山口 真帆 裁判。 山口真帆 近く和解でAKSが隠蔽・茶番劇?NGT48は解散になる!?

山口真帆 近く和解でAKSが隠蔽・茶番劇?NGT48は解散になる!?

山口 真帆 裁判

NGT48公式Twitterより NGT48暴行事件の犯人男性2人に対し、AKSが3000万円の賠償金を請求している民事裁判。 今月24日、「」および「」が、被告側が提出した裁判資料の一部を公開した。 被告側の主張は、事件前から山口真帆と「私的領域で交流していた」というものだ。 なお、20日に行われた原告側と被告側の非公開の協議では、被告側が山口への暴行を否定。 活動休止との因果関係はないと主張していることもわかっている。 そもそも裁判資料の内容は、暴行事件直後の犯人と山口真帆との会話を録音した音声テープに残っている内容とは、大きく異なっている。 被告側は「山口真帆から部屋番号を教わった」と主張 まず、以下は被告側が提出した裁判資料による、被告側の主張だ。 被告のひとりは、2017年2月または3月に行われた握手会で山口真帆と会話をし、「運営を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい」と頼んだという。 「山口真帆は私的に会うことを承諾し、被告に自身が居住するマンションの名前と、部屋の番号。 携帯の電話番号を教えた」そうだ。 そして被告は2017年4月ごろに山口と同じマンションの、彼女の向いの部屋とは違う階の部屋を借りる。 マンション内の廊下で山口と密会し、プレゼントを渡すなどの交流を図っていたという。 さらに、なぜかメールやLINEではなくTwitterのダイレクトメッセージを利用し、山口が次のライブで歌う曲やレッスンの状況などを教えてもらった、という。 ところが、2017年秋ごろになると、山口はダイレクトメッセージに返信しなくなった。 被告は理由を聞くために80万円分の握手券を購入し、山口に接触。 握手会で山口は、ダイレクトメッセージを返さない理由は、「(被告との)私的領域でのつながりが(運営に)バレて、処分を受けるのが怖いから」だと説明したそうだ。 しかし上記の一連の主張は、2018年12月、事件直後に録音されたテープでの発言とはまったく異なっている。 一体どういうことなのか。

