メルセデス ベンツ g class。 メルセデス・ベンツ・Gクラス

新型Gクラスを発表

メルセデス ベンツ g class

230GE 4WD• 230GE ロング 4WD• 300GE 4WD• 300GE ロング 4WD• G320 4WD• G320 カブリオ 4WD• G320 ロング 4WD• G320L 4WD• G350 ブルーテック 35th アニバーサリー エディション ロング ディーゼルターボ 4WD• G350 ブルーテック エディション ゼブラ ディーゼルターボ 4WD• G350 ブルーテック ロング ディーゼルターボ 4WD• G350d デジーノ マヌファクトゥーア エディション ディーゼルターボ 4WD• G350d ヘリテージ エディション ディーゼルターボ 4WD• G350d ロング ディーゼルターボ 4WD• G500 4WD• G500 カブリオ 4WD• G500 クラシック 4WD• G500 ロング 4WD• G500L 4WD• G550 4x4スクエアード 4WD• G550 エメラルドブラック リミテッド 4WD• G550 デジーノ マグノ エディション 4WD• G550 ロング 4WD• G550 ロング エディションセレクト 4WD• G550 ロング カーボンエディション 4WD• G550 ロング ナイトエディション 4WD.

次の

新型Gクラスを発表

メルセデス ベンツ g class

概要 [ ] 登場。 という実績も持つもともと軍用車両であったゲレンデヴァーゲンを民生用にアレンジさせたものが、現在のGクラスの源流である。 およそ四半世紀に及び、いくどものマイナーチェンジを受けているが、エンジンとインテリアを除く基本的部分については当初の設計を受け継いでおり発売当初から基本コンポーネントは変わっていない。 モデルチェンジやマイナーチェンジの度に大排気量化、装備やインテリアの強化などとともに価格も引き上げられ、化が進んでいる。 組立は、・で行われているが、エンジンはから持ってきている。 また230Gをベースにボディ上部を取り払ってその部分に製の箱のようなものを載せた専用車()として公式行事などで使用されていたが、に同様の架装を行った車輌が取って代わった。 しかし、2008年には再びゲレンデヴァーゲンの最新モデルが教皇の専用車になった。 206-207。 もともと軍用車両として企画され、フランスではとして生産されていた。 ドイツでは1981年より販売を開始した。 1991年にマイナーチェンジし黒色だったヘッドライト周囲がボディーと同色になり、フェンダーアーチモールが標準となり、バンパーが大型化されてフォグランプが埋め込みになり、前フェンダーにルーバーが切られアルミニウムホイールも新設定となった。 2 mmで2,297 cc 、圧縮比9. 燃料はガソリン。 ゲレンデヴァーゲン 230GEプレディカート(導入年次1989年から1990年) は、1989年に本国ではフルタイム4WD式に進化したW463系がデビューしたが、日本仕様は従来型のままであった。 実質1989年モデルであるプレディカートは230GEをベースにした豪華版で、当時の人気色ブルーブラック、ノーティカルブルーといった落ち着いた色にサイドストライプ・グリルガードといった装備をプラス、内装ではウォールナットパネルが一面に貼られた。 4 mmで2,998 cc 、圧縮比21. 燃料はディーゼル。 日本での販売 [ ] 日本には高性能版・の280GE系は設定されなかった。 230GEはオーバーフェンダーとアルミニウムホイールが装備されたが、300GDロングに至っては5ナンバー枠に収めるためともに装備されなかった。 1983年 - 少数輸入制度を利用 して300GDのショート とロング のステーションワゴンタイプとキャンバストップタイプが導入された。 1985年 - 300GDショートのみ輸入された。 1987年1月 - 230GEが導入された。 1988年 - 1988年モデルでは廉価版の「230GEアンファング」と最上級グレード「230GEロング」が追加され、より選択の幅が広がった。 全車右ハンドル・4ATの設定。 1990年 - 230GEプレディカートショート4AT右ハンドルと、230GEプレディカートロング4AT左右ハンドルの組み合わせが輸入された。 W461型 [ ] 各国軍使用の軍用モデル。 ボデイの基本的仕様は同一だが細部はかなり異なる、電圧は24V。 副変速機の切り替えにより路上走行での2、4輪駆動を選択可能。 路外機動では4輪駆動のみ。 各種防空灯、、小銃および用スタンドが取り付け可能。 ドイツ連邦軍 - エンジンは直列5気筒2,500 cc、4速マニュアルミッション付で尾灯が軍仕様となる他に各種用途用が存在。 後席が付く場合はバケットシートで4人乗りだがかなり狭い。 輸出の際は兵器扱いとなるため連邦政府の輸出許可が必要。 日本に空挺隊用モデルが1台存在。 