魔トカゲ 弱い。 第五人格で新しくハンターを買いたいのですが

真理刻印

魔トカゲ 弱い

森で魔物に襲われていたゆなは冒険者に保護されて、これからもゆなは危険に巻き込まれる可能性があるからと養子縁組で本当の家族になったのだが…実はその冒険者は公爵家の次男だった!今まで人の温もりを知らなかった女の子がグリフォンを仲間にしたり、精霊と仲良くなったり義理の父親とその周りの人に愛されながら無自覚に騒動を起こしつつ成長していく。 メンタルが弱いので厳しいご指摘はお控えいただけると嬉しいです。 こんな話、あったらなぁ…っと趣味で書いています。 細々とした設定が足りない部分が多々あると思いますが今後ともよろしくお願いします。 冒険者パーティー黒猫の気まぐれのIFな続編です。 旧作のガイドライン違反にて、冒険者パーティー黒猫の気まぐれは非表示になりました。 同作品の重複投稿にあたりました。 詳しくは近況ボードで。 IFへと続く物語の原作が表示されていませんので、この作品も一時更新停止します。 三十話までは投稿しておきます。 としていましたが、投稿は再開しました。 日本で看護師として働いていた男が転生し、異世界で冒険者活動をしていたが最強になりすぎて森に引きこもり生活をしていた。 好む人がいたが、長寿な人生でも結婚には至らなかった。 また、同じ世界に転移した女が、転生した男と出会い冒険者として活動していた。 その男に好意を向けていたが気づいていただろうが結婚には至らなかった。 長寿な人族となった男と女だが、先に女が死んだ。 そして男が死ぬときに魂となった女が迎えに来て、次の人生では結婚して一生一緒に過ごしたいと願った。 その光景を見守っていた従魔の八咫烏も願った。 次の人生でもこの男女と一緒に生活したいと。 その光景を見守っていた神達は自らの世界を平和に導いてくれた二人と一匹のため力を使った。 その者たちを違う世界に送ることはできるが、転生では出会う保証はできず、同じ場所に肉体を作り、転移させることにした。 転移した後は神の力でも声が届かないため、生命の残っていた従魔に伝言を残し、事情を説明した。 その後事情を知った二人は新たな世界を楽しむために行動する。 能力スキル共に万能ですが、やれるけどやりたくない主人公です。 基本チートで最強なキャラクターです。 仲間も皆チートで最強! 不定期連載の予定です。 小説家になろうにも転載予定。 alphapolis. alphapolis. そんな時、新しく発売された《アイディアル・オンライン》。 そしてその発売日、なぜかゲームに必要なハードとソフトを2つ抱えた高校の友達、彩華が家にいた。 そんなふうが彩華と半ば強制的にやることになったふうにとっては初めてのVRMMO。 最初のプレイヤー設定では『モンスターと戦うのが怖い』という理由から生産職などの能力を選択したところから物語は始まる。 最初はやらざるを得ない状況だったフウが、いつしか面白いと思うようになり自ら率先してゲームをするようになる。 そんなフウが贈るのんびりほのぼのと周りを巻き込み成長していく生産職から始まる初めてのVRMMOの物語。 進化した最新鋭のVRMMORPG、その中で爆発的人気を誇ったタイトル【LEGEND STORY】。 そのヘビーユーザーである斎藤僚太はとあるイベントがきっかけでゲームに酷似した異世界へ、自分のキャラのサイトとして転生してしまう。 異世界は人間、亜人、魔人、強力な野生の魔獣がひしめくゲームのようでリアルな世界。 サイトの周りには様々な出来事が起こり始める。 サイトはなぜ異世界に来てしまったのか、そして出会う新たなプレイヤー。 ゲームで得た強力な力、そして個性多様な従魔と共に、サイトは新しい世界をあゆみ出した。 趣味の1つ、パワースポット巡りをしていたところを誤って神の子どもが神の世界に招いてしまい、葛の身体は消滅してしまった。 同じ身体を持つことは出来ないと言われた葛は子どもの両親に代わりの肉体と全く別の世界での衣食住を保証してもらった。 少し若返った肉体、自我を持った豪邸、一生豪遊しても使い果たせない財産、趣味に基づいたスキルなど、何不自由ない暮らしを約束された葛だが、彼女は今まで通り趣味に没頭するのみ。 そんな葛の前に1人の幼女が現れ、葛の静寂な時間が終わりを告げた…。 チートだろうがお構いなし、冷めきった思考の女が異世界で静かに暴れまわる。 従えた魔獣を家族とし、彼らと各地を旅する少女。 彼女は繋ぐ。 時代の流れによって離れてしまった、人間と自然に生きる者たちを。 *** 幼き頃、奴隷だった少女は瞳に月と星を浮かべた、黒い大猫の子と出会う。 そしてとある事でその大猫に助けられ、家族として暮らすようになった。 銀狼のはぐれ子を弟として迎えたりもしつつ過ごす、穏やかな日々。 だがそれも長くは続かなかった。 *** 《小説家になろう》《カクヨム》《マグマク》《pixiv》にも投稿しています!.

