登山 服装 メンズ。 登山,ハイキング に おすすめ な、ベスト Buy ベスト はこれだ!

夏の登山の服装を考える~メンズ編

登山 服装 メンズ

季節によって、登山、ハイキング、トレッキングの服装は変わってきます。 このページでは、2004年から山歩きを始めた私が、初心者の方向けに、日帰りの山歩きで季節ごとに身につけているトレッキングウエアのご紹介をいたします。 日帰りでの山登りなどは、以前は東京・山梨の山に行っていましたが、現在は故郷の新潟に戻ったので地元の山に出かけています( )。 特段変わったスタイルはしていません。 ごく普通だと、自分では思っています。 アウトドアメーカーのものは当然着ますが、実はユニクロのものもたくさん利用しています。 季節ごとに、その季節に使うアイテムの写真を掲載しました。 とはいえ、季節の変わり目や、山の標高の高さなどによっても変わってくるので、臨機応変に対応しています。 山歩きをしていると、だんだん暖かく、暑くなってきます。 ですが、山の上では予想以上に寒かったりすることもよくあります。 そのため、重ね着が基本で、暑ければ脱ぐ、寒ければ着るようにしましょう。 では私の春夏秋冬のトレッキングウェアのご紹介です。 ちなみに写真は私が山に行くときのものなので、メンズアイテムのみです。 なお、当ページで想定している山歩きは、一般的な登山、トレッキングコースの無雪のところを歩く場合です。 まあ冬や春先は雪に遭遇する場合もありますが。 出かけるにはいい季節なのですが、寒暖の差が激しく、適切な服装の用意が必要な時期でもあります。 山行時の天候・気温等を考え、必要な服装で出かけるようにしましょう。 アウトドアメーカーのものが素材・デザインなどでやはり優れているのですが、私はユニクロのものも多用しています。 、 または + ~ レディーススポーツインナー ~ 帽子 帽子のタイプも様々ですが、一般的にはハットタイプのものを使う人も多いですね。 特に女性はハットタイプが多いです。 広いつばが日よけになって便利です。 バンダナ 汗かきの方には汗が顔を伝わりにくいのでオススメです。 山慣れたベテランの男性が使っているのを時々目にします。 半袖Tシャツ まずはこれを着ます。 綿素材のものは乾きにくいのでやめましょう。 今どきの通気性のよい、速乾・消臭素材のものがグッドです。 長袖シャツ 半袖Tシャツの上に着ますが、季節によってはこれ1枚のことも。 タイプはいろいろありますが、こちらも素材は半袖と同等のものを。 長袖シャツの上に半袖シャツを着るのもおしゃれの定番です。 フリース 防寒着の定番。 暑ければ脱ぐ、寒ければ着るで調節ができる、アウトドアの必需品です。 ダウン ジャケット 山歩きのあったかアイテムの代表。 早春、晩秋などで、標高も高くなれば気温がかなり下がることも想定されます。 必要なことが予想されるのであれば持って行くのがいいでしょう。 ベスト 様々な素材、デザインのものがあります。 案外中途半端なアイテムで私は持っていくことは少ないのですが、コーディネイト次第ではおしゃれを楽しむことができるアイテムです。 ウインド ブレーカー アウター ジャケット ちょっと寒いときや風のあるときなどに、これ1枚あるだけでずいぶん安心感が違います。 フードのあるものの方が雨よけ、風よけになるのでおすすめです。 雨具の上着を利用するのももちろんOKです。 トレッキング パンツ 伸縮性のよいトレッキング用のものを用意しましょう。 足の保護、虫刺されの防御などを考えると、やはり長ズボンが基本となりますが、今はや+といった組み合わせもポピュラーです。 下着 パンツも当然綿のブリーフなどは避けて、通気性のいい速乾素材のもので行きましょう~ 靴下 登山用のソックスをそろえましょう。 疲れにくい機能を施したものなど、いろいろあります。 手袋 岩や木やクサリなどをつかんだり、何かと手の保護になるので私は常時携帯しています。 防水のナイロン素材のものなどは使い勝手がいいですね。 上記アイテムを気温や好みなどで組み合わせましょう。 重ね着をすることで、気温の変化に対応することができます。 