オーストリア軍 - エンジンは3,000 ccディーゼル、4速マニュアルミッション付、フロントグリルのエンブレムがシュタイヤープフ社の「PUCH」になる。 後席は向かい合わせ着座式、尾灯は民間型と同じ。 スイス軍 - エンジンは2,300 ccガソリン、オートマチックトランスミッション付。 エンブレムがメルセデスになるほかはオーストリア軍用に酷似。 2009年にGクラス誕生30周年を記念して、このW461型を民生向けとした G280 CDI Edition 30 PURを発売。 2010年に Gクラス・プロフェッショナルとして各種仕様を一部地域で発売。 W462型 [ ] の・・製造メーカーであるELBO()向け。 W463型(1990年- ) [ ] メルセデス・ベンツ・Gクラス W463型 販売期間 1990 - 5ドア 4ドア 4ドア 2ドア 2ドア 103型 3. 0 L 104型 3. 2 L 直6 104E36型 3. 6 L 直6 112型 3. 2 L 176型 4. 0 L 117型 5. 0 L V8 113E50型 5. 0 L V8 113E55型 5. 5 L V8 5. 5 L V8 5. 5 L V8 ツインターボ 6. 0 L V12 ツインターボ 駆動方式 4速 5速AT 7速AT 全長 4,480 - 4,763 mm ロング 4,030 - 4,040 mm ショート 4,075 mm カブリオ 5,875 mm 6x6 全幅 1,800 - 1,860 mm 6x6は2,110mm 全高 1,950 - 1,970 mm 6x6は2,280mm 2,850 mm ロング 2,400 mm ショート 4,220 mm 6x6 1989年にW460から引き継ぐ形で発売された2代目ゲレンデヴァーゲン。 W460との大きな差異は機構面ではフルタイム4WDとなったこと、外装はオーバーフェンダーとサイドステップが装着されたこと、内装はよりモダンな乗用車然としたものになったことが挙げられる。 、メルセデス・ベンツブランドの最上級クロスオーバーとしてが発売された。 このモデルは、名称の類似性はあるとはいえ、Mクラスの上位クラスという位置づけであり、Gクラスと置換えでのラインナップではなかった。 その後、2015年までGクラスの生産販売は継続されることが決定されたが、に発売される「BA3ファイナルエディション」を最後にショートボディモデルの生産が終了されることとなった。 右ハンドル仕様車は一時受注生産となっていたが、2010年にイギリス、オーストラリアなどで右ハンドル仕様車の販売が再開された。 500GE [ ] 現在では当たり前になった5,000 cc エンジン搭載のW463だが、1990年代前半には直列4気筒・6気筒のモデルのみ販売されていた。 1993年にAMGも開発に参加して、W126などに搭載していたV型8気筒エンジンを搭載した500GEが限定で発売され話題となった。 内装は本革シートで、色がグレーとブラックのツートンカラーとなっている。 シフトレバーなどはウッドで、内装も特別仕様となっている。 日本に数台その500GEをAMGでさらにボアアップした500GE-6. 0も正規で輸入されている。 G36AMG [ ] 年式で1995年から1997年のわずか3年間、G320に搭載していた3,200 ccのM104エンジンをAMGがチューンし3,600 ccにボアアップしたG36が正規販売されていた。 このエンジンはC36(W202 Cクラス)・E36(W124 Eクラス)に搭載された280馬力のエンジンと基本は全く同じであるが、重い車重に対応すべく高回転型からトルク重視型にデチューンされており、最大出力は258馬力となっている。 世界各国のや防弾仕様車の開発で培ってきた特殊車両技術が導入されており、乗用車としては世界初となるタイヤ空気圧調整システムをはじめ、防弾仕様車で使われている強化コイルスプリングとラリーレース用に開発されたガス封入式ダンパーを採用した専用サスペンション、最低地上高を増すための、ワイルドでスポーティな印象を強調するカーボンファイバー製のオーバーフェンダーとフロントルーフスポイラー(LEDライト付)、後席にパワーシート、左右独立シート、マルチコントロールシートバック、AMGスポーツシート、アームレスト付センターコンソール、シートベンチレーター、リアエンターテイメントシステムを備え、快適性を高めた。 また、乗用車登録とするため、荷台部分には「6x6」のエンボス加工が施されたハードカバーが備わる。 8月31日までの期間限定受注で、2014年の日本向けの生産枠は5台(メルセデス・ベンツ日本所有の広報車両1台も合わせると計6台)を確保している。 日本での販売 [ ] 日本では「G 350 d」「G 500」「Mercedes-AMG G 63」「Mercedes-AMG G 65」が販売されている。 日本仕様では、の定める保安基準に準拠して、フェンダー部分にが装着される。 