麻雀 5ch。 【筋(スジ)】とは(麻雀用語辞典)

むしろ金賭けないで麻雀やる奴とかおるの?|5chまとめのモネッス

麻雀 5ch

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 223• 188• 493• 216• 420• 143• 279• 288• 1,129• 166• 268• 659• 347• 2,152• 178• 19 アーカイブ•

次の

【筋(スジ)】とは(麻雀用語辞典)

麻雀 5ch

スジそのものを考えよう!• スジ は スジそのもの と スジ読み戦術 を分けて考える• スジ は 両面待ち(リャンメンマチ) のこと• スジ は 同色の 数牌(シュウハイ)で考える• スジ は 基本の6スジから成り立つ• スジ は 両面待ち 対策に活用可能= スジを追う スジ とは スジ は、スジそのもの と スジ を活用した スジ読み戦術(スジを追う) の大きく2つのことが考えられます。 本記事ではスジそのものを説明します。 スジ そのもの スジ とは、後1枚揃えば 順子(シュンツ)が完成する場合の 両側の待ち牌のことを言います。 つまり スジ は、 両面待ち(リャンメンマチ) のことです。 順子は、3枚1組の 面子( メンツ) の最も多い形であり、 や など連続した 数牌(シュウパイ)で揃える 面子のことです。 例えば、手牌に 索子 と持っている場合、 順子を完成させるために待っている - のことがスジです。 また、スジ は 同色の 数牌においてのこととして考えて下さい。 筒子(ピンズ)なら 筒子、 萬子(マンズ)なら 萬子、 索子(ソーズ)なら 索子です。 両側の待ち牌である 萬子の 1-4 が スジ(イー・スーのスジ) 両側の待ち牌である 索子の 2-5 が スジ(リャン・ウーのスジ) スジ は 順子の両面のみ 順子 を作る際に、 順子 になる1つ手前の状態で、その待ち牌が両側にある 両面待ち の牌が スジ になります。 スジ は、 数牌の 順子 両面待ち の場合のみに出現するものです。 刻子(コーツ=同じ種類の牌3枚の 面子)や 槓子( カンツ=同じ種類の牌4枚の 面子)に スジ はありません。 また、 や のようなペンチャンの状態や、 や のような カンチャンの状態も スジ はありません。 基本の 6スジ 順子 になる1つ手前の2枚組を 搭子(ターツ)と言いますが、両面待ち となっている 塔子 のことを 両面塔子(リャンメンターツ)といいます。 この 両面塔子(リャンメンターツ) を作るには、 1 と 9 が含まれてはなりません(リャンメン待ち にならなくなってしまうため)。 従って、 数牌の[ 2 ]~[ 8 ]で両面塔子を作ると、スジ は全部で 1-4(イー・スー) 、 2-5(リャン・ウー) 、 3-6(サブ・ロー) 、 4-7(スー・ チー) 、 5-8(ウー・パー) 、 6-9(ロー・キュー) の 6種類あります。 基本の 6スジ(同色の牌で考えて下さい。 ) スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ スジ は 1-4(イー・スー) スジ は 2-5(リャン・ウー) スジ は 3-6(サブ・ロー) スジ は 4-7(スー・ チー) スジ は 5-8(ウー・パー) スジ は 6-9(ロー・キュー) これが、基本となる 6スジ です。 繋げて3スジ 6スジの並びを変更すると以下のようになります。 上記の6スジの表と同じ内容ですが、並び替え後、真ん中に位置する 4 5 6 の スジ は、2つのスジに絡んでいますね。 その重なる真ん中の スジ を中心にして、[ 1-4 ]イー・スー と [ 4-7 ]スー・ チー と分けずに、[ 1-4-7 ]イー・スー・ チー と一気に繋げてしまいます。 1 23 4 56 7 | 1-4-7(イー・スー・ チー)• 2 34 5 67 8 | 2-5-8(リャン・ウー・パー)• 3 45 6 78 9 | 3-6-9(サブ・ロー・キュー) 表に纏めると以下のようになります。 スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ スジ は 6-9 (ロー・キュー) 一般的に スジ はこのように覚えます。 これが、1 から 9 までの 数牌(シュウパイ)で作れるすべての スジ です。 基本の6スジと統合して3スジ、これはしっかり覚えて下さい。 単に スジ という場合はこれらのことを指しています。 筋(スジ)の種類• 表スジ(オモテスジ) 安全牌読み• 中スジ(ナカスジ) 安全牌読み• 片スジ(カタスジ) 安全牌読み• 裏スジ(ウラスジ) 危険牌読み• 間4軒(アイダヨンケン) 危険牌読み• 跨ぎスジ(マタギスジ) 危険牌読み•

