うん すん かるた。 日本のカルタの二系統

うんすんかるたの地、人吉に行く

うん すん かるた

伝統ゲーム・うんすんかるた 伝統ゲーム紹介 うんすんかるた 名称 ウンスンカルタ・うんすんかるた 概要 江戸時代にオランダから伝わったものを参考に日本人が作り上げた遊戯札。 なぜか熊本県人吉市だけに伝わっている。 西洋から伝わったトランプの前身のカードのデザインと技法を伝える貴重な遊びである。 遊戯札は賭博に利用されたため幾度となく禁令が出され滅んで行った。 人吉は盆地であったため幕府の目がとどかず生き残ったという説、人吉の藩主が遊戯に寛大だったため、厳しく取り締まらなかったという説がある。 スーツはハウ(棍棒)、イス(剣)、コツ(聖杯)、オウル(貨幣)、グル(巴)がある。 グル以外は西洋のプレイングカードに見られるマークと同様で、グルのみ日本で追加されたものと思われる。 スーツの内容は1〜9の数字札と、スン(唐人)、ウン(福の神)、レイ(武人)、カバ(騎馬武者)、ソウタ(女性)、ロバイ(竜)の絵札から成る。 うんすんカルタを使った代表的な遊びに「8人メリ」があるが、 これは8人が4人ずつ2組に分かれて交互に座り、トリックテイキングを行うと言う実に珍しい遊び方をする。 熊本県人吉市に保存会があり、同市では平成16年より大会が開催されている。 「八人メリ」の遊び方(概略) 1.8人を4人ずつ2組に分け、交互になるように丸くなって座る。 2.親を決め、親は札を良く切って全員に9枚ずつ配る。 3.最後に残った3枚を中央に出し、1枚を表にする。 これがこの回の「え」(切り札)である。 4.「え」のロバイ(龍)を持っている者は中央の「え」を取る。 そして不要な1枚を捨てるとともに最初の1枚を出す。 わざと出さなくても良い。 これを「隠しロバイ」という。 5.左隣から1枚ずつ出していく。 切り札を出すときは伏せて出す。 出された種類と同じものがあっても切り札や他の札を出してよい。 「メリ」「モンチ」の場合は別。 6.全員1枚ずつ出したら伏せられた札も表にして勝敗を決める。 切り札が出ていなければ、最初に出された札の種類で一番強い札が勝ち。 切り札が出ていれば切り札で一番強い札が勝ち。 切り札であるかないか、切り札がなにかで強さが変わるので十分注意すること。 7.次は一番強い札を出した人間から始める。 8.9回行ったところで、何回トリックずつ取ったかを記録する。 (「ひとまき」という) 9.役ができた場合はその分を調節する。 10.以上を親を一巡するまで8回行う。 (以上を「ひときり」という。 「8まき」=「ひときり」である。 ) 11.続いて「2のきり」に入り、同じ組が勝てば「1勝負勝ち」であり、別な組が勝てば「3のきり」を行い、勝った方が「勝負」に勝ったことになる。 特殊ルールと用語 「メリ」:切り札を打ち出すこと。 この場合、切り札がある人間は表にして出さなければならない。 「モンチ」:「メリ」の後は「モンチ」となる。 最初の札と同じ種類があればそれか切り札を出さなければならない。 「はえ」:「え」(切り札)でない札。 「ぐじゃ」または「ぐざ」:「数札」 「ぐざがしら」:一番強い数札。 「テンカ」:「パオ(棒)のロバイ 竜 」のこと。 「パオ」が切り札でなければ、常に切り札で「ソウタ」「ロバイ」の間の強さとなる。 「一本半」:「イス(剣)のロバイ 竜 」のこと。 「イス」が切り札でなければ、2と1の間の強さの札となる。 「キッカブリ」:切り札を決める札にロバイが出ること。 親が取る。 「1枚ズン」:手札の切り札がスン1枚しかないこと。 「テンカ」もあってはいけない。 切り札をリードされても出さなくても良い。 最初切り札が複数あり、途中でスン1枚になった場合は、スンを出さなければならない。 販売状況 専門店等で入手可能。 当会でも販売しています。 *本サイトの内容の無断掲載、転載、複製、引用を禁じます。 c Hironori Takahashi.