価格は1,080万円~3,564万円(2017年6月現在、込)で、国内にある装備・仕様(車)であれば、購入からおおむね2~3週間での納車が可能であるものの、求める仕様・装備の車が無く受注生産となる場合は、おおむね9か月程度の納期を要する。 1991年6月 - 300GEと300GEロングが導入された。 1993年 - 500GEロングが世界限定500台でリリースされた。 1995年1月 - 300GEショート、300GEロングのエンジンが3. 2Lに変更されG320、G320ロングとなった。 1995年10月 - G36AMGロング、G36AMGが追加された。 1997年10月 - G320ロング、G320のエンジンがV型6気筒に、トランスミッションが5速ATに変更された。 またオープンカーのG320カブリオが追加された。 1998年8月 - G500、G500ロング、G500クラシック、G500カブリオが追加された。 1998年12月 - G55AMGロングが追加された。 2001年5月 - マイナーチェンジ。 内装のデザインが大きく変更され、マルチファンクションコントローラー AVN が採用された。 トランスミッションが電子制御5速ATに変更された。 2002年11月 - ドアミラーウィンカーが採用された。 2004年9月 - G55AMGロングのエンジンが付きに変更された。 2006年11月 - 外装のデザインが変更され、ディスチャージ式ヘッドライト、コーナリングランプが採用された。 G500ロングのトランスミッションが7速ATに変更されG55AMGロングの出力がアップされた。 2007年7月 - 内装のデザインが大きく変更され、6. 5ディスプレイを搭載したマルチファンクションコントローラー MPP が採用された。 外装ではリアコンビランプのデザインが変更された。 2009年3月 - G500ロングのエンジンが5. 5Lに変更されG500ロングとなった。 またG55AMGロングの出力がアップされた。 COMMANDシステム NTG2. 5 が採用された。 2010年3月 - フロントシートが改良され電動ランバーサポートが採用されたほか、携帯用音楽プレイヤーなどが接続できるメディアインターフェースが採用された。 G55AMGロングにレザーダッシュボードとアンビエントライトが採用された。 2011年8月 - 特別仕様車G550ロングエディションセレクト発売。 2012年8月 - マイナーチェンジ。 内装のデザインが大きく変更され、COMMANDシステム NTG4. 5 が採用された。 外装ではLEDデイライト、新デザインのドアミラーウィンカーが採用された。 G55AMGロングにかわりG63AMGロング、G65AMGロングが導入された。 2013年4月 - 特別仕様車G500ナイトエディションが100台限定で発売された。 2013年8月 - 一部改良。 グレード名をG500、G63AMG、G65AMGに改名するとともにG550は装備内容を充実し、「AMGオーバーフェンダー(ワイドフェンダー)」とチタニウムグレーペイント18in5ツインスポークアルミホイールを追加し、ダッシュボードは上部を本革仕上げとしたレザーダッシュボードを採用。 さらに、オプションには8色から選べる最高級レザーを使用した「 designoレザー」や全9色から選べる「 designoボディカラー」を追加し、幅広い要望に応えられるようにした。 なおG500は装備充実にもかかわらず、従来型から10万円高に抑えた。 2013年9月 - 日本仕様のGクラスとしては23年ぶりとなるディーゼル車(クリーンディーゼル車)G350BlueTECを追加。 現行のラインアップになかった右ハンドル仕様で、車両本体価格はGクラスの現行グレード内では最廉価となる989万円に設定された。 2014年9月 - G63 AMGとG350 BlueTECをベースとした35周年特別仕様車を発表し、注文受付を開始した。 前者はボディカラーに日本仕様では特別設定色となる「イエローオリーブマット」を採用するとともに、マットブラックペイントを施した20inAMG5スポークアルミホイールとdesignoエクスクルーシブインテリアパッケージを装備。 後者はベースグレードでは設定がないAMGオーバーフェンダーとチタニウムグレーペイントを施した18in5スポークアルミホイール、チェストナットブラウンを採用した本革シート(前席・後席シートヒーター付)を特別装備した。 ボディカラーは「マグネタイトブラック」と「ポーラーホワイト」の2色を設定した。 前者は35台、後者は2色合計で200台(マグネタイトブラック130台、ポーラーホワイト70台)の台数限定販売となる。 内装色は2色から選択可能で、ブラック内装仕様が80台、ポーセレン(白磁色)とブラックのツートン内装仕様が40台の計120台の台数限定販売となる。 内装には「designoエクスクルーシブ」を採用した。 