モバマス 修羅場 ss。 [B!] モバP「修羅場」 : モバマス SS

[B!] モバP「最近はやりの修羅場って」 : アイマスSSまとめサイト 456P

モバマス 修羅場 ss

Repair work residential premises turnkey — much better Solving problems through wizards. In order place an order for repair work dwellings in Diamond District, leave a request on site or by phone. To create hospitality interior decoration expertly as well as properly, it is vital to utilize effective and also extremely audio products that comply with all standards and technological criteria. However the primary distinction is not also in the components, but in how and just how correctly they are actually made use of. And also this is actually the work of the experts. Expert capabilities areactually an extremely essential situation. Likewise in our firm, you can purchase personalized bathroom vanities, retail interior design on the most effective problems. With us, interior basements, in addition to Premium renovation Bay Terrace, will end up being straightforward, high quality and also quickly. Our representative will call you back, for clarification few details and assign Times of Day arrival to you professionals and designer. Think update your interior? Check out the news products home from new collection, in which present as goods with colorful floral patterns and colors and goods with luxurious texture and finish metallic. Furniture Items for the garden is rightfully considered necessary attribute of each cottages. In the online store today you can buy best furniture for garden and home. We will deliver in BEL AIR AND HOLMBY HILLS customer all furniture at any time day. Cost of goods, which are now provides internet shop furniture items GRIFFIT PARK quite all customer. As a rule relatively low tariff causes few questions in a relationship production quality products. The catalog which is today filled with all kinds of items furnishings composes only high quality enterprise products. Come in outstanding store in Jefferson Park production for office and home use and cafe! presents over 12000 appointment furniture and goods for a country house and apartments or restaurant. Natural rattan , are used for the purposes of production our branded products , possesses strength and wear resistance, wonderful external data. All furniture processed special compounds, due to which their surface does not absorb water, stable to extremes ambient temperature air and exposure of the sun. Vya our furniture excellent retains its functions even in restaurant in open spaces. In our store in Fairfax you can buy everything for any your home not expensive. We invite client come to store , holding in Westwood what cares about its shopper. 流行や人気モデルの最新情報など、憧れのブランド全部満載しております。 バーキン40コピーなど世界中有名なブランドレプリカを格安で通販しております。 N級品スーパーコピーブランドは ブランドスーパーコピー超N品エルメスバッグ,エルメス バーキン25 , バーキン30. バーキン35. バーキン40. 全て激安特価でご提供. お願いします. 2- I can comment backlink for you. 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