次の

天正かるた

うん すん かるた

天正かるたから派生したかるたの一種。 宇牟須牟骨牌とも書く。 16世紀後半ポルトガル伝来のカルタを模して作られた天正かるたは,江戸時代庶民に広まり賭博(とばく)に使われたため,はを出した。 しかしその効果はなく,禁令が繰り返される中で,元禄の終りころ〈うんすんかるた〉が考案され,これが幕府の公認するところとなった。 天正かるたの48枚を基に,札の枚数を75枚に増やしたもので,ハウ 棍棒 ,イス 剣 ,コップ 聖杯 , , 巴 の5種があり,それぞれ1から9と 騎士 ,コシ 王 ,ロハイ 竜 ,ソウタ 女従者 , 唐人 ,ウン 福の神や達磨 の絵札6枚からなる。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 江戸初期、南蛮船で日本に渡来した西洋かるた。 「うんすん」は元来ポルトガル語um sumで、最高最上の意。 1686年(貞享3)刊の『雍州府志 ようしゅうふし 』(黒川道祐 どうゆう )には、オランダ人がもてあそんだものをまねて遊び道具にしたとある。 最初「天正 てんしょう かるた」といい、札数は4種各12枚で合計48枚。 伊須 いす または伊須波多 いすはた (剣の紋様)・波宇 はう (同青色の太陽)・古津布 こつふ (同酒盃)・宇留 うる (同玉)の4組で、各組とも1から9枚まではそれぞれの紋形が記され、10枚目は法師、11枚目は騎馬の人、12枚目は椅子 いす にかけた人が描かれている。 3人から5人で札を切って配り、トランプに似た遊び方をした。 その後明和 めいわ (1764~72)のころ日本化されて札が75枚に増加し、安永 あんえい (1772~81)にかけて流行したが、賭博 とばく に用いられたため、たびたび禁止された。 1768年(明和5)印行の『半日閑話』(大田南畝 なんぽ )には、布袋 ほてい ・福禄寿 ふくろくじゅ ・恵比寿 えびす ・達磨 だるま 図の札を「うん」、黒冠の唐人図の札を「すん」とよぶとある。 賭け事 かけごと 遊びに用いられ、「花かるた」に発達した。 [斎藤良輔] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