装備面ではベースグレードのサイドアンダーミラーに代えて、ドアミラー下部に設置したカメラが助手席側の直接確認できないエリアの映像をCOMANDディスプレイに表示するサイドビューカメラを特別装備した特別仕様車Mercedes-AMG G63 CrazyColor Limitedを発売。 サンセットビームとトマトレッドは各12台ずつ、ギャラクティックビームは11台、ソーラービームは9台、エイリアングリーンは6台の計50台の台数限定販売である。 2015年12月 - 一部改良(G350dのみ、2016年1月販売開始)。 G500はエンジンを273型から排気量をダウンサウジングした新開発のツインターボエンジンであるに置換したことで、最高出力34PS・最大トルク80Nmそれぞれ向上するとともに、サスペンションには走行状況により減衰特性を2つのモードの切り替えにより調整できる電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを搭載。 外観はフロントバンパーを新デザインに変更し、19インチ5スポークアルミホイールを装備。 内装はインストゥルメントパネルのデザインを変更した。 G350 BlueTECから改名したG350 dもエンジンの改良を行い、最高出力34PS・最大トルク60Nm向上するとともに、ECOスタートストップ機能の追加によりJC08モード燃費を向上。 外観はフロントバンパーを新デザインに変更し、AMGオーバーフェンダーを装備。 内装はG500同様にインストゥルメントパネルのデザインを変更した。 また、Mercedes-AMG G 63とMercedes-AMG G 65もエンジンの最高出力を向上し、Mercedes-AMG G 63は燃費も向上した。 併せて、G500をベースに、約10年ぶりの復活設定となる「エメラルドブラック」を特別外装色として採用した特別仕様車G500 エメラルドブラックリミテッドを50台の台数限定で一部改良に合わせて発売した。 2016年4月 - 特別仕様車G500 4x4 2(フォー・バイ・フォー スクエアード)を同年5月末までの期間限定で発売。 G500をベースに、防弾仕様車の技術をベースにした「」を採用したことで、最低地上高を225mm高の460mmに、渡河深度を400mm高の1,000mmにすることで走破性を向上。 エンジンにはなどに採用されているAMG 4. 0L V8直噴ツインターボエンジンをベースに、2基のを内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトを採用し、シリンダーウォールにスチールカーボン材をコーティングする「NANOSLIDE低減加工」を施したを採用。 ボディカラーは本仕様車専用色の「エレクトリックビーム」を含む4色を設定した。 なお、本仕様車は販売開始時点でアジア地域では日本のみの販売である。 2016年6月 - 特別仕様車Mercedes-AMG G 63 Edition 463・Mercedes-AMG G 65 Edition 463を発表し、注文受付を開始。 Mercedes-AMG G 63及びMercedes-AMG G 65をベースに、共通でベースモデルでは提供されていない専用デザインの21インチAMG5ツインスポークアルミホイール(Mercedes-AMG G 63 Edition 463はブラックペイント、Mercedes-AMG G 65 Edition 463はセラミックポリッシュ)をはじめ、ステンレスアンダーカバー、ダークアルミニウム調ストリップライン、AMGスポーツストライプ、カーボン調レザーシート、AMGカーボンファイバーインテリアトリムを装備。 さらに、Mercedes-AMG G 63 Edition 463では、Mercedes-AMG G 65に標準装備されている「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」と、ツートーンダッシュボードも特別装備した。 Mercedes-AMG G 63 Edition 463は93台、Mercedes-AMG G 65 Edition 463は3台の台数限定販売となる。 また、納車は同年9月以降となる。 2016年11月 - 一部改良。 装備内容の強化を行い、8インチのディスプレイを備え、後退時のパーキングアシストリアビューカメラ作動時にガイドライン表示を追加し、やに対応した改良型「COMANDシステム」を全車標準装備したほか、外観はG 350 dを除く全車のアルミホイールをブラックに変更し、Mercedes-AMG G 63とMercedes-AMG G 65にはカーボンファイバーデザインサイドストリップを新たに装着。 内装はナッパレザーを用いたツートーンダッシュボードを採用し、Mercedes-AMG G 65に標準装備、Mercedes-AMG G 63にオプション設定した。 2017年5月 - 特別仕様車Mercedes-AMG G 63 50th Anniversary Editionを発売。 