ライン トーク 履歴 保存。 LINEトークのバックアップの保存先はここだ!(iPhone,android対応)

PC版のLINEバックアップ方法!トーク履歴の保存・復元方法を解説!

ライン トーク 履歴 保存

また、iPhone版LINEでのトークのメッセージ保存は、 iCloud・ keep機能でできます。 当記事では、LINEトークのメッセージの保存方法をまとめたので紹介します。 スポンサーリンク 【android】LINEトークのメッセージの保存方法 androidによるLINEトークのメッセージの保存方法には、Googleドライブによる同期保存、LINE keep、SDカード、オンラインストレージへの手動保存があります。 LINE keepによる保存 LINE keepは、LINEトークのメッセージひとつひとつを保存できる機能です。 お気に入りのトーク、写真や動画をkeep(保存)しておくと、後で必要な時に確認する事ができます。 LINEユーザー一人一人に 1ギガの保存容量が割り振られています。 keepできるデータ• トーク(テキスト)• 音声メッセージ• WordやExcelなどのファイル 保存期間は無制限で、1ファイル50メガまで保存期間が30日間に制限されます。 LINEトーク画面でkeep(保存)したいデータがあったら長押しすれば keepに保存がでるのでタップすれば保存されます。 keep(保存)したデータの確認は、ホーム画面から keepをタップすれば確認できます。 keepには、写真、テキスト、ファイルなどが分けられて保存されています。 SDカードによる保存 LINEトークのメッセージはSDカードにも保存できます。 この方法は、keepのようにトークひとつひとつではなく、友だち1人分のLINEトークのメッセージを丸ごと保存する事になります。 スマホのトラブルでLINEトークのメッセージを消失したり、機種変の際には、復元・引き継ぎ用として使えます。 トーク設定から トーク履歴をバックアップをタップします。 テキストでバックアップと すべてバックアップが表示されます。 テキストでバックアップをタップすると、 トークのテキストデータのみが書き出されます。 パソコンなどでテキスト内容を見たり編集をする事ができます。 LINEに戻す事はできません。 zip)を生成し、SDカードがスマホに装着されていればSDカードに保存されます。 LINEトークのメッセージは、 SDカードへの保存以外にもメールやアプリによって外部に保存する事ができます。 SDカードが無い方は活用しましょう。 Dropbox・Googleドライブなどオンラインストレージに保存しよう LINEトークのメッセージはkeep・メール・スマホ本体・SDカード以外にも保存する方法は多々あります。 やることリスト• Share Link• ヤフーメール• Gmail• LINE Keep• Dropbox• WordPress• Evernote• Googleドライブ• Androidビーム• WebStorage 使っているスマホによって外部に保存するアプリに違いがありますが、DropboxやGoogleドライブは容量も大きく色んな端末からアクセスできるので、LINEトークのメッセージを保存しておくのに最適なアプリです。 ここまで、androidでのLINEトークのメッセージの保存方法です。 【iPhone】LINEトークのメッセージの保存方法 iPhoneによるLINEトークのメッセージの保存方法は、iCloudによる同期保存、LINE keepへの保存があります。 LINE keepでの保存 keep機能は、iPhone版LINEにもandroid版LINEにもあり、機能は同じです。 LINEトークのメッセージを保存するには、keep(保存)したいデータがあったら長押しすれば keepがでるのでタップすれば保存できます。 keepしたデータの確認方法はandroid版LINEと同じです。 iPhoneではSDカードは使えないので、物理的にデータの外部保存はできません。 iCloudでの保存 iPhone版LINEでは、appleのクラウドストレージ「 iCloud」を使う事でLINEトークのメッセージの保存・バックアップができます。 設定から トーク・通話をタップすると、 トークのバックアップがあるのでタップします。 全ての友だちのLINEトークのメッセージがiCloudに一括で保存されます。 ここまで、iPhoneでのLINEトークのメッセージの保存方法です。 保存したLINEトークはいつでも復元できるようにしておこう! LINEやスマホにトラブルが起こった時、機種変した時、保存したLINEトークのメッセージをいつでも 復元できるように方法を紹介します。 2(メールアドレスまたはfacebook連携)でLINEにログイン。 3トーク設定画面を開き、 トーク履歴のバックアップ・復元をタップ。 4 復元する(android)または トーク履歴をバックアップから復元(iPhone)をタップすれば 復元完了です。 android版LINEならGoogleドライブへの保存、iPhone版LINEならiCloudへの保存、LINEトークのメッセージを保存・復元するのがおすすめです。 関連 関連 関連 関連 機種変更時のLINEの引き継ぎのやり方と手順は下記。 関連 やできることは下記で紹介しています。 関連 関連 以上、LINEトークのメッセージの保存方法の紹介でした。