うんすんかるたとは

うん すん かるた

【原書p. 003】うんすんかるた -- 日本のカルタと貝覆 --• 【原書p. 003】 【原書p. 004】外来カルタ• 【原書p. 004】• 【原書p. 004】 【原書p. 007】初期• 【原書p. 007】• 【原書p. 013】• 【原書p. 014】• 【原書p. 016】• 【原書p. 016】• 【原書p. 017】• 【原書p. 018】• 【原書p. 018】• 【原書p. 020】• 【原書p. 020】• 【原書p. 020】• 【原書p. 021】• 【原書p. 022】• 【原書p. 023】• 【原書p. 024】• 【原書p. 025】• 【原書p. 025】• 【原書p. 026】 【原書p. 027】中期• 【原書p. 027】• 【原書p. 027】• 【原書p. 028】• 【原書p. 028】• 【原書p. 028】• 【原書p. 028】• 【原書p. 029】• 【原書p. 030】• 【原書p. 031】• 【原書p. 031】• 【原書p. 032】• 【原書p. 036】 「雍州府史」其三カルタ技法・読・合・加宇・比伊幾• 【原書p. 036】 カルタ札の異称• 【原書p. 039】 カウの語原• 【原書p. 039】 「雍州府史」記事中のウンスンカルタ• 【原書p. 040】 スンクンカルタ• 【原書p. 041】 ウンスンカルタ及技法• 【原書p. 045】 カルタのインチキとウンスンカルタの出現• 【原書p. 046】 ウンスン語原• 【原書p. 047】 ウンスンカルタの考案• 【原書p. 048】 カルタ用語ウンスン• 【原書p. 048】 「三つぼ」、「四つぼ」• 【原書p. 051】 カルタ数語「ケン」• 【原書p. 051】 天正カルタ即ウンスンカルタ説を排す• 【原書p. 052】 ポ国伝来カルタの名称に就て• 【原書p. 053】 カルタ札の異名• 【原書p. 053】 「坊門カルタ」は誤謬 【原書p. 055】後期• 【原書p. 055】 カルタ図標の変化• 【原書p. 055】 天正カルタ称呼の時代• 【原書p. 056】 狂詩集「浪華獅子」• 【原書p. 058】 「読み」技法• 【原書p. 058】 ポカ・ショッショ・イスリ・化札• 【原書p. 060】 「メクリ」技法• 【原書p. 061】 新版咄会御祓川所載「半目クラ」技法• 【原書p. 060】 「メクリカルタ」と「天正カルタ」• 【原書p. 062】 「カブ」、「三枚」• 【原書p. 062】 「キンゴ」技法• 【原書p. 063】 金吾・ドサリ・四一 シッピン• 【原書p. 063】 オウル紋 四十枚 カルタ版木• 【原書p. 064】 お花コマ• 【原書p. 064】 ウンスンカルタ禁止と現存品• 【原書p. 068】 天正、ウンスン両カルタ形状の相違• 【原書p. 068】 天正、ウンスン両カルタと工芸品• 【原書p. 069】 「花合カルタ」の出現• 【原書p. 071】 「花合カルタ」と「花鳥合カルタ」• 【原書p. 071】 「江戸名所カルタ」• 【原書p. 072】 「メクリカルタ」の変化• 【原書p. 072】 「花合カルタ」の異図様• 【原書p. 075】 現代「花合カルタ」の変種• 【原書p. 076】 現代の「メクリカルタ」• 【原書p. 077】 現代の「カブカルタ」• 【原書p. 078】 「十二支合カルタ」• 【原書p. 078】 「ガラ札」• 【原書p. 081】 「トランプ」• 【原書p. 082】 愛知県のテンショ・本花• 【原書p. 082】 「本花」と「半目クラ」、「半目クラ」と「メクリ」の関係• 【原書p. 083】 同県の「テンショカルタ」• 【原書p. 083】 同県の「テンショ」、「花合」札名対照• 【原書p. 087】 司法官の賭博調査書• 【原書p. 088】 ポ国伝来技法の残存と消滅• 【原書p. 088】 賭博の保守性• 【原書p. 089】 ポ国伝来カルタの消滅と花合カルタの優勢• 【原書p. 089】 カルタの歴史書誌 【原書p. 093】貝覆・貝覆系統カルタ• 【原書p. 093】 広義のカルタ• 【原書p. 093】 貝覆• 【原書p. 093】 貝覆の古文献• 【原書p. 094】 貝覆の特質• 【原書p. 094】 貝の加工• 【原書p. 095】 室町幕府時代、嫁入道具としての貝覆、貝桶渡• 【原書p. 096】 同時代の貝覆競技法• 【原書p. 096】 小笠原長時の「貝覆之次第」に見ゆる貝覆、用具• 【原書p. 098】 同時代及未期の貝覆文献• 【原書p. 101】 「七遊」• 【原書p. 103】 江戸幕府時代の嫁入道具としての貝覆• 【原書p. 106】 同時代中期の貝覆用品の代価• 【原書p. 107】 朝鮮貝と桑名貝• 【原書p. 107】 現存最古の貝覆の貝• 【原書p. 108】 「雍州府史」の貝覆記事• 【原書p. 108】 貝覆と絵合せカルタ• 