夏は最も軽装で済む季節です。 春・秋のアイテムの一部ですみます。 ただし、標高の高いところに山登りに行くのであれば、それなりのアイテムは用意するようにしたいものです。 下記のものプラス雨具があれば、十分対応可能だと思います。 夏とは言っても山歩きの場合、基本は長袖長ズボンとなります。 怪我の予防、紫外線を防ぐためなどが理由です。 まあそうは言いつつ、私などは上着は半袖Tシャツのことが多いですが。 、 それから、女性向けの夏の紫外線防止アイテムとして、アームカバーを利用する人も最近は多いですね。 半袖シャツに合わせれば、見た目にもスタイリッシュに見えるおしゃれアイテムでもあります。 男性だってOKです。 夏はやはり標高の高い山がいいですね。 平地の気温が30度を超えるようなときは、少なくとも標高1000m以上の山に行くのがいいと思います。 真夏に標高の低い山に行ってひどい目に遭ったのは。 (ただし基本的に無雪の低山・里山) 太平洋側などの雪の降らない地方では空気もカラッとして晴れる日も多く、防寒をしっかりしていけば快適な山歩きができるシーズンです。 また、雪の降る日本海側や北国であっても、里山の冬のトレッキングは愛好者には結構楽しまれてもいます。 ここで想定している冬山は、基本的に無雪もしくは少雪の低山・里山です。 下界には雪がないとは思っても、山の上は思いのほか雪があったりする場合もあるので注意しましょう。 ・ (アウタージャケット) 冬用帽子 冬山に行くときの帽子のポイントは、耳を隠すことができるものがいいということです。 冬の外気は冷たいですからね。 素材もいろいろですが、普通は暖かい素材で作られています。 ネック ウォーマー マフラー 寒風吹きすさぶ冬山では、首周りを覆い隠すものがあると断然保温性が違います。 がおすすめですが、も使い方次第でおしゃれになるアイテムだと思います。 私は最近はも愛用しています。 ダウン ジャケット ダウンベスト 冬山登山にぜひともほしいアイテムです。 ウインドブレーカーなどの下に薄手のダウンジャケットやダウンベストなどをあわせれば、冬でも低山・里山なら十分対応できます。 アンダー タイツ ここでいうタイツはの類ではなくて、あくまでのことです。 私はホームセンターで買った800円くらいのものを着用していますが、それでも十分です。 ただ、で防寒タイプの物は高価ですが歩行機能に優れ、保温効果も期待できるでしょう。 冬用 グローブ 冬はやはり厚手の手袋でないと、寒くて快適ではないこともままありますのでお忘れなく。 重ね着できるアイテムを持ち歩くことが、調節もしやすいのでポイントですね。 冬でも低山・里山なら、これで歩いていれば寒いということはないと思います。 上記の半袖シャツや長袖シャツには、ユニクロのヒートテック素材のアンダーウェアを着て行ったりしています。 他にもいろいろ組み合わせは考えられると思います。 暑ければ脱ぐなり、上着のジッパー・ボタンを開ける。 休憩時に寒くなったらまた着るなど、臨機応変に対応してください。 山登りに行くファッションやトレッキングのウエアも人それぞれですが、かっこいいスタイル、おしゃれな格好で出かければ、より気分もいいものです。 山でも楽しめるおしゃれの、ちょっとした提案です。 特別珍しいものではありませんが、参考になりましたら幸いです。 男性、女性問わずOKなスタイルだと思います。 あと、今どきは山に行くのもスリムな服装がおしゃれのポイントかと思います。 素材、色、デザインで組み合わせは無限に広がります。 コーディネートのセンスの良さを発揮したいところですね! 管理人の、長袖シャツの上に半袖シャツを重ねたスタイルの例の写真です。 でも長袖シャツは暑い。 そんなときは、半袖シャツにアームカバーをするという手もあります。 脇が開くのが涼しいですし、アームカバーもUVカットやクール素材を使って涼しく感じられるタイプのものも多いです。 また、肌寒くなってきた時期にはアームウォーマーという、保温性のあるタイプのアームカバーもあります。 季節に合わせて使いましょう。 スタイリッシュに見える、おしゃれアイテムでもあります。 