次の

山口真帆との“私的交流”証拠、被告男性主張…新たな裁判資料、新潟地裁開示― スポニチ Sponichi Annex 芸能

山口 真帆 裁判

客観的理由や証拠もなく同僚複数人の解雇をしつこく要求し続け、飛ぶ鳥跡を濁すようにしてNGT48から他芸能事務所に移籍した山口真帆嬢でしたが、最近の報道によるとNGT時代に山口真帆はファンの男性と個人的に繋がっており、規約限度を超える多額の金品を援助されてたらしいです。 山口真帆はいわゆる「パパ活」をしていたとも言われていたようです。 現在、原告AKSが被告としていわゆる暴行容疑人達を相手取って民事裁判が行われていますが、被告側が提出してきた準備書面に事の顛末が詳細に書かれており、私が読む限りでは信憑性が結構高いと思われます。 いかがですか。 「つながり」が発覚しそうになったのでその男性と縁を切りたかったが、男性が金銭を多額消費しながら付きまとい続け、今回の騒動の原因となった暴行容疑事件を起こした・・という顛末らしいです。 思い過ごしですかね。 彼女は色々イベントをしてファンにサービスしたいと言っているのですが、見るにそれしかメインの仕事がないんとゃうのか?と思うのです。 忘れられないようにメディア露出を少しづつ続けていってファンの関心を引き、援助させる、と。 まあ、芸能人にはそういう面が多少なりともあるのでしょうが、山口真帆嬢は最初からそれ狙いのように感ずるのですが、いかがでしょうか。 phjさん。 ちなみにあなたが言うあなた同様に主張するメディアは確か3流紙に一つだけありますね。 一つだけですが。 ずっと以前からNGT48に対する中傷・名誉棄損を続けてるのでしょうが、今回の同紙の主張はあなたの言ったものと同様でして、被告が新たに主張する内容と事件直後の録音とに齟齬がある・・というもの。 その点についての私の考えはNo. 3のお礼欄に書いたように、浅はかと思います。 読み返してみてください。 記者は5ch謝罪スレの常連なのでは? 他紙は一応のところ被告側の裁判準備書面の主張を尊重してまして、同紙の様に強硬に批判するメディアは少ない。 なお、これ以上私を侮辱すれば名誉棄損になると御承知おきください。 具体的に判例を例示せずに繰り返し左様なことを言われますと迷惑です。 その判例なるもの、まさか昨今の橋下徹さんのTwitter裁判の一例を念頭に入れてるんですか? 臍が茶沸かします。 #3です。 >AKSと暴行容疑人達との裁判において民事被告側が提出してきた文書内容を「嘘だ」と明確な根拠なく文面で断ずることは恐らく名誉棄損に相当すると思われますので皆さん注意されてください。 曲がりなりにも法的文書内の記載です。 嘘だとは断じていませんし、同様の批判はニュースなどいくらでもあります。 >私はかなりNGTに関する薀蓄が深く、そういう観点から見た感想ですね。 どのような感想でも、今の時点で被害者を貶める行為は名誉棄損です。 もちろん被告側を有罪と断じるのも名誉棄損です。 私が書いているのはあくまでも「齟齬が有り断じることはできない」です。 あなたにウンチクがあろうと、事情通であろうと、名誉棄損になることは数々の判例から明白です。 >というわけであなたの疑問に答えたつもりですが、納得していただけましたでしょうかね? そもそもあなたはこの事件に対して、私と同様第三者であって、傍観者です。 どんな説明でもそれは「あなたの見立て」にすぎず、参考にもなりません。 傍観者が被害者を断定的に判断するのは名誉棄損です。 まず、あなたの書いている内容は、名誉棄損に当たる可能性が高いです。 即刻削除することを推奨します。 その上で、いくつかの指摘をします。 >私が読む限りでは信憑性が結構高いと思われます。 なぜ「信ぴょう性が高い」と思われるのでしょうか?この事件に関しては、すでにいくつもの「事実」とされるものが出てきており、事件直後の話し合いの録音も存在します(検索すれば出てくるはずです)、またASKは第三者委員会で事実確認した際もそのような事実は出てきていません。 なによりもおかしいのは録音の中で山口真帆が被告人に対して「私の部屋をどうやって知ったのか?」と質問していることです。 このような客観的な証拠を改めず、調書だけで「信ぴょう性が高い」と判断できる根拠を補足してください。 AKSと暴行容疑人達との裁判において民事被告側が提出してきた文書内容を「嘘だ」と明確な根拠なく文面で断ずることは恐らく名誉棄損に相当すると思われますので皆さん注意されてください。 曲がりなりにも法的文書内の記載です。 この場合、被告側は弱い立場にありますので、集をかさにまるでいじめのような言動は世間は慎むべきかと思いますね。 私が民事被告側の主張の信憑性が高いと感ずる理由は、まず第一に主張の具体性にあります。 嘘でここまで具体的に述べていれば最早それは妄想の部類とでもいうべきであり、しかしながら被告側はそこまで変な人達とは思えないのですよ。 更に逐一その主張に思い当たる節がありまして、頷かざるを得ない面があります。 私はかなりNGTに関する薀蓄が深く、そういう観点から見た感想ですね。 また事件直後の録音も私にとってはNGT48事件においての山口真帆嬢の責任を感じさせる物証の一つなのですが。 (ただし本件裁判ではその録音は証拠提示されてない模様なので、録音内容は裁判所判断に影響しません) あなたはその録音と被告側主張に齟齬があると言ってるようなんですが、被告側提出の文面の主張を真実とするならば、そもそも山口真帆嬢と被告側の一人の間には暴行容疑事件時には(恐らくはNGT裁判前までは)、二人のつながり関係を秘匿する旨の暗黙の合意があったはずです。 この点で録音と裁判書面との齟齬がある方が普通と考えます。 また、被告側は複数人であることも忘れてはなりません。 つながり男性とその男性の仲間達の、いったい誰に向けての山口真帆嬢の発言なのかを精査しなければなりませんね。 つながり男性の友達は繋がり男性から教えてもらったとは答えにくいでしょう。 適当な返答になるだろうし、現場に駆け付けたスタッフも山口真帆の「つながり」についてはその噂くらいは知っていたでしょうから、男性達にまるで口止めのような注意をするのも当然の配慮でしょう。 5ch界隈では録音内容をまるで曲解するかのような弁舌が溢れてますが、浅はかです。 というわけであなたの疑問に答えたつもりですが、納得していただけましたでしょうかね? 回答どうもありがとうございました。

