糖質制限 失敗。 糖質制限に失敗する5つのタイプと理由

間違った糖質制限ダイエットは危険??失敗しないために注意すべきこと|CoCoKARAnext(ココカラnext)

糖質制限 失敗

スポンサーリンク プチ糖質制限ダイエット実践中の管理人です。 70キロ台を切れなくなってやばい!ということで糖質制限ダイエットをはじめました。 1ヶ月ほどで70キロは切ってほっとしたものの、そこから全然やせなくなったことがありました。 そこで自己流ですが、ライザップの本などを購入してチェックしたら一度糖質摂取量をがつんと減らしてから、ゆる〜いプチ糖質制限に入ったほうがいいんじゃないかと感じたので実践。 今のところ1ヶ月に1キログラムくらい減っている次第です。 糖質制限ダイエット方法って結果につながりやすい印象をもっているのですが それでもなかなか結果がでないよ〜という人もいらっしゃいます。 糖質制限ダイエットの失敗例はどんなものなんでしょうか。 いろいろ意見はありますが、 厳しく糖質制限をしていてストレスがたまり、糖質多めの食事をがばっととってしまった。 停滞期が訪れてストレスがたまり、反動で食べてしまった。 糖質制限をしているつもりが知らず知らずに糖質をとってしまっていた。 などなど。。 よく見られる失敗例はこんな感じですね。 スポンサーリンク 自分の場合、思春期からずっとダイエットとつきあってきてダイエット歴がめちゃ長いです。 アラフォーになって思うのが、無理なのはやっぱり続かないし、リバウンドしちゃうなということ。 すぐ結果が出るのは魅力ですが、リバウンドしちゃうのもがっかりなので、続けられるプチ糖質制限に落ち着きました。 よく糖質制限いつまでやらなきゃいけないの?って気にする人がいます。 ダイエットしてその体重を維持するという観点で考えるならいつまでも継続するのがやはりベストですよね。 もちろん自分の目標体重になってからその体重の維持はそこまでハードなことはしなくていいです。 常に自分の体重を管理し、ちょっと増えてきたなと思ったら糖質制限をするという感じで維持していけばいいのではないでしょうか。 糖質制限ダイエット方法が失敗?という人は普段の食事を一度記録してみて、知らず知らずのうちに糖質をとってしまっていないかチェックしてみる。 ストレスを極力感じないようなメニューにする。 我慢しすぎてドカっと糖質をとるよりは、少し緩めにしてストレス解消を図る。 この3つに気をつけてみて下さい。 スポンサーリンク.

