくれる人がいないと年利1. 5%になりますが、それでも低金利ですね。 総合支援資金は失業をするなど生活に困窮している人が対象で、生活を再建するための資金(生活費、アパートなど住宅への入居費用、延滞している光熱水費の支払いに充てる費用など)を借りられます。 あなたでも借りられる!総合支援資金の貸付条件と申込方法 総合支援資金を借りるには、生活困窮者自立支援制度の「自立相談支援事業」を利用するのが絶対条件です。 この自立相談支援事業の窓口は、自治体や社会福祉協議会です。 相談の中で、「これは資金を借りるのが適切だ」と判断してもらえたら、申込ができます。 相談から貸付までの流れはこのようになっています。 「資金を借りられる」と判断されるのは、こんな人です。 収入の減少や失業(離職から約2年以内)で生活が困窮している• 本人確認書類が提出できる• 住居があること(持ち家でなくてもOK)、または住居が確保できる• お金を借りるだけではなく、貸付後も就職支援や家計見直しなどの継続的な支援を受ける• 貸付と支援によって、自立した生活と返済が見込める• 失業給付、生活保護、年金などの公的給付や公的貸付を受けられない 地域によりますが、貸付までには1ヶ月くらいかかることが多いようです。 まずは早めに相談に行きましょう。 生命保険会社が無審査でお金を貸せるのは、解約返戻金の範囲内よ。 すぐに差し押さえられる担保があるから無審査になるわけで、親切ってわけじゃないわ。 バイトしてない学生でも借りられる!内定者向けローンを活用 大学卒業と就職を控えている学生の皆さん、卒業旅行や、新生活準備でお金がかかって大変ですよね。 社会人になる前に車の免許をとるために教習所に通うつもりなら、さらに何十万円単位でお金がかかります。 親に出してもらえたら一件落着ですが、頼めないという人もいるでしょう。 バイトをしていればいいですが、卒論準備や就職活動が忙しくて、バイトを辞めた人は困ってしまいますね。 そんなときに使えるローンがあるんですよ。 ローンといっても、カードローンではありません。 カードローンはアルバイトなどで安定的に収入を得ていないと利用できません。 バイトをしていない限り、内定があっても無職と分類されてしまうので、もうバイトを辞めてしまった人は借入できないんです。 おすすめなのが東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」や、静岡ろうきんの「就職内定社応援ローン」です。 プロミスやアコムなどの大手消費者金融よりもずっといい条件で借入できますから、ご紹介します。 銀行で安心!卒業旅行にも使える内定者専用ローン 東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」、静岡ろうきんの「就職内定社応援ローン」は、どちらも内定して勤務先が決まっている新卒内定者向けのローンです。 勤務先の立地などの条件がありますが、金利が普通のカードローン(4~18. 0%くらい)よりもかなり低いのがメリットです。 次に条件と金利についてまとめました。 内容 東京都民銀行 大学卒業予定者ローン 静岡ろうきん 就職内定者応援ローン 金利 8. 8%(クレジットカード申込や給与振込口座としての利用で優遇金利あり) 返済期間3年以内:2. 50% 返済期間3~10年以内:3. 70% 利用金額 最高50万円 最高100万円 用途 卒業旅行、運転免許取得、引越し、スーツ購入、英会話学校など 卒業旅行、自動車購入や運転免許取得、引越し、家具・家電の購入など 申込条件• 内定がある大学新卒者• 勤務先の事業拠点が東京か周辺にある• 20~30歳未満• 日本国籍または永住権取得済• 18~30歳未満• 静岡県内在住、または静岡県内企業への就職が内定した新卒予定者 借入までにかかる時間 約3週間 (仮審査を経て)本申し込み後、約1週間~10日 武蔵野銀行にも、埼玉と東京に在住在勤の人が対象になる、「むさしの新卒予定者応援ローンROOKIE」があります。 内定者専用ローンのメリットとデメリット メリット• カードローンに比べて低金利• 内定があればアルバイトをしていなくても借りられる• 新生活に必要な費用に幅広く使える デメリット• 居住地や勤務予定地に制限がある 信用金庫で借りられる!免許取得にカーライフプラン 東京都民銀行や武蔵野銀行の内定者向けローンは低金利でとても魅力的ですが、住んでいる地域や勤務先が離れていたら申し込みができません。 一方、用途は限られてしまいますが、全国の信用金庫で内定者が申し込めるローンもあります。 免許取得費用など、車関連の費用に使える「しんきんカーライフプラン」です。 しんきんカーライフプランは、本来は収入がある人しか利用できませんが、内定者なら借り入れ可能だという特例があります。 免許取得代をローンで借りられたら、卒業旅行費用は貯金や親からの援助で賄うこともできそうですね。 内容 しんきんカーライフプラン 金利 2. 38~3. 08% 利用金額 就職内定者は最高200万円 用途 自動車やバイクの購入・車検・修理、パーツやオプションの購入・取付、自動車保険、運転免許取得など 申込条件• 就職が内定していて、内定を証明する書類を提出できる• 20~30歳未満 借入までにかかる時間 (仮審査を経て)本申し込み後、3~4営業日 でも、銀行や信用金庫からローンでお金を借りると、いくら低金利とはいえ利息が発生してしまいます。 つまり、借りた額以上に返さないといけないということです。 ですから、親や親戚に借りられるなら、先に親にお願いするのが鉄則です。 どうしても足りない・頼みにくいところだけ、低金利な内定者専用ローンやしんきんのローンを利用して借りることを検討してください。 確かにそうなんだけど、いくら低金利でも、家族に借りるのとは違って利息がつくわ。 必要最小限の額だけを借りるのが原則だから、忘れちゃダメよ。 諦めるな!無職でもお金を借りる方法はある ここまで、就職前の学生さんや年金生活者のみなさん、そして失業中・求職中の方々ががお金を借りる方法を紹介してきました。 紹介したローンや公的制度のメリット・デメリットをまとめておきましょう。 年金生活者のみなさんは、カードローンを利用するときには、年齢制限を確認した上で、レイクALSAかみずほ銀行カードローンに申し込みましょう。 年金を担保に借入ができる独立行政法人福祉医療機構(WAM)の年金担保貸付も低金利で利用できます。 特徴 カードローン 独立行政法人福祉医療機構(WAM)の年金担保貸付 メリット• 無利息期間を設けている業者がある• 融資が早い• 低金利• 年金生活者向けの公的な制度 デメリット• 高金利• 年齢制限がある• 返済額が支給される年金から差し引かれる• 融資までに約1ヶ月かかる• 事業自体の廃止が検討されている 失業中の方は、カードローンは諦めましょう。 生命保険を契約していれば契約者貸付が使えますし、国の総合支援資金も利用できます。 生命保険契約者貸付 総合支援資金 メリット• 低金利• 審査がない• 保険会社にもよるが、融資が比較的早い• 無利子または低金利• 失業者など向けの公的な制度• 自立支援相談事業と一体なので、総合的な生活再建の相談ができる デメリット• 金利が複利なため、返済が長期間に及ぶと利息負担が大きい• 返済できなくなると、保険契約が失効するる• 貸付までに1ヶ月程度かかる• 多重債務者や他の公的給付を受けている人は対象外 最後に、内定を持っているものの、アルバイトを辞めたのでカードローンに申し込めない学生さん向けのローンです。 内定者向けローンと、信用金庫のしんきんカーライフローンを紹介しました。 銀行や労働金庫の 内定者向けローン しんきんカーライフローン メリット• カードローンに比べて低金利• 内定があればアルバイトをしていなくても借りられる• 新生活に必要な費用に幅広く使える• カードローンに比べて低金利• 内定があればアルバイトをしていなくても借りられる• 全国の信用金庫で取扱がある デメリット• 居住地や勤務予定地に制限がある• 自動車関係の出費にしか使えない.

