すいりん。 すいりん館

拠水林

すいりん

ドンじゅらりんの作詞・作曲 岸田繁さん 作詞・作曲はくるりのさん。 番組のファンなので良い曲できて良かったです。 3月9日 月 の 放送から、岸田繁が書き下ろした新しいエンディングテーマ「ドンじゅらりん」が登場します。 幼児向け番組の楽曲を手がけるのは初めてと いう岸田が、「恐竜」をモチーフに、子どもの想像力が膨らんだ、楽しい世界を表現しました! 番組キャラクターのコッシーと一緒にコーラスも担当しています。 ぜひ放送で確認してみてください。 歌詞の中に「恐竜の名前」がたくさん出て来て、本当に楽しい曲になっていますよね!岸田さんは、コーラスも担当されているんですね。 NHKのEテレ『みいつけた』のエンディング曲、明日より。 朝7時45分〜8時までの子ども向け教育番組です。 『ドンじゅらりん』という曲です。 スイちゃんがとても素敵な歌を歌ってくれました。 コッシーが合いの手を入れたりコーラスやってくれました。 作詞作曲編曲は私です。 そんな子どもらしい想 像力あふれた世界を、スイちゃんが大冒険! 何度も聞きたくなる温かいメロディーに、韻をふんだ 楽しくて覚えやすい歌詞… 発見と驚きがぎゅっと詰まった宝箱のような一曲です。 恐竜でいっぱいの世界の中で、楽しそうに過ごすスイちゃん。 アニメーションも可愛くて胸キュンです。 さすが岸田繁。 — Hato 図書館美容室 hato0811 子どもの歌う歌ってアップテンポも元気でかわいいけどメロウな感じのスローな歌もめっっっっちゃくちゃかわいいこと、思い知ったよね……。 — オフログスキー yonda026sky 3歳息子に、ママの好きなくるりの岸田さんが作った歌だよー話しながら、聞いたら、この曲、いい感じ👍っていってくれた。 またね。 他にも、これからブログを始める人に、役に立つ情報などを掲載したりしています。 *詳しいプロフィールは カテゴリー• 1 最近の投稿•

