も のみ の 塔。 ものみの塔の致命的な間違いを教えて下さい。

エホバの証人とものみの塔は別団体なのですか?

も のみ の 塔

【重要】6月1日(月)より開館いたします ひめゆり平和祈念資料館は、6月1日(月)より開館いたします。 開館に際し、下記のとおり新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行います。 ご来館のみなさまのご理解とご協力をお願いします。 マスクをお忘れの方は、簡易マスクの着用をお願いしています。 体温37. 5度以上の方のご入館はできません。 展示物に触れる前、触れた後にも、手指の消毒を行ってください。 また、こまめな手洗いや手指の消毒を行います。 今後の状況によっては、状況によって、対策の内容を変更することもあります。 当館のホームページ、Facebook、twitter等で最新の情報をご確認ください。 Facebook Twitter 【重要】リニューアルオープン延期と入館料改定期日変更のお知らせ 日頃より当館へのご支援、ご協力ありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症の影響により、7月22日に予定しておりましたリニューアルオープンの 時期を変更することとなりました。 延期にともない、かねてよりお知らせしておりました入館料改定時期も変更いたします。 皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。 リニューアルオープン 2021(令和3)年4月12日(月) 工事にともなう休館期間 2021(令和3)年3月22(月)~4月11日(日) 7月に予定していた入館料改定につきましても、時期を変更いたします。 入館料改定は、 2021(令和3)年4月12日(月) からとなります。 お詫び申し上げます。 正しくは上記の通りです。 【重要】臨時休館再延長のお知らせ ~5月31日 日 まで 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった方々、罹患されている方、 また不安でつらい日々を過ごされているすべての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルス感染症の感染予防および拡大防止のため、臨時休館の延長を お知らせいたしましたが、緊急事態宣言の延長を受け、 5月31日 日 まで休館を延長いたします。 ご来館を予定されていたみなさまには大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいた します。 職員一同、一日も早い終息を願っております。 【休館期間】 2020 令和2 年4月10日 金 ~5月31日 日 今後の状況によっては、休館期間を延長することもございます。 最新の情報は、当館のFacebook、twitterをご確認ください。 Facebook Twitter 【重要】臨時休館延長のお知らせ ~5月6日 水 まで 新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった方々、罹患されている方、 また不安でつらい日々を過ごされているすべての皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルス感染症の感染予防および拡大防止のため、4月10日(金)~24日(金)まで 臨時休館としておりましたが、さらなる感染拡大の状況を受け、 5月6日 水 まで休館を延長いた します。 【休館期間】 2020 令和2 年4月10日 金 ~5月6日 水 今後の状況によっては、休館期間を延長することもございます。 最新の情報は、当館のFacebook、twitterをご確認ください。 Facebook Twitter 臨時休館のお知らせ ひめゆり平和祈念資料館は、4月10日(金)~24日(金)まで、臨時休館いたします。 これまで、感染防止策をとって開館してきましたが、沖縄県内でも、 新型コロナウイルス感染症の 拡大がみられるため、やむなく閉館することにいたしました。 ご来館を予定されているみなさまには、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしく お願いいたします。 【休館期間】 2020 令和2 年4月10日 金 ~4月24日 金 今後の状況によっては、休館期間を延長することもございます。 最新の情報は、当館のFacebook、twitterをご確認ください。 つきましては、以下の期間、リニューアル工事のため閉館いたします。 【閉館期間】 2020(令和2)年7月10日 金 ~21日 火 (12日間) 利用者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上 げます。 