次の

無職がお金を借りるには?ニートや失業中でもOKなカードローンを紹介

お金 借りる 学生 無職

お金を借りるということ 私たちが日常生活をしていく上で、お金は必要不可欠なものです。 普段、食事の材料を買ったり、衣料を買ったり、家を借りるにもお金がいります。 現代は昔に比べますと、便利になり、銀行もクレジットカード会社もカードを発行し、土日でもキャッシュカードでお金を引き出せますし、日常品もクレジットカードで買うことができるのです。 しかし、急に親戚が亡くなられて明日は通夜で香典が必要だとか、急に友達が田舎から出てきて街の観光に連れて行かなければならないと言うような、急にお金が必要になる場合があります。 その日が給料日前で銀行にもほとんどお金が残っていないとか、夜に電話があって銀行のATMは閉まっているというような場合には、やはりコンビニに行ってローンカードなどでキャッシングをせざるを得ません。 お金を借りる意味 このような お金を借りる、すなわち、キャッシングするということは、そのお金に利息をつけて返済しなければならないという義務がついてきます。 逆に言えば、ローンカードを発行する消費者金融会社やクレジットカード会社、銀行などは返済をしてもらってその間の利息をいただくことで、経営が成り立っているのです。 従って、「お金を借りる」ということは、貸す側からみれば、返済をしていただける方に対して融資をするということを表しています。 返済が充分に見込めない方に対して貸付をすることは難しくなっているのです。 従って、改正された貸金業法でも、定期的な収入のない方に対する融資は禁じています。 定期的な収入がないというのは、無職ということです。 無職の状態とは では、 お金を借りる場合に、無職の状態とはどのようなことを指しているのでしょう。 定期的な収入がないということは働いていない人のことですが、働いていなくてもアパートを持っている方であれば、家賃収入があります。 家賃収入は定期的な収入と言えるのです。 また、株式投資をしていて、配当金が毎年一定額以上入ってくる、また、多額の預金を持っていて利息がたくさん入ってくるという方も定期的な収入があると言えます。 これらの方は、確定申告や源泉徴収をされており、収入の証明もできるのです。 では、本当に定期的な収入のない、無職の状態にあると言えるのは、どのような場合なのでしょう。 また、定期的ではないけれど、アルバイトなどを不定期にやっているニートと呼ばれる人たちはどうなのでしょうか。 これらのお金を借りる場合における無職の状態について、少しご説明します。 アルバイトの扱い アルバイトやパートの場合、一定期間以上継続的に働いている場合には、無職とはなりません。 失業手当などにおいても、この期間については失業手当がでていないのです。 しかし、いつも決まったアルバイトが無かったり、アルバイトに行っても長続きせずにすぐ辞めると言う場合、すなわちニートと呼ばれる方の場合は、定期的な収入があるとは言えません。 この場合は、無職扱いとされるのです。 特に、学生などのように、一定のアルバイト先に長期間勤めることが難しい場合は、無職扱いとされます。 実際には長期で勤めている方もいます 主婦=無職にはならない 主婦がパートで長期間同じ会社などで働いている場合には、定期的な収入と認められ、当然、源泉徴収票なども発行されるので収入の証明になります。 完全な専業主婦でないと無職とは言わないのです。 失業中の人は無職 会社に勤められていた方が、会社が倒産した、或いは自ら会社を辞めたと言う場合は、失業した状態であり、無職の扱いとなります。 当然、長く会社に勤めていれば、雇用保険により失業手当をもらえますが、これは定期収入とは認められず、あくまでも無職として扱われるのです。 ようやく現在では、景気も上向いて求人倍率が1を越えており、転職は楽になりつつあります。 しかし、それでも次の勤め先を見つけてから会社を辞められる方は少なく、かなり長期にわたって無職の状態が続く方が多いのです。 20歳未満は無条件に融資不可 学生であるかないかを問わず、貸金業法上での融資は20歳以上と決まっており、無職であるかないかを問わず、20歳未満の場合には、原則としてアルバイトをしていても融資の申込みはできません。 但し、中小消費者金融会社や貸金業法上の登録をせずに営業をしている貸金業者 ソフト闇金と呼ばれています の中には、高校生を除いて満18歳以上の学生に対して学生ローンを販売しているところがあります。 アルバイトなどの収入がある場合や、親御さんの保証をとったりすることで融資しています。 但し、この場合には、金利が高かったり、返済に遅れた場合には、厳しい取り立てが行われる場合がありますので、注意が必要です。 年金受給者も無職? 基本的には、貸金業法上、70歳以上の高齢者の場合には、年金以外の定期収入があったとしても融資対象者とはなれません。 どうしても借りたいという方は「」をご覧ください。 また、70歳未満の年金受給者の場合には、年金以外での収入がある場合には、融資対象者となります。 すなわち、完全に年金だけで生計を立てており、年金以外で定期的な収入がない場合には、無職として扱われ、融資の対象とはなれないのです。 また、定期的な収入の証明が必要になりますので、金額が小さくて明細がないような場合にも無職扱いになります。 シルバー人材センターなどに登録して、非定期的に収入がある場合も定期的な収入とは言えず、無職扱いです。 貸金業法の融資対象者 これまで見てきましたように、無職の定義、扱いにはさまざまあります。 貸金業法上では融資対象者はどのように決められているのでしょうか。 貸金業法上では、• 年齢は、20歳以上から69歳以下• 安定した定期収入があること• 高齢者の場合は、年金以外の収入があること が融資の対象者と規定されているのです。 すなわち、無職とか主婦、学生という表現は書かれていません。 従って、学生でも20歳を越えており、定期的なアルバイト収入がある 源泉徴収票や毎月の給料明細がある 場合には、融資対象となれるのです。 また、主婦も融資対象にはなれないとは書かれておらず、安定した定期収入、例えば、スーパーのレジのパートなどで毎月一定の収入がある場合には、融資対象となることができます。 これらの場合は、無職とは言えないからです。 ローンカードは作ることができます。 既に作ったカードは50万円までは使える また、主婦でも結婚前や出産前に会社に勤めていて、その時に作ったローンカードがある場合には、返済事故などが起こっていなければ、50万円までは使うことは可能です。 新たにローンカードなどを作る必要はありません。 但し、借りた金額が50万円を超えてきますと、消費者金融会社やクレジットカード会社からは収入証明書の提出の要請が来ますので、その際には無職であることが判明し、カードの使用はストップされます。 従って、利用残高は注意してカードを使うようにしてください。 もちろん、働いていなくても、家賃収入や配当収入、利息収入などがある場合には、定期収入と見てもらえますので、融資対象者となることができます。 また、会社を辞めて失業中の場合には、収入証明書は昨年の源泉徴収票が使えますが、会社の在籍確認が取れないため、やはり、無職として扱われ、新たな融資対象になることは難しいと言えます。 従って、自分が無職の状態なのか、そうではないのかは良く見極めてローンカードなどの申込みをする必要があります。 