AMGの設立50周年を記念したモデルで、ハイパフォーマンスモデルのMercedes-AMG G 63をベースに、外観はボディカラーには通常は設定されない青系の「designoモーリシャスブルー(メタリックペイント)」を採用したほか、フェンダー、バンパー(フロント・リア)、ルーフ、カバー(ドアミラー・スペアタイヤ)、サイドストリップラインにブラックアクセントを施し、専用デザインのブラックペイント20インチAMG5スポークアルミホイールを採用。 内装は「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」を採用したほか、本革巻きステアリングや専用インテリアステッチを装備。 内装色はポーセレンに加え、本仕様車限定となるブラック、サドルブラウン、モカブラウンの3色を加えた4色が用意される。 また、通常設定のサイドアンダーミラーに代え、ドアミラー下部のカメラで助手席側の直視できないエリアの映像をCOMANDディスプレイに表示するサイドビューカメラキットがアクセサリーとして用意される。 50台の台数限定で、AMG専売拠点の「AMG東京世田谷」と、正規販売店の「AMGパフォーマンスセンター」限定で販売される。 2017年6月 - Mercedes-AMG G 63に右ハンドル仕様を追加発売。 現行の日本向けGクラスの右ハンドル仕様車は右ハンドル専用モデルのG 350 dに続いての設定となり、日本向けMercedes-AMGのGクラスに右ハンドル仕様が設定されるのは今回が初となる。 2017年9月 - Mercedes-AMG G 65を一部改良(2017年12月末までの期間限定受注、納車は2018年3月以降を予定)。 ボディカラーに「designoデザートサンド」や「designoマグノアラナイトグレー」など9色のdesignoボディカラーを追加。 内装はAMGカーボンファイバーインテリアトリムが新たに設定され、「designoシャンパンホワイトピアノラッカートリム」と「designoサテンライトブラウンポプラーウッドトリム」の2パターンを追加したことにより、ボディカラー・インテリアカラー・インテリアトリムの組み合わせが3,000通り以上となった。 併せて、無償の専用パッケージオプションも追加され、ステンレスアンダーカバーやカーボン調レザーシートなどで構成された「エクスクルーシブエディションパッケージ」とフェンダーやバンパー(フロント・リア)などにブラックアクセントを施すなどした「ナイトパッケージ」が設定された。 2017年11月 - 特別仕様車G 350 d designo manufaktur Edition(デジーノ マヌファクトゥーア エディション)とMercedes-AMG G 63 Exclusive Editionの2モデルが発表され、販売が開始された。 前者はクリーンディーゼルモデルのG 350 dをベースに、アルミホイールをブラックペイント19インチAMG 5スポークに変更され、ブラックアクセントとスライディングルーフを装備。 ボディカラーは「オブシディアンブラック」に、特別設定色の「マグマレッド」と「designoミステックホワイトII」を加えた3色が設定される。 内装はステッチ・ステアリングの一部・シートベルトにレッドを用い、前席にマルチコントロールシートバックとシートベンチレーターを装備した。 後者はハイパフォーマンスモデルのMercedes-AMG G 63をベースに、外観はボディカラーに本来設定されていない「モンツァーグレーマグノ」が特別設定されたほか、専用デザインのブラックペイント21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールやダークアルミニウム調ストリップラインなどを装備。 内装は「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」やナッパレザーのツートーン本革巻ステアリングなどが装備され、ツートーン仕様2色を含む3色の内装色が設定された。 前者は200台、後者は63台の台数限定販売となっており、後者は「AMG東京世田谷」や「AMGパフォーマンスセンター」での取扱となる。 2018年4月 - 特別仕様車G 350 d Heritage Edition、G 550 designo Magno Editionが発表され、同日より販売が開始された。 W463型ベースの特別仕様車は今回が最後の設定となる。 前者はG 350 dをベースにした日本限定仕様で、外観はアルミホイールをブラックペイント18インチ5ツインスポークに変更され、「ナイトパッケージ」とスライディングルーフを装備。 ボディカラーは「チャイナブルー」が原名の「プロフェッショナルブルー」や「ライトアイボリー」など5色が設定された。 内装はシートヒーターを備えた本革シートを装備し、センターコンソールにHeritage Editionプレートが装着された。 