排卵 検査 薬 おすすめ。 排卵検査薬とは?おすすめ商品6選&使い方・値段をご紹介!|Milly ミリー

排卵検査薬

排卵 検査 薬 おすすめ

【妊娠検査薬】値段とおすすめを紹介!特徴や人気のポイントは? 2018年10月15日 こそだてハック 「着床出血」「高温期が2週間以上続いている」「腹痛」などの妊娠初期症状があると、妊娠の可能性を疑いますよね。 そんなときはまず、市販の妊娠検査薬を使って妊娠の有無を判定する人が多いのではないでしょうか。 ドラッグストアやインターネットで気軽に購入できますが、初めてのことだとどの妊娠検査薬を選んだら良いのかと迷ってしまうもの。 そこで今回は、通販で人気の妊娠検査薬を中心に5つのおすすめ商品をご紹介します。 値段や種類、検査方法だけでなく、選び方や使い方についてもまとめているので、妊娠検査薬選びの参考にしてくださいね。 妊娠検査薬の選び方!使用時期と値段がポイント 使用時期を確認 妊娠検査薬を選ぶときに最も大切なのは「使用時期」です。 生理予定日を基準として、「いつから実施できるか」は商品によって異なります。 一般的には「生理予定日の1週間後」ですが、早いものだと「生理予定日から」という妊娠検査薬も。 シチュエーションに合わせて選んでくださいね。 値段もポイント 1回当たりの値段も気になるポイント。 妊活中や生理不順の場合、「毎月使用する」「少しフライング気味で使い始めて何度も判定をする」ということもありますよね。 フライングはあまりおすすめできる方法ではありませんが、「どうしてもしたい」場合は、2回用や3回用を購入すると安い値段で購入できます。 妊娠検査薬の正確さに差はあるの? 妊娠検査薬の正確さに関しては、どの商品も99%以上。 基本的に商品によって差が出ることは、ほぼありません。 使いやすさや、自分の好みに合うもの、判定結果が分かりやすいものなどを基準に選んでくださいね。 妊娠検査薬のおすすめを紹介! 1. ロート製薬 ドゥーテスト 出典: ロート製薬の「ドゥーテスト」は使いやすさを最大限に追求して作られました。 尿をかける部分が大きく、かける時間も2秒と短め。 判定方法が箱だけでなく妊娠検査薬のスティックにも書かれています。 使いやすいので妊娠検査薬を初めて使う人におすすめです。 税込価格 1回用:598円/2回用:728円 妊娠判定ができる時期 生理予定日の約1週間後から 尿をかける時間/尿に浸す時間 2~5秒/2~5秒 判定時間 約1分 関連記事 妊娠検査薬の失敗しない使い方。 尿をかける?尿に浸す? 検査方法は「尿をかける」と「尿に浸す」の2つの方法がありますが、おすすめは尿に浸す方法です。 尿をかける検査方法は手軽ですが、「判定結果が出る窓に尿がかかる」「尿をかける時間を間違える」「ちゃんとかけられない」など、正しい方法で検査ができないことも。 正確さが下がってしまう可能性があるので、注意が必要です。 尿に浸す検査方法は尿をコップに入れて浸すので少し手間がかかりますが、尿の量を気にする必要がありません。 慌てて方法を間違えることもなく、落ち着いて、確実に検査ができますよ。 コップの用意は必要ですが、特に自宅で妊娠検査薬を使う人は、尿に浸す方法がおすすめです。 判定結果を待つ間は、妊娠検査薬を平らなところに置いて水平にしておく必要があります。 トイレで行うと平らな所に置くのを忘れて、手で水平にしてしまいがちなので、注意してくださいね。 妊娠検査薬は使用する前に、焦らず説明書を読みましょう 妊娠検査薬の使い方を間違えると、妊娠しているのに陰性が出てしまうことがあります。 妊娠かどうかを判断するのでソワソワして焦ってしまいがちですが、正しい判定結果を得るために、必ず説明書を読んでから使うようにしてくださいね。 以下の記事では、妊娠初期症状を紹介しています。 自分の自覚症状と合わせて参考にしてみてください。