無届業者は悪質業者の可能性が高いので注意 無届業者の場合には、失業中でも対象として融資してくれる場合がありますが、貸金業法そのものを守っていないので、返済ができない場合を考えれば、手を出すべきではないでしょう。 参考URL: 無職の人はお金を借りられるか? では、本当に無職の人はお金を借りられないのでしょうか。 確かに、貸金業法上では、無職で安定した定期収入がない方や、20歳未満の学生の場合には、融資対象とはなりません。 従って、大手の消費者金融会社や銀行などでも融資対象になれないため、ローンカードを申込むことはできないのです。 確かに、貸金業法の登録をせずに、自由に金利を決めて融資対象も広げて営業している貸金業者はいます。 その場合には、将来的にその業者が摘発されて、債権が闇金に流れてとんでもない高金利や暴力的な取り立てに合う可能性がありますので、基本的にはお勧めできません。 それ以外の方法を探ってみましょう。 既に作ったローンカードやクレジットカードは使える 失業をした、結婚して家庭に入り専業主婦になった、子供ができて会社を辞めて専業主婦になったといった場合、無職の状態ですから、新たなローンカードを作ることはできません。 しかし、既に述べたように、 働いていた時期に作ったローンカードやクレジットカードのキャッシングは50万円までであれば、問題なく使えます。 主婦の方や失業中の方も使用は可能です。 しかし、それでも50万円までの範囲であれば、使えるのです。 また、50万円以上になっても金融機関が信用情報機関から情報を得て、収入証明書を求めて判断するまでタイムラグがあります。 さらに以前勤めていた会社からの前年の源泉徴収票があれば、収入証明書として提出できますので、前年の年収が150万円以上あれば、50万円以上使っても問題ありません。 失業中の方であれば、その期間中に次の勤め先を見つければ、よいと言えます。 現代はカード時代であり、たいがいの方はポイント付きのクレジットカードは何枚かは持っているはずであり、そのクレジットカードについているキャッシング枠でお金を借りることはできるのです。 主婦はお金を借りられる? 日本の主婦は、昔からへそくり上手と言われて、ご主人の財布で生活しながらも、うまく節約してへそくりをためていました。 しかし、それは主婦が働かなくても充分に生活できる環境にあった昭和50年代までのことです。 バブル崩壊後のわが国の経済はデフレ化し、賃金の伸び率はほとんどなく、ご主人の収入だけで充分な家庭生活が送ることは難しくなっています。 それは、へそくりが難しいと言うことです。 山内一豊の妻ではありませんが、いざという時のための資金を用意するためには、へそくり代わりにローンカードのようなにいつでもお金を引き出せるようにしておく必要があります。 特に子供さんの教育などを考えれば、なおさらです。 パートに出れば、収入が少なくてもローンカードは作れる 現在の貸金業法では、家庭に入り、ご主人の収入によって生活している主婦の場合は、単独でローンカードを申込むことはできません。 しかし、 子供に手がかからなくなって、パートに出た場合や、昔の会社に復職した場合には、当然金額は限られてきますが、ローンカードを申込んで融資を受けることは可能です。 ご主人の扶養家族に入るために、パートに出ても年収を90万円程度に抑えている場合でも、源泉徴収票があれば、50万円以内であれば、ローンカードを申込むことはできます。 昔は専業主婦も借りられた 貸金業法が改正される2006年以前には、消費者金融会社にとっては専業主婦もとてもよい融資対象になっていました。 また、専業主婦にとってもご主人に内緒で借りられる非常に便利なへそくり代わりのローンカードだったのです。 ご主人の収入がある場合には、主婦に収入がなくても、ご主人の査定で融資を行っていました。 消費者金融会社の場合には、家庭に利用明細が来ないために、ご主人に内緒でカードを作って利用できたのです。 ご主人の収入が多い場合には、無職の専業主婦でも50万円以上の融資枠のローンカードが発行されていました。 しかし、専業主婦の方が返済事故を起こし、ご主人との仲も悪くなるケースが多発しました。 その結果、貸金業法が改正された際に、ご主人の収入によって専業主婦に単独でのローンカードを発行することは禁じられてしまったのです。 配偶者貸付の可能性あるが・・・ 但し、現在でも、貸金業法では配偶者貸付と言う考え方があります。 その場合は、ご主人の同意と住民票などの婚姻を証明する書類も必要になります。 従って、ご主人の同意と住民票が必要なのであれば、ご主人にローンカードを作ってもらえば済むだけの話です。 その場合は、返済遅れなどが生じますと、かなり厳しい取り立てが行われますので、苦しい思いをされたり、ご主人に迷惑をかけるという事態にもなりかねません。 従って、おすすめは出来ません。 それよりも、ご主人にローンカードを作ってもらい、そのカードを専業主婦の方がへそくり代わりに持っておくようにすれば良いでしょう。 無職の専業主婦でも発行されるクレジットカード 但し、 無職の専業主婦でも貸金業法の規制は弱く、割賦販売法の管轄になるクレジットカードであれば、作れる場合があります。 クレジットカードの場合、キャッシング枠は20万円程度が付いてきます。 金額枠は小さいですが、収入証明の必要がないために、クレジットカード会社の場合にはカードを発行してくれる可能性があります。 いざという時のために、へそくりとして作っておくことはできます。 ご主人に内緒で借りる場合の注意点 キャッシング枠を使った場合には、利用明細書が家庭あてに送られてきますので、ご主人に見つからないようにしておく必要があります。 母子家庭で生活保護の場合 基本的には、働いていない場合は、生活保護の収入があっても融資の対象外になります。 逆に言えば、生活保護をもらっていても、働いていれば、ローンカードの申込みは可能です。 もともと生活保護は、障害者などの福祉目的以外の場合は、将来的に働いて自立することが前提になっています。 生活保護をもらっている間に生計を立てられるように、パートなどの務めで安定収入を得られるように指導されるはずです。 パートなどで収入があっても、収入が少ない場合には、生活保護は減額されますが、受給はできます。 そして、収入が少なくても安定的に収入ができれば、ローンカードの発行を申込むことはできるのです。 従って、生活保護を受けているからと言って、まったく融資を受けることができない訳ではありません。 行政は借り入れに批判的 行政側は生活保護中に借入をすることには批判的ですので、生活保護を打ち切られる可能性もありますので、よく相談して借りるようにしてください。 また、子供の教育費などであれば、公的な生活福祉資金制度などが行政で設けられており、それらを利用することもできます。 学生でもお金は借りられる? 20歳以上の学生については、常にアルバイトをして一定以上の収入があることを証明できれば、ローンカードを発行してもらうことができます。 収入の証明は、源泉徴収票がなくても、ここ数カ月の給料明細があれば、大丈夫です。 利用限度額は50万円以上は難しいですが、ローンカードを持つことはできます。 しかし、ほとんどアルバイトはしていない場合や、不定期にアルバイトをしている場合には、基本的にはローンカードの発行はしてもらえません。 学生ローンとは 但し、中小貸金業者や登録外貸金業者では、学生ローンとして証書による融資を行っているところがあります。 基本的には、無収入の場合には、貸付は出来ないはずですが、少額でカードを発行せずに貸付を行っているのです。 