妊娠後期 生理痛みたいな痛み。 「生理痛かな?」くらいの痛みなのに「子宮口全開」! 超スピード初産の一部始終

陣痛は生理痛のような痛み?生理痛がない人の陣痛は軽い?重い?

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

妊娠後期の生理痛のような痛みは何が原因で起こるのか? 妊娠中に下腹部の痛みを感じることは多いようです。 ただ「お腹が痛い」と言っても、 原因は様々。 妊娠後期は、子宮が大きくなるにつれて靭帯がひっぱられることで下腹部に痛みがでることがありますし、赤ちゃんの頭部が膣を刺激することでお腹が痛いと感じることもあります。 また便秘からお腹の痛みがきていたり、子宮筋腫などの場合もあるようです。 さらに緊急性の高いものとして、胎盤早期剥離や切迫早産などで強いお腹の痛みが起こる場合もあり、原因は様々です。 【実体験】私の妊娠後期の生理痛のようなお腹の痛みはこんな症状 実際に私が妊娠後期に感じた痛みは、 「 生理痛のようなお腹の鈍い痛み」と「 右下腹部下のチクチクした痛み」がありました。 その痛みも常にあったり、定期的に起こるわけではなく、 時々気になるかなというくらいの頻度で不定期に起こっており、その他に変わった様子はありません。 お腹の痛みもなんとなく感じる程度だし、痛む頻度も少ないから「軽いお腹の痛みだし、緊急性はなさそうだな」と思っていました。 ただお腹の痛みの理由がわからないままだし、私だけの問題ではなくお腹には赤ちゃんがいるので、どうしても不安が消えずにいました。 妊娠後期の「お腹の痛み」でこんなときは要注意! 次の検診が5日後とまだ遠いので、とりあえず自宅で様子を見るのか、病院に電話をするか、すぐに受診するかどうか悩みました。 その結果「何かあってからでは遅い」と思い、まずは病院に電話で問い合わせることに。 お腹の痛みの強さ、間隔、出血の有無などの現状を電話口の看護師さんに聞かれたので、「お腹の痛みは生理痛のような鈍い痛みで、右下腹部にチクチクした痛みがありますが休むと痛みはおさまります。 間隔は不定期で出血はありません」と答えました。 それを聞いた看護師さんは、医師に確認してくれて「 今すぐには問題がない」とのことなので自宅で様子を見てもらって大丈夫と言われました。 その後、「妊娠中のお腹の痛み」で、もし下記のような状態があればすぐに受診してくださいねと言われました。 妊娠中のお腹の痛みで、すぐに受診した方がいい場合はこのような時だそうです。 定期的 規則的 な感覚で腹痛がある• お腹が固くなり、強い痛みを伴う• 出血がみられる• 休んでも張りや痛みが落ち着かず、痛みが増していく• 胎動が感じられない まず 規則的な感覚で腹痛がある場合は、 妊娠34週という時期で経産婦だったこともあり、 「陣痛」の可能性が考えられるとのことでした。 陣痛の場合だと、規則的な痛みに加えて10分、9分、8分…と時間の間隔がせばまり、痛みも徐々に強くなってきて、じわじわと痛みが増してきます。 ただし陣痛は人によって個人差があるので、間隔がせばまってきても、まれに痛みが少ない人もいると聞きました。 私が2人目、3人目の時は10分間隔でも「まだ我慢できる」と思える程度の痛みもあったので、お腹の痛みが弱かったとしても、時間を見ながら定期的にくるかどうかは調べておいたほうがいいと思います。 また陣痛が始まる前には「おしるし」と呼ばれる、生理が始まったときくらいの出血がある人もいます(ない場合もあるようです)。 私の場合は、3人とも「おしるし」があって数日後~当日に陣痛が始まったので、出産までの1つの目安になりました。 とはいえ、このお腹の痛みは定期的でなかった為に陣痛の可能性は消えました。 次に、 緊急性の高い「 胎盤早期剥離」の可能性も心配されました。 「胎盤早期剥離」では出血などがみられますが、子宮が収縮するわけではないので痛みがずっと続くような下腹部痛や激痛、お腹の張りがみられるようです。 胎盤早期剥離といっても、出血が見られない場合もあるので、「 急に動けないほどの激痛や出血があったりしたらすぐに病院に来てください」と言われました。 胎盤早期剥離は症状が人によって異なるので、上記のような症状がなければ大丈夫というわけではないようです。 私の場合はお腹の痛みと言っても生理痛のようなチクチクした痛みだけで、お腹の張りも見られず、出血もなく、胎動もあり、休めばおさまってしまう痛みだったこともあり、「胎盤早期剥離」の可能性はないだろうと判断されました。 「上記のような症状がなければ、自宅で様子を見てもらって心配ないと思います。 