次の

消える前にやっておこう! LINEのトーク履歴をテキスト形式で保存する方法

ライン トーク 履歴 保存

本来はスマートフォンで利用するためのアプリであるLINEですが、iPhoneやAndroid以外でも、Windows PCやMacで使えるPC版のLINEアプリや、Google Chromeの拡張機能版LINEも存在しています。 PC版、Google Chrome拡張機能版の各LINEは、スマホ版LINEアプリに比べると 機能が多少削減されていますが、 基本機能であるトークの利用についてはスタンプや写真・動画の利用も問題なく可能です。 それに加えてPC版LINEは音声・ビデオの通話もできますし、iPhoneではできない(Androidは可能)画面共有機能まで備えています。 基本的にはPC版LINEではスマートフォンで作ったLINEアカウントでアクセスしますが、新規アカウントを作成することもできます。 そのため、 PC版LINEでFacebookアカウントや固定電話・ガラケーの音声通話を利用してスマートフォン上のLINEアカウントとは別のアカウントを利用することも可能です。 PC版LINEのメリットのひとつとして挙げた「複数のLINEアカウントのログイン・ログアウトが容易」という点については説明が必要でしょう。 ご存じのようにスマートフォンでLINEアプリを利用している場合、別なアカウントでログインし直そうとすると、一度LINEアプリをアンインストールして、再インストールする必要があります。 しかもその際にちゃんとバックアップをとっておかないと、トーク履歴は消え失せてしまいます。 しかし、 PC版LINEではログアウト・ログインの際にアプリのアンインストールや再インストールは不要です。 ただ「ログアウト」コマンドをメニューから選ぶだけでログアウトは完了しますし、その後のログインも、のちほど「PC版LINEを使ったスマホ版LINEのバックアップ方法」の章でお伝えするように、再インストールなしで可能です。 ただしPC版LINEでは、テキスト形式でなければトーク履歴をバックアップできません。 LINEの特長であるスタンプはもとより、写真・動画・音声などはすべてトーク履歴に残りません。 正確には「スタンプ」などと表示され、テキストメッセージ以外の投稿があったことは保存されるのですが、どんなスタンプだったのかなどは保存できないのです。 LINE上ではスタンプだけの会話も数多く行われているだけに、ほかのものはともかく、スタンプには対応して欲しいものですが、残念ながら2019年2月現在、PC版のバックアップでは、 スタンプはただタイムスタンプのあとに味気なく「スタンプ」と記されるだけです。 とはいえ、バックアップがまったくできないことに比べれば、テキスト形式であってもバックアップが可能なだけまだマシであるとして、いまある機能を充分に利用することを考えてください。 先にも記したように、復元を前提としたバックアップであればPC版LINEではなくスマートフォンのLINEで行うべきです。 iPhoneならiCloudを、AndroidならGoogleドライブを利用することで、簡単にバックアップを取ることができ、復元も可能です。 またAndroidであれば、トークごとにトーク履歴をKeepにバックアップ・復元することも可能です。 iPhoneからAndroidに機種変更した場合やその逆の場合は、トーク履歴を復元できるバックアップ方法はありません。 この場合はPC版LINE同様、テキスト形式でしかトーク履歴を保存できません。 そしてやはりPC版LINE同様、テキスト形式からは復元は不可能なのです。 ここまではPC版LINEのバックアップの取り方を説明してきましたが、ここで 視点を変えて、PC版LINEをスマホ版LINEのバックアップとして考えてみます。 それというのも、PC版LINEでスマートフォンと同じアカウントを使ってアクセスすれば、スマホ版LINEのトーク履歴を実質的にバックアップしたことになるからです。 そのため、 修理や紛失などでスマートフォンが手許にない場合でも、LINEでの交流を続けることができますし、なにかの間違いで スマホ版LINE上のトークを削除してしまった場合でも、PC版LINEで削除さえしていなければ 問題が起こることを避けられます。 こうしたやり方は、冒頭で記した「スマホ版LINEとPC版LINEを組み合わせて、お互いの良いところを利用する」使い方の一例と言えます。

次の

LINEトーク履歴をテキスト形式でバックアップする方法

ライン トーク 履歴 保存

LINEトークのバックアップの保存先はここだ! iPhone,android対応 LINEのトークはいつでも見返すことができます。 しかし機種変更を行うとトーク履歴はすべて消去されてしまいますよね。 そこでトーク履歴のバックアップの取り方と、最適な保存先について紹介しましょう。 バックアップの保存場所 結論から言うとこちらです。 zip」 ちなみに内部メモリです。 内部メモリとはスマホ内の保存場所です。 ただ、スマホを交換、機種変、初期化する時はスマホ内に保存していると消えてしまいますので、SDカードに移してください。 iPhoneでトーク履歴をバックアップさせる方法その1 iPhoneではいろんな方法を使ってトーク履歴をバックアップさせることができます。 まず一つの方法として「メール」の機能を使うということです。 メールで送信してあげることで、残しておきたいトーク履歴を保存することができます。 その人が何日の何時にトークを送ったのか、トークの内容まで鮮明に確認することができます。 ただし一つだけ欠点があります。 それはスタンプや絵文字などはバックアップされないということです。 スタンプなどの表示は[スタンプ]のような表記になります。 しかし、itunesを使わないこちらもおすすめです。 以上がバックアップの取り方です。 メールに比べると新しい端末のほうにそのままトークが移されるという感じなので、とても親近感がわきます。 さらにトークが続いていれば続きから閲覧できるので便利ですね。 Androidでトーク履歴をバックアップさせる方法 LINEがアップデートされて、androidでのバックアップ方法がガラリと変わりました。 バックアップも復元もめちゃくちゃ簡単になったのでこちらにまとめました。 Androidでも同じようにバックアップを取ることが可能です。 方法は「iPhoneでトーク履歴をバックアップさせる方法その1」を見てください。 やり方はそこに書いてある手順と全く同じです。 なので端末が変わってもやり方は全て統一されているということですね。 さすがLINEです。 また、新端末に直接トーク内容を移行させるという方法もできます。 バックアップして移行できるものとできないもの いくらバックアップと話いえ、移行できるものとできないものがあります <移行できるもの> ・トーク履歴 ・ノートの情報(投稿内容) ・タイムライン情報 <移行できないもの> ・トークの背景(デフォルトに戻ります) ・通知音(初期化されます) 基本的にすべてのデータが移行できるようになっており移行できないものも、後でカスタマイズしてあげれば元に戻すことが可能です。 まとめ トーク履歴が失われてしまったからといって対処できないわけではありません。 しっかり旧端末のほうで設定しておきましょう。 新端末では慣れないという方も多いのですが、このような設定をしておくことで経験を大きくすることが可能です。 ぜひ実践してみましょう。

次の