次の

Twoucan

すいりん

スポンサードリンク ヒャッハー! さて、かなり先ですが、以下、興味ある方はお越し下さい。 我々は春の一番良い時期に長野の戸隠神社に行くことになりますた。 戸隠神社に行った人は、鳥肌が立つとか。 感覚の鋭い人はここはパワースポットだと良く言います。 で、その戸隠神社の中でも更に強いパワースポットがある。 ワタスは知らなかったのですが、スピリチュアル系の方には有名な話だそうです。 その名は、 水輪(すいりん)。 戸隠神社から10km離れた場所。 以下です。 水輪には、あのアメリカインディアンのホピ族。 これはホピ族の皆様。 そして、イタリアのダマヌールの人々がわざわざ大挙してやってきたそうですた。 ダマヌールというのは、ヨーロッパ最大のスピリチュアルコミュニティだそうです。 水輪は、自然豊かな美しい場所です。 で、行くと何やらこのようなストーンサークルがあるのですね。 今や多くの人が訪れる場所になっています。 このストーンサークルはホピ族の血を引くドランヴァロ博士が作ったのですた。 ドラヴァロ・メルキゼデグ氏 ドランヴァロ博士は、あの神聖幾何学の名著。 フラワーオブライフの著者として知られた方ですた。 ワタスはまだ読んでないのですが、この人の理論は地底人さんの話にかなり似てます。 以下に水輪にストーンサークルが作られた経緯が載ってたので張っときます。 このストーンサークルは、24年前アメリカインディアンの血筋を受け継いだドランバロ博士一行により造られたもので、 メディスンホイールとも呼ばれています。 ドランバロ博士によれば、ネイティブインディアンの言い伝えとして世界12カ所にこのストーンサークルを作りなさい」というメッセージがあり、日本では長野県の戸隠地籍にこの聖なる場所があるはずだと言うハワイに住むリチャード氏からの示唆により水輪で7日間宿泊し、毎日戸隠に出かけ場所探しをされました。 おりしも私の一人娘の早穂理はドランバロ博士がくる1か月前から重篤な肺炎に罹り長野日赤に入院しており、私たち家族は水輪にはおらず、水輪の会員たちによってドランバロ博士一行の接待をしていました。 一行はアメリカから35人、日本のサポーターが35人と全員で70名という大所帯でした。 ドランパロ一行は毎日お弁当をもって戸隠へ場所探しに行ったのですが、東西南北の精霊とは交信できるのですが天地の精霊とは繋がらないということで、7日目になって戸隠ではないのではないかということで明日には帰国しようという話になったところ、ある人が「水輪の庭でやってみよう」と提案したところから、この中庭で儀式を始めたのです。 全ての精霊と繋がったということで長野日赤に電話があり「早穂理さんの命は必ず助かるから、どうしても帰ってきてほしい」との依頼がありましたが、早穂理はすでに数時間の命だと医師には宣告されており、お断りをいたしました。 しかし、30分ほどして再び電話があり、ほんの少しの時間で良いので帰ってきてほしいとの強い依頼がありました。 私が帰ってくると水輪のホールの「まほろば」で皆が待っており、私がなぜ帰ってこなければならないのかとの質問に対し「このストーンサークルの儀式が完了するとあなたたちの将来に重大な事が起こってくるので直接許可を頂かないとこれから先の儀式が進められません」との話でした。 この重大な事とは次のような話でした。 「このサークルが出来てしまうと、ここ水輪には魂の清らかな人しか来れなくなってしまいます。 お金がたくさん入ってくることはありません。 それでも許可をして頂けるようなら作らせて下さい」と言われたのです。 私たちはもともとお金儲けをしたくて飯綱に来たわけではなく、自分たちの人格や心を高めようと思ってきたわけですので、快諾したのです。 それから10年過ぎ全世界に12カ所のサークルを作り終えてアメリカで報告会を開いた時に 日本の戸隠に作ったサークルが最もエネルギーの高いものであるとの話をされました。 このサークルへの入場は無料です。 インディゴブルーのオーラが充満しており、もののけ姫に出てくる「こだま」が密集しています。 2017年 塩澤研一 入り方はサークルの東側の外に立ち東の精霊に対してこれからサークルに入る許可をもらい、サークルの南側の中に右足から入ります。 