どうしても気になるのであれば受診することも可能ではありますが…」と看護師さんからは言われました。 幸いなことに私は、上記の症状に一つも当てはまっていませんし、電話で相談もしたことで安心感できたので、自宅で安静にして様子を見ることにしました。 「お腹の張り」の見分け方 妊娠中は医師や看護師さんに「お腹の張りはどうですか」と聞かれることがありますよね。 先ほども受診した方がいい目安の一つに、お腹の張りという言葉を使いましたが、正直な話、私は妊娠中にお腹の張りのイメージができませんでした。 どんな状態なのか聞いてみたところ、 「 床やベッドに仰向けに膝を立てた状態で寝転んでお腹を触った時に、ほっぺより固いかどうか」 だそうです。 医師によって例えが違う場合もありますが、イメージとしてはこんな感じで、お腹が張りやすい人やどんなに動いても張らない人もいるようなので、個人差があるようですね。 追記:医師に診察してもらった結果、「お腹の痛み」に異常なし その後の診察で医師に相談してみたところ、 お腹の痛みについては、少し横になって休んでおさまるのであれば問題ないとのことでした。 また現状で、少しお腹の張りがあるものの、内診で子宮口はまだ開いておらず子宮頚管の長さも3. 6としっかりあったので、今すぐ早産になるような状態ではないと教えてもらってとても安心しました。 先生からは「お腹の張りがあったら、休んでね」と言われただけで、腹痛の原因もこれだと言われることはなく診察を終えています。 妊娠後期の腹痛の原因を調査 先生には「問題ない」と言われましたが、となると一体この痛みは何だろうと色々調べてみました。 そのなかで、 私の症状に近いのは「 前駆陣痛」かなと思います。 前駆陣痛とは、子宮の筋肉がお産に備えて予行練習をしているような状態で、痛みを伴わないお腹の張りがあったり、軽い痛みがあることです。 私は1人目の出産が近くになったときに「なんか痛いな」とわかるような痛みで眠れなかった経験がありましたが、今回の3人目は生理痛のような痛みだったりと、前駆陣痛も個人差があるようです。 また、前駆陣痛はもうすぐお産が近いという証という話を聞きますが、前駆陣痛から本当の陣痛になるまでの期間は人によって違うようで、前駆陣痛が1ヶ月以上続く人もいれば、すぐに本陣痛に結びつく人もいます。 私の場合は1人目の出産時、長く前駆陣痛が続き「まだ生まれないのか」と心配になりましたが、2人目の時は前駆陣痛がきたと思ったら、その3時間後に出産し終えてます。 本当に出産は、毎回こんなにも違うものなのかと驚きましたが、3人目の今はまだ34週なので、今は陣痛に結びつかないように、できるだけ無理をせず・動かず過ごすように心掛けるようにしました。 追記:お産が始まったのはいつか? 今回1人目・2人目より早い段階でお腹の痛みがあり、周りからも予定日より早く生まれてきそうだねと言われていました。 ですが実際に3人目が生まれたのは、 予定日を超えた40週3日でした。 なので前駆陣痛やお腹の痛みが早い段階で出ていたとしても、予定日より早く生まれるということではないようです。 1人目も同様ですが、前駆陣痛ですぐに出産になるとは限らないんですね。 それどころか正期産に入った時、今度はお腹の張りが少なかったのか、先生や看護師さんから「もっとお腹が張るように動いていいから」と言われる始末。 妊娠中はお腹の痛みだけでなく、違和感があったら不安になるのは当然だと思いますので、心配があれば病院に連絡したり、受診してみた方がいいと思います。 私の場合はとくに異常もなくホッとしましたが、3人目の妊娠にも関わらず「妊娠中のお腹の痛みって判断が難しい・・・」と思いながら、自宅周辺をウロウロ散歩し「まだ赤ちゃんが生まれていないのか」と言われる日々になりました。 結果:妊娠中の腹痛はいつもと様子が違うなら、病院に電話相談してみては 妊娠中は色々と心配が尽きないと思います。 特に妊娠後期であれば、出産が間近なので楽しみと不安と期待と色々な気持ちがまじっているのではないでしょうか。 私の場合、 妊娠後期のお腹の痛みは、異常なものではありませんでしたが、妊娠も出産も十人十色です。 またお腹痛みの感じ方や状況もそれぞれ違うと思うので、心配なことがあれば、まずは病院に電話で相談してみるといいかなと思います。 個人的な意見ですが、自分の判断だけで妊娠中を心配なまま過ごすより、安心して過ごした方が、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても良いのかなと思います。 ぜひ皆さんの残り少ないマタニティーライフが、少しでも安心して過ごせるよう願っております。