後者はG 550をベースに、外観はリアホイールカバーリングとフロントグリルルーバーにマットブラックアクセントが施され、ブラックサイドストリップと専用バッジを装着。 ボディカラーには専用色の「designoマグノプラチナムマット」が採用された。 前者が5色合計で463台、後者が55台の限定販売となる。 併せて、G 350 dには「イエローストーン」、「トゥルマリングリーン」、「パールブルー」の3色の特別外板色(有料)の追加設定も発表された(2018年7月以降に販売開始予定)。 2 kgm 2016年1月-• 販売期間 2018年 - 5名 5ドア M176型 4. 0 L V8 ツインターボ M177型 4. 0 L V8 ツインターボ OM656型 3. 0L L6ディーゼル 駆動方式 4WD 9速AT 全長 4,817 - 4,873mm 全幅 1,931 - 1,984mm 全高 1,966 - 1,969mm 2,890mm 2018年1月、で発表。 フルモデルチェンジ並に大幅なる改良が施されているが、型式(コードネーム)はW463型を踏襲する。 日本市場での発売 [ ] 2018年6月6日に日本仕様車が発表された。 納車は8月下旬以降が予定されている。 日本仕様車ではG550とメルセデスAMG G63の2モデルが用意される。 なお、従来型W463型Gクラスも併売する形で全モデル継続販売される。 2019年4月4日にディーゼル仕様車としてG350dが発表された。 搭載されるエンジンはS400dなどに搭載される直列6気筒ディーゼルターボ。 同年4月15日に、特別仕様車Mercedes-AMG G 63 Edition Matt Blackが発表された。 Mercedes-AMG G63をベースに、外観には通常設定されていないデジーノマグノナイトブラックのボディカラーと22インチマットブラックホイールが採用されるとともに、AMGナイトパッケージも装備されており、ベース車ではクロームとなる前後バンパーのアクセント、スペアタイヤカバー、アンダーボディプロテクションなどがブラックに、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプがダークティンテッド仕上げとなる。 内装には随所にカーボンインテリアパネルを採用している。 なお、5月12日までの期間限定受注で、4月下旬以降順次納車が行われる。 2020年3月24日に、特別仕様車Mercedes-AMG G 63 STRONGER THAN TIME Edition(ストロンガー ザン タイム エディション)が発売された。 Mercedes-AMG G 63をベースに、外観はサイドミラー・サイドストリップ・スペアホイールカバー・ブレーキキャリパーにシルバーシャドウのアクセントが施されたほか、スペアホイールリングがボディ同色に変更され、マッドブラックとハイシーンを組み合わせたバイカラー22インチクロススポークアルミホイールを装備。 内装は本仕様車専用となるチタニウムグレーとブラックのナッパレザーが採用され、助手席には「STRONGER THAN TIME」ロゴ入りのナッパレザーグラブハンドルを採用。 さらに、前席にシートベンチレーター、リラクゼーション機能、シートヒーター・プラスを備えたAMGエクスクルーシブナッパレザーシートや通常はオプション設定となる「AMGエクスクルーシブパッケージ」や「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」が特別装備された。 ボディカラーはダイヤモンドホワイトとマグノナイトブラック(有料色)の2色が設定されており、前者が150台・後者が100台の計250台の限定販売となる。 7kgm 関連事項 [ ]• Gクラスがベースとなった軍用車の類• - メルセデス・ベンツGクラスをベースに、とメルセデス・ベンツが共同で開発したフランス軍向け汎用軽車両。 - メルセデス・ベンツ・Gクラスのドイツ連邦軍仕様であるWolfをベースにした装甲車。 - メルセデス・ベンツGクラス W461 290GDをが改修、採用した。 - Wolfにが大幅な改造を施した戦闘車両。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 出典 [ ] []• 68-69。 206-207。 208-209。 150。 138。 236-237。 123。 『外国車ガイドブック1988』p. 224。 2014年5月1日閲覧。 2013年7月28日閲覧。 2013年5月10日閲覧。 2013年5月10日閲覧。 2013年4月16日閲覧。 2013年9月25日閲覧。 