金利が高かったり、親御さんを連帯保証人に立てたりして融資を行っています。 この場合は、20歳ではなく、18歳以上の大学生が対象になります。 さすがに、高校生は対象にはなっていないようです。 学生ローンの注意点• 返済が遅れた場合には、かなり厳しい取り立ての可能性がある• 場合よっては連帯保証人や親御さんに迷惑がかかる• 業者が倒産した場合には、闇金に債権が渡る可能性あり クレジットカードは発行される 主婦と同様、学生の場合、クレジットカードは発行されます。 20歳以下の場合は、キャッシング枠のついていないクレジットカードが中心ですが、親御さんの保証があれば、発行してくれます。 20歳になれば、親御さんの保証がなくても、少ないですがキャッシング枠の付く場合もあるのです。 クレジットカード会社は、自社の会員顧客の囲い込み、青田買いが行われており、規制の緩いクレジットカードを中心にカード発行を促進しています。 内定者に甘いクレジットローン 特に 20歳を越え、就職が内定するようになりますと、盛んにカード発行を勧誘しているのです。 内定の通知書などがあれば、小さなキャッシング枠であれば、収入証明書も必要でないため、クレジットカードに付帯する形で発行しているケースもあります。 このような場合には、クレジットカード会社のカード発行の審査は非常に甘く、アルバイトをしている、していないに拘わらず、発行されるようです。 但し、返済の目途がないにも拘わらず、キャッシングをしてしまいますと、返済のためにまたクレジットカードを作るという多重債務に陥る可能性があります。 従って、学生の間は極力キャッシングを行わないようにしてください。 ただ、実際に車の購入に使われたかどうかの確認はなく、車の見積書などがあれば借りられます。 ただ、購入していないことがわかれば、一括返済を求められることもありますので、やはり使途を変えて使うのは勇気がいります。 年金受給者 高齢者 でもお金は借りられる? 年金を受給されている高齢者の場合は、年齢によって差があります。 すなわち、 貸金業法上で、70歳以上になりますと、収入があるなしにかかわらず、基本的には融資対象とはできません。 これは、クレジットカードも同様です。 但し、 69歳までの年金受給者の場合には、定期的な安定収入があれば、ローンカードの発行は可能になります。 かなり、審査は厳しくなりますが、申込むことはできるのです。 住宅ローンが残っている場合には、不動産の担保価値に一定の掛け率をかけた評価額から住宅ローンを借り換え、その差額が新たな融資枠として設けられます。 住宅ローンが残っていなければ、不動産の担保価値に一定の掛け率をかけた評価額そのものが融資枠になります。 銀行の高齢者でも借りられるローンカードは審査が厳しい 銀行の場合は、貸金業法の規制は受けないため、70歳以上の場合でもローンカードの融資対象になることができます。 しかも、年金受給者の場合でも、年金そのものは収入に認めてくれますので、対象にはなれるのです。 しかし、銀行などのローンカードは、あくまで保証会社の保証がおりなければ、発行はされません。 すなわち、保証会社はほとんどが貸金業法上の規制を受ける消費者金融会社やクレジットカード会社になりますので、もし返済不能で銀行から債権を買い取っても回収ができない可能性があります。 そのため、やはり、いくら銀行の案内が75歳までとなっていても、審査で断られる可能性は高いと言えます。 失業中でもお金を借りられる? 基本的に無職を代表するのが失業中であり、基本的には借入をすることはほぼできません。 いくら景気状態が上向いているとは言え、これまで勤めていた会社よりも給料の良い新たな勤め先を見つけられる方は限られており、長期間無職の状態が続く方もおられます。 融資をする側としても、いつ返済能力が回復するかは不明である方に対して、貸付をすることは貸倒れにつながる可能性が高く、貸金業法上も安定した収入がないため、貸付を行うことは難しいのです。 銀行の場合も、担保を設定して融資しても、簡単に返済不能になり、不動産目的に融資したと非難される可能性が高いため、融資には慎重になります。 失業中に融資を受けることのできる場合 但し、 次のような場合には、借入をできる可能性があります。 事業を開始しようとする場合には、経験と自己資金、綿密な事業計画などがあれば、国民生活金融公庫などから融資を事業資金として受けられる可能性があります。 また、地方自治体の保証を得て銀行から融資を受けられる可能性もあります。 あくまで、事業計画がきちんと行われて、事業展開が可能であると判断されることが必要であり、それが融資を受けられるかどうかの分かれ目です。 就職が内定している場合 就職が既に内定している場合には、一部のクレジットカード会社の場合にはカードを発行してくれる可能性はあります。 あくまで、ショッピング枠が中心のカードですが、部分的にキャッシング枠が付いてくる場合もあります。 正式に就職し、クレジットカードの利用後の返済が遅れていなければ、さらに大きなキャッシング枠につながります。 障害者年金の方は借りられる? 体に障害があるために働けない方で、障害者年金を受給されている方の場合も、その年金収入だけの場合は、融資は受けられません。 ただ、障害をお持ちでも働いておられる方の場合は、ローンカードを作ったり、借入をすることはできます。 貸金業法の範囲外で無職の人が借りる方法 ここまでは、貸金業法の範囲内を中心に、無職の方がどのように借りる道があるのかをご紹介してきました。 貸金業法の規制に縛られる消費者金融会社やクレジットカード会社のローンカード、キャッシング枠の場合には、無職で安定した定期収入がない場合は、融資が難しいと言えます。 しかし、貸金業法の規制にかからない銀行や、生保会社、公的貸付などの場合には、いろいろと条件は付いてきますが、借りることはできるのです。 貸金業法の対象外の銀行からは無職でも借りられる 銀行は既に述べましたように、貸金業法の規制にはかかっておらず、銀行法の中で銀行独自の判断で個人の方に融資が行えます。 特に、バブル崩壊以降、銀行は不良債権処理に苦労し、多くの経営的な観点での利益機会を失ってしまっています。 現在の銀行業界において、今後、利益を上げられる可能性が高いのは、デリバティブと呼ばれる金融派生商品、海外分野、個人融資分野に限られています。 金融派生商品や海外分野については、非常に高度な技術的なノウハウが必要であるため、よほど人材に恵まれたメガバンクやそれに次ぐ銀行以外は手を出しにくいと言えます。 そのため、地方銀行などは個人融資分野に力を入れています。 無職でも銀行が融資してくれる場合 銀行で保証会社の保証をとって発行するローンカードについては、保証する会社がほとんど消費者金融会社やクレジットカード会社などになっており、基本的に貸金業法の規制対象になっています。 従って、無職で定期的な安定収入がない場合には、基本的には保証を受けることはできないため、銀行もローンカードを発行することはできません。 しかし、 無職で定期的な安定収入がなくても、不動産を持っており、しかも、担保に入っていない場合などには、借入証書による融資を行う場合があります。 高齢者で年金受給者の場合には、他に収入がなくても融資は可能です。 特に安定的でなくてもシルバー人材センターなどの仕事で多少でも収入がある場合には、ローンカードという訳にはいきませんが、その都度の証書による貸付が可能です。 