【原書p. 109】 貝覆の書、伊勢貞丈の「二見の浦」• 【原書p. 110】 歌貝• 【原書p. 110】 中御門宣胤卿の歌貝記事• 【原書p. 111】 西三条実隆公記の歌貝記事• 【原書p. 112】 歌貝は歌カルタの源流か• 【原書p. 113】 歌カルタ• 【原書p. 113】 歌カルタの創始• 【原書p. 113】 「観遊棄話」の歌カルタの異名• 【原書p. 114】 歌カルタの形質• 【原書p. 115】 蒔絵製歌カルタ• 【原書p. 116】 薄板製歌カルタ• 【原書p. 117】 布製歌カルタ• 【原書p. 118】 歌カルタの並製と特製• 【原書p. 118】 持明院流筆跡と歌かるた• 【原書p. 119】 「雍州府史」の歌カルタ記事• 【原書p. 119】 「絵入歌カルタ」• 【原書p. 119】 江戸幕府中期の特製歌カルタの代価• 【原書p. 119】 小笠原流飾式と歌カルタ• 【原書p. 120】 百人一首以外の異種歌カルタ• 【原書p. 120】 詩カルタ• 【原書p. 122】 「文字札」• 【原書p. 122】 異形百人一首及異種歌カルタの実例• 【原書p. 122】 式紙形• 【原書p. 122】 将棋駒形• 【原書p. 123】 櫛形• 【原書p. 124】 細長形• 【原書p. 125】 小形• 【原書p. 127】 百人一首• 【原書p. 129】 古今集• 【原書p. 130】 古今集春の歌• 【原書p. 130】 新古今集• 【原書p. 130】 自讃歌• 【原書p. 133】 伊勢物語〈伊勢物語絵入歌カルタ〉• 【原書p. 133】 源氏物語〈源氏絵入歌カルタ〉• 【原書p. 134】 女房三十六歌仙• 【原書p. 134】 朗詠集• 【原書p. 135】 謡曲寄歌• 【原書p. 135】 三十六種貝合• 【原書p. 135】 唐詩選• 【原書p. 136】 千字文• 【原書p. 136】 蒙求表題• 【原書p. 136】 歌カルタの本格競技法• 【原書p. 137】 歌カルタ賭博「むべ山」• 【原書p. 138】 絵合せカルタ• 【原書p. 139】 御歴代史• 【原書p. 139】 唐武者• 【原書p. 142】 能狂言• 【原書p. 142】 職人尽• 【原書p. 142】 士農工商器財• 【原書p. 145】 宮殿調度品• 【原書p. 146】 軍陣武具• 【原書p. 147】 大名船印• 【原書p. 147】 野菜青物尽• 【原書p. 147】 「昼夜帯」第二号所載「カルタの様々」• 【原書p. 148】 源氏三十六歌仙• 【原書p. 151】 三十六歌仙• 【原書p. 151】 馬尽• 【原書p. 151】 伊勢物語〈伊勢物語かるた〉• 【原書p. 151】 源氏物語〈源氏歌かるた〉• 【原書p. 152】 五十人一首名所歌• 【原書p. 152】 唐詩選• 【原書p. 153】 扁旁• 【原書p. 153】 狂歌• 【原書p. 154】 三田村鳶魚氏「かるたのいろいろ」• 【原書p. 154】 諸国名所和歌百人一首• 【原書p. 157】 順札カルタ• 【原書p. 158】 下座見カルタ• 【原書p. 159】 いろはカルタ• 【原書p. 159】 いろはたとゑ• 【原書p. 160】 いろはかるた• 【原書p. 161】 道才カルタ• 【原書p. 162】 歌カルタの時代鑑別 【原書p. 164】附録• 【原書p. 167】 伊呂波喩の諺風• 【原書p. 169】 西鶴「懐すずり」巻一所載「照を取る昼船の中」全文• 【原書p. 171】 「やく者絵づくし」所載・中村伝九郎「地蔵せりふことば」• 【原書p. 172】 近松作時代浄瑠璃「滝口・横笛娥歌加留多」第三段• 【原書p. 172】 「中宮歌かるた」の一部• 【原書p. 173】 八文字屋本「商人軍配団」巻一「貧苦を切替へる骨牌の絵書」の一部• 【原書p. 174】 黄表紙「開帳利益札遊合」の一部• 【原書p. 176】 「色里新かれうびん」所載「かるた請状」• 【原書p. 177】 山崎義成著「博戯犀照」所載「うんすんかるた」• 【原書p. 179】 「博奕仕方風聞書」めくりかるた仕方• 【原書p. 184】 よみ仕方• 【原書p. 185】 きんご仕方• 【原書p. 186】 むべ山• 【原書p. 187】 司法資料第一号「定型ある犯罪調査(賭博篇)• 【原書p. 187】 ポカ• 【原書p. 189】 ヨイド• 【原書p. 193】 司法資料第百二十一号「賭博に関する調査」• 【原書p. 193】 京カブ• 【原書p. 196】 引カブ• 【原書p. 197】 ショッショ• 【原書p. 200】 イスリ• 【原書p. 203】 テンショ• 【原書p. 207】 四一(金吾 ドサリ)• 【原書p. 211】 本花• 【原書p. 213】 オチ(ムシ)• 【原書p. 214】 和蘭歌留多(銭形平次捕物控) 【原書p. 221-256】 和歌集文献 【原書p. 258】後記 〈山口格太郎 2007年10月27日没 