次の

NGT48裁判にマスコミ激震、男性が「山口真帆とのつながり」主張! 一方で「研音」に不信感?(2019/09/24 17:13)|サイゾーウーマン

山口 真帆 裁判

AKS側の代理人・遠藤和宏弁護士は27日に報道陣の取材に応じ、 「和解の交渉をさせていただくと同時に、一応、原告(AKS)と被告(犯人)双方から証人申請をさせていただいた。 証人尋問をして判決に至るという可能性もありますが、裁判外で和解の交渉もさせていただいております」と、すでに男性2人側との和解に向けた交渉を行っていることを明かしています。 (被告側からの)返事はあります」と語っています。 双方が積極的に和解を検討しているそうで、 近く被告側と協議した和解案を新潟地裁に提出予定としており、4月8日の弁論準備手続で和解成立となる可能性が高まっています。 AKS側は民事訴訟をするにあたって裁判で事件の真相を明らかにするなどと意気込んでいたものの、結局は和解することによって真相が明らかにされないまま決着となるわけですが、和解交渉に入った理由については、 「裁判所から和解の提案があったのもありますし、今までの準備書面のやりとりで、被告の主張は出尽くしている印象もある。 確たる客観的な証拠は出てきてないが、証人尋問をやったからといって出てくるかは分からないし、なるべく争いごとは長く続けるべきではないという考え方もある」と説明しています。 事件当日に男性2人が山口真帆さんに対して、顔を掴むなどの暴行したのか否かについても争う姿勢を見せていましたが、和解することで結局は明らかにならないわけですが、「そういう側面はあるが、総合的に判断する」と答えています。 また、 「真実発見の見地からは、(山口真帆さん以外の)他のメンバーが本件には関与していないという、身の潔白が証明できた」「メンバーには精神的ショック大きかったし、再出発できないかもというのがあったので…。 そこは裁判の意義の一つで、一定の効果はあったのかなと思う」などと語っています。 会社(AKS)がどう考えるかは分からない。 現状では聞いていない」としています。 このようにAKS側の遠藤和宏弁護士は説明しているのですが、AKSと犯人側が和解という決着を迎えることに対してネット上では、• 和解もなにも、もともと前NGT48劇場版支配人がこの被告たちとつながっていたんですよね? 和解すべきは、山口さんとAKS・犯人グループだと思うのですが。 これって最終的に誰のための何のための裁判だったんですかね? 単に運営側が被害者アピールして協力関係にあった加害者側とプロレスしただけにしか見えないですが。。 「原告と被告が結託した世紀のプロレス裁判」とか言われていますが、予想通り和解の方向に持って行くんですね。 ところで、宿題になったままの説明会見まだですか?• 被害者と言う事にしたい為のカタチだけの裁判なのでしょう。 事実何も明らかになってないし説明責任も無し。 これを口実に誰も話さないで済むと言う言い訳を作った。 これでも応援する人達って病気では。 他のメンバーの潔白が証明できたとは…失笑ですわ コロナの前からまともに劇場も稼働してない、シングル出せない、どうやって給料払ってるんですかねー まあ独立採算になるみたいなんで、とっとと店じまいして白メンバー、研究生たちを本店なり支店なりで引き取ってあげてください。 もともと、厄介を裁いて賠償金取るよりも、厄介と結託して山口さんを追い詰めるのが目的の臭いがプンプンしてたからね。 