次の

「生理痛かな?」くらいの痛みなのに「子宮口全開」! 超スピード初産の一部始終

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

妊娠後期は痛みを感じる事が多い? 妊娠後期という時期は、分かりやすく 言えば『いよいよ赤ちゃんが産まれる!』 といった時期でもあります。 ですからママとしては 少なからず緊張しますし、 『誰もいない時に陣痛は起こったら?』 『破水してしまったら?』などと、 色々な不安を抱えている頃で、何だか 落ち着かない時期でもあります。 そんな時期に 『何だか生理痛のような痛みを感じる・・。 』 といった方も意外といらっしゃって、 『赤ちゃんに異常があるのか?それとも 陣痛なのか?』等と、少し心配になってくる 方もいると思います。 しかし、妊娠後期は出産というものに向けて ママの身体がフル回転している時期でもあり、 出産へ向けた準備として前駆陣痛だったり、 下腹部痛だったりと、様々な痛みを感じる 事があります。 なのでそこまで極端に心配したり、怖がる 必要は全く無く、『ほとんどのママが 体験している』事として、慌てないで痛み と向き合いながら経過観察する事が重要です。 妊娠後期に起こる生理痛のような痛みの原因 出産前の準備として、ママの身体はお産の 練習を始めます。 特に自分でコントロールしている訳でも ないのに、前駆陣痛といった陣痛の予行練習 のような痛みが起きる時期が妊娠後期でも あるのですが、 ただこの前駆陣痛は『誰にでも起こるのか?』 と言われれば、『経験しなかったよ!』 と言った方も実際にいらっしゃいます。 というのも、前駆陣痛が起きていても気付かず 『それが前駆陣痛だという事を知らなかった!』 という方もいらっしゃるからです。 実際に私もそのうちの一人で、一人目の 妊娠後期では、前駆陣痛というものを 体験しませんでした。 もしかすると、『前駆陣痛が起きては いたけど、気付かなかった。 』のかもしれま せんし、『本当に来なかった。 』のかもしれ ません。 その辺りは今でも謎ですが、二人目の妊娠の 時には、前駆陣痛をしっかりと経験する事が 出来ました。 人によっては生理痛のような痛みでは無いと、 感じる方もいらっしゃると思いますが、 割と生理痛の鈍痛のような感覚をになるのが 前駆陣痛の特徴でもあります。 本陣痛でも生理痛のような痛みは起こる! 実際に私がそうだったのですが、生理痛の ような痛みを、【陣痛】の時に経験をした! という事があります。 その頃、まだ出産経験が無かった私は 『陣痛というものがどんな痛みなのか?』 という事が全く想像が付かずにいました。 しかし、一人目の妊娠後期に、おしるしが 来て、その数時間後に、久々に生理痛の ような痛みが下腹部に起こり、 『なんだろう?この鈍痛は。 』と、心配に なり様子を見ながら過ごしていました。 そしてその痛みは次第に何とも耐え難い痛みに 変わり、規則的に起こっている事に気付き、 『これは陣痛の痛みなんだな。 』 と、気付いた経験がありました。 なので、前駆陣痛と陣痛の痛みが似て いるので、『これはどっちなんだ?』 と、悩んでしまう事もあると思いますが、 そんな時は時計をみて、規則的に 痛みが起こり、徐々に痛みが強くなる 場合は【陣痛】痛みは感じるけれど、 時間をみても不規則で、徐々に痛みが 和らいでくるのが【前駆陣痛】といった ように見分けて頂くと分かりやすいと 思います。 生理痛のような痛みの対処法とは? 妊娠後期では、生理痛のような痛みの 他にも、子宮に針が刺さったようなチクッ とした感覚の痛みを感じたり、胎動の動きが 強くなる事での独特な痛みを感じたりと、 様々な種類の痛みを感じる事があります。 どの痛みもママによって感じ方が 違ったり、痛みの強弱が違ったりも するものですが、生理痛のような痛みの 場合は、【横になって休む事】がまず 第一で、それでも痛みが治まらなければ、 【立って両手をテーブルなどについて 腰を左右に揺らす事】で、痛みを和らげる 事が出来ます。 上記の対処法は私が普段、生理痛がひどい 時にも使う方法なのですが、腰を左右に 揺らす事で、生理痛特有の鈍痛の痛みを 和らげてくれますので大変オススメです。 なので前駆陣痛や本陣痛の時に、 生理痛のような痛みを感じた場合には、 この方法で、一時的な痛み逃しにも なりますので、ぜひ試してみて下さい。 痛い時には無理は禁物 妊娠後期の生理痛のような痛みや その他の痛みというのは、陣痛に 繋がる痛みという事もあります。 なのでなるべくでしたら外出は控え、 時計を見ながら痛みの感覚を計り、 安静に過ごす事が必要です。 例え健診時で『まだ生れそうにないね。 』 と、医師に言われたとしても 【いつ生まれてもおかしくない!】 という時期が妊娠後期でもあると 感じますので、ぜひ余裕を持って、 お家でゆったりと過ごして下さいね!.