次の

【2020年版】妊活の必須アイテム排卵検査薬のおすすめ5選を薬剤師が紹介|基礎体温より正確に排卵日を予測

排卵 検査 薬 おすすめ

排卵検査薬の購入は薬剤師からの説明が必須 排卵検査薬は2016年まで医療用医薬品に分類されていたため、一般の人が購入するには難しくネットで並行輸入品などを購入する人が後を絶ちませんでした。 しかし2016年9月に「第1類医薬品」に分類され、ドラッグストアや薬局で購入できるようになりました。 ただし妊娠検査薬などの「第2類医薬品」とは異なり、薬剤師の説明が義務付けられているため、 薬剤師のいないドラッグストアなどでは購入できません。 このため、店頭で排卵検査薬を探しても見つからないことがあります。 またインターネットでも購入できますが、必ず既往歴など薬剤師とのやりとりが発生し、承認されないと購入することができないので注意しましょう。 排卵検査薬はいつから使うの? 排卵検査薬を使うタイミングは、生理予定日の17日前からとされています。 ただし生理周期が不規則な人は排卵日が予測しにくいため、排卵日検査薬を使用しても正しく計測できない場合があります。 生理不順がある人は、一度専門の婦人科に相談してください。 生理周期を安定させることや、その他婦人科系の病気が隠れていないかチェックしてもらう必要があります。 水分補給や運動量に気をつける 排卵日検査薬を使用する前は、 水分を過剰に摂取したり、汗をたくさんかくような激しい運動をしないように気をつけましょう。 水分のバランスは、黄体形成ホルモンの濃度に誤差でが出てしまうため、正しい判定が出なくなります。 水分の摂取量や発汗量には注意が必要です。 検査前の4時間は排尿しない できる限り、検査前の4時間は排尿を避けてください。 正しい黄体形成ホルモンの濃度を測定するためには、ある程度の濃さがある尿を採取する必要があります。 1日1回同じ時間に検査をする必要があるため、時間を決めるときは排尿の間隔を考慮して慎重に決めるようにしましょう。 また、起床直後の尿は前日の生活リズムによって濃さが違うことがあるので、朝一番の尿は避けたほうがよいです。 検査後は平らな場所へ置き判定を待つ 排卵検査薬の使用後は、平らな場所へ置き判定が出るのを待ちます。 判定が出るまでの時間は数分間ですが、商品によって異なるため説明書をしっかり読むことが大切です。

次の

使うなら日本製?海外製?おすすめの排卵検査薬を徹底比較!