加害者の加害者による加害者のための裁判。 AKSと被告側との和解が成立しても何の解決にもならんが。 ある意味「加害者」同士の和解なんて…何の茶番だ? 「AKS」が有る意味ブラックな組織だと自身で吐露したようなもの。 和解する事前提の裁判なんて事は、世間というか事件を知る子どもから見ても分かりきってる事。 大事な事件の真相解明とメンバーが関与していない事の明確な証明・不起訴になった理由の開示はお願いします。 それが目的の裁判でしたよね? それがなければ、NGTはおろか、AKSがグループを所持してる限りは完全に終わりだと思いますよ。 って、感じです。 などのコメントが寄せられています。 今年1月29日に行われた弁論準備手続では、男性2人が暴行事件の容疑で逮捕されながら、不起訴になった理由について確かめるため、検察庁に対して不起訴記録の開示を求める文書送付嘱託の申立を行い、この時に山口さんの代理人弁護士と接触し、「原則として異存はないとおっしゃっていただいて、ご協力いただいた」と遠藤和宏弁護士は明かしていました。 双方の考えが一致したのは昨年7月に裁判が始まってから初めてのことだったそうで、AKSと山口真帆さんは男性2人が不起訴になったことに疑念を持っているとのことでした。 しかし、AKS側が求めていた不起訴記録の開示に検察側が応じなかったほか、当事者である山口真帆さんの証人尋問に関しては、山口さんの負担などを考慮して断念したとし、3月2日に行われた弁論準備手続では地裁から和解の検討が促されました。 この時点でAKS側は、事実関係を明らかにするためとして男性2人への尋問を求めており、和解に関しても「留保する」とし、一方の被告側は和解を前向きに検討する姿勢を示していたのですが、結局はAKS側も矛を収め、和解に向けて被告側とやり取りしていることを今回明らかにしました。 事件の真相などが明らかになっていないにも関わらず、双方が和解という決着を迎えようとしていることから、ネット上でも何のための裁判だったのか、完全な茶番といった声が噴出しています。 AKS側が当事者である山口真帆さんの協力を得ることもなく、事件の真相を明らかにするなどと言っていた時点で、このような結末を迎えるだろうと当初から予想されており、AKS側と男性2人の関係も疑われていることによって、山口さんを陥れるための馴合訴訟なのではとの指摘もありました。 実際にこの裁判では、男性2人側が山口真帆さんとは以前から繋がりがあったと主張し、同じマンションの別部屋に暮らしていて、事件前までは廊下で直接プレゼントも渡すなど良好な関係にあり、山口さんの携帯電話番号も知っているとしていました。 また、スポーツ紙に掲載された握手会での写真が、私的交流があったことを示す証拠写真として地裁に提出するなど、この裁判で山口真帆さんのイメージを悪化させるような話がいくつも出てきました。 これらはあくまでも暴行事件を起こした厄介ファンによる一方的な主張で、山口真帆さんが所属する芸能事務所『研音』は、週刊誌『週刊文春』の取材に対して「そのような事実はありません」と、ファンとの繋がりをキッパリと否定しています。 この裁判によって山口真帆さんはさらに苦しめられていたことから、早々に和解して裁判が終了した方が良いと思う部分もありますが、他のNGT48メンバーが事件に関与していなかったという結論になっているのは納得できず、この裁判には不満しかないですし、AKSに対する不信感が募る一方ですね。

次の