次の

真理刻印

魔トカゲ 弱い

草陰からガサゴソと物音がする。 そこからひょこっと顔を出したのは小さなトカゲの頭。 トカゲは左右を見渡し、何もないことが分かるとゆっくりと進んでいく。 トカゲは進みながら辺りを見渡している。 それは獲物になるものを探しているのだが、どうやら見つからないようだ。 しかし、諦めることなくトカゲは進んでいくと、前方に何か見えた。 見えたものは10cmくらいの大きさのある、丸い水色のゼリーのようなもの。 それは、 所謂 ( いわゆる )スライムという魔物だ。 スライムは、魔物の中でも最弱といってもいいほど弱い魔物だが、全長——尻尾を含めても——20cmを少し超えたくらいしかないトカゲからしてみれば、スライムは巨大な生き物だ。 スライムを捕食しようと噛み付こうとしても、逆に捕らわれ餌食となるのが目に見えている。 だからか、トカゲはUターンし、その場から離れる。 スライムも、トカゲには興味がなかったのか、追うことはしてこなかった。 トカゲは、スライムから離れたはいいが、獲物となるものが見つからない。 時間が経ち、夕暮れに染まり始め、このまま食事にありつけないのかと諦めかけていた時、前方にキラリと光る物が目に入る。 トカゲは、その光っているものに近づいていく。 そこにあったのは、1cmほどの小さな魔石だった。 魔石とは、魔物の魔力が体内で結晶化したものだ。 魔石の大きさは、魔物によって異なり、強い魔物ほど大きく鮮やかな魔石となる。 しかし、ここにあるのは1cmほどで薄い青い色をした小さな魔石だ。 この大きさとなると、最弱と呼ばれるスライムの魔石だろう。 おそらくなんらかの理由で力尽きたスライムがいて、魔石だけが残ったと思われる。 トカゲは、その魔石をじっと見つめると、何を考えたのか口を開けパクッと咥えると、そのままゴクリと飲み込んでしまった。 魔石とは、先ほど述べたように、魔物の魔力の塊で、魔物以外が口にすれば毒でしかない。 そんなものを食べてただで済むはずがなく、しばらくするとトカゲは倒れてしまい全身が震え始めた。 どうやら、先ほど口にした魔石が溶け出し、トカゲの体を侵し始めたようだ。 このまま放っておけば、そう経たないうちにトカゲは命を落とす事になるだろう。 どれくらいの時間が経っただろうか。 トカゲは、口を開け舌がダランと垂れ下がり、時折ビクビクと痙攣していたのだが、それがなくなる。 命を落としたかのように見えたのだが、しばらくすると、トカゲは目を開き、開いていた口を閉じて立ち上がる。 トカゲは立ち上がると、フラフラとしていたが、足を前に出し歩き始める。 どこへ向かうのかと思ったのだが、近くにあった石と石の隙間に入り込むと、目を閉じ眠り始めた。 トカゲはそのまま目を開けることなく深い眠りに落ちていたのだが、体に大きな変化があった。 10cmほどしかなかった体が一回り、いや、二回りほど大きくなっていた。 おそらくだが、トカゲが取り込んだスライムの魔石が、成長を促し二回りも大きくなったのだろう。 トカゲが寝込んでから、数日経つとようやく目を開けた。 体が大きくなったトカゲは、石の隙間にピッタリとはまり込んでしまったのか、足を動かすもののなかなか抜け出すことができなかったが、懸命な足掻きによってどうにか抜け出すことができた。 今まで石の隙間にいたため分からなかったトカゲの体の大きさは、石から抜け出したことにより鮮明となり30cmは超える大きさとなっていた。 多分だが、ここら一帯では——トカゲとしてはだが——一番の大きさとなっただろう。 石から抜け出したトカゲは、体が大きくなったことなど全く気にもせず、歩き始める。 どうやら、お腹が空き獲物を探し始めたようだ。 獲物を探し始めてしばらくすると、前の時と違い簡単に見つけることができた。 