リニューアル・オープンは、2020年7月22日(水)の予定です。 皆さまのご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、下記料金は 2020(令和2)年7月22日 より適用となります。 inc 代表者:高村狐堂(東京都 選考委員:仲松昌次氏(フリーディレクター)、宮平貴子氏(映画監督)、諸見里杉子氏(ナレーター) 【受賞理由】 ・ひめゆり映像賞「おばあのいとこ」(ドキュメンタリー作品) ひめゆり学徒とのつながりを起点に、ひめゆりの戦争体験について関心を持ち、調べ、自ら発信 していくというプロセスを描いた作品。 観る側も作者と一緒にひめゆりを知る体験をしているよ うな気になるという点などが評価されました。 ・特別賞「光の跡地」(ドラマ作品) 映像作品としての完成度の高さ、現代の子どもたちの視点を活かしたオリジナリティーが評価さ れました。 力作ぞろいで、受賞作品の決定にも時間がかかり、選考委員や事務局からも嬉しい悲鳴が 上がりました。 海外向けに資料館の情報をお届けします。 当館職員の案内で、沖縄戦当時、ひめゆり学徒が実際に歩いた道や、ガマ(壕)に行き、 沖縄戦を追体験します。 参加希望の方は、お申込みが必要です。 詳しくは、こちらをご覧ください。 また、生徒の関心を引き出し、自主的な話し合いをうながすワークショップも行います。 修学旅行・校外学習など、資料館見学の事前・事後学習としてご活用いただけます。 非体験者が沖縄戦を伝えるためにどのようなことができるかを模索する一環として、昨年映像コン テストを企画し、今年もひきつづき開催することとなりました。 多くの皆様に、ひめゆり学徒隊をテーマにした作品の制作を通して、沖縄戦を学び、平和を考え、 発信する機会を持ってほしいと考えています。 ショートフィルム(ドキュメンタリー、創作、アニメーション含む)のほか、ダンス、歌、ラップなどのパ フォーマンスでもかまいません。 5分以内の映像に収めてご応募ください。 沖縄戦を伝える新しいカタチ、自由な表現を歓迎します。 多くの皆様のご応募をお待ちしています。 詳しくは、開催要項をご覧ください。 募集期間:2019年7月~11月30日(当日消印有効) 表彰:ひめゆり映像賞 賞金10万円。 特別賞 賞金3万円。 当日は、番組制作に関わったゲストを交えてトークを行い、30年前の元ひめゆり学徒と、ひめゆり 平和祈念資料館の現在をみつめます。 ただし、事前予約が必要。 お電話、またはメールにてお申し込みください。 (定員60人。 お間違えないようご注意ください。 〈プログラム〉 14:00 「ひめゆりからHIMEYURIへ(2017年、琉球放送制作、22分) 14:30 「沖縄・ひめゆり学徒~平成へのメッセージ~」(1989年、NHK沖縄放送局制作、44分) 15:30 トーク 仲松昌次(フリーディレクター)、吾津洋二郎(RBC琉球放送報道デスク) 普天間朝佳(ひめゆり平和祈念資料館 館長) 聞き手:仲田晃子(ひめゆり平和祈念資料館 説明員) 主催・申込先:ひめゆり平和祈念資料館 電話 098-997-2100 / メール himeyuri1 himeyuri. メールでお申込みの際、件名は「上映会」でお願いします。 今号は開館30周年記念号です。 30周年ロゴをあしらったデザインで、使いやすいサイズだと好評です。 カラーはホワイト、カーキ、ネイビーの3色、各500円(税込)。 当館にてお買い求め頂けます。 通信販売も承ります。 お問い合わせは資料館 098-997-2100までお問い合わせください。 残念ながら、今回は「ひめゆり平和賞」該当作品はありませんでした。 選考委員からは「ドキュメンタリー映像を制作するための工夫が多く見られた」と評価されました。 惜しくも正賞は逃しましたが、次回のご応募に期待します。 「ひめゆり、新しい世代へ」のテーマのもと、30周年記念のロゴも完成いたしました。 海外向けに資料館の情報をお届けします。 以来、ひめゆり学徒隊生存者(証言員)が展示室で戦争体験を伝え、戦争の悲惨さ、命の尊さ、平和の大切さを伝え続けてきました。 企画展・特別展やイベントなどの活動にとどまらず、ひめゆり学徒隊生存者の高齢化を見据え、次世代継承にも力を入れてまいりました。 そして、2019年6 月23 日。 いよいよ30 周年を迎えます。 開館以来の来館者は2200 万人以上にのぼりました。 30 周年の節目を迎えることができるのも、ひとえに多くの皆様のご支援の賜と感謝しております。 今年は、30 周年記念のさまざまなイベントを企画しています。 どうぞご期待下さい。 30 周年を機に、次の新たなステージへ踏み出すひめゆり平和祈念資料館を、今後ともよろしくお願いいたします。