また、一部の地銀では、専業主婦に対するカードローンを発行している場合があります。 リバースモーゲージローンを行っている銀行• 東京スター銀行• みずほ銀行• 三菱東京UFJ銀行• 三井住友銀行• 三井住友信託銀行• 群馬銀行他の地銀23行• 信用金庫5金庫 さらには、公的な機関である住宅金融支援機構や各都道府県の社会福祉協議会でも取り扱っています。 実際の融資は地銀などになります。 現代は、一人っ子世帯が多くなり、一人っ子同士の結婚も増えているのが現状です。 そのため子供に不動産などを残す必要がないと言う場合には、利用する方が増えているのです。 生命保険契約者貸付 生命保険会社が行っている契約者貸付は、基本的には貸金業法の規制外になっており、生命保険証書を担保に貸付ける制度です。 無職の場合でも、生命保険料をきちんと支払っている場合には、これまでの払込み済みの生命保険積立の範囲内での貸付を受けられます。 失業中でも可能で、次の勤め先の目途があるのであれば、生命保険を解約するよりも貸付を受けた方が良いでしょう。 金利もローンカードなどで引き出すよりは低く、短期の生活資金としてはうまく使えます。 年金担保の借入 基本的に、貸金業法の規制で年金を担保として融資を行うことはできません。 従って、年金受給者の方が、消費者金融会社などの貸金業法で規制を受ける金融機関からは年金そのものを担保にして借りることはできませんし、年金受給だけで暮らしている場合にはお金を借りられないのです。 銀行なども同様で、年金担保の貸付は闇金を除くすべての金融機関ではできません。 年金担保での融資の勧誘がある場合は、貸金業法の登録外の闇金の可能性が高いため、手を出さないようにする必要があります。 いわゆるオレオレ詐欺の類です。 公的機関の年金担保の融資制度 しかし、公的な機関で制度的に年金担保の融資をしてくれる場合があります。 それは、 政府系の独立行政法人福祉医療機構が行っている融資制度です。 これは、高齢者の生活支援制度として行われているものであり、福祉政策ですので、金利も1. ただ、貸付が実施されるまでは、申込んでから1カ月ほどかかるため、即時性はありません。 起業のための事業借入は無職でも可能? 学生からいきなり会社を興したり、失業中に新しい勤務先を見つけることを止めて事業を興すと言う場合には、これも既に述べましたように、国民生活金融公庫などの公的な機関からの融資が可能です。 また、事業を始めてしまえば、事業融資は貸金業法の総量規制の対象外として扱われますので、借り易くなります。 さらに事業を始めて1年以上経過しますと、商工会議所などを窓口として無担保無保証人の経営改善資金として低い金利の借入も可能になります。 但し、それは事業がうまくいく場合であり、いくら起業したからと言って成功するとは限っていません。 そのために、綿密な事業計画と資金計画の提出が要求され、それを納得してもらう必要があるのです。 借りられなかった場合が大変 無職では決済が受けられる場合は少ないのですが、自動車ディーラーが保証することで借りられる場合はあります。 しかし、借りられない場合、クレジットカード会社に失業していることがわかってしまいますので、キャッシング枠を止められる場合が出てくるのです。 また、収入証明書の提出を要求されるケースもあり、自動車ローンももともと持っていたカードも使えなくなる場合が出る可能性があります。 キャッシングが止められる場合には、信用情報機関にも登録されますので、持っているローンカード全体が止められてしまう可能性さえあります。 従って、収入が無くなった場合は、大きな買い物をしたりせずに、基本的には生活の切り詰めを優先して考えるべきでしょう。 そうしませんと、余計に生活が苦しくなる可能性があります。 公的機関の支援貸付 貸金業法や銀行法の範囲外で、公的な生活の補助資金を借りられる場合があります。 失業が長期間続いて、失業手当の支給も切れた場合などに生活が苦しい状態を支援するための福祉制度があるのです。 生活福祉資金貸付制度と言い、保証人なしでも借りられます。 また、連帯保証人を立てられた場合には、無利子で借りられます。 しかも、親族で連帯保証人になれる方がいる場合には、生活保護も受けられません。 生活福祉資金貸付制度は申し込んでから、実際に融資されるまで1カ月ほどかかるため、実際には生活保護を申請した方が早く、返済の必要もないと言えます。 生活保護にしても、生活福祉資金貸付にしても、勤め先などを早く決めてそのような生活から抜け出すことが目的ですから、自ら動いて早めに勤め先を決めることを考えるべきでしょう。 無職でお金を借りる方法のまとめ 最後に、無職でもお金を借りられるおすすめの方法についてまとめてみます。 利用は可能でも、おすすめでないものは除いています。 職の種類 お金を借りる方法 専業主婦 既存のクレジットカード、ローンカード 主人名義のローンカード 学生 クレジットカードのキャッシング 内定者専用ローン 年金受給者 年金以外無収入 年金担保融資 リバースモーゲージローン 失業中 生命保険契約者貸付制度 既存のクレジットカード、ローンカード 生活福祉資金貸付制度 生活保護 お金を借りることは返済が必要 ここまで、無職の状態でお金を借りる方法をご説明してきました。 基本的には、お金を借りるということは、返済義務を負うと言うことであり、しかも利息を添えて返済する必要があります。 きちんとした勤め先があり、生活も安定していれば、返済は可能ですが、収入がない状態で、安易に借りられるから借りると言うのでは、返済や生活が破綻する可能性は高いと言えます。 既に内定が決まっている、ご主人が働いており、返済の目途があると言う状態であれば、借りることも財布代わりになりますので、良いでしょう。 しかし、失業中のように返済の目途がない中でお金を借りると言うことは、自らの将来を壊してしまう可能性もあるのです。 まとめ 無職でもお金を借りることのできる場合について、ご説明しました。 無職の状態には、学生の方、主婦の方、年金受給者の方のような場合と、失業した場合の方がいます。 貸金業法上では、安定した定期収入があることが融資をできる条件としています。 また、年金を担保に貸付けをすることも禁じられています。 従って、年間100万円未満のように少ない収入でも安定的にあれば、融資は受けることができますし、さまざまな借入方法もあります。 ただ、安易に借入をするよりも、収入のない場合は、まず生計を切り詰めることから始めることをおすすめします。 特に、返済の目途もない中でお金を借りることは、将来の生活を犠牲にする可能性がありますので、注意してください。

次の

無職でも本当にお金を借りる方法を深堀(ニート・失業中・学生・専業主婦(主夫)・年金受給者)

お金 借りる 学生 無職