アイマスSSまとめ:モバP「うたた寝してる間に修羅場になってた」

モバマス 修羅場 ss

vip2ch. ソファーに姿勢よく座ったままよく寝れるね…」 泉「今日打ち合わせだって言ってたよね? もうすぐ亜子とさくらが来るから起きてよ」 泉「ねえってば」ユサユサ P「………」 泉「肩を揺すっても微動だにしない…」 泉「起きなってば…!」ユサブリ P「………」ガクンガクン 泉「こんなに強く揺すっても起きないんだ…」 泉「………」 P「………」 泉「………本当に寝てるの?」 P「Zzz………」 泉「…起きないなら、キス、しちゃうよ………?」 P「………」 泉「………」ジッ 泉(こんなに近くでPの顔見たことなかったけど、) 泉(やっぱり… 素敵、かな?) 泉(よくいうイケメンってわけじゃないけど、私たちにとってはとっても素敵な人だから…) P「………」 泉「P…」 泉「Pのこと、好きだよ…」 泉「………」チュ P「………」 泉「しちゃった… あはは…」 泉「P、やっぱり寝てるね。 起こそうとしてたんだけど…」 亜子「だよね〜。 タイミング悪かったんかな? びっくりしt「いずみん」 さくら「ねぇ、いずみん」 泉「…どうしたの、さくら?」 さくら「プロデューサーさんをどうやって起こそうとしてたのぉ?」 泉「こう、肩を揺すって…」ユサユサ P「………」ガクンガクン さくら「ほんとぉ?」 泉「こんな事で嘘ついたってしょうがないよ」 亜子「…な、なんや、どうしたんさくら? なんか顔が怖いな〜…」 亜子「ほらスマイルスマイル…」 さくら「アコちゃん」 亜子「な、なに。 さくら」 さくら「…ごめぇん。 それに、プロデューサーさんとイケナイ事してたんならぁ、猶更だよねぇ?」 泉「…友達だったら、こんな聞き方しないと思うけど」 さくら「それはぁ、いずみんがちょっと悪い事しちゃったからぁ…」 泉「どうして悪いって決めつけるの?」 さくら「キスしてたって事でいいんですかぁ?」 泉「………」 さくら「………」 泉「そう、だよ………」 泉「でも! 別に悪くないよ! 現に亜子はなにも言ってこないし」 亜子「う、うん。 そうやな…」 亜子(そこは問題やないって…!) さくら「いずみんはさくらを悪い子にしちゃうんだぁ…」 さくら「お友達を問い詰める悪い子ですかぁ?」 泉「…そういう訳じゃ…」 さくら「…こないだぁ、さくらといずみんとアコちゃんでご飯食べに行ったの覚えてるぅ?」 亜子「三日前の…?」 泉「覚えてるけど」 さくら「だったらぁ、そこでさくらがお話しした事もおぼえてるよねぇ?」 泉「それは………」 亜子「泉、どうなん…?」 泉「覚えてるに、決まってるよ」 さくら「………ッ」イラァ さくら「さくらがプロデューサーさんの事ぉ好きだって話したのにいずみん裏切るのぉ!?」 さくら「いずみん言ってたよぉ!? 応援してあげるって、頑張れってぇ!」 さくら「それなのにぃ! いずみんはさくらに黙ってプロデューサーとそんなことしちゃうんだぁ!」 さくら「さくらはバカだからってぇ、陰で笑ってたんだぁ…!」 亜子「さくら、落ち着いて…」 さくら「はぁ、はぁっ…」 泉「…もう、終わった?」 さくら「終わったって… なにがぁ?」 泉「さくらの独り言」 さくら亜子「…!」 泉「あの時、さくらに先に言われたから、気が動転してた」 泉「でも、さくらは友達だったから、譲ってあげようって思ったの」 泉「…でも、やっぱり自分の気持ちに嘘は付けないよ…」 泉「さくらもどうせ考えて言ったよね? 