南、西、北にそれぞれ石をまたぐかっこうでそれぞれの精霊に挨拶し、最後に真ん中の石に額を付けてから天地の精霊に向かって祈り 願い事 再び東側から右足で外に出て振り返り、御礼の挨拶をします。 願い事がかな うサークルだそうです。 おほぉ。 水輪のストーンサークルは、世界12カ所の中でここが一番エネルギーが高いそうです。 まぁ、戸隠自体がパワースポットで、その中のパワースポットというと 世界最強なのもあり得る話かも知れません。 他にもイタリアからダマヌールという団体が、やはり水輪にストーンサークルを作って帰って行ったのですた。 それも載ってたので張っときます。 エネルギーは、ダマヌールの人類の神殿にあるシンクロニックライン 宇宙のすべての星をつなぐエネルギーの河 から得られるエネルギーを、地球上で一番大きなセルフの構造である人類の神殿のお陰で、遠く離れた場所であっても供給されるものです。 らせんを歩くことによって、そこに宿るエネルギーと触れることができ、それによってオーラをよりよい状態にバランスを取り戻すことや微妙な感覚の伝達回路を浄化するといった私たちのサトルな領域に役立ちます。 らせんの中に入るときは、できるだけ自分の感覚をひろげ、直感や瞬間の体験に注意を向けながら、ゆっくりと歩いてください。 ただし、歩く時にらせんを構成している石を踏み超えたり、石をまたいだりすることなく通路を歩いてください。 らせんの中に入るときには、荷物は、らせんの外に置いて、手が自由な状態で 歩くことをお勧めします。 ダマヌールのテリトリー 屋内、屋外すべてを含む では、禁煙となって いるのと同様に、このらせんの中も禁煙です。 タバコに含まれる要素や否定的な考えが微妙なエネルギーに影響を及ぼすため、 ご理解とご協力をお願いします。 ダマヌールにおいては、らせんを通じての研究が継続して行われています。 らせんの体験について、あなたの体験を我々にシェアしていただけると助かります。 体験をシェアする為のノートは、水輪のスタッフにお尋ねください。 ダマヌールとは、イタリアにある欧州最大のスピリチュアルコミュニティーで地下神殿を作ってる人達ですた。 日本にもがあります。 ここで写真を撮ると写り込むオーブの数が半端ないとのことですた。 オーブとはこんな空中に光る玉のことです。 という訳で、とにかく、遠くホピ族も来るし、ダマヌールも来る。 知る人ぞ知る最強のパワースポットが長野の戸隠にある。 そして5月25日26日。 ホロスコープ的にひじょーにバランスの良い日にち。 ここにお泊り会をすることになりますた。 また麻の先生をお呼びして麻糸をつむぎ会を開催することになったのですた。 水輪には今、多くの人が訪れて研修所と宿泊施設が出来てます。 素晴らしい宿泊施設。 かなりスピリチュアル感を感じられるでしょう。 食事も水輪でとれた完全無農薬野菜中心です。 この食事が食べたくて泊まる人も多いそうです。 という訳で、ひじょーに予約がとりにくかったのですが なんとか団体枠を押さえますた。 興味ある方は一緒に行きましょう。 申し込み時に送迎希望とお書きください。 2日目(日) 07:30:朝食 その後は、水輪のパワースポット巡り、ストーンサークル体験など。 11:30:チェックアウト、お蕎麦屋さんへ移動 12:00:銘店 お蕎麦屋さんで昼食 13:00:戸隠神社参拝 16:00頃:長野駅 解散 また、講師の方をお呼びして麻糸紡ぎをやります。 貴重な国産の精麻を「糸」にするという、非常に珍しい「麻糸紡ぎ講座」を開催します。 講師プロフィール 井手 朋子 先生 地球子屋(てらこや)主催 「いのちとからだが喜ぶものづくり」をコンセプトに、日常を彩る作品を作っています。 2010年、麻 ヘンプ のメッセージを受け取り、ヘンプや精麻のアクセサリーやグッズの制作販売、ワークショップや麻関連の講演会の主催を通して、麻の素晴らしさを伝えています。 大麻飾りのワークショップなどは、ちらほらありますが、麻で糸を紡ぐというのは、今現在、日本ではごく限られた個人レベルでしかされていない上、そのノウハウを知る人もとても少ない貴重な知識です。 という訳でヒャッハー! 春のハイパースピリチュアルイベントのお知らせでした。 本当にありがとうございますた。

次の

【無料占い】結婚鑑定に予約が殺到する「彗稟(すいりん)」の2018年結婚特別鑑定!

すいりん

スポンサードリンク ヒャッハー! さて、かなり先ですが、以下、興味ある方はお越し下さい。 我々は春の一番良い時期に長野の戸隠神社に行くことになりますた。 戸隠神社に行った人は、鳥肌が立つとか。 感覚の鋭い人はここはパワースポットだと良く言います。 で、その戸隠神社の中でも更に強いパワースポットがある。 ワタスは知らなかったのですが、スピリチュアル系の方には有名な話だそうです。 その名は、 水輪(すいりん)。 戸隠神社から10km離れた場所。 以下です。 水輪には、あのアメリカインディアンのホピ族。 これはホピ族の皆様。 そして、イタリアのダマヌールの人々がわざわざ大挙してやってきたそうですた。 ダマヌールというのは、ヨーロッパ最大のスピリチュアルコミュニティだそうです。 水輪は、自然豊かな美しい場所です。 で、行くと何やらこのようなストーンサークルがあるのですね。 今や多くの人が訪れる場所になっています。 このストーンサークルはホピ族の血を引くドランヴァロ博士が作ったのですた。 ドラヴァロ・メルキゼデグ氏 ドランヴァロ博士は、あの神聖幾何学の名著。 フラワーオブライフの著者として知られた方ですた。 ワタスはまだ読んでないのですが、この人の理論は地底人さんの話にかなり似てます。 以下に水輪にストーンサークルが作られた経緯が載ってたので張っときます。 このストーンサークルは、24年前アメリカインディアンの血筋を受け継いだドランバロ博士一行により造られたもので、 メディスンホイールとも呼ばれています。 ドランバロ博士によれば、ネイティブインディアンの言い伝えとして世界12カ所にこのストーンサークルを作りなさい」というメッセージがあり、日本では長野県の戸隠地籍にこの聖なる場所があるはずだと言うハワイに住むリチャード氏からの示唆により水輪で7日間宿泊し、毎日戸隠に出かけ場所探しをされました。 おりしも私の一人娘の早穂理はドランバロ博士がくる1か月前から重篤な肺炎に罹り長野日赤に入院しており、私たち家族は水輪にはおらず、水輪の会員たちによってドランバロ博士一行の接待をしていました。 一行はアメリカから35人、日本のサポーターが35人と全員で70名という大所帯でした。 ドランパロ一行は毎日お弁当をもって戸隠へ場所探しに行ったのですが、東西南北の精霊とは交信できるのですが天地の精霊とは繋がらないということで、7日目になって戸隠ではないのではないかということで明日には帰国しようという話になったところ、ある人が「水輪の庭でやってみよう」と提案したところから、この中庭で儀式を始めたのです。 全ての精霊と繋がったということで長野日赤に電話があり「早穂理さんの命は必ず助かるから、どうしても帰ってきてほしい」との依頼がありましたが、早穂理はすでに数時間の命だと医師には宣告されており、お断りをいたしました。 しかし、30分ほどして再び電話があり、ほんの少しの時間で良いので帰ってきてほしいとの強い依頼がありました。 私が帰ってくると水輪のホールの「まほろば」で皆が待っており、私がなぜ帰ってこなければならないのかとの質問に対し「このストーンサークルの儀式が完了するとあなたたちの将来に重大な事が起こってくるので直接許可を頂かないとこれから先の儀式が進められません」との話でした。 この重大な事とは次のような話でした。 「このサークルが出来てしまうと、ここ水輪には魂の清らかな人しか来れなくなってしまいます。 お金がたくさん入ってくることはありません。 それでも許可をして頂けるようなら作らせて下さい」と言われたのです。 私たちはもともとお金儲けをしたくて飯綱に来たわけではなく、自分たちの人格や心を高めようと思ってきたわけですので、快諾したのです。 それから10年過ぎ全世界に12カ所のサークルを作り終えてアメリカで報告会を開いた時に 日本の戸隠に作ったサークルが最もエネルギーの高いものであるとの話をされました。 このサークルへの入場は無料です。 インディゴブルーのオーラが充満しており、もののけ姫に出てくる「こだま」が密集しています。 2017年 塩澤研一 入り方はサークルの東側の外に立ち東の精霊に対してこれからサークルに入る許可をもらい、サークルの南側の中に右足から入ります。 南、西、北にそれぞれ石をまたぐかっこうでそれぞれの精霊に挨拶し、最後に真ん中の石に額を付けてから天地の精霊に向かって祈り 願い事 再び東側から右足で外に出て振り返り、御礼の挨拶をします。 願い事がかな うサークルだそうです。 おほぉ。 水輪のストーンサークルは、世界12カ所の中でここが一番エネルギーが高いそうです。 まぁ、戸隠自体がパワースポットで、その中のパワースポットというと 世界最強なのもあり得る話かも知れません。 他にもイタリアからダマヌールという団体が、やはり水輪にストーンサークルを作って帰って行ったのですた。 それも載ってたので張っときます。 エネルギーは、ダマヌールの人類の神殿にあるシンクロニックライン 宇宙のすべての星をつなぐエネルギーの河 から得られるエネルギーを、地球上で一番大きなセルフの構造である人類の神殿のお陰で、遠く離れた場所であっても供給されるものです。 らせんを歩くことによって、そこに宿るエネルギーと触れることができ、それによってオーラをよりよい状態にバランスを取り戻すことや微妙な感覚の伝達回路を浄化するといった私たちのサトルな領域に役立ちます。 らせんの中に入るときは、できるだけ自分の感覚をひろげ、直感や瞬間の体験に注意を向けながら、ゆっくりと歩いてください。 ただし、歩く時にらせんを構成している石を踏み超えたり、石をまたいだりすることなく通路を歩いてください。 らせんの中に入るときには、荷物は、らせんの外に置いて、手が自由な状態で 歩くことをお勧めします。 ダマヌールのテリトリー 屋内、屋外すべてを含む では、禁煙となって いるのと同様に、このらせんの中も禁煙です。 タバコに含まれる要素や否定的な考えが微妙なエネルギーに影響を及ぼすため、 ご理解とご協力をお願いします。 ダマヌールにおいては、らせんを通じての研究が継続して行われています。 らせんの体験について、あなたの体験を我々にシェアしていただけると助かります。 体験をシェアする為のノートは、水輪のスタッフにお尋ねください。 ダマヌールとは、イタリアにある欧州最大のスピリチュアルコミュニティーで地下神殿を作ってる人達ですた。 日本にもがあります。 ここで写真を撮ると写り込むオーブの数が半端ないとのことですた。 オーブとはこんな空中に光る玉のことです。 という訳で、とにかく、遠くホピ族も来るし、ダマヌールも来る。 知る人ぞ知る最強のパワースポットが長野の戸隠にある。 そして5月25日26日。 ホロスコープ的にひじょーにバランスの良い日にち。 ここにお泊り会をすることになりますた。 また麻の先生をお呼びして麻糸をつむぎ会を開催することになったのですた。 水輪には今、多くの人が訪れて研修所と宿泊施設が出来てます。 素晴らしい宿泊施設。 かなりスピリチュアル感を感じられるでしょう。 食事も水輪でとれた完全無農薬野菜中心です。 この食事が食べたくて泊まる人も多いそうです。 という訳で、ひじょーに予約がとりにくかったのですが なんとか団体枠を押さえますた。 興味ある方は一緒に行きましょう。 申し込み時に送迎希望とお書きください。 2日目(日) 07:30:朝食 その後は、水輪のパワースポット巡り、ストーンサークル体験など。 11:30:チェックアウト、お蕎麦屋さんへ移動 12:00:銘店 お蕎麦屋さんで昼食 13:00:戸隠神社参拝 16:00頃:長野駅 解散 また、講師の方をお呼びして麻糸紡ぎをやります。 貴重な国産の精麻を「糸」にするという、非常に珍しい「麻糸紡ぎ講座」を開催します。 講師プロフィール 井手 朋子 先生 地球子屋(てらこや)主催 「いのちとからだが喜ぶものづくり」をコンセプトに、日常を彩る作品を作っています。 2010年、麻 ヘンプ のメッセージを受け取り、ヘンプや精麻のアクセサリーやグッズの制作販売、ワークショップや麻関連の講演会の主催を通して、麻の素晴らしさを伝えています。 大麻飾りのワークショップなどは、ちらほらありますが、麻で糸を紡ぐというのは、今現在、日本ではごく限られた個人レベルでしかされていない上、そのノウハウを知る人もとても少ない貴重な知識です。 という訳でヒャッハー! 春のハイパースピリチュアルイベントのお知らせでした。 本当にありがとうございますた。

次の