見つけた獲物は、小さなアリだ。 トカゲは、見つけたアリへと近寄りパクリと食べてしまう。 しかし、1匹だけでは物足りないのか、近くにいた他のアリたちも次々に咥えては飲み込んでいく。 そして、近くにいたアリを全て平らげると、また歩き始める。 しばらく歩くと、今度はスライムが現れる。 このスライムは、以前見たスライムより小さい、とトカゲは思った。 実際は、以前見たスライムとあまり大きさは変わらず、ほんの僅かに——1mmか2mm程度——小さいくらいなのだが、それなのに小さく見えたのは、トカゲが大きくなったためなのだが、そのことに気づいていない。 トカゲは、しばらくじっとスライムを見つめていたかと思うと、いきなり走り出しスライムに噛み付く。 以前のトカゲならば、スライムに噛み付いても、僅かに噛み跡を残すことができたかどうか、という程度だっただろう。 だが、体が大きくなった今ならば、その程度では済まない。 トカゲは、スライムに噛み付くと、ブチッという音とともにスライムの体の一部を噛み千切った。 流石にこれにはたまらなかったのか、スライムは飛び跳ねてトカゲから距離を取る。 一方のトカゲはというと、噛みちぎったスライムの体を飲み込み、再びスライムめがけて走り出す。 スライムは、そんなトカゲを見て慌てて逃げ出したが、トカゲの方が速い。 二者の距離はどんどん縮まり、ある程度まで縮まるとトカゲは跳んでスライムに噛み付くことに成功する。 そうなれば、トカゲはまた、スライムの体を噛みちぎり飲み込む。 スライムは、食われた分の体積を減らし、体が小さくなってしまった。 その影響か、先程よりも動きが鈍り、移動速度が遅くなる。 そうなると、トカゲはスライムを追いかけるのが容易となり、簡単に追いつき食らっていく。 そして、スライムの体を半分近く食べるとトカゲは満足したのか、逃げるスライムを追わず、別の場所へと向かった。 向かった先は、木の根元にある隙間だ。 木の隙間は直径で50cm程はあり、トカゲが入っても余裕があった。 トカゲは、木の根元の隙間に入り込むと目を閉じて、深い眠りに落ちていった。 眠りについたトカゲは気づかなかったが、また、体が大きくなっていく。 以前と比べると、体の成長は僅かばかりではあるが、それでも1cm近く大きくなる。 体の成長が僅かだったのは、魔力の塊であった魔石ではなく、体の方を食べたためだろうか? それとも、他の理由があったのためだろうか? 理由ははっきりとはわからないが、僅かばかりではあるが体が大きくなったことは間違いない。 それと、以前と比べて違いがもう一つある。 以前は数日も寝込んでいたのだが、今回はまる1日と経たずにトカゲが目を覚ましたことだ。 目覚めたトカゲは、また腹を満たすために木の根元の隙間から這い出し、獲物を探し出す。

次の

第5人格の魔トカゲ、ルキノって使いやすいですか?

魔トカゲ 弱い

確かにその通りです。 ですが、この2人が12月に出たからと言ってそうなるとは限りませんよ。 いえ、多分ありえませんね。 公式さんが画家君のキャラ画像を出しています。 ここまでキャラ出来ているのにわざわざ12月に出すなんておかしいです。 心配しなくても多分近日来ますよ! 昆虫学者が出る前に出されたあのシルエットの画像の事ですね。 運営さんがこれからも新しいキャラを出しますと生放送で仰っていたと思います。 流石にありえないでしょう… 今年はまだ半年近くあるのに来年まで新キャラがお預けなんて…このゲームのシステムにあってないと思います。 多分あれは現在決まっている新キャラの情報の一部だと思いますよ! わからないのことを質問するのはいいことをです!謝らなくても大丈夫ですよ! 長くてすみません….

次の