2014年9月11日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社 , 2014年9月11日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年9月2日 , 2015年9月3日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年9月8日 , 2015年9月10日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2015年12月4日 , 2015年12月10日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2016年4月4日 , 2016年4月7日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2016年6月17日 , 2016年6月23日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2016年11月11日 , 2016年11月11日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年5月10日 , 2017年5月11日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年6月7日 , 2017年6月8日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年9月26日 , 2017年9月28日閲覧。 PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2017年11月21日 , 2017年11月24日閲覧。 プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2018年4月4日 , 2018年4月5日閲覧。 2013年8月よりG 550に改名• 2013年8月よりG 65 AMGに、2015年5月よりメルセデス-AMG G 65に改名• 2013年8月よりG 63 AMGに、2015年5月よりメルセデス-AMG G 63に改名• 2018年1月15日閲覧。 MEN'S EX ONLINE 2018年7月1日(2018年9月11日 閲覧)• clicccar 2018年8月1日(2018年9月11日 閲覧)• プレスリリース , メルセデス・ベンツ日本株式会社, 2018年6月6日 , 2018年6月7日閲覧。 えん乗り 2019年4月15日. 2019年4月15日閲覧。 clicccar(クリッカー) 2020年3月25日. 2020年3月26日閲覧。 参考文献 [ ]• 『1979』社• 『外国車ガイドブック1980』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1981』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1982』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1983』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1984』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1985』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1986』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1987』日刊自動車新聞社• 『外国車ガイドブック1988』日刊自動車新聞社• 『1990』社 この項目は、に関連した です。

次の

Gクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車

メルセデス ベンツ g class

2018年6月6日より日本国内で正式に注文を開始し、ユーザーへの納車は2018年8月下旬以降を見込む。 メルセデス・ベンツのGクラスは1979年にデビュー。 ラダーフレーム構造やボディ形状といった基本はそのままに、およそ39年もの間生産を続ける特別なモデルだ。 そんなGクラスだが、単に1979年当時のまま生き永らえたワケではなく、もちろん度重なる大幅な改良を加え進化し続けてきた経緯がある。 しかし新型Gクラスでは、まず基本の骨格自体から新設計を実施。 内外装のデザイン変更やボディサイズの拡大、そして先進安全技術の投入など、全てにおいて刷新を行った。 その事実を、まずは改めてここで確認しておきたい。 堅牢なプロテクションモール、テールゲート外側のスペアタイヤ、外部に設けたドアヒンジとボディ面に載せるスタイルのボンネット、 突出したウィンカーなど、Gクラス独自のデザインをあえて踏襲させた。 室内では、Gクラスらしさを象徴する円形ヘッドライトの形状がインパネ左右のエアアウトレットに、ウィンカーをイメージしたスピーカーのデザインとするなど、外観デザインの特徴をインテリアにも反映させた点が新しい。 