大衆 キャバレー ニュー ヤナギヤ。 ロフトヘブン(渋谷)の3月20日の出演バンドは?大衆キャバレー・ニューナギヤとは?

【イベントレポート】「大衆キャバレー・ニューヤナギヤ」現代版キャバレーオープン!@LOFT HEAVEN 2019年1月5日

大衆 キャバレー ニュー ヤナギヤ

出典: 冒頭でもお伝えしたとおり、大人計画のホームページで3月31日の夜に宮藤官九郎さんが新型コロナウイルスに感染していることを発表しました。 その発狂の内容というのが、『重要なご報告』とタイトル付けされており、宮藤官九郎さんが先日から腎盂炎を発症しその治療に専念していたところ、腎盂炎の経過は快方に向かっていました。 ですが、同時に新型コロナウイルスに感染し発症しているとのことです。 現在のところの症状としては、発熱があるのみで重症化はしていないとのことです。 この事実について、宮藤官九郎さんは まさか自分が、と過信していました。 罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです。 引用元: と驚きを明かしつつも、チケットを購入してくれたファンや演者・スタッフ、家族に対して謝罪が綴られていました。 宮藤官九郎の感染経路が特定? 宮藤官九郎さんの最近の出演を確認すると、2020年4月2日に東京公演初日を迎える予定だったウーマンリブ「もうがまんできない」の活動が一番最近の活動なのですが、腎盂炎の治療をしていたということで練習には参加していないものと思われます。 そこで宮藤官九郎さんの行動を深掘りしてくと次のようなツイートを発見しました。 その柳家さんも陽性 2日後の22日生田斗真君の舞台を見学 (共演:中山優馬) 同じ昼公演に長尾謙杜(なにわ男子) てな感じです💦 — たぴおかちゃん f32MpKmIxR77yZn このツイートによると、宮藤官九郎さんは3月20日に行われた柳家睦さんの舞台を 観賞。 その柳家さんも新型コロナウイルスに感染しており、その時に感染したのではないかと言われています。 ではこの舞台はどこで行われたのかというとことですが、その会場は東京渋谷にある 『LOFT HEAVEN』 このLOFT HEAVENでは大衆キャバレー・ニューヤナギヤが行われ演者は次の通りです。 柳家睦&ラットボーンズ• 美広まりな• 加賀宮桃花 あやまんJAPAN ユース• フェッティーズ 赤で記した柳家陸さんが新型コロナウイルスに感染していると先ほどのツイートでは語られています。 スポンサーリンク 実際、柳家陸さんのTwitterを見てみたいところ次のようなツイートがされていました。 ですが、このツイートの内容はかなり感染している可能性が高く一緒に出演した演者さんたちが気になるところです。 宮藤官九郎さんも腎盂炎を患っていた為、体調は万全では無かったはずです。 そう考えると宮藤官九郎さんの感染経路は大衆キャバレー・ニューヤナギヤが行われた場所については確定情報でない為、明らかにはしませんが、もし本当に柳家陸さんが新型コロナウイルス感染しているとすれば、クラスター感染の可能性は高いと思われます。 スポンサーリンク 濃厚接触者には俳優や芸人も? 先ほどの投稿に書かれたいたツイートにはまた別のものがあり次のような投稿がされていました。 それが本当であれば、 福士蒼汰さんやバナナマン日村さん、なにわ男子の長尾謙杜さんが濃厚接触者になっている可能性があります。 そこで、生田斗真さんの舞台を調べたところ、 『偽義経冥界歌』という舞台をしているのですが、場所が赤坂ACTシアターで行われており、新型コロナウイルス対策として劇場入り口での消毒徹底や赤外線サーモグラフィー。 スタッフのマスク着用などの11項目の取り組みをしています。 このような取り組みをしているからと言って100%防げるわけではありませんし、宮藤官九郎さんクラスになると主演の生田斗真さんに挨拶に行くことも可能ではないかと思われます。 そう考えると生田斗真さんも濃厚接触者の可能性が高まりますね。 このことにより、芸能界にも新型コロナウイルスが蔓延しているのかも知れません。 くしくも宮藤官九郎さんのコロナ感染が報じられた3月31日は東京で78人と1日の感染者数が最多と言われており、国内では200人超と言われています。 その感染者の7割が50代以下の比較的若い年齢層が増えてきているということなので、若いから重症化しないから大丈夫と外出を無責任にするのではなく、家族が自分のせいで新型コロナウイルスに罹ってしまった事を考え、責任のある行動をしてもらいたいものです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