次の

4kg増!糖質制限ダイエットに失敗…その理由と今後の方針

糖質制限 失敗

糖質ダイエットは元々は糖尿病疾患の療法食になりますが、それをダイエットに応用したものが、糖質制限ダイエット。 だけど、どの食材にどれほどの糖質が含まれているのかよく分からなかったりするので、糖質カットしているつもりだけど、全然痩せていかないという事もあります。 そこで、糖質制限ダイエットの失敗例と成功例を元に成功するのと失敗するものの違いをご紹介させていただきます。 スポンサーリンク え?何で!?糖質制限ダイエットでの失敗例 基本通りに糖質制限ダイエットをしているのに太ってしまったとか、ちょっとした油断で体重が増えてしまったという方も結構いますが、何が原因でダイエットに失敗してしまうのでしょうか? まずは痩せられなかった口コミを見てみましょう。 ジムに通い、筋トレもしながらの糖質制限ダイエット。 トレーナーに勧められて筋トレ後はプロテインを飲んでました。 糖質制限を継続しながら運動もしていると、一気に体重が落ちるので、周りからは「何で痩せたの~?」と質問攻めにあうほど。 朝はスムージー、昼は小麦ふすまパン、夜は白米抜き。 こんな生活をしていましたが、我慢できず大好きなワインをがぶ飲み。 数日で体重は一気に2キロも増えてしまったのです。 30代後半女性 ちょっとした油断「これくらいなら」と糖質制限を緩くして失敗したり、アルコールの飲み過ぎで失敗するケースがあるようです。 糖質制限ダイエットの成功例~3ヶ月でマイナス10キロ~ では糖質カットで成功した人の事例を見ていきましょう。 糖質制限ダイエットに加えて、飲酒制限、有酸素運動、筋トレ、白湯ダイエット、レコーディングダイエットを並行して行なっています。 上記のダイエットを並行して継続しつつ、糖質の摂り過ぎには十分に気をつけながら生活しています。 休日には有酸素運動で外を歩いたり、もちろん飲酒制限もしているので、痩せるって宣言してからは一滴も飲んでません。 糖質を抑えた食事と筋肉量を上げるために、しっかりとトレーニングしたのが3ヶ月で10キロもやせることが出来た理由でしょうね。 よく聞かれるのが「糖質カットって辛くないの?」ということですが、もちろん楽じゃないけど、私はモチベーションを維持するために着たいパンツを想像したり、記録アプリなどを使ってダイエットに取り組んでいたので、そんなにきつくは無かったですね。 糖質制限はご飯やパンは食べられないけど、お肉や魚は基本的には食べても大丈夫なので、そこが私は良かったですね。 むしろ、食事制限とかも他のダイエット方法と比べればそこまできつくないし、こんなに簡単に痩せられるんだったら、もっと早く知りたかったってのが本音です。 糖質の摂取を控えると体重は一気に落ちます。 ですが、この体重が落ちるのと、脂肪の量が落ちていることはイコールになるか?と言えば、そうではありません。 ここに糖質制限ダイエットに失敗しやすい理由があるのです。 例えば、人間にとって炭水化物は車の燃料だと思ってください。 一気に体重が落ちることは、燃料切れを意味しますが、この燃料切れを補うためには、他の部分から使用できる燃料を持ってくるしか方法はありません。 そこで、使用されるのは、体内にある脂肪と基礎代謝を上げる役割をする筋肉。 筋肉量が落ちてしまえば、基礎代謝も落ちてしまうので、食事を元に戻した時には今まで消費されていたカロリーが余り、その結果、脂肪が増えてしまうのです。 つまり、食事制限だけの糖質カットは気を抜いた瞬間にリバウンドしてしまうのです。 糖質制限は確かに体重は落ちます。 ですが、その分筋肉量が減ってしまい、基礎代謝が悪くなってしまうこともあるので、一定期間は体重が落ちても、ちょっと食べたらまた太ってしまうという悪循環に陥りやすいのです。 そうならないためにも、食事だけでなく運動も取り入れることが糖質カットダイエットで成功するポイントなのです。 スポンサーリンク.

次の

糖質制限で失敗する人はここが違う!痩せない人が陥る5つの共通点|well

糖質制限 失敗

スポンサーリンク プチ糖質制限ダイエット実践中の管理人です。 70キロ台を切れなくなってやばい!ということで糖質制限ダイエットをはじめました。 1ヶ月ほどで70キロは切ってほっとしたものの、そこから全然やせなくなったことがありました。 そこで自己流ですが、ライザップの本などを購入してチェックしたら一度糖質摂取量をがつんと減らしてから、ゆる〜いプチ糖質制限に入ったほうがいいんじゃないかと感じたので実践。 今のところ1ヶ月に1キログラムくらい減っている次第です。 糖質制限ダイエット方法って結果につながりやすい印象をもっているのですが それでもなかなか結果がでないよ〜という人もいらっしゃいます。 糖質制限ダイエットの失敗例はどんなものなんでしょうか。 いろいろ意見はありますが、 厳しく糖質制限をしていてストレスがたまり、糖質多めの食事をがばっととってしまった。 停滞期が訪れてストレスがたまり、反動で食べてしまった。 糖質制限をしているつもりが知らず知らずに糖質をとってしまっていた。 などなど。。 よく見られる失敗例はこんな感じですね。 スポンサーリンク 自分の場合、思春期からずっとダイエットとつきあってきてダイエット歴がめちゃ長いです。 アラフォーになって思うのが、無理なのはやっぱり続かないし、リバウンドしちゃうなということ。 すぐ結果が出るのは魅力ですが、リバウンドしちゃうのもがっかりなので、続けられるプチ糖質制限に落ち着きました。 よく糖質制限いつまでやらなきゃいけないの?って気にする人がいます。 ダイエットしてその体重を維持するという観点で考えるならいつまでも継続するのがやはりベストですよね。 もちろん自分の目標体重になってからその体重の維持はそこまでハードなことはしなくていいです。 常に自分の体重を管理し、ちょっと増えてきたなと思ったら糖質制限をするという感じで維持していけばいいのではないでしょうか。 糖質制限ダイエット方法が失敗?という人は普段の食事を一度記録してみて、知らず知らずのうちに糖質をとってしまっていないかチェックしてみる。 ストレスを極力感じないようなメニューにする。 我慢しすぎてドカっと糖質をとるよりは、少し緩めにしてストレス解消を図る。 この3つに気をつけてみて下さい。 スポンサーリンク.

次の