先に言えば私たちが協力せざるを得ないって」 さくら「………」 泉「家に帰って、お風呂入って、冷静に考えたらわかったよ。 さくらって自分勝手だから」 泉「さくらこそ、そうやって私を騙してたんだもんね」 さくら「…いずみん、ひどいよぉ」 さくら「さくらとぉいずみんは、仲良しのお友達なのにぃ」 泉「………そうじゃないって言ったら?」ボソ さくら「…え?」 泉「さっきも言ってた、さくら。 友達だからって」 泉「友達だって言えば私が言い返さないとでも思った?」 泉「それを隠れ蓑にしてるさくらは本当に自分勝手で… 卑怯だよ」 さくら「…もしぃ、いずみんの言ってることが間違ってたら、大変だよぉ?」 さくら「謝るならぁ今のうちかなぁ」 泉「謝る気なんてないから」 泉「外れてるとも思わないし。 それに、さくらの事もとから仲良しなんて思ってない」 亜子「ちょ…! 泉…」 さくら「…へぇ〜。 奇遇だねぇいずみん! さくらも前からそう思ってたんだぁ」 亜子「ち、ちょっと! さくらまでそんな事!」 泉「私もさくらも亜子に誘われてアイドル初めたんだよ?」 さくら「そうでだよぉ。 別にぃふしぎなことじゃないよねぇ?」 亜子「なんで…? 私ら三人いっつも一緒におったやん…」 泉「私は亜子と一緒にいたんだよ」 さくら「さくらも亜子ちゃんと仲良くしてたよぉ?」 亜子「………最初はそうやったんかもしれんけど、レッスンとか仕事とか三人で頑張ってきたやん…!」 泉「それは仕事だから。 一応プロだしね。 こいつの顔なんて見たくもない」 さくら「こいつ…? いつからさくらにぃそんな口がきけるようになったんですかぁ?」 亜子「二人とも…」 さくら「と、いうかぁ、アコちゃん?」 亜子「…な、なに?」 さくら「わたしには関係ないみたいなお顔してぇ、プロデューサーさんのことぉ…」 泉「は? 亜子までそんな事言うの?」 亜子「ち、ちがう! そんな事ない!」 さくら「ホントにぃ? もし嘘だったらぁ…」 亜子「嘘やないって…! 私はPちゃんの事好きになるわけないから!」 泉「………何その言い方」 泉「…Pの事、馬鹿にしてる?」 亜子「…な、え?」 泉「Pには凄くお世話になってるのに」 泉「亜子って恩知らずなの? …それに、あんなに素敵なのに、普通好きになっちゃうよ」 亜子「変な意味やないって! 世話になってるのもわかってるし、恩も感じてる!」 亜子「私がプロデューサーをそんな風に見てないだけで…」 さくら「ふぅ〜ん… まぁ違うならぁどうでもいいけどぉ」 泉「…間違った気を起こさなければ、ね」 亜子「…うん」 さくら「はぁ〜あ」 亜子「………」ビクッ さくら「さくらなんだかつかれちゃったからぁ、今日はお休みするってアコちゃん伝えておいてぇ」 泉「…私も、朝から嫌な奴に会って気分悪いから帰る。 起こしてくれてよかったのに」 亜子「………」 P「泉とさくらは? 待ちくたびれて帰っちゃったかな? ははは…」 亜子「………」 P「…亜子? 黙って俯いてどうしたんだ」 亜子「…ヒック…グスッ」 P「…! なんで泣いてるんだ!? おい、亜子!」 亜子「わた…私、な」 P「う、うん…」 亜子「………Pちゃんの事、大っ嫌いや」 P「…え………?」 三人のこれまでの時間を… 楽しさを、喜びを、苦労を、努力を。 それが仮初の物だったとしても、確かにそこにあったから。 その全てを嘘にしてしまった目の前の男が憎くて仕様がなかった。 止めどなく溢れる涙を拭う事もせず、亜子はPを睨み続ける。 くしゃくしゃに歪んだ顔で睨みつけること以外、何もできない自分自身を、一番恨めしく思いながら……… おわり.