世の中には様々な職業がありますが、その中でもイロイロな面で不利なのが「無職」の方々。 働いていない(働けない方もいますが)ので当然と言えば当然ではあるのですが、それでもお金が必要なのは変わりません。 とはいえ、無職の方はお金を借りることは出来ません!と断言しましょう。 どうして無職だとお金を借りることが出来ないのか、そして無職でもなぜかお金を借りることが出来る人がいる!?などなど、無職とカードローンの関係について今回はしっかりと解説していきたいと思います! どうして無職だとお金を借りられない!?その理由を徹底解説 なぜ無職だとお金を借りることが出来ないのか。 「そりゃ当たり前でしょ」と思う方が多いでしょうが、改めて具体的な理由を挙げていきたいと思います。 とはいえ、世間一般で言われる「無職」と、カードローン・キャッシングにおける「無職」の扱いもちょっと違う部分があるのも事実です。 カードローンなどでお金を借りられる人と、そうでない人の違いも含めてポイントとなるのはどの部分なのかをちょっとチェックしてみませんか? そもそも無職とはどんな人を指すのか? そもそも無職とはどのような人を指すのでしょうか。 用語そのものとしては「定まった職業に就いていない、あるいは会社などに所属せず仕事がない状態」を指します。 でもこれですと、正社員以外の、いわゆる「非正規雇用」の方々も無職に属してしまうような気もします。 現在、世間一般では「何かしらの収入を得ていない人」というイメージで、アルバイトをしている人であれば「フリーター」ですし、他にも契約社員や派遣社員など非正規でも様々な働き方があり、彼らのことを無職ということはありませんよね。 カードローンやキャッシングにおいてもこういった方々は「収入がある人」として貸付条件の中でも対象としており(商品によっては正社員のみというものもありますが)、無職ではないと判断されています。 よって、カードローンやキャッシング業界においては無職とそうでない方々は以下のように分類されると考えていいでしょう。 無職じゃない 無職である 正社員・自営業者・ 派遣社員・契約社員・ パート・アルバイトなど 無職(ニート¥家事手伝いなど)・ 専業主婦(夫)・年金生活者・ 失業者・バイトをしていない学生など 年金生活者は年金という収入源があるから無職という扱いにはならないのでは?と思う方もいると思いますが、年金は労働の対価として得たものではないため収入とみなされないケースがあります。 もちろん、年金を受給しつつ働いているような方は無職ではありません(なので、年金受給者ではなく年金生活者と記載しています)。 理由1:「総量規制」により法律で定められているから カードローン・キャッシングにおいての無職と判断される職業?がわかったところで、具体的にどうして無職の方々が借りることが出来ないのかを説明していきたいと思います。 まず1つ目の理由は「総量規制」により定められているから、です。 カードローン・キャッシングにおいては「消費者金融系カードローン」と「銀行系カードローン」の大きく2つに分かれると思いますが、前者の「消費者金融系カードローン」は正式には「貸金業者」といい、「貸金業法」という法律が適用されます。 貸金業法の中には「総量規制」という仕組みが定められており、 貸金業者は利用者の年収の3分の1を超える金額の貸付をしてはならない と、貸せる金額にきっちりと制限がついているんです。 年収が450万円であれば150万円を超える金額を貸すことは出来ないですし、年収が30万円であれば利用者は10万円までしか借りることが出来ないわけです。 …と、いうことは、無職で収入がない方ですと年収は0円。 0には何をかけても0ですから…お金を借りることが出来ないわけですね。 じゃあこの法律が適用されない銀行系カードローンなら借りられるのか?…というと、残念ながらそういうわけでもありません。 理由2:収入がないため返済が出来ないから それは2つ目の理由である「収入がないため返済が出来ないから」につながります。 カードローン・キャッシングは当たり前ですがお金を「借りる」だけであって、時間をかけてでも「返さ」なければなりません。 しかも金利がつくということは、1日でも借りた場合元々借りたお金(元金)よりも多い金額を返済しなければいけないことになります。 そもそもお金が足りないからお金を借りたのに、収入がない状態ですと返済が出来ませんよね。 それはお金を貸す側にしたらかなりのリスクで、最悪返ってこないことも容易に考えられるでしょう。 無職の方は収入がないためリスクが高く、いくら総量規制で縛られていない銀行系カードローンであっても審査に可決させることはない、と言えるでしょう。 理由3:返済できる保証が全くないから 「確かに無職で収入はないけど貯金はあるから返済は出来る!」…という、半ば屁理屈のような状態ですが、そういう意見があると仮定しましょう。 それなら貯金を使えばいいじゃないか…とも思うのですが、そういったのも抜きです!(笑) 仮にそのカードローン・キャッシング商品が「保証人または担保あり」であればまだわかりません。 仮に利用者の方が無職であっても保証人が弁済したり、担保を取り上げたらいいだけの話ですから。 しかし一般的なカードローン商品は「無担保・無保証人」の商品が9割以上を占めていますから、「信用貸し」という、その人が返済できるであろうことを信用してお金を貸す方法になっています。 あなたがお金を貸す側になったとして、働いてもいなくて働く気もなさそうな人が「絶対に返すからお金を貸してくれ!」と言ってきたときお金を貸すでしょうか? 流石に可哀想と思って1000円くらいは貸すかもしれませんが、10万円も20万円も貸すのはためらわれますよね。 お金を貸しても返してくれるだろうという信頼、それを裏付けるのが収入…といっても過言ではありません。 理由4:そもそも貸付条件を満たしていない 最後に身も蓋もないことを言ってしまいますが、全てといってもいいほどカードローン・キャッシング商品には「貸付条件」が定められています。 「この条件を満たした人であればお金を貸してもいい(絶対に貸すとは言っていない)」というものですが、そもそも貸付条件には必ずといっていいほど お金がない人にお金を貸しても返ってくるとは思えない、という考えは至極納得出来ることです。 少しでも収入があれば「時間がかかってもお金を返してくれるかもしれない」と思えますが、それがないのですから「もう返ってくることはないだろうな」と思われても仕方ありません。 お金をもらうのであれば別ですが「返済」しなければなりませんから、返済できる能力があることを証明できないとカードローン会社もさすがに審査に可決させることは出来ません。 むしろそもそも貸付条件を満たしていませんから、申し込みをしてもムダですね…悲しいことですが。 「無職」ではあっても、お金を借りられる無職もいる!? …かなり前のトピックでは厳しいことを言いましたが、残念ながら事実です。 しかし無職というカテゴリには入っていても、カードローンやキャッシングで問題なくお金を借りられる方も中にはいます。 借りられない立場の無職の方からすれば「なんで!?」と思ってしまいそうですが、様々な職業の中でも有利・不利があるように、無職の中でも有利と不利がある…ということなんですかね。 専業主婦・専業主夫は比較的お金を借りやすい 無職カテゴリの中でも他の方とくらべて抜群にお金を借りやすいと言ってしまってもいいのが「専業主婦(専業主夫)」の方々です。 ただし貸金業法では「配偶者貸付」という制度を取り入れています。 配偶者貸付とは、自身と配偶者の年収を合算し、その3分の1の額を上限としてお金を借りられるという仕組みです。 これを利用すれば自身に収入がない専業主婦の方でもお金を借りることが可能ですが、配偶者が借りられる額も減少します。 例えば年収が450万円の配偶者と専業主婦の自身で配偶者貸付を利用する場合、夫婦で150万円を超えない範囲でお金を借りることが可能になります。 妻が50万円借りた場合、夫婦で借入が可能なのは100万円以内ということです。 また、この制度は夫婦両方に収入があっても利用できます。 が、「プロミス」などの大手消費者金融ではこういった配偶者貸付での融資を行っていませんので注意しましょう。 