次の

陣痛と生理痛は似ている?生理痛が強いので陣痛が心配!

妊娠後期 生理痛みたいな痛み

看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。 その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。 赤ちゃんを出産するときに起こる「陣痛(本陣痛)」とは別に、「前駆陣痛」というものがあります。 耳にしたことはあっても、実際にどんなものなのか想像しにくいですよね。 「前駆陣痛と本陣痛を見分けられるのか?」と不安に感じるかもしれません。 そこで今回は、前駆陣痛とはどういうものか、時期はいつから始まるのか、症状や痛み、間隔などについてご説明します。 前駆陣痛とは?なぜ起こるの? 前駆陣痛とは、出産前に起きる不規則な子宮収縮のことで、間隔や痛みの強弱も不安定で、規則的ではありません。 本陣痛に先駆けて起こるので、「前駆(ぜんく)」陣痛という読み方をします。 「偽陣痛」という言葉で呼ばれることからもわかる通り、お産につながる本陣痛とは異なります。 前駆陣痛は本陣痛の予行練習のようなもので、お産の準備に必要な過程です。 本陣痛が始まる前に子宮収縮を起こして、子宮の下の部分や子宮頸管を柔らかくするなどの作用があります。 前駆陣痛があれば出産が近いことを意味するので、これを合図に出産に向けた心の準備を始めましょう。 関連記事 前駆陣痛の症状は?生理痛のような痛みが出る? 前駆陣痛の痛みや症状は個人差が大きく、一概にはいえません。 お腹が痛くなったり、張りを感じたり、人によっては腰痛が現れたりするなど様々です。 また、「赤ちゃんがお腹の下を蹴っているような痛み」「生理痛のような痛み」「お腹を下したときのようなゴロゴロ、シクシクした痛み」など表現の仕方も人それぞれです。 そのため、前駆陣痛と気づかないことも多く、「臨月に入ってお腹に違和感を覚えたら、その翌日に突然本陣痛が始まった」ということもあります。 ただし、お腹の痛みと一緒におしるしなどの症状が現れた場合は「お産が始まるサイン」です。 じきに本陣痛が始まると思って、心の準備をしておきましょう。 関連記事 前駆陣痛の間隔はどれくらい?痛みの長さは? 前駆陣痛は、強さ、長さ、間隔などが不規則な子宮収縮で、痛みの感じ方もさまざまです。 本陣痛のように何分間隔で痛みが現れることや、間隔が徐々に短くなることはありません。 忘れた頃に痛みが戻ってきたり、息をつく暇もなくお腹が張り続けたりと、本人も予測できません。 夜遅くに前駆陣痛が始まって、なかなか眠れないこともあります。 1時間に6回以上、もしくは陣痛周期が10〜15分以内の、ある程度規則的な陣痛周期になったら本陣痛に移行したサインです。 つまり、その前の不規則な子宮収縮が前駆陣痛ということになります。 痛みは本陣痛に比べれば弱く、時間が経つごとに強くなっていくこともありません。 ほとんどの場合、しばらく安静にすると痛みがなくなります。 妊娠中の迷信の一つに「前駆陣痛がひどければ難産になる!」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、医学的な根拠はないので過度に心配しないでくださいね。 臨月に前駆陣痛が起きたらいつ受診すればいい? 臨月に前駆陣痛があったからといって急いで産婦人科を受診する必要はありません。 本陣痛が始まるまでは、安静に休んでください。 ただし、以下の症状が当てはまる場合には、かかりつけの産婦人科へ連絡してください。 お腹の痛みや張りが治まらない 前駆陣痛は間隔や長さ、痛みが不規則で、時間が経てば治まります。 ただし、激しい痛みを感じるときや、お腹がカチカチに張って治まらないときはなんらかのトラブルが起こっている可能性があります。 このような症状がみられたらすぐに産院に連絡し、いつから痛みがはじまったのか、また出血があるかどうかを伝え、指示を仰ぎましょう。

次の