次の

【雀魂】じゃんたま Part33【majsoul】

麻雀 5ch

スジそのものを考えよう!• スジ は スジそのもの と スジ読み戦術 を分けて考える• スジ は 両面待ち(リャンメンマチ) のこと• スジ は 同色の 数牌(シュウハイ)で考える• スジ は 基本の6スジから成り立つ• スジ は 両面待ち 対策に活用可能= スジを追う スジ とは スジ は、スジそのもの と スジ を活用した スジ読み戦術(スジを追う) の大きく2つのことが考えられます。 本記事ではスジそのものを説明します。 スジ そのもの スジ とは、後1枚揃えば 順子(シュンツ)が完成する場合の 両側の待ち牌のことを言います。 つまり スジ は、 両面待ち(リャンメンマチ) のことです。 順子は、3枚1組の 面子( メンツ) の最も多い形であり、 や など連続した 数牌(シュウパイ)で揃える 面子のことです。 例えば、手牌に 索子 と持っている場合、 順子を完成させるために待っている - のことがスジです。 また、スジ は 同色の 数牌においてのこととして考えて下さい。 筒子(ピンズ)なら 筒子、 萬子(マンズ)なら 萬子、 索子(ソーズ)なら 索子です。 両側の待ち牌である 萬子の 1-4 が スジ(イー・スーのスジ) 両側の待ち牌である 索子の 2-5 が スジ(リャン・ウーのスジ) スジ は 順子の両面のみ 順子 を作る際に、 順子 になる1つ手前の状態で、その待ち牌が両側にある 両面待ち の牌が スジ になります。 スジ は、 数牌の 順子 両面待ち の場合のみに出現するものです。 刻子(コーツ=同じ種類の牌3枚の 面子)や 槓子( カンツ=同じ種類の牌4枚の 面子)に スジ はありません。 また、 や のようなペンチャンの状態や、 や のような カンチャンの状態も スジ はありません。 基本の 6スジ 順子 になる1つ手前の2枚組を 搭子(ターツ)と言いますが、両面待ち となっている 塔子 のことを 両面塔子(リャンメンターツ)といいます。 この 両面塔子(リャンメンターツ) を作るには、 1 と 9 が含まれてはなりません(リャンメン待ち にならなくなってしまうため)。 従って、 数牌の[ 2 ]~[ 8 ]で両面塔子を作ると、スジ は全部で 1-4(イー・スー) 、 2-5(リャン・ウー) 、 3-6(サブ・ロー) 、 4-7(スー・ チー) 、 5-8(ウー・パー) 、 6-9(ロー・キュー) の 6種類あります。 基本の 6スジ(同色の牌で考えて下さい。 ) スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ スジ は 1-4(イー・スー) スジ は 2-5(リャン・ウー) スジ は 3-6(サブ・ロー) スジ は 4-7(スー・ チー) スジ は 5-8(ウー・パー) スジ は 6-9(ロー・キュー) これが、基本となる 6スジ です。 繋げて3スジ 6スジの並びを変更すると以下のようになります。 上記の6スジの表と同じ内容ですが、並び替え後、真ん中に位置する 4 5 6 の スジ は、2つのスジに絡んでいますね。 その重なる真ん中の スジ を中心にして、[ 1-4 ]イー・スー と [ 4-7 ]スー・ チー と分けずに、[ 1-4-7 ]イー・スー・ チー と一気に繋げてしまいます。 1 23 4 56 7 | 1-4-7(イー・スー・ チー)• 2 34 5 67 8 | 2-5-8(リャン・ウー・パー)• 3 45 6 78 9 | 3-6-9(サブ・ロー・キュー) 表に纏めると以下のようになります。 スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ リャンメン待ち となる 両面搭子 スジ スジ は 6-9 (ロー・キュー) 一般的に スジ はこのように覚えます。 これが、1 から 9 までの 数牌(シュウパイ)で作れるすべての スジ です。 基本の6スジと統合して3スジ、これはしっかり覚えて下さい。 単に スジ という場合はこれらのことを指しています。 筋(スジ)の種類• 表スジ(オモテスジ) 安全牌読み• 中スジ(ナカスジ) 安全牌読み• 片スジ(カタスジ) 安全牌読み• 裏スジ(ウラスジ) 危険牌読み• 間4軒(アイダヨンケン) 危険牌読み• 跨ぎスジ(マタギスジ) 危険牌読み•

次の