またメーター周りは、他の最新メルセデス・ベンツ車同様の最新トレンドを導入。 3インチの高精細ワイドディスプレイ2枚が1枚のガラスカバーの下で視覚的に融合したワイドスクリーンコクピットを採用する。 センターコンソールにはコントローラーを備えたタッチパッドも備え、直感的な操作が行える。 今回のGクラスフルモデルチェンジで最も注目されるのは、骨格となるラダーフレームの刷新だろう。 最大3. MAG溶接技術で組み立てることで、悪路走行時に求められる強度、剛性、安全性を高めた。 サスペンションは、メルセデス・ベンツのGクラス開発チームとメルセデスAMG社が協業。 フロントのダブルウィッシュボーン独立懸架サスペンションと、リアのリジッドアクスルを組み合わせて開発した。 フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションのコンポーネントはいずれも、サブフレームなしでラダーフレームに直接取り付け。 フレーム上のロアウィッシュボーン取り付け点は、走破性向上のため高い位置に設定される。 さらにフロントのディファレンシャルギアに対して270mmの地上高を確保し、オフロード性能の向上に貢献している。 独立懸架サスペンションの採用により、ボディフロントエンドの剛性を高めることに成功。 サスペンションブリッジと呼ばれるストラットタワーブレースによりフロントストラットタワーを接続することで、ラダーフレームのねじり剛性を高めた。 リアサスペンションは、トレーリングアーム左右各4本とパナールロッド1本を備えた新型リジッドアクスルを採用。 これによりオンロード走行の快適性がさらに向上した。 さらにオフロードでの走破性能の向上にも寄与する。 「コンフォート」「スポーツ」「エコ」「インディビジュアル」の4モードに加えて、今回追加された「Gモード」が選択可能となった。 それぞれ、エンジンやトランスミッション、サスペンション、 ステアリング、運転支援システムの特性を最適化する。 新追加の「Gモード」は、3つのディファレンシャルロックのいずれかを作動させる、または通常より2倍以上の駆動力を発揮するオフロード用低速ギアのLOW RANGEを選択した場合に有効となるオフロード走行時用のモード。 シャーシの調整式ダンパーとステアリング、アクセル特性を変更し、不要なギアシフトを回避することにより、最適なコントロールと最大限の悪路走破性を確保する。 Gクラスのフルモデルチェンジでは、車体やフレームの軽量化も図られた。 例を挙げれば、AピラーおよびBピラーなどのボディシェルは耐荷機能を持つことを考慮し高張力スチール製とし、フェンダー、ボンネット、ドアはアルミニウム製としている。 先代と比べ自然なドライビングダイナミクスや快適性の改善に加えて、ノイズレベルなどの面で品質が向上。 室内で感じられるノイズや振動も顕著に減少したという。 今から乗り比べが楽しみだ。 新型Gクラスに搭載されるのは、G550・メルセデスAMG G63共にV8 4リッター ガソリン直噴ツインターボエンジン。 新たに気筒休止システムを採用し、エンジン負荷に応じて気筒を休止して燃費効率を向上させた。 組み合わされるトランスミッションは9速オートマチックトランスミッション新型「9G-TRONIC」。 段数が増えたのにも関わらず、従来の7速ATよりも1kg軽量化され、より効率も高められている。 いっぽうのメルセデスAMG G63についてはメルセデスAMG社が完全自社開発したM177型を搭載。 性能強化に合わせ、AMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時に硬いスプリングレートへ瞬時に切り替える「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」などを専用装備し、高い安定性と俊敏なハンドリングを両立させる。 新型Gクラスに、いよいよ待望の先進安全運転支援システムが搭載された。 全モデルに「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムを標準装備し、安全性能が大幅に改善された。 具体的には、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポット アシスト」に加え、衝突回避をサポートする「アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)」、衝突時の乗員へのダメージを最低限に抑える「PRE-SAFE プレセーフ」、一般道や高速道路の制限速度を表示する「トラフィックサインアシスト」などを含めたレーダーセーフティ パッケージを標準装備する。 また、夜間の安全なドライブをサポートするマルチビームLEDヘッドライトを採用。 片側84個のハイパフォーマンスLEDを瞬時に個別に制御することで、前走車などのドライバーを眩惑せずに、より広い範囲を明るく正確に照射し続ける。 [レポート:オートックワン編集部].

次の