個人的には、ご婦人がダウンベストなどを着ていらっしゃると、とってもセンスがよく見えます。 真冬以外の季節であればいつでもOKだと思います。 今はスポーツ用のサポートタイツ(トレッキングタイツ)を利用する人もよく見かけますね。 足のスムーズな動きを補助して、疲労や痛みを軽減してくれる素晴らしいアイテムです。 私も歩行時間が長くなりそうなときは利用します。 女性の方であれば、スポーツ用のサポートタイツではなくて、カラフルなタイツやスパッツ、レッグウォーマーなんかを合わせるのもいいですね。 山ガールならではのおしゃれアイテムだと思います。 山へ行くときは帽子などをかぶっていくことも多いわけですが、アイテムもいろいろです。 キャップはスポーティでシャープ、スマートなイメージ、ハットは柔らかく、のんびりしたイメージがあります。 女性はハットの人が多い印象ですね。 テンガロンハットやとなると、ダンディなイメージとなりますが女性でも案外似合います。 バンダナを頭に巻くのも定番ですね。 私はいつもバンダナを鉢巻にして、汗が落ちてこないように使っています。 冬は暖かいニット帽やを。 耳を隠せるものが暖かさのポイントですね。 寒い時期に山へ行くなら欠かせないのがネックウォーマー、マフラーの類。 機能性から言えばネックウォーマーがいいと思いますが、マフラーやストールなども、おしゃれのできる好アイテムです。 私は個人的には、ストールのシワ感というかドレープがおしゃれで好きで、愛用しています。 アウトドア系のファッションは素材の面で次々と新しいものは出てきますが、デザインとしてはそんなに革命的なものが出てくるわけではありません。 アイテムの組み合わせでおしゃれを楽しみましょう。 ただし、どんな季節でも雨具・防寒具は忘れずに。 ちなみに私が意識しているおしゃれ感は、 「スリムに見えるアイテム」であること。 ゆったりしたジャケットやパンツは動くのが楽ですが、ダボダボした服装はイケていません。 今はストレッチが効いたウェアがいろいろ出ています。 シャツやジャケットやパンツなども、自分にぴったりと合ったジャストサイズのものを着るのが今風のおしゃれのポイントではないかと思っています。 「太めだからムリ」、「おなかが出ているからダメ」ということはありません。 自分の体型にぴったりと合っていれば、かっこよく見えるものなのです。 また時代が変われば、「ダボダボ感」がおしゃれだとされる時が来るかもしれませんが(笑) あと、季節を問わず、雨具は必ず必要ですのでお忘れなく。 いざというときの防寒具にもなりますので。 ちなみに、私が里山ハイキングで雨具を着るハメになったのは。 このページでは服装のみを取り上げましたが、もありますので、よかったらごらんください。 ちなみに、「」、「」、「」が登山用品の3種の神器と言われています。 この3つは、ある程度しっかりしたものを用意したほうがよろしいかと思います。 あとの用具は、予算に応じてそろえましょう。 天気予報で現地付近の気温を調べ、さらに標高が100m上がるごとに0. 6度気温が下がると計算すると、だいたい山頂の気温が予想できます。 加えて、風が吹くと風速1mごとに体感温度が1度下がるとも言われています。 1枚の上着があるとないとでは大違いのこともありますので、とにかく服装は十分に注意していきましょう。 最後になりますが、私は一年を通して、日帰り登山に行くときは必ず朝早く出て、お昼は温泉などでゆっくりして、さっさと帰ってくるのをモットーにしています。 冬でもそうです。 やはり山は朝が特に気持ちがいいのと、時間に余裕を持ってゆっくり行動したいからです。 山はいいですね。 このページを見ていただいた方もきっとそう感じておられるのではないでしょうか。 いつまでもこの日本のすばらしい自然が残っていくように、山を汚したり植物を持ち帰ったりということのないように心がけたいものです。 Amazon : アウトドアメーカー ウエアサイト ・ ・ B型人間のアウトドア 登山用品メーカーリスト Copyright c B・Y. All rights reserved.

