ヴァル シリア アーク。 学園ファンタジーRPGからにじみ出るエキゾチシズム。「ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー」プレイレポート

ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー (Valthirian Arc: Hero School Story)

ヴァル シリア アーク

原題:Valthirian Arc: Hero School Story)が発売中だ。 本作はインドネシアのデベロッパ,Agate()が2018年にSteamでリリースした作品の移植で,シンプルでどこか懐かしい雰囲気の「アクションRPGパート」と,学園を発展させる「学園パート」が楽しめるタイトルだ。 本稿ではそのプレイレポートをお届けしよう。 物語の舞台は 女帝ヒルダによって統治されている帝国「ヴァルシリア」。 この国は,各地を治める5人の女王が女帝に忠誠を誓っている。 女帝とは縁戚関係にある女王たち。 ちなみに王は軍事を担っているようだ 帝国の中心に位置する都市・アフターヌーンシティには,兵士を育成する学園があり,プレイヤーはその 学園長としてゲームを進めていくことになる。 学園長の仕事は,優秀な兵士,すなわちヒーローを育成すること。 そのために学園の施設を拡張しつつ,生徒たちを冒険に送り出していくわけだ。 学園モノの要素のあるファンタジーRPGは日本でもおなじみのパターンだが,本作はその雰囲気がどこか独特で,プレイしていて新鮮な感覚を味わえる。 たとえば生徒たちの顔ぶれもだいぶ個性的。 前途が楽しみだ 前述のとおり,本作はさまざまなミッションをこなしていく 「アクションRPGパート」と,学園を発展させる 「学園パート」に分かれており,2つのパートを並行して進めていく。 「アクションRPGパート」では,生徒4人でパーティを組み,ダンジョンを冒険しミッションに挑むことになるが,ダンジョンにはさまざまな仕掛けや,モンスターたちが待ち構えている。 死ぬときはかなりあっさり死ぬ。 装備を強化して再挑戦しよう キャラクターのHPは時間経過によって回復するものの,それ以外の回復方法はゲーム終盤まで存在しない。 そのため,戦力に見合わないミッションを受けるとクリアまでに長い時間がかかってしまう。 何はともあれ強力な武器の調達を最優先にやっておきたい。 また,ミッションクリアの報酬や,敵からのドロップで強力な武器を入手した場合は,その武器が使用可能なクラス(職業)へクラスチェンジし,有効活用を心がけよう。 冒険から帰ったら,手に入れた武器や,武器のレシピをしっかり確認しよう たまに訪れる行商人からは,武器や武器のレシピ,武器作成のための素材を購入できる ミッションの中には帝国を構成する5つの王国(ゲーム中では女王国と呼ぶ)からの依頼もあり,どの依頼を受けるかによって各王国との関係が変化していく。 それによりエンディングも変化するので,意識しておくとより物語を楽しめるだろう。 女王国はそれぞれ土地柄が異なり,さまざまな場所で冒険が繰り広げられる パーティを派遣するタイプのミッションも。 こちらは一定の期間が経過すると生徒たちが帰ってきて,成否を教えてくれる 「学園パート」では,「アクションRPGパート」で入手したお金などを使い,学園の施設を充実させていくことになる。 「教室」を作ると,「アクションRPGパート」で得られる経験値が増えたり,「図書館」を作るとアイテムドロップの確率がアップしたりするなど,学園の施設が充実するほど冒険は有利になっていく。 作れる施設の総数は決まっているので,どの施設をいくつ作るかを慎重に判断する必要がある。 施設の効果を参考にしつつ,限られたスペースを埋めていく 各施設に出現する吹き出しを調べると,ミニイベントが発生することも 「学園パート」で何をすべきか迷ったら「学園長のタスク」を参考にしよう。 単なるチェックリスト&報酬受け取り用のメニューではなく,タスクの達成条件もここで確認できる 本作には時間の概念があり,「学園パート」中はリアルタイムで日時が進んでいるほか,ミッションを受けて冒険に出かけることでも時間が経過する。 レベルの高い生徒を卒業させると学園の評価が上がり,高額の報酬を得られるため,なるべく高レベルの生徒を卒業させていきたい。 しかし,パーティの第一線で活躍しているような生徒をむやみやたらに卒業させてしまうと,ミッション達成がおぼつかなくなってしまう。 なので,それを見越して「軍に送る生徒」を別に育てておくといいだろう。 蛍の光,窓の雪。 軍に入っても元気でいてほしい 学生寮を建てると生徒数の上限がアップ。 入学希望者は学園の敷地を歩いているので,気に入った者を生徒にできる このようにミッションと施設の建築を繰り返して学園の評価を上げていくと,学園のランクがアップする。 ランクアップすると建物が大きくなり,建設できる施設の総数と種類が増えていく。 ミッションの中には,クリアすることで選択できるクラスが増えるものもある。 どんどん大きくなっていく学園 学園のランクを上げてクラスチェンジのための施設を作り,ミッションをクリアして師匠を招くことで,使用できるクラスが増えていく また,メインミッションを進めることで,ストーリーも進行していく。 以上,アクションRPGパートも学園パートも,とっつきやすくシンプルな作りで,ノーストレスで進めていける本作。 パッと見の印象はシステムで遊ぶ系統のゲームに見えるが,実際プレイしてみると,ストーリードリブンなタイトルだった。 スクリーンショットを見てもお分かりのように,ビジュアルは日本のゲームっぽいテイストがありつつも,どこか 独自の雰囲気が感じられるのも印象的だ。 また物語についても,日本語の翻訳にやや怪しい部分があるものの,その展開は興味をそそられるものがあった。 日本語訳がぎこちない部分もあるが,意味は通じている 学園ファンタジーRPGなのに随所に感じるエキゾチシズムや,良くも悪くもシンプルな作りなど,好みが分かれるタイプの作品であることは否定しないが,筆者はこれはこれでアリだと思った。 「インドネシアで作られたゲーム」がどんなものか,そこに好奇心をくすぐられた人にこそ触れてみてほしい作品だ。