次の

モバP「修羅場」

モバマス 修羅場 ss

vip2ch. ソファーに姿勢よく座ったままよく寝れるね…」 泉「今日打ち合わせだって言ってたよね? もうすぐ亜子とさくらが来るから起きてよ」 泉「ねえってば」ユサユサ P「………」 泉「肩を揺すっても微動だにしない…」 泉「起きなってば…!」ユサブリ P「………」ガクンガクン 泉「こんなに強く揺すっても起きないんだ…」 泉「………」 P「………」 泉「………本当に寝てるの?」 P「Zzz………」 泉「…起きないなら、キス、しちゃうよ………?」 P「………」 泉「………」ジッ 泉(こんなに近くでPの顔見たことなかったけど、) 泉(やっぱり… 素敵、かな?) 泉(よくいうイケメンってわけじゃないけど、私たちにとってはとっても素敵な人だから…) P「………」 泉「P…」 泉「Pのこと、好きだよ…」 泉「………」チュ P「………」 泉「しちゃった… あはは…」 泉「P、やっぱり寝てるね。 起こそうとしてたんだけど…」 亜子「だよね〜。 タイミング悪かったんかな? びっくりしt「いずみん」 さくら「ねぇ、いずみん」 泉「…どうしたの、さくら?」 さくら「プロデューサーさんをどうやって起こそうとしてたのぉ?」 泉「こう、肩を揺すって…」ユサユサ P「………」ガクンガクン さくら「ほんとぉ?」 泉「こんな事で嘘ついたってしょうがないよ」 亜子「…な、なんや、どうしたんさくら? なんか顔が怖いな〜…」 亜子「ほらスマイルスマイル…」 さくら「アコちゃん」 亜子「な、なに。 さくら」 さくら「…ごめぇん。 それに、プロデューサーさんとイケナイ事してたんならぁ、猶更だよねぇ?」 泉「…友達だったら、こんな聞き方しないと思うけど」 さくら「それはぁ、いずみんがちょっと悪い事しちゃったからぁ…」 泉「どうして悪いって決めつけるの?」 さくら「キスしてたって事でいいんですかぁ?」 泉「………」 さくら「………」 泉「そう、だよ………」 泉「でも! 別に悪くないよ! 現に亜子はなにも言ってこないし」 亜子「う、うん。 そうやな…」 亜子(そこは問題やないって…!) さくら「いずみんはさくらを悪い子にしちゃうんだぁ…」 さくら「お友達を問い詰める悪い子ですかぁ?」 泉「…そういう訳じゃ…」 さくら「…こないだぁ、さくらといずみんとアコちゃんでご飯食べに行ったの覚えてるぅ?」 亜子「三日前の…?」 泉「覚えてるけど」 さくら「だったらぁ、そこでさくらがお話しした事もおぼえてるよねぇ?」 泉「それは………」 亜子「泉、どうなん…?」 泉「覚えてるに、決まってるよ」 さくら「………ッ」イラァ さくら「さくらがプロデューサーさんの事ぉ好きだって話したのにいずみん裏切るのぉ!?」 さくら「いずみん言ってたよぉ!? 応援してあげるって、頑張れってぇ!」 さくら「それなのにぃ! いずみんはさくらに黙ってプロデューサーとそんなことしちゃうんだぁ!」 さくら「さくらはバカだからってぇ、陰で笑ってたんだぁ…!」 亜子「さくら、落ち着いて…」 さくら「はぁ、はぁっ…」 泉「…もう、終わった?」 さくら「終わったって… なにがぁ?」 泉「さくらの独り言」 さくら亜子「…!」 泉「あの時、さくらに先に言われたから、気が動転してた」 泉「でも、さくらは友達だったから、譲ってあげようって思ったの」 泉「…でも、やっぱり自分の気持ちに嘘は付けないよ…」 泉「さくらもどうせ考えて言ったよね? 先に言えば私たちが協力せざるを得ないって」 さくら「………」 泉「家に帰って、お風呂入って、冷静に考えたらわかったよ。 さくらって自分勝手だから」 泉「さくらこそ、そうやって私を騙してたんだもんね」 さくら「…いずみん、ひどいよぉ」 さくら「さくらとぉいずみんは、仲良しのお友達なのにぃ」 泉「………そうじゃないって言ったら?」ボソ さくら「…え?」 泉「さっきも言ってた、さくら。 友達だからって」 泉「友達だって言えば私が言い返さないとでも思った?」 泉「それを隠れ蓑にしてるさくらは本当に自分勝手で… 卑怯だよ」 さくら「…もしぃ、いずみんの言ってることが間違ってたら、大変だよぉ?」 さくら「謝るならぁ今のうちかなぁ」 泉「謝る気なんてないから」 泉「外れてるとも思わないし。 それに、さくらの事もとから仲良しなんて思ってない」 亜子「ちょ…! 泉…」 さくら「…へぇ〜。 奇遇だねぇいずみん! さくらも前からそう思ってたんだぁ」 亜子「ち、ちょっと! さくらまでそんな事!」 泉「私もさくらも亜子に誘われてアイドル初めたんだよ?」 さくら「そうでだよぉ。 別にぃふしぎなことじゃないよねぇ?」 亜子「なんで…? 私ら三人いっつも一緒におったやん…」 泉「私は亜子と一緒にいたんだよ」 さくら「さくらも亜子ちゃんと仲良くしてたよぉ?」 亜子「………最初はそうやったんかもしれんけど、レッスンとか仕事とか三人で頑張ってきたやん…!」 泉「それは仕事だから。 一応プロだしね。 こいつの顔なんて見たくもない」 さくら「こいつ…? いつからさくらにぃそんな口がきけるようになったんですかぁ?」 亜子「二人とも…」 さくら「と、いうかぁ、アコちゃん?」 亜子「…な、なに?」 さくら「わたしには関係ないみたいなお顔してぇ、プロデューサーさんのことぉ…」 泉「は? 亜子までそんな事言うの?」 亜子「ち、ちがう! そんな事ない!」 さくら「ホントにぃ? もし嘘だったらぁ…」 亜子「嘘やないって…! 私はPちゃんの事好きになるわけないから!」 泉「………何その言い方」 泉「…Pの事、馬鹿にしてる?」 亜子「…な、え?」 泉「Pには凄くお世話になってるのに」 泉「亜子って恩知らずなの? …それに、あんなに素敵なのに、普通好きになっちゃうよ」 亜子「変な意味やないって! 世話になってるのもわかってるし、恩も感じてる!」 亜子「私がプロデューサーをそんな風に見てないだけで…」 さくら「ふぅ〜ん… まぁ違うならぁどうでもいいけどぉ」 泉「…間違った気を起こさなければ、ね」 亜子「…うん」 さくら「はぁ〜あ」 亜子「………」ビクッ さくら「さくらなんだかつかれちゃったからぁ、今日はお休みするってアコちゃん伝えておいてぇ」 泉「…私も、朝から嫌な奴に会って気分悪いから帰る。 起こしてくれてよかったのに」 亜子「………」 P「泉とさくらは? 待ちくたびれて帰っちゃったかな? ははは…」 亜子「………」 P「…亜子? 黙って俯いてどうしたんだ」 亜子「…ヒック…グスッ」 P「…! なんで泣いてるんだ!? おい、亜子!」 亜子「わた…私、な」 P「う、うん…」 亜子「………Pちゃんの事、大っ嫌いや」 P「…え………?」 三人のこれまでの時間を… 楽しさを、喜びを、苦労を、努力を。 それが仮初の物だったとしても、確かにそこにあったから。 その全てを嘘にしてしまった目の前の男が憎くて仕様がなかった。 止めどなく溢れる涙を拭う事もせず、亜子はPを睨み続ける。 くしゃくしゃに歪んだ顔で睨みつけること以外、何もできない自分自身を、一番恨めしく思いながら……… おわり.

次の