次の

登山・トレッキング用ダウンジャケットのメーカーリスト

登山 服装 メンズ

こちらのメンズに人気の登山ブランドは、 NANGAです。 日本製で難燃性の素材を使用した クォリティの高いダウンジャケットはキャンプはもちろん街着としてもカッコよく着こなせますよ。 このダウンジャケットの特徴は、• 冬場のキャンプでも安心の燃えにくい素材• お洒落なマットなカラーと質感• 品質の良いホワイトダックダウンを使用。 素材の特徴として消防の防火服や手袋にも使用されているので信用度が高くて安心で、寒さからも守ってくれますよ。 スタイリッシュでお洒落なタウンジャケットしても着られて機能性が抜群のメンズに人気の登山ブランドのアウターです。 メンズに人気の登山ブランド:ザ・ノースフェイス こちらのメンズに人気の登山ブランドは、 ノローナです。 ノローナは ノルウェーのアウトドアブランドです。 スキーヤー、登山家に人気のアイテムが揃っていますよ。 このアウターの特徴は、• 雪山で映えるカラーバリエーション• オールシーズン対応• 軽量性、耐久性、通気性に優れている• ヘルメット対応の大きなフード• 気温差にも安定した状態をキープする素材を採用 など、クライマーにとっては必要な機能が備わっていると言えるのではいでしょうか。 シンプルデザインで高い機能性には定評のある人気の登山のアウターです。 秋冬の関連記事 この記事を読まれた方は、下記の記事も参考にされています。 ファッションに関する関連記事• 機能性に優れたものばかりでしたね。 本場ノルウェーなどでも使用されているものもあるので、寒い冬でも安心ですね。 防寒具として一つは持っておきたいアイテムなので、ぜひ検討してみてくださいね。 今回は【 登山ファッション メンズ アウター10選|秋冬におすすめ!人気ブランド特集!】を紹介しました。

次の

【楽天市場】ブランド別 > M > MIZUNO/ミズノ:登山用品とアウトドアのさかいや

登山 服装 メンズ

ウエア 肌に直接触れるアンダーシャツは、快適性を左右する重要な装備。 素材には化学繊維と天然繊維(ウール)があり、いずれも汗冷えを防ぎ、体温を保ちます。 アウターは、雨が降っているときはレインウエア一択ですが、そうでない時はウインドシェルが蒸れにくく使いやすいでしょう。 レインウエアは上下セパレートで、防水透湿素材のものを。 透湿性がないと汗により生地の内側が結露して濡れてしまいます。 春や秋など寒暖差が大きい時期は、アウターとアンダーシャツの間にフリースなどの中間着を加えることもあります。 帽子 帽子は熱中症対策に必要な装備です。 特に夏山では、顔を紫外線から守るためにUVカットのものがよいでしょう。 サングラスを併用するのがおすすめです。 バックパック 容量は必要な装備の量に合わせます。 選ぶときに重要なのは背面長。 バックパックが自分の体に合っていないと、肩や腰などの重量バランスが悪くなり、負担が大きくなります。 実際の荷重に近い荷物を入れ、背負い心地を試して選びましょう。 手袋 防風性のある手袋は、例えば富士山でのご来光待ちなど、夏でも肌寒いときに重宝します。 雨が予想されるときは、防水グローブも持っていきましょう。 靴下 クッション性の高い厚手の靴下は長時間の歩行から足を保護するために重要な装備。 登山靴のフィッティングにも影響するので、合わせて購入するのがおすすめです。 フットウエア フットウエアはローカット・ミドルカット・ハイカットと足首周りの高さで大きく三種類に分けられます。 コースや荷物量によりますが、ミドルカット以上のものがおすすめです。 雨の中を歩くこともあるため、必ず防水のものを選びましょう。 足型は人によって異なり、フットウエアとの相性もあります。 購入時には必ず試し履きをして、歩いて違和感がないかを確認しましょう。

次の