次の

ものみの塔

も のみ の 塔

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2014年11月)• または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2014年11月)• 的であり、で書き直す必要があります。 ( 2014年11月) ものみの塔 カテゴリ 宗教誌 刊行頻度 月2回 発行部数 69,804,000部 - 一般用 年3回(1・5・9月)発行 , 13,825,000部 - 研究版 月1回 発行者 創刊号 1879年7月 発行元 言語 334の言語 ウェブサイト ものみの塔(ものみのとう、 The Watchtower)は、によって月に1回発行されている機関誌である。 「ものみの塔」は新世界訳聖書の21章8節に由来している。 現在の正式名称は『エホバの王国を告げ知らせる ものみの塔 The Watchtower Announcing Jehovah's Kingdom 』と言う。 本誌の目的は、宇宙の至高の支配者である神を賛美し、近い将来に地上に確立される世界政府()を宣伝することである。 創刊当初から常にの贖いを支持し続けて来た。 奇数月発行の一般用はエホバの証人の手により、広く一般に配布されている。 一方月1回発行の研究版は、集会と呼ばれる信者の集まりでの討議のテキストとして使われる。 研究版は原則的に一般には配布されない。 1879年にが創刊した『シオンのものみの塔およびキリストの臨在の告知者 Zion's Watch Tower and Herald of Christ's Presence 』 この出版物はによりに創刊された。 正式名称は当初『シオンのものみの塔およびキリストの臨在の告知者 Zion's Watch Tower and Herald of Christ's Presence 』であった。 に『ものみの塔およびキリストの臨在の告知者 The Watch Tower and Herald of Christ's Presence 』に改名された。 10月には『ものみの塔およびキリストの臨在の告知者 The Watchtower and Herald of Christ's Presence 』に、3月には『エホバの御国を知らせる ものみの塔』へと改名され、代から現在まで正式名称は『エホバの王国を告げ知らせる ものみの塔』である。 発行・配布 [ ] 『ものみの塔』誌は 2月1日号によると 平均印刷部数が6,165万部で、297言語で発行されている。 このうち130以上の言語で同時発行されている。 この雑誌の各1日号はエホバの証人が配布している。 彼らは配布活動を公共の奉仕だと考えている。 彼らは、通常家から家の奉仕でこの雑誌を提供するが、公共の場所で人々に近づいたり、医師、教育関係者、政治家、知人に非公式に近づいて配布したりすることもある。 『ものみの塔』誌は、読み物としてバスターミナルやコインランドリー等の、公共の場所に置かれていることもある。 しかし、ただポストに投函したり、公共の場所に大量に放置したりしないよう、ものみの塔協会から勧められている。 一般向け「ものみの塔」は、2015年まで毎月発行されていたが、2016年から隔月刊となっている。 更に2017年の年次総会で2018年より4カ月に1回発行 年に3回)と決定された。 料金 [ ] 『ものみの塔』誌は、姉妹誌の『』と共に、現在は無償で配布されている。 雑誌の発行にかかる費用は自発的な寄付金を主たる財源としている。 かつては2冊150円だったが、1990年から「わたしたちは,多くの人のように神の言葉を売り歩く者ではなく,誠実さから出た者,そうです,神から遣わされた者として,神の見ておられるところで,キリストと共に語っているのです」。 (、)というの言葉に基づきとなった。 脚注 [ ]• 1月より、一般頒布用は16ページになるが、研究版は32ページのままである。 (エホバの証人の公式サイト)• 『わたしたちの王国宣教』 ものみの塔聖書冊子協会、1990年5月号、7-8頁。 外部リンク [ ]•

次の

Dungeon/影の塔

も のみ の 塔

2003年1月16日 木 「しんぶん赤旗」 エホバの証人(ものみの塔)とは? <問い> エホバの証人(ものみの塔)という団体から何度も訪問を受けていますが、どういう宗教団体ですか。 (鳥取・一読者) <答え> 百年余り前にアメリカで生まれた新興宗教で正式名は「ものみの塔聖書冊子協会」といいます。 聖書の神はエホバという名前だとし、それを証(あか)す人々という意味で「エホバの証人」と呼ばれています。 聖書を用いていますが独特の解釈をしており、カトリックやプロテスタントなど一般のキリスト教は「ものみの塔」をキリスト教と認めていません。 使っている聖書の内容も、一般のものとは違っています。 アメリカのニューヨーク市内ブルックリンに本部(統治体)、各国に支部があり、日本の信者は推定二十万人余。 圧倒的に女性が多いけれど、女性は組織の指導者にならないという原則があります。 組織の上下関係の厳しさや、「とり決め」(戒律)の多さで知られ、戒律には訪問伝道の実践をはじめ、輸血や選挙、格闘技、クリスマス、誕生祝い、法事の拒否など、細かいものをあわせると三千以上あるともいわれています。 聖書にあるハルマゲドン(この世の終わり)は必ず来る。 エホバの証人だけが、その後の楽園(パラダイス)に生き残ることができる。 ただし、そのためには多くの戒律を守り実践しなければならないと説きます。 各家を訪ね『ものみの塔』『めざめよ』の冊子を配るのも、その実践の一つ。 そのときの、静かな語り口や物腰も定められた戒律の一つとされています。 「ものみの塔」の名前を出さずに「ホロコースト展」などを開催するという活動もしています。 元信者や家族による「被害者の会」もつくられ、同会などは「マインドコントロールにより人権や命の尊厳を奪い、家庭崩壊を招いている」と批判しています。 (柿)〔2003・1・16(木)〕.

次の