しかし貸金業法が関係ない銀行系カードローンであれば専業主婦(夫)でもカードローンの申し込み及び利用が可能です。 ただし多くの場合、借入額に制限がかかっています。 借入上限額 専業主婦の上限額 みずほ銀行カードローン 1,000万円 30万円 楽天銀行スーパーローン 800万円 50万円 イオン銀行カードローンBIG 800万円 50万円 年金収入だけでも利用できるカードローンもある 先程は年金収入だけで生活しているような「年金生活者」はカードローンを利用できない!…と説明したところではありますが、年金収入だけでも利用できるカードローンもあります。 とはいえ、こちらも消費者金融でお金を借りるのは厳しく、ターゲットとするのであれば銀行や信用金庫になります。 大手のカードローンであれば三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」であれば、収入が年金だけであっても申し込みをすることが可能です(もちろん審査に可決するかはまた別です)。 他にも年金収入のみで利用できる商品もあるかと思います。 大手の場合は一度問い合わせてみるといいでしょう。 また、信用金庫ではなんと年金受給者を対象としたカードローン「シルバーきゃっする」という商品もあります。 こちらの商品は• 厚生年金(船員年金を含む)• 国民年金• 共済年金 のいずれかを受け取っている年齢が満60歳以上69歳以下の方であれば利用できるカードローンで、最高で50万円までの借入が可能です。 金利も14. 0%~14. 5%程度と、銀行系カードローン程度の低金利! 利用できる信用金庫は限られてはいますが、お近くの信用金庫が対応していれば利用を考えてみてもいいかもしれませんね。 不労所得があるなら利用できるケースもある 無職とは言えど、中には収入を得ている無職の方もいます。 例えば株の配当で生活していたり、アパートやマンションを経営していてその家賃収入で生活している…というケースです。 そういった方々は労働の対価としてお給料をもらっていないため、職業としては無職ですが収入はありますから、カードローンを利用できる可能性があります。 ただ、どこでもOKというわけではなく、事前に電話などで自身について説明をし、申し込みが可能か問い合わせてみる必要があるでしょう。 申し込みが出来た場合でも、自身の年収や収入を証明する書類(納税通知書など)の提出を求められる可能性が大きいです。 学生はクレジットカードでの借入も 学生でも、アルバイトをしていればカードローンを利用することが可能です。 しかしなかなか忙しくてアルバイトが出来ない、だけどちょっとお金を借りたい…という方も中にはいるかもしれません。 そんな方は学生だけの特権、といってもいいかもしれません「クレジットカード」のキャッシングであれば利用できる可能性があります。 学生のみが使える「学生カード」を各カード会社が発行しているのですが、その中には「キャッシング枠」が設定出来るものもあります。 キャッシング枠とはなんぞや?という方のために簡単に説明しますと、そもそもクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの枠があるんです。 ショッピング枠はクレジットカードで買い物をしたり、レストランにいって代金を支払ったり…といった何かしらのサービスなどの対価を支払う際に利用される枠で、この枠がついていないクレジットカードはありません。 一方キャッシング枠はカードローンのように限度枠の範囲内であれば現金を引き出す(借りる)ことが出来る枠で、クレジットカードによっては設定できないものがあったり、同じカードでも人によって限度枠が違います。 また、海外で現地通貨を引出sことが出来るのはクレジットカードのキャッシング枠(海外キャッシング)のみなので、海外旅行に行くことが多い方は絶対キャッシング枠があるクレジットカードを数枚持っていますね。 利用できる額は5万円~10万円と少なくはありますが、バイトをしていなくても使えるのはこのキャッシングくらいのものです。 ただし注意点として、引き落としが行われるのは親の口座からの可能性が高いこと!つまり、親にキャッシングを利用したことがバレてしまうわけです。 内緒でお金を借りたいのであれば、バイトをして一般的なカードローンや学生ローンを利用する方がいいと思います。 実質?無職であっても収入があったり、配偶者や親に収入があればキャッシング・ローンを利用することも可能なんですね。 特に学生さんの場合はクレジットカード面で非常に優遇されています。 キャッシングの限度額こそ少ないですが、1枚持っていて損はないかもしれませんよ。 ちなみに専業主婦の方も「家族カード」を利用すればキャッシング枠をつけることが可能なこともあります。 その際も学生カードと同じように親カード(旦那さんのカードですね)と同一口座から引き落としになりますので、利用明細をチェックされるとキャッシングしたことがバレますので注意ですよ。 現在無職!そんな人が借りられるようになるには? を利用するためにはどうすればいいのか。 …答えはおのずと出ている気もしますが、敢えてそこは突っ込んでいきたいと思います。 今のままでは借りられないのは明白ですから、カードローンを利用できる…ではなく、申し込めるようになるにはどうすればいいか、といったほうが正確かもしれませんね。 前置きが長くなりましたが、現在無職で先程の例外とも言えないケースでは、どうしたらお金を借りられるのか!具体的な対策方法を見ていきましょう! 何はともあれまずは職につくことが一番! 何はともあれ、まずは収入を得るために何かしらの職業に就くことがマスト!「条件が悪いから…」「正社員じゃないから…」なんて言ってられません! もちろん将来的に正社員として働きたいという気持ちがあるのはとてもいいことですが、現状それで仕事に就くことが出来ず無職の状態が長くなるのであれば、損をするのは自分です。 とりあえずアルバイトでもいいから、何かしら収入の手段を手に入れることが大事なんです! …とはいえ「カードローンを利用する」という点においては、注意しなければならない部分もあります。 それは「日雇いバイト」や「短期バイト」では、安定した収入とみなされない可能性があること! なぜなら、その日1日だけお金を稼ぐ形の日雇いバイトや、夏休みや冬休みの1週間~2週間だけの短期バイトはその期間が終了すれば収入を得る手段がなくなるため、「安定していない」と判断されるからです。 日雇いバイトの場合、それを1ヶ月中20日程度の仕事を継続して(お給料は日払いでも一般的な仕事と同じくらいの日数働いている)いるのであれば「安定して収入がある・働いている」とみなされることもあります。 その時だけ働いていればいい、というわけではありませんので注意しましょう。 アルバイトやパートでもいいので「継続して働くような形式」であることがまず大事です! 「契約社員として登録すればOK」はウソ!それでは受からない可能性大 「契約社員」といっても様々ですが、いわゆる会社に「登録」し、自分の気に入った日雇いの仕事などをするようなタイプの契約社員がありますよね。 登録するだけで「派遣社員」と名乗れることを利用して、「登録すれば派遣社員扱いになるので、無職でもお金を借りることが出来る!」という内容で無職でも借りられる…と紹介しているところもありますが、それは間違いです。 まず、登録しただけで実際に働いていないということは「年収」がわかりません。 