渋谷LOST HEAVENで感染!クドカンの感染源?柳家睦&ラットボーンズのメンバー

大衆 キャバレー ニュー ヤナギヤ

テクノ歌謡を得意とするガールズ・ユニット「ジェットプール(JET POOL)」時代からのファンである、Miwa(Miwa Marvelous MIWAms)さんのパフォーマンスを観に、渋谷の LOFT HEAVEN へ。 こちらはかつて、シャンソン歌手の戸川昌子さんが創設した伝説のサロン「青い部屋」の跡地で、ロフト・グループのライブハウスとしてオープンしたのは昨年7月だそうだ。 「青い部屋」には10年以上前に、ジェットプールのライブで1回行った記憶があるが、LOFT HEAVEN になってから訪れたのはもちろん初めて。 昨年の新規オープンでリニューアルされたためか、思ったよりキレイなハコだった。 本イベントは、前半はバークレスダンサーのショー、後半は「柳家睦とラットボーンズ」のステージという2部構成になっていて、あくまでメインは柳家睦さんのライブなんだけど・・ ・・スミマセン、Miwaさんとオディールさん目当てだったので、前半のみしか鑑賞しておりません。 Aya mermaid さんの妖艶なダンスから始まったバークレスショー。 なお、Ayaさんは故郷が石川県珠洲市ということで、自分と同じ石川県出身。 珠洲市には仕事でよく訪れて、色々と思いでの多い土地なので少し感慨深い。 で、一昨年の浅草ゴールデンタイガーで初めて拝見させてもらったオディール(Odile)さんのダンスは、さすがにパワフルかつ華麗で、今回も圧倒されてしまった。 この日はオディールさんの誕生日だったそうだが、このイベント後、夜には浅草で別のイベントが控えているというのに、構わずに全力でパフォーマンスされていて、さすがプロ!と思った。 まぁカッコよかった! お待ちかねのMiwaさんだが、他の出演者は全員バークレスなのに、おひとりだけ脱ぎが一切ないパフォーマンス。 若干アウェイ感があってやり辛かったのでは?と思われたが、パフォーマンスが始まってからのお客さんの受けは最高で、ドッカンドッカン笑いを取って、ステージが終わったあとには、おヒネリが乱れ飛んでいた。 ファンという立場でMiwaさんとお知り合いになってから、かれこれ15年。 途中、長く不通の期間もあったけど、妻にもしみじみ言われたが、よくぞこんなに長くお付き合いさせて頂いたものだ。 Miwaさんとお知り合いにならなかったら、正月早々、真昼間からバークレスダンスを陽気に鑑賞するなんて貴重な経験は出来なかったんじゃないだろうか。 人との縁って不思議だなとつくづく思う。 ということで新年早々、縁起のいい出し物を観れて、今年もいい年になりそう。 本年もよろしくお願いいたします。

次の

ロフトヘブン(渋谷)の3月20日の出演バンドは?大衆キャバレー・ニューナギヤとは?

大衆 キャバレー ニュー ヤナギヤ

出演アーティストが新型コロナウイルスに感染したことを公表した東京・渋谷のライブハウス「LOFT HEAVEN」でのライブイベント「大衆キャバレー・ニューヤナギヤ」(3月20日午後6時開演)に出演していたアーティストの一人、加ゝ宮もも花(加賀宮桃花)が2日、自身のツイッターを更新。 出演者として状況を説明した。 加ゝ宮は先月29日の夜にマネジャーからイベント出演者から感染者が出たとの報告を受けたといい、「大きなショックを受けた」という。 ただ、公表しなかったのは会場、主催者、公的な機関からの発表があるまでは「混乱を招く言動は控えよう、ということで合意」していたためだと明かした。 さらに「咳も熱もなく通常通り生活できていますが、自覚症状がないだけで保菌者かもしれない可能性が高いため、この話を聞いて以降は一層慎重に行動しています」と自身の状態について説明。 「自分が知る限り、イベント翌日以降、長時間接触した方の中に、今のところウイルス陽性の方はいらっしゃらないようです」とした。 「顕著な症状が出ない限りは検査を受けることは難しいため、今後もコロナウイルスの潜伏期間といわれる2週間(3日まで)は外出を制限し、様子を見ながら、主に自宅にて過ごします。 症状が現れた場合は、病院および保健所等に申告の上、然るべき措置をとる次第です」と報告した。 その後、この投稿に対するコメントへの返信でも状況について説明。 「あの場で仕事していた当事者として自分には責任があります 確かに、この危機的状況に際して 世界全体がヒステリックになっている印象を受けますが、理性と良心を失わず 美しい魂を保持しつづける方も多くいらっしゃるので世界は捨てたものではないと感じます」「自分の関わった仕事が このような形で世間様を お騒がせしていることに際し、静観は貫けません 自分は自分のやるべきことを果たしたく コメントを掲載しました」などと記した。 さらに「出演が軽率だった」との厳しい指摘には「自分は日頃より 一度お受けしたお仕事は責任もって全うすることを徹底しています 物理的事情を除き放棄致しません 今回も主催様と会場様の決行のご判断を尊重し確たる信念に基づき出演しました 出演が軽率な判断であったとは考えておりません」と反論した。

次の