次の

ファンタジー溢れる学園経営を楽しむRPG「ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー」Nintendo Switch&PlayStation 4にて、1月30日(木)ダウンロードソフト配信決定!

ヴァル シリア アーク

本日、レイニーフロッグは、ファンタジーを題材にした学園経営RPG「ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー」を2020年1月30日 木 にNintendo SwitchとPlayStation 4のダウンロードソフトとして配信することを発表しました。 舞台は、5つの王国間で絶え間なく争いが続く世界。 強力なヒーローを作り出すためには学園経営が大事。 設備の充実や、施設の増築を繰り返して学園を発展させていくのがポイント。 自分たちの王国を守るために、フィールドを冒険する以外にも、世界中で繰り広げられるミッションに生徒たちを派遣することもあります。 戦闘はリアルタイムのアクション。 多彩なスキル攻撃や呪文を駆使して戦っていこう。 ヒーロー学園として、5つの王国から1国を選び同盟を結ぶことで、物語が展開していきます。 王国ごとに結末が異なるマルチエンディングを採用しているので、いろんな物語を楽しめます。 Agate International. All rights reserved. AGATE and Agate logo is a trademark or registered trademark of PT. Agate International. Licensed to and published by Rainy Frog LLC.

次の

ソフト/ヴァルシリア アーク ヒーロースクールストーリー

ヴァル シリア アーク

原題:Valthirian Arc: Hero School Story)が発売中だ。 本作はインドネシアのデベロッパ,Agate()が2018年にSteamでリリースした作品の移植で,シンプルでどこか懐かしい雰囲気の「アクションRPGパート」と,学園を発展させる「学園パート」が楽しめるタイトルだ。 本稿ではそのプレイレポートをお届けしよう。 物語の舞台は 女帝ヒルダによって統治されている帝国「ヴァルシリア」。 この国は,各地を治める5人の女王が女帝に忠誠を誓っている。 女帝とは縁戚関係にある女王たち。 ちなみに王は軍事を担っているようだ 帝国の中心に位置する都市・アフターヌーンシティには,兵士を育成する学園があり,プレイヤーはその 学園長としてゲームを進めていくことになる。 学園長の仕事は,優秀な兵士,すなわちヒーローを育成すること。 そのために学園の施設を拡張しつつ,生徒たちを冒険に送り出していくわけだ。 学園モノの要素のあるファンタジーRPGは日本でもおなじみのパターンだが,本作はその雰囲気がどこか独特で,プレイしていて新鮮な感覚を味わえる。 たとえば生徒たちの顔ぶれもだいぶ個性的。 前途が楽しみだ 前述のとおり,本作はさまざまなミッションをこなしていく 「アクションRPGパート」と,学園を発展させる 「学園パート」に分かれており,2つのパートを並行して進めていく。 「アクションRPGパート」では,生徒4人でパーティを組み,ダンジョンを冒険しミッションに挑むことになるが,ダンジョンにはさまざまな仕掛けや,モンスターたちが待ち構えている。 死ぬときはかなりあっさり死ぬ。 装備を強化して再挑戦しよう キャラクターのHPは時間経過によって回復するものの,それ以外の回復方法はゲーム終盤まで存在しない。 そのため,戦力に見合わないミッションを受けるとクリアまでに長い時間がかかってしまう。 何はともあれ強力な武器の調達を最優先にやっておきたい。 