なので見込み年収を書くことになりますが、その根拠がわかりません。 さらに、適当な年収を記載したとしても根拠がないため、借入金額が少なくても「収入証明書類」の提出を求められる可能性が高いです。 収入証明書類とは年収や収入を証明するための書類で、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書のコピーなどが該当します。 登録だけして申し込んだ場合、収入証明書類を提出することはもちろん出来ませんし、提出を拒否することで審査に可決しない可能性は十分にあります。 バイトを始めたからすぐ借りられる、というわけでもない お金を借りるためにバイトを始めたから、これでお金を借りられる!…となるかもしれません。 むしろバイトを始めればお金を借りる必要がなくなるケースも十分にあるかと思います…が、そのあたりは考慮せずに進めていきましょう。 バイトを始めたことで、肩書が無職からアルバイトに変わります。 が、そこですぐカードローンでお金を借りられるか?と言われるとそうとも言えません。 その理由は• 年収が不透明なこと• 勤続年数が短いこと の2点です。 すべては2つ目の「勤続年数」に集約されるのですが、1つの職場に勤務している年数のことを「勤続年数」といいます。 これがカードローンの審査に大きく影響するんです。 なぜ大きく影響するのか。 それは勤続年数が長いことで「収入が安定している」「年収も安定している(大きく変化がない)」とみなされるからです。 逆に勤続年数が短い、具体的には1年未満ですと年収が確定しない、今後も安定してその職場に勤めるかわからない(転職を繰り返すような人はカードローンの審査においてはとても不利です)などマイナス要因が多少増えてしまいます。 最低ラインで3ヶ月、次に半年、1年以上勤務すれば問題ないと言われています。 時々1ヶ月以上であればOKという商品もありますが、結局審査に可決しなければ意味がないので、出来れば3ヶ月~半年は勤務してから申し込む方がいいですね。 まとめますと、「現在無職でも借りられるようになるには、アルバイトやパートなどなんでもいいので、継続して最低3ヶ月以上は同じ職場で勤務してから!」と言えるでしょう。 貸付条件を満たすためにも、何かしら職を得ることは必須ですね(専業主婦などはまた別ですが)。 とはいえ、職についたからといってすぐお金を借りられるわけではないのがまた厳しいところ。 仕方ない部分はありますが、保証人や担保が不要な分「信用」が必要になりますので、どうしてもお金を貸すに値する人物かどうかのチェックの目は厳しいというわけですね。 実際に借りられるまで時間はかかってしまいますが、おとなしく何かしらの職についたら半年くらいはきちんと働き、そこからスタートと考えるのがスムーズな借入に繋がると言えそうです。 「無職でも借入OK」そんな甘い文句には気をつけて! たまにですが、「無職でも借入OK!」のような謳い文句のキャッシングがあります。 無職でもお金を借りられるなんて願ったり叶ったりですが、その全て…といっていいほどそれは「罠」です! 一番最初のトピックで「無職がお金を借りられない理由」について説明しましたが、無職という収入がない人に対してお金を貸すのはリスクしかなく、リターンはほとんどないのは明白ですよね。 なのにお金を貸すなんて甘い話があるわけない!それでは、どのような目的でそんな謳い文句を出している会社があるのでしょうか? 一番可能性が高いのは「ヤミ金」! 一番可能性が高いとかんがえられるのはやはり「ヤミ金」でしょう。 正規の貸金業者であれば保証人を立てていない限り、家族などに取り立てをすることは禁じられていますが、ヤミ金は法外、つまりそういった法律なんて関係ない!という人たち。 一度お金を借りてしまったら、家族に対しての取り立ても平気で行うでしょう。 むしろ、無職にお金を貸すのですからそれが前提といっても過言ではありません。 さらに、ヤミ金なので金利も非常に高いです。 法律上(借入金額にもよりますが)20%が上限ですが、平気で30%くらいの金利でお金を貸すところも多いです。 家族や友人などに迷惑がかかりますので、いくら魅力的な文言であっても「無職でも借入OK」は信じないようにしましょう。 無職でもOKな会社は「詐欺」をしてくるところも多い 最近では「詐欺」のケースも増えてきています。 どのような詐欺かといいますと、「あなたの返済能力が知りたいので、まず1万円貸しますから1週間以内に3万円返済してください。 返済できたら残りの希望額を融資します」というもの。 そもそも1万円しか借りないのに3万円を返済しなければならないところからおかしいのですが、「これをクリアすれば借りられるんだ!」と思い込んでしまい、ついつい3万円返済してしまう人も多いそうです。 もちろん3万円を振り込んでも希望額が融資されることはありません。 連絡は一切とれなくなり、返済した3万円と借りた1万円の差額である2万円を騙し取られて泣き寝入り…なんてことになってしまいます。 こちらのケースも上のヤミ金のケースも、「誰でも即日融資OK」という謳い文句で宣伝を出していることもありますので、無職の方以外も注意しましょう。 そして、正規の業者であれば返済能力を見るためにお金を貸してその3倍を返済してくれ、なんて言うことはもちろんありません。 クレジットカードの現金化も絶対にやめよう! 今でこそかなりなりを潜めていますが、一時期多かったのが「クレジットカードの現金化」。 これはクレジットカードを売るのではなく、クレジットカードのショッピング枠で指定された商品を購入し、指定した宛先に送ることで代価として現金をもらう、というシステムです。 もちろんこのような使い方はクレジットカードの規約違反ですので、やっていることがバレたらクレジットカードの利用は停止されます。 今は無職でも学生時代のクレジットカードがあるからそれを…と考える方もいるかもしれませんが、やめましょう。 そもそもカードローンよりもかなり暴利なので全くもってお得感がありません(実際返済する必要はないのですが、購入した商品の代金の75%ほどの現金しかもらえないこともザラです)。 お金を借りるなら正規の方法が一番ですので、決してこういった怪しいところからお金を借りようとは考えないでくださいね。 どの方法もいうなれば「カードローン弱者」につけこんだ悪徳な業者と言えるでしょう。 もちろん利用してはいけませんが、万が一知らずに利用してしまった場合はすぐに警察などに相談しましょう。 ヤミ金から借りたお金を返す必要はありませんし、弁護士などに頼めばきちんと対処してくれます。 しまった!と思ったままずるずる返済をしてしまうのがいちばんダメな行為ですよ。 無職だとすぐに借りられる方法はほぼナシ!収入を得よう 何はともあれ、無職でも配偶者や自身に収入があるような方でないとカードローン・キャッシングを利用することは出来ません。 無職の状態を解消したとしても、残念ながらすぐにお金を借りることは難しいのも確かです。 やはりカードローン・キャッシングというものが利用者の収入から返済されることを予定しているものですから、収入がない方はどうしても借りられない、貸付条件を満たせていないというのは仕方がないことなんでしょう。 甘い話があれば飛びつきたくなるのが人情というものですが、そこはぐっとこらえて。 職を得ることでカードローンが不要になるかもしれませんから、一石二鳥の意味でもまずはアルバイトから始めてみましょう! 【参考ページはこちら】.

次の