の著であり、2017年現在パブリックドメインではない〉 巻頭図版• 【原書巻頭p09-27】うんすんかるた全七十五枚• 紋標イス(剣)• 紋標オウル(貨幣)• 紋標クル(巴紋)• 【原書巻頭p29】 天正カルタ版木煙草盆実寸拓摺部分• 【原書巻頭p31】 天正カルタ版木拓摺複製• 【原書巻頭p33】 松葉屋カルタ実寸大版木(オリジナル)• 【原書巻頭p35-46】 スンクンカルタ実寸複製• 【原書巻頭p47】 天正カルタ硯箱版木蓋表面、蒔絵硯箱• 【原書巻頭p48】 清閑寺焼香合、伊万里酒盃、仁清香合• 【原書巻頭p49】 うんすん紋様色絵茶碗二客• 【原書巻頭p50】 ハウのウン(大黒)実物複製 本文図版• 【原書p. 005】 オウル(貨幣)の騎士イス(剣の壱)の実物複製• 【原書p. 006】 オウルの二、イス(剣)の二実物複製• 【原書p. 009-012】 天正カルタ版木重箱実寸拓• 【原書p. 014】 酒盃もつクイーンと棍棒のキング• 【原書p. 015】 大和文華館所蔵、風俗屏風の部分• 【原書p. 030】 家煕公絵巻部分カルタ遊の図• 【原書p. 031】 うんすんかるた模様蒔絵橡屋• 【原書p. 033】 松葉屋カルタ版木並製複製• 【原書p. 034】 岸本文庫オウル紋四十枚カルタ版木複製• 【原書p. 041】 ウンスンカルタ紋標図解• 【原書p. 042】 ウン札の(五種)• 【原書p. 043】 スン札の(五種)• 【原書p. 044】 ロハイ五種の中、クル・コップ• 【原書p. 054】 清水寺版門倉船遊宴の部分かるた遊の図• 【原書p. 066-067】 うんすんかるたソータの変遷図解表• 【原書p. 070】 初期花合せカルタ• 【原書p. 073】 初期図様カルタ和歌入の一種• 【原書p. 073】 小獅子花合カルタ変種• 【原書p. 074】 赤八のメクリカルタ• 【原書p. 079】 大豆札(現代カブかるた)• 【原書p. 080】 小豆札• 【原書p. 090】 スペイン製初期カルタの四種• 【原書p. 099】 貝合せ利用香合(狩野永納筆)(一対)• 【原書p. 100】 貝合利用香合(東福門院旧蔵)• 【原書p. 101】 貝合諸図様の内道具のもの• 【原書p. 102】 貝合諸図様の内道具源氏絵模様• 【原書p. 103】 源氏絵様貝桶• 【原書p. 104】 貝桶の蓋• 【原書p. 115】 蒔絵百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 116】 板地百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 117】 持明院流百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 118】 将棋駒形カルタ図版• 【原書p. 122】 式紙形百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 123】 櫛形三十六歌仙絵入歌カルタ図版• 【原書p. 124】 細長形百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 124】 小型三十六歌仙絵入歌カルタ図版• 【原書p. 125】 小形版画百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 126】 道勝法親王筆百人一首歌カルタ図版• 【原書p. 127】 百人一首カルタ蜜画金泥彩色• 【原書p. 128】 百人一首歌カルタ版画の粗製品• 【原書p. 129】 古今集春の歌カルタ図版• 【原書p. 132】 自讃歌絵入歌カルタ図版• 【原書p. 132】 自讃歌絵入歌カルタ(黒田家旧蔵)• 【原書p. 133】 貝源氏絵入歌カルタ図版• 【原書p. 143】 女武者絵カルタ図版• 【原書p. 143】 職人尽絵合カルタ図版• 【原書p. 144】 宮殿調度品絵合カルタ図版• 【原書p. 144】 御歴代史絵入カルタ図版• 【原書p. 149】 大名船印絵合カルタ図版• 【原書p. 149】 軍陣武具絵合カルタ図版• 【原書p. 149】 士農工商器財カルタ図版• 【原書p. 150】 源氏貝尽カルタ図版• 【原書p. 150】 野菜青物尽カルタ図版• 【原書p. 150】 職原カルタ双六応用• 【原書p. 155】 唐土武者カルタ図版• 【原書p. 155】 絵入詩カルタ図版• 【原書p. 155】 蒙求カルタ図版• 【原書p. 156】 源氏カルタ双六応用• 【原書p. 156】 伊勢物語カルタ図版• 【原書p. 158】 下座見カルタ図版• 【原書p. 203】 古今集絵入歌カルタ図版(原色版) ページ名のをクリックして編集ができます。 Wikiを始めたばかりの方向けにで、Wikiの使い方を紹介しています。 すべて削除しても問題ありません。 Seesaa Wiki関連リンク•

次の