また,ミッションクリアの報酬や,敵からのドロップで強力な武器を入手した場合は,その武器が使用可能なクラス(職業)へクラスチェンジし,有効活用を心がけよう。 冒険から帰ったら,手に入れた武器や,武器のレシピをしっかり確認しよう たまに訪れる行商人からは,武器や武器のレシピ,武器作成のための素材を購入できる ミッションの中には帝国を構成する5つの王国(ゲーム中では女王国と呼ぶ)からの依頼もあり,どの依頼を受けるかによって各王国との関係が変化していく。 それによりエンディングも変化するので,意識しておくとより物語を楽しめるだろう。 女王国はそれぞれ土地柄が異なり,さまざまな場所で冒険が繰り広げられる パーティを派遣するタイプのミッションも。 こちらは一定の期間が経過すると生徒たちが帰ってきて,成否を教えてくれる 「学園パート」では,「アクションRPGパート」で入手したお金などを使い,学園の施設を充実させていくことになる。 「教室」を作ると,「アクションRPGパート」で得られる経験値が増えたり,「図書館」を作るとアイテムドロップの確率がアップしたりするなど,学園の施設が充実するほど冒険は有利になっていく。 作れる施設の総数は決まっているので,どの施設をいくつ作るかを慎重に判断する必要がある。 施設の効果を参考にしつつ,限られたスペースを埋めていく 各施設に出現する吹き出しを調べると,ミニイベントが発生することも 「学園パート」で何をすべきか迷ったら「学園長のタスク」を参考にしよう。 単なるチェックリスト&報酬受け取り用のメニューではなく,タスクの達成条件もここで確認できる 本作には時間の概念があり,「学園パート」中はリアルタイムで日時が進んでいるほか,ミッションを受けて冒険に出かけることでも時間が経過する。 レベルの高い生徒を卒業させると学園の評価が上がり,高額の報酬を得られるため,なるべく高レベルの生徒を卒業させていきたい。 しかし,パーティの第一線で活躍しているような生徒をむやみやたらに卒業させてしまうと,ミッション達成がおぼつかなくなってしまう。 なので,それを見越して「軍に送る生徒」を別に育てておくといいだろう。 蛍の光,窓の雪。 軍に入っても元気でいてほしい 学生寮を建てると生徒数の上限がアップ。 入学希望者は学園の敷地を歩いているので,気に入った者を生徒にできる このようにミッションと施設の建築を繰り返して学園の評価を上げていくと,学園のランクがアップする。 ランクアップすると建物が大きくなり,建設できる施設の総数と種類が増えていく。 ミッションの中には,クリアすることで選択できるクラスが増えるものもある。 どんどん大きくなっていく学園 学園のランクを上げてクラスチェンジのための施設を作り,ミッションをクリアして師匠を招くことで,使用できるクラスが増えていく また,メインミッションを進めることで,ストーリーも進行していく。 以上,アクションRPGパートも学園パートも,とっつきやすくシンプルな作りで,ノーストレスで進めていける本作。 パッと見の印象はシステムで遊ぶ系統のゲームに見えるが,実際プレイしてみると,ストーリードリブンなタイトルだった。 スクリーンショットを見てもお分かりのように,ビジュアルは日本のゲームっぽいテイストがありつつも,どこか 独自の雰囲気が感じられるのも印象的だ。 また物語についても,日本語の翻訳にやや怪しい部分があるものの,その展開は興味をそそられるものがあった。 日本語訳がぎこちない部分もあるが,意味は通じている 学園ファンタジーRPGなのに随所に感じるエキゾチシズムや,良くも悪くもシンプルな作りなど,好みが分かれるタイプの作品であることは否定しないが,筆者はこれはこれでアリだと思った。 「インドネシアで作られたゲーム」がどんなものか,そこに好奇心をくすぐられた人にこそ触れてみてほしい作品だ。

次の