排卵 検査 薬 おすすめ

おすすめの排卵検査薬を紹介 こんにちは、丸鈴薬局の薬剤師()です。 計画的に妊娠をしたい• いつが一番妊娠しやすい日なのか知りたい このようなことで悩んでいる方におすすめなのが、 排卵検査薬です。 妊娠検査薬は聞いたことがあると思いますが、排卵検査薬はあまり聞く機会がないですよね。 排卵検査薬は使用することで、基礎体温や生理日などから計算するよりも 妊娠しやすい排卵日をより正確に予測できる優れものです。 妊活をしている方にとっては、心強い味方になってくれます。 そんな排卵検査薬の使用方法や使うタイミング、おすすめの商品をご紹介します。 排卵日をより正確に予測して妊活に役立てましょう! 排卵検査薬とは 排卵検査薬とは名前の通り、 排卵日を予測できる検査薬です。 正式名称は「排卵日予測検査薬」といいます。 赤ちゃんが欲しいと考えている方には、ぜひ試してほしいおすすめの製品です。 排卵検査薬は 尿に含まれる黄体形成ホルモン(LH)の分泌量を測定し、排卵日を予測します。 LHは排卵日付近になると急激に分泌量が増加するので、その大量分泌を検出して表示してくれる検査薬です。 通常は生理日から計算して排卵日を予測しますよね。 それに加えて排卵検査薬を使用することでより正確に排卵日を特定することができ、妊娠の確立を高くすることが可能になります。 排卵日を狙って性交を行うと1回で約2~3割、6回で約8割、12回で約9割の女性が妊娠するというデータもあります。 妊娠を希望する方にとって排卵検査薬は心強い味方になってくれることでしょう。 排卵検査薬は以下のような流れで使用することになります。 排卵検査薬の使い方• 生理周期に合わせて、検査を開始する日を決める• 検査を開始したら毎日同じ時間に1日1回検査を行う• 採尿を行う 生理周期に合わせて、検査を開始する日を決める 排卵検査薬は生理周期に合わせて検査を開始する日を決めて、排卵日が分かるまで毎日検査をすることになります。 次回の生理開始予定日の約17日前から検査を開始します。 生理周期が不規則な場合は、直近の生理の中で一番周期が短かったものを基準に開始日を決めてください。 製品によっては検査開始日が異なる場合があるため、説明書をよく確認のしてから使用してください。 検査を開始したら毎日同じ時間に1日1回検査を行う 検査開始日以降は 毎日同じ時間に1日1回検査を行います。 検査をした際に、陽性か陰性か悩む場合には、1日2回検査をすることでより正確に判断をすることが可能です。 採尿を行う 採尿を行う場合には2通りの方法があります。 排卵検査薬の採尿部に尿をかけて検査を行う• 清潔な紙コップなどに尿を採り、検査薬の採尿部に尿をつける 尿をかける時間や採尿部に尿をつけておく時間は商品によって異なります。 しっかりと説明書を確認の上、採尿を行ってください。 十分に採尿できない場合は、正確な検査結果が得られない可能性がありますので、必ず採尿方法は守るようにしましょう。 排卵検査薬を使用する際の注意点 排卵検査薬を使用する場合は、以下の点に注意しながら使用するようにしてください。 より正確な診断結果を得るためにも必ず守るようにしましょう。 排卵検査薬使用時の注意点• 毎日同じ時間に検査をすること• 検査前4時間は排尿しないこと• 検査前に過剰に水分摂取をしないこと• 検査前に多量の発汗を伴う運動をしないこと 排卵検査薬の選び方 排卵検査薬には様々な商品があります。 以下の特徴からご自身に合う排卵検査薬を選ぶようにしましょう。 内容量の違い• 日本製か海外製か• 検査結果の表示方法 内容量の違い 排卵検査薬は商品によって1箱ごとの本数が異なります。 検査開始後は毎日使用することになりますので、ご自身の使用頻度に合わせて内容量の大小を選ぶようにしましょう。 現在妊活中の方の場合は内容量が多いほうがコスパがいいのでおすすめです。 日本製か海外製か 排卵検査薬には日本製のものと海外製のものがあります。 しかし、日本製でも海外製でも結果の正確性には大きな違いはありません。 海外製のものは作りが簡単で持ち手がついておらず、試薬が含まれた紙だけのタイプが多いです。 その分、 海外製品のほうがコスパに優れています。 ただ海外製の商品は説明書が英語であったり、ネットでの購入が主になります。 実物を見て購入したい方は日本製の物がおすすめです。 検査結果の表示方法 検査結果はアナログ式でラインで陽性を知らせてくれるタイプと、デジタル式で一目で陽性かどうか判断できるタイプに分かれています。 アナログ式は陽性か陰性か判断に悩む場合があります。 一方でデジタル式は陽性か陰性かの結果がはっきりと分かりますが、アナログ式より高価な傾向にあります。 予算と相談してアナログ式とデジタル式を選びましょう。 おすすめの排卵検査薬ランキング 1位 ロート製薬 ドゥーテストLHa 排卵日予測検査薬• まとめ 排卵検査薬の使用方法や注意点をまとめてみました• 排卵検査薬は生理日によって使用開始日を決める• 排卵検査薬は同じ時間に使用する• 検査前に大量に汗をかいたり、水分を大量に摂取しない• 検査前の4時間は排尿しない• 検査結果があいまいな時は1日2回検査をしてもよい 妊娠をしたいと考えている方にとって、排卵検査薬はその手助けをしてくれる大切なものです。 排卵検査薬は色々な種類があるので、ご自身に合った排卵検査薬を選んでくださいね。 色々な商品を試してご自身に合った排卵検査薬を探すのもいいかもしれません。 検査をする前は必ず使用方法を確認し、正しい